1:禿の月φ ★:2012/02/14(火) 13:20:42.86 ID:???P
     昨年8月に引退して以降、現在も雲隠れ状態の島田紳助(55)。
    今年1月に吉本興業の大崎洋社長(58)が
    復帰に向けてラブコールを送ったものの、
    本人にその気があるのかないのか一向に伝わってこない。
    ところが、ある吉本興業関係者が
    「紳助が宮古島市長選に出馬」という仰天計画が浮上していることを明かした。

     「かねて『南の島で暮らすことが夢』と公言してきた紳助さん自身が、
    番組でもお世話になった宮古島のためになるならと、市長選への出馬を考えているようです。
    選挙で一定の票数を得れば、
    世間に"みそぎ"が受け入れられたという分かりやすいメルクマール(指標)にもなる。
    結果的にこれが芸能界復帰への第一歩にもなるかもしれません」

     番組とは、10年4月から昨年8月まで放送された
    『紳助社長のプロデュース大作戦!』(TBS系)。
    宮古島市内に建てた民宿『夢来人』を舞台に、島の活性化プロジェクトを進める内容だ。
    市の観光協会は「番組が放送された年、市の観光客は初めて40万人を突破した。
    紳助さんに市の観光大使になってほしいとアプローチしたことが2度ほどあった」と話す。

     それにしても「出馬」はどこから出てきた話なのか。
    じつは紳助には、引退後の身の振り方を相談してきた人物がいる。
    この男性は沖縄などでサンゴ礁の保護、育成事業に取り組んでおり、
    「紳助出馬」も紳助がこの男性と連絡を取るなかで出てきたという。

     ある宮古島市議は歓迎するとしたうえで、次のように話す。
    「これから半年間かけてじっくり地元の要望を聞き、
    きちんとしたマニフェストを作っていければ、
    我々が組織的な応援に動く可能性もあります。
    宮古島には大阪など関西から移ってきた人が
    5,6千人はいます。若い有権者も紳助さんについていくでしょう。
    宮崎県の東国原英夫前知事のような存在になって、大いに盛り上げてほしいですね」
    (週刊FLASH2月28日号)

    ソース:女性自身[光文社女性週刊誌]
    http://jisin.jp/news/2527/3503/


    記事の続きを読む

    1:禿の月φ ★:2012/01/17(火) 03:51:02.81 ID:???P
     4日に行われた吉本興業恒例の新春会見で、
    島田紳助(55)の復帰熱望発言をした大崎洋社長(58)。
    引退からわずか5カ月でのラブコールの真意について聞くべく、大崎社長を直撃した。

     「まず僕は、復帰させるとか目指すとかは言っていないんですよ。
    今日明日にということではなく、いつか戻ってきてほしいと言った。
    『早すぎる』と取られると想定はしてましたが、社長の言葉として言っておきたかった」

     引退会見で紳助は暴力団関係者との写真が出たら「腹を切る」と語っていた。
    だがその後、山口組幹部との同席写真が報じられている。

     「あのときは、紳助君からメールがあった。
    『大崎さん、ほんまにごめん。
    僕の頭からまったく抜けてたんです。
    嘘をついてたわけではなく、本当なんです』と」


     今回の社長発言を、紳助は知っているのか?
    「わからないです。12月20日過ぎにメールしたきりですから。
    まあ、へそ曲がりやからどう思うてるかなあ。
    でも、復帰したくないと思ってるわけはないと思います」

     引退会見の日『お互いもっと強くならんとあかんなあ』と言って別れたという大崎社長。
    昨年10月に紳助の父の葬儀に参列したというが、そのときの彼の様子についてこう語った。

     「ああ痩せたなあ、と。げっそりでしたね。元気あってもカラ元気ですわ。
    やっぱり強くなってもらいたいと思います。才能が枯れたわけではないと思うので」

    ソース:女性自身[光文社女性週刊誌]/週刊FLASH 1月31日号
    http://jisin.jp/news/2523/3338/


    記事の続きを読む

    1:禿の月φ ★:2012/01/07(土) 18:31:23.78 ID:???P
     お笑いコンビ笑い飯の哲夫(37)が7日、大阪市内で、
    吉本興業がクリエイターなどを養成するため開いている
    「よしもとクリエイティブカレッジ」の特別講義を行った。
    昨年末に発売した自著「花びらに寄る性記」をもとに講演を進め、
    内容は下ネタが中心。講義というより、爆笑トークの90分となった。

     講義後には、囲み取材に応じ、先日、所属の吉本興業・大崎洋社長が
    復帰願望を語った元タレント島田紳助さん(55)について、複雑な心境を吐露。

     笑い飯として、02年から9年連続、
    紳助さんの尽力もあって始まった「M-1グランプリ」決勝に進み、
    最終年の一昨年、やっと優勝しているだけに
    「ああいう大会を作ってもらえてありがたかった。
    あのおかげで、毎年、ネタを作ってやってこれた」。こう感謝しつつも、

    復帰となれば「(テレビ出演の)1枠が減るのはいやです…」と話していた。

    ソース:ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120107-886359.html
    画像:クリエイター養成塾で特別講師を務めた笑い飯の哲夫
     20120107212333_1_1



    記事の続きを読む

    1: アフィーマン(福岡県):2012/01/07(土) 09:05:10.19 ID:22H+Qbug0●
    昨年8月、暴力団関係者との交際を理由に芸能界を引退した島田紳助さん(55)が、
    スクリーンで“復帰”することが6日、分かった。
    今月28日に公開されるお笑いタレント・長原成樹(47)が
    初めてメガホンを執った映画「犬の首輪とコロッケと」で
    本人役として声の出演をしている。

    引退前に収録されたものだが、4日には吉本興業・大崎洋社長(58)が
    復帰を熱望して物議を醸したばかり。
    劇場に流れる島田さんの肉声に、観客はどう反応するのか。

     今作は長原の自伝的小説が原作で、在日韓国人3世として生まれた
    「セイキ」が大阪市生野区でいたずらとケンカに明け暮れた青春時代を描いたもの。
    その経験を生かして「紳助・竜介」の後を継ぐような
    ツッパリ漫才で舞台に立ち始めた長原が、
    楽屋であこがれの紳助に出会うというシーンで、
    島田さんは“声の復帰”を果たしている。

     「おまえら、ツッパリ漫才やってんねんて? 今どきもうはやらんぞ」と
    鎌苅健太演じる「セイキ」に声をかける。
    「セイキ」にとってはターニングポイントとなる場面。
    日程の問題で声だけでのワンシーンのみの出演となったが、
    引退前の昨年1月に行われた収録は「一発OK」だったという。
    姿こそ出ないが、エンドロールには「島田紳助」役として名を連ねている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120107-00000002-sph-ent


    記事の続きを読む

    1: 踊り隊(SB-iPhone):2012/01/04(水) 17:06:46.11 ID:+eLeTC7Di
    芸能界を引退した島田紳助さんについて吉本興業の大崎洋社長は4日、
    「私たちは彼の才能を惜しむ者です。
    願わくば、社会の皆さま、ファンの皆さま、社会の皆さまのご理解を得て、
    いつの日か吉本興業の元に戻ってきてくれるものだと信じております」と復帰を希望した。
    大阪市内で同日開かれた新プロジェクト発表会に登壇し語った。
    http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/shinsuke_shimada/?1325657420


    記事の続きを読む

    1:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/11/15(火) 03:35:13.44 ID:jFXgbthy0
     島田紳助が逃亡生活にピリオドを打って、
    芸能界復帰の準備を進めているという仰天情報を入手した。
     「“紳助バッシング”はいまだに続いています。吉本興業と和解し、
    裁判で白黒つけて堂々と復帰するつもりらしい」(吉本関係者)

     10月24日、紳助は吉本興業と共同で『講談社』などに対し、
    名誉棄損で1億6500万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。
    今後も他のマスコミも含めて、提訴の準備があることを明らかにした。
     「紳助と吉本は、ケンカ別れしたと見られていた。
    紳助は親しい芸人に『中田カウスと大崎洋社長に嵌められた』と漏らしていましたからね。
    引退会見で紳助は、自ら引退を決意したと話しましたが、
    真相はカウスの助言で大崎社長に引導を渡されたんですよ。
    だから、“嵌められた”と激怒した」(お笑い関係者)

     恨み骨髄だった紳助と吉本の関係を修復した人物がいた。
     「紳助を匿った元兵庫県警の暴力団担当で、
    今は“沖縄のキャバクラ王”と呼ばれている実業家のI会長ですよ」(芸能関係者)

     引退後の紳助は、沖縄・恩納村のマンションで逃亡生活をスタート。
    9月中旬、同マンションから車で約1時間のところにある東村のペンションに移動した。
     「ペンションを紹介したのがI会長です。以前からI会長と大崎社長は親しい間柄だった。
    大崎社長は、I会長に紳助との信頼関係の回復を託したんだと思いますよ」(テレビ関係者)

     10月に入ってからは逃亡生活にピリオドを打ち、
    大阪の自宅や東京のマンションを行ったり来たりしていたという。
     「一時は、警視庁と大阪府警が紳助を何らかの容疑で逮捕する情報も流れましたが、
    立ち消えになった。
    いまは、マスコミも知らない京都の自宅にいて、
    吉本と裁判のことで連絡を取り合っているようです。裁判関連費用として、
    経営する飲食店を売却するつもりですよ」(前出・吉本関係者)

     紳助と親しい先輩のお笑い関係者が続ける。
     「『マスコミに好き勝手に書かれて、自分だけじゃなく家族にも迷惑をかけた。
    叩かれっぱなしでこのまま引き下がるわけにはいかない』と言ってました」
     吉本の上層部の一人も「芸能界復帰に躊躇しながらも、
    その方向に気持ちが傾いているのは確かですよ」と証言する。

     紳助の逆襲が始まった。
    http://news.livedoor.com/article/detail/6023336/


    記事の続きを読む

    1:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/11/01(火) 20:29:35.11 ID:lCM0X8Ul0
    紳助と女帝妻「愛人公認」腐れ縁35年(1)紳助親分を手玉に取る女帝妻の正体!

    誰もがひれ伏す「紳助親分」だった。
    だからこそ多くの「舎弟」や「愛人」を従えることができ、
    わが世の春を謳歌してきたはずだ。
    ところが、親分の名前を冠する「紳助一家」の頂点にはなんと、
    真の「元締め」がいたのである。

    紳助親分こと島田紳助(55)は「テレビ界の帝王」でありながら
    「不動産の帝王」でもあった。
    しかし、そんな帝王のバックには女帝がいたのだ。
    家庭も莫大な財産も、管理してきたのは、
    35年間連れ添ってきた妻だったというのである。

    「困った時は奥さんというのが、いつものパターン。
    今回も奥さんが、引退会見直後にいち早く荷造りをして沖縄に先乗りで入って、
    賃貸マンションで住環境を整えていたんです」

     そんな中、そろそろ紳助が表舞台に出てくるのでは、という説まで流れだしているのだ。

    前出・テレビ局関係者が語る。
    「人の噂も七十五日と言いますが、そういった格言を気にする紳助は、
    間もなく動きだすようです。
    吉本の芸人の間でも『紳助さんが東京に戻ってくるらしい』という噂が流れています。
    何でも親しい芸人がメールをしたところ、紳助から『近々会えるから心配するな』
    という返信があったそうです。大阪は府警の目が光っているので、
    東京のほうが安全という判断なのでしょうか。いずれにせよ、
    この一連の動きをサポートしているのが、奥さんだというのです」

    http://news.livedoor.com/article/detail/5985102/


    記事の続きを読む

    おすすめ!
    幸せだなぁ♪

    おすすめ!!
    あまぞん
    figma ソードアート・オンラインII キリト GGOver. [物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品) figma 進撃の巨人 リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) とびだせ どうぶつの森 ねんどろいど しずえ 冬服Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
    クリック募金