1:ストラト ★:2018/04/24(火) 10:45:25.17 ID:CAP_USER9.net
    23日に放送されたフジテレビ系バラエティー番組「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜・後11時15分)の第2回の平均視聴率が2・9%だったことが24日、分かった。

    お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(56)とミッツ・マングローブ(43)がMCを務め、芸能やスポーツをテーマに大人のノスタルジーを刺激するトーク番組。
    16日放送の第1回目のゲストには歌手の工藤静香(47)が登場し、おニャン子時代の思い出などをトーク。
    第2回は「勝手に語りつぎたい新宿ディスコ」をテーマにDJ KOO(56)がゲスト出演し、石橋がダンスを披露するなどディスコ談義で盛り上がった。

    視聴率は初回3・9%でスタート。
    今回は1ポイントのダウンとなったものの、ネット上では「新宿ディスコ、懐かしすぎる」「踊りたくなっちゃう」「やっぱり昭和 80年代が楽しかった」「今の芸人には出来ない番組」など続々と反響が上がっていた。

    また、次週30日放送の第3回には千原ジュニア(44)が登場し、「あしたのジョー」やダウンタウンらと共演した「笑っていいとも!」最終回について語ることが予告された。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000041-sph-ent
    【視聴率】石橋貴明MCの「たいむとんねる」第2回は2・9%
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524534325

    記事の続きを読む

    1:ひかり ★:2018/04/16(月) 11:59:31.47 ID:CAP_USER9.net
    今月5日に亡くなったアニメ映画監督の高畑勲さん(享年82)の代表作『火垂るの墓』が13日、日本テレビ系映画番組『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)で放送され、
    平均視聴率が6.7%だったことが16日、わかった。今回は高畑さんの訃報を受け、急きょ追悼の意を込めてラインナップを変更。これが13回目の放送となる。

     日本アニメーション界の巨匠にして、世界でも賞賛される数々の作品を世に送り出した高畑監督。番組では、これまでも『火垂るの墓』のほか、『おもひでぽろぽろ』、『平成狸合戦ぽんぽこ』や
    『ホーホケキョ となりの山田くん』、遺作となった『かぐや姫の物語』など、スタジオジブリ作品として公開された高畑監督の長編映画を長年にわたって放送してきた。

     1988年に発表された映画『火垂るの墓』は、神戸の大空襲を体験した野坂昭如氏による直木賞受賞小説を原作にした珠玉の名作。第二次世界大戦当時の神戸を舞台に、
    懸命に生きようとした兄妹のいのちを描く。なお、当初13日に放送を予定していた『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は20日に延期された。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000301-oric-ent

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523838180/
    【視聴率】高畑監督追悼の『火垂るの墓』視聴率は6.7%★2
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523847571

    記事の続きを読む

    1:ひかり ★:2018/04/10(火) 09:07:44.20 ID:CAP_USER9.net
    長澤まさみ(30)主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』(毎週月曜 後9:00)第1話が9日放送され、初回平均視聴率が9.4%だったことがわかった。
    初回は30分拡大で放送された。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

     同ドラマは『リーガルハイ』シリーズで知られる古沢良太氏によるオリジナル脚本。11年ぶりの“月9”主演となる長澤演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、
    小日向文世演じるリチャード、3人の信用詐欺師たちが金融、不動産、芸能、美容業界などさまざまな業界を舞台に騙(だま)し騙されする痛快エンターテインメント
    コメディーを1話完結で描いていく。

     第1話では2003年4月以来15年ぶりの月9枠出演となった江口洋介が演じる悪徳公益財団の会長で“日本のゴッドファーザー”赤星栄介をターゲットに、
    ダー子らが奇想天外な計画を展開。ダー子は、国税庁からマークされている赤星が、莫大な現金資産を海外に持ち出そうと目論んでいると推測する。

     貨物船舶の船長に扮して赤星に接触するリチャードだったが、なぜかその正体がバレてしまい瀕死の重傷を負う事態に。詐欺師稼業をやめて一度はダー子のもとを
    離れていたボクちゃんは、リチャード入院の知らせを受け、敵を討つべくダー子とともに赤星をだます作戦に乗り出す。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000362-oric-ent
    【視聴率】長澤まさみ主演“月9”『コンフィデンスマンJP』初回は9.4%
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523318864

    記事の続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/07(土) 06:37:45.85 ID:CAP_USER9.net
    31日、恒例となった『オールスター感謝祭』(TBS系)が放送され、平均視聴率が13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが分かった。裏番組には『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の最終回や『月曜から夜ふかしSP』(日本テレビ系)など強力な特番が揃ったが、それでも安定の強さを見せつけた。『めちゃイケ』は平均視聴率9.5%(同)、『夜ふかし』は平均視聴率11.8%(同)だったことからも、その人気の高さがうかがえる。

     オールスター感謝祭は今回で54回目を迎えるが、多くの芸能人や著名人、アスリートなど、ここでしか顔を合わせることのないメンバーが揃うのが見どころの一つ。有名人たちの素顔が覗ける点も視聴者を引き付ける。

     しかし同時に、番組開始当時から司会を務める島崎和歌子を再評価する声も無視はできない。島崎の安定した司会力が番組をまとめていると言っても大げさではない。

     男性司会者こそ、島田紳助さんの芸能界引退で今田耕司や東野幸治らにバトンタッチすることとなったが、島崎は第1回目の放送からMC席に立ち、早27年も番組をまとめているのだ。

     島崎は、番組の前身となった『クイズ!当たって25%』(TBS系)での実力が認められたことで、オールスター感謝祭でも司会を務めることとなった。同番組で同じく司会を務めた島田さんやそのプロデューサーに好かれたことが要因だという。

     「毎回100人以上の有名人が集まるので、必要以上に出演者に気を使わなければなりません。芸能人は言うことを聞かないので、休憩中に出された飲み物をスタジオに持って来てしまうこともよくある。でも、もし飲み物がこぼれたりしたら機械の故障に繋がって大変です。そこではっきりと注意ができるのが島崎さんなんですよね。長年番組に携わったことで、注意することの大切さを知っているのだと思います」(テレビ関係者)

     その一方で、ギャラはそこまで高くはないと言う。

     「今田さんのギャラは1本80万との噂なので、島崎さんはこれよりは少ないと思いますよ」(芸能ライター)

     しかし、島崎は「体力が続く限りやっていきたい」と話しており、本人もお金以上のやりがいを感じているのだろう。

    2018年4月3日 12時20分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14524917/
    【テレビ】<TBS>「オールスター感謝祭」視聴率13%の大勝利! めちゃイケ最終回、夜更かしSPに勝る強さの理由は?
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523050665

    記事の続きを読む

    1:名無しさん@涙目です。:2018/04/02(月) 11:04:46.02 ID:nbF5MOkh0 BE:201615239-2BP(2000)


     1996年10月19日に放送スタートしたフジテレビ系長寿バラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』
    (毎週土曜 後8:00)が3月31日を持って最終回を迎え、午後9時からの平均視聴率が10.2%であることが
    2日、明らかになった。この日は午後6時30分から午後11時40分までの約5時間に渡って放送。約22年間で
    全728回の歴史に幕を下ろした(※視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

     時間帯別では、午後6時半~7時が7.5%、7~8時台は9.0%、9時~番組終了までが10.2%だった。

     90年代半ばからナインティナイン、極楽とんぼら当時の若手芸人が中心となり土曜の夜、お茶の間に
    笑いを届けてきた同番組。最終回を除く、通年平均視聴率は14.3%(1996年10月19日~2018年3月17日
    ※先週24日は休止)。歴代最高視聴率は2004年10月9日放送『めちゃ×2イケてるッ! オールスター夢の
    激突8周年大感謝スペシャル!!』の33.2%(2018年3月17日までの期間)で、叶姉妹や若槻千夏らが
    出演した抜き打ち期末テスト企画や『爆走数取団スペシャル』を放送した。

     最終回は“祝活”としてゲストを招きながら歴代の過激なコーナーを復活。加藤浩次と山本圭壱による“極楽
    同盟”の13年ぶりプロレスや18年ぶりの「しりとり侍」など、番組の歴史や幅を感じさせる企画が続々登場
    する一方で、ビートたけし、中居正広、江頭2:50など『めちゃイケ』にゆかりのあるゲストも出演し、
    体を張った芸で終了をねぎらった。

     番組終盤のメンバー全員によるスピーチでは、岡村隆史が号泣しながら「22年間『めちゃイケ』を
    かわいがってくださったお茶の間のみなさん、本当にありがとうございました。こんなこと恥ずかしい
    んですけど、最後に言わさせていただきます。『めちゃイケ』は僕の青春でした。本当にありがとうご
    ざいました」と感謝。その後は“お笑い怪獣”明石家さんまの乱入から、メンバーへの卒業証書の授与まで
    怒とうの展開で、グランドフィナーレを飾った。

    https://www.oricon.co.jp/news/2108712/
    めちゃイケ』最終回視聴率は10.2% 22年の歴史に幕
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1522634686

    記事の続きを読む

    1:ストラト ★:2018/03/23(金) 09:38:40.18 ID:CAP_USER9.net
    1988年10月にレギュラー放送がスタートし、フジテレビを30年間支えてきた人気バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜後9・00)の最終回が22日に放送され、平均視聴率は9・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。
    前週15日の7・1%から2・6ポイント大幅増で今年最高の数字をマークした。

    特番からレギュラー化され、1988年10月に「とんねるずのみなさんのおかげです」としてスタートし、番組名を変えながらおよそ30年間放送。
    1997年6月に現番組名に変更されてから、前週15日放送まで計972回の平均視聴率は13・8%で最近は5~7%台で推移。
    2桁はならなかったが今年最高をマークし、ネット上でも寂しがる声や感謝の声が相次いだ。

    人気お笑いコンビ「とんねるず」のメンバー、石橋貴明(56)と木梨憲武(56)が演じる「仮面ノリダー」などのパロディものが若者に受け、「食わず嫌い王」「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」「男気じゃんけん」「全落・水落シリーズ」など数々の人気企画も生み出した。

    最終回は、2010年まで14年間に渡ってライバルTBSで放送された石橋と当時SMAPの中居正広(45)司会による人気歌番組「うたばん」のパロディ「ほんとのうたばん」の最終回「最後のうたばん!!」としてスタート。
    番組から発生した伝説の音楽ユニット「野猿」の元メンバー9人、とんねるずの2人と同学年の歌手・松田聖子(56)が登場し、番組を盛り上げた。

    エンディングでは、とんねるずの2人が91年のヒット曲「情けねえ」を熱唱。
    「この国を」「滅ぼすなよ」という元の歌詞を「バラエティを」(石橋)「滅ぼすなよ」(木梨)に、「この国を」「おちょくるなよ」を「フジテレビを」(木梨)「おちょくるなよ」(石橋)と変えて歌い、力を合わせて日本のお笑いシーンを引っ張ってきたフジテレビへの深い愛情をにじませていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00000079-spnannex-ent
    【視聴率】「みなおか」最終回 視聴率は今年最高9・7%!惜別と感謝の声相次ぐ
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521765520

    記事の続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/03/19(月) 10:26:09.95 ID:CAP_USER9.net
    3/19(月) 9:57配信
     16日に放送された女優・石原さとみ(30)主演のTBS系ドラマ「アンナチュラル」(金曜・後10時)の最終回の平均視聴率が13・3%だったことが19日、分かった。

    初回は12・7%でスタート
    第2話は13・1%
    第3話は10・6%
    第4話は11・4%
    第5話は9・0%
    第6話は10・1%
    第7話は9・3%
    第8話は10・5%
    第9話は10・6
    最終回の平均視聴率が13・3%

    と推移。
    ジワジワと数字を上げ、最終回は2・4ポイントアップで番組最高を更新した。

     石原が解剖医を演じる1話完結の法医学ミステリー。大ヒットした「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子さんのオリジナル脚本で、死因究明のスペシャリストたちが不自然な死(アンナチュラル・デス)の裏側にある謎や事件を解明していく姿を描く。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000142-sph-ent
    【視聴率】石原さとみ「アンナチュラル」最終回は番組最高13・3%でフィニッシュ
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521422769

    記事の続きを読む

    1:ストラト ★:2018/03/19(月) 09:37:53.89 ID:CAP_USER9.net
    「嵐」の松本潤(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)の最終回が18日、2時間SPとして放送され、平均視聴率は21・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。
    第2、8話に記録した18・0%を大幅3・0ポイント更新する自己最高で有終の美を飾った。

    初回15・1%で好発進すると、第2話は18・0%と大幅に上昇し、18日放送のテレビ朝日「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)初回の15・7%を超えて1月クール民放連続ドラマ(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち1位に。
    第3話=16・2%、第4話=16・8%、第5話=17・0%、第6話=17・0%、第7話=17・4%と推移。
    最終回前となった第8話で、第2話に並ぶ自己最高タイ18・0%を記録していたが、今回さらに数字を伸ばしてフィニッシュした。
    瞬間最高は22・5%だった

    昨年10月期に同枠で放送された「陸王」も最終回で20・5%を記録しており、日曜劇場は2作連続で大台超えフィニッシュ。
    これは2004年「砂の器」「オレンジデイズ」以来14年ぶりの快挙となった。

    最終回では、2016年に放送されたシーズン1に立花彩乃役で出演していた榮倉奈々(30)が2年ぶりに同作に復帰。
    元DeNA投手の「ハマの番長」こと三浦大輔氏(44)の出演でも話題を集めた。

    個性的な刑事専門弁護士たちが逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。
    松本は、前作に引き続き、99・9%有罪とみなされた案件でも、残された0・1%の事実を納得するまで追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士、深山大翔を演じた。
    深山とチームを組む敏腕弁護士の佐田篤弘役を、前作同様香川照之(51)が、また、新キャストとして木村文乃(30)、「アジアン」馬場園梓(36)が加入。
    おなじみのパラリーガル・明石役の片桐仁(44)、藤野役のマギー(45)らの軽妙なやり取りも健在だった。

    最終回は、深山(松本)たちのもとに、死刑囚・久世貴弘(小林隆)の再審請求の依頼がきた。
    依頼人は、久世の息子・亮平(中島裕翔)。
    久世は8年前に妻を殺害後、放火したとして「建造物放火及び殺人罪」で死刑判決を受けていたが、息子の亮平は「両親は仲が良く、父が母を殺すわけがない」と言い切っていた。
    深山と舞子(木村)は、自分自身の経験もあり、久世の無実を立証するために調査に乗り出す…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000099-spnannex-ent
    【視聴率】嵐・松本潤主演「99.9」最終回は自己最高21・0%!初の大台超えで有終の美
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521419873

    記事の続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★ :2018/02/27(火) 07:26:36.39 ID:CAP_USER9.net


    平昌五輪の好視聴率ベスト6。20%超えが続いた

    感動の平昌五輪が閉会、選手団が帰国した。冬季では過去最多のメダル「13」を獲得した日本の活躍に比例するようにテレビ視聴率も金メダル級だった。最も高い視聴率を記録したのは、羽生結弦が五輪2連覇を成し遂げた17日(土)のフィギュア男子フリーの33.9%(NHK、関東地区平均以下同)。瞬間最高視聴率では46.0%、出身地の仙台では56.0%を記録したことから「2人に1人が見た」ことになる。別表のランキングを参考にして欲しいが、2位は開会式で、羽生の次に迫ったのが、この種目で日本初となる銅メダルを獲得したカーリング女子「LS北見」だ。
     24日の英国との3位決定戦は、平均25.0%(NHK)、瞬間最高42.3%をマークした。
    「そだねー」「もぐもぐタイム」など、SNSでカー娘の話題が拡散。選手の突き抜けた明るさと、美人度。今大会からマイクで選手の生々しい音声を拾っていることもあって、リアル感が半端なく、しかも10チーム総当りで、試合数が多かったこともあり、徐々に視聴率は右肩上がりとなった。
    「メガネ先輩」の韓国との準決勝(23日)も25.7%あった。

     最近では、テレビ視聴そのものが全体的に低調なため、通常放送時では二桁に乗るだけで高視聴率だと評価される時代。そんな状況下にあって平昌五輪は、テレビ界の救世主となった。
     
     某テレビ局のスポーツ部門の関係者に話を聞くと、「予想以上の大成功。原因はいくつか。欧米の放映権の関係で午前中や深夜の試合もありましたが、時差のないお隣の韓国で開催されたため基本生中継で勝負ができたということです。ソチ、リオ五輪と、時差が厳しかったですから。もうひとつは13個というメダルの数です。やはり日本人はメダル主義ですので、その数の分だけ視聴者の関心は集まります。さらにIOCは、テレビ向きにエンターテイメント性の高い新種目を増やしています。今回、高木菜那選手が金メダルを獲得したマススタートには、競馬レースを重ねたファンまでいました。カーリングのマイク音声にしてもそうです。運営側の努力も多少影響しています。そして事故、事件などのネガティブな要素が、ほとんどなかったこともスポンサーに対してもプラスでした」と言う。

     2014年のソチ五輪では、フィギュアで羽生が金メダルを獲得した中継は16.6%(フジテレビ、2月14日23時~15日4時50分)、ジャンプ男子ラージヒルで葛西紀明の銀メダルは8.0%(NHK、2月16日午前3時55分~)。メダルには届かなかったものの、感動の演技を見せたフィギュア女子フリーの浅田真央は15.1%(NHK、2月20日0時~2時)だった。時差の都合で深夜の放送が多く、時間帯を考えると立派な数字を残したともいえるが、ソチ五輪の平均視聴率は、8.4%(NHK)と7.3%(民放)と低迷していた。

     前大会は8個、今大会は13個。メダル主義で、くくられるのもよろしくないが、メダル獲得の盛り上がりが視聴率に直結した。9日(金)の開会式中継(NHK)の28.5%に始まり、高木美帆が登場した10日(土)のスピードスケート女子3000メートルが20.5%(NHK)、続けて最多8度目出場となる“レジェンド”葛西が出たスキージャンプ男子ノーマルヒル決勝が20.7%(NHK)。

    >>2以降に続きます

    2/27(火) 5:00配信 THE PAGE
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000001-wordleafs-spo
    4:鉄チーズ烏 ★:2018/02/27(火) 07:28:21.08 ID:CAP_USER9.net
    >>1 の続き

     12日(月・祝)の夜遅く、高梨沙羅が念願の銅メダルを手にしたジャンプ女子ノーマルヒルは24.8%(NHK)だった。スピードスケート女子1000メートルで、小平奈緒が銀、高木美帆が銅メダルを獲得した14日(水)夜は、24.9%(NHK)。その後もメダル人気は視聴率に如実に反映され、小平奈緒が金メダルを獲得した18日(日)20時からのスピードスケート女子500メートル決勝は21.4%(TBS)、同じく金メダルを獲得したに21日(水)のスピードスケート女子団体パシュートも23.3%(日本テレビ)を記録した。

     宮原知子、坂本花織がロシアの2人に挑んだ23日(金)のフィギュア女子フリーは昼の時間帯だったが13.3%(テレ朝系)が出て、24日(土)の高木菜那が金メダルを獲得した女子のマススケートは10.8%にとどまったが、前述したカーリング女子3位決定戦は、一気にはねて閉会式まで19.5%(NHK)もあった。

     1962年に視聴率調査が始まって以来、五輪はずっと高視聴率を獲得できる優良コンテンツとして君臨していた。全部の視聴率の歴代ランキングをみると、1位は1963年12月31日、第14回紅白歌合戦(NHK)の81.4%だが、2位には、1964年10月23日、東京五輪女子バレーの優勝決定戦、日本対ソ連(NHK)の66.8%がある。五輪の歴代高視聴率番組を振り返ると、パレスチナ武装組織によるテロ事件が報じられた直後の1972年9月8日早朝、ミュンヘン五輪ハイライトが、58.7%(NHK)、スキージャンプ70メートル級で日本が表彰台を独占したあと、90メートル級の試合が中継された1972年2月11日札幌五輪の53.1%(NHK)。そして1968年10月25日、メキシコ五輪で日本サッカーの銅メダル獲得が51.8%(NHK)などがある。
     
     時差の問題を克服して、1996年8月4日アトランタ五輪の男子マラソンが43.0%(NHK)、冬季では2006年トリノ五輪での荒川静香の金メダル(31.8%)、2010年バンクーバー五輪での浅田真央の銀メダル(36.3%)などが、近年の高視聴率の記録だ。

     とはいえソチ五輪、2016年のリオ五輪の視聴率は特筆すべきものではなかったし、世界的な流れから見ても五輪のテレビ視聴率は下落傾向にある。実際、リオ五輪のあと、2032年の夏季までの10大会分を120億ドル(約1兆3000億円)の巨額で契約しているNBCが発表した五輪期間プライムタイムのテレビ平均視聴数は、2448万で、2012年ロンドン五輪の3030万から減少していた。平均視聴率は14.8%で、こちらもロンドン五輪の17.5%より減っている。

     ところが、ライブストリーミングや専用アプリによるネットの視聴者数は激増している。特にミレニアル世代と呼ばれる1980年代から2000年代初頭生まれの30代以下が、テレビではなくライブストリーミングなどのネットを選んで見ているのだ。そのためテレビ視聴率が下がっても広告収入は好調なのだという。テレビからネットへ視聴タイプが変わりつつあるのは、日本も同様だ。

    >>3以降に続きます
    6:鉄チーズ烏 ★:2018/02/27(火) 07:29:19.49 ID:CAP_USER9.net
    >>4の続き

     2008年の北京五輪からハイライト動画を中心にサービスを開始した、民放各社が共同で運営する五輪公式動画サイトgorin.jpは、2016年リオ五輪からライブストリーミングも積極的に行っている。今大会もHPとアプリでさらに多くの試合が観戦できるように拡充された。NHKも同じようにライブストリーミングやハイラ
    イト動画を独自のアプリやHPで公開している。いずれも、BSでしか放送がない競技や日本が出場していない種目でも中継が見られるためファンからは好評だった。

     NHKはさらにTwitterでも注目の動画を配信した。そちらは画面上で再生回数が確認できるが、もっとも再生回数が多いのが羽生の実況なしフリーで約360万回超。女子団体パシュート決勝の45万回超や、女子500メートル決勝の約60万回、ユニークなところでは2月20日配信のカーリング女子のおやつタイムの約35万回などがある。見たい場面を気軽に繰り返し見られる、ハイライト動画が好まれる傾向にある。

     リオ五輪では、gorin.jpにおけるハイライト動画の再生回数は2700万回で、2012年ロンドン大会の約3倍になった。大会期間中のサイト閲覧人数も1240万人となり、ロンドン大会と比べて約5倍になった。もうひとつの五輪関連動画を提供していたNHKでは、リオ五輪で競技のハイライト動画を特設サイト、公式ア
    プリ、YouTubeなどで393本を配信、計約7929万回再生されている。

     前出のテレビ局関係者は「まだネットとテレビ視聴の関係性についての分析はしっかりとできていませんが、今回に限っていえば、視聴者を食われるのではなく、むしろ相乗効果があったのではないかと感じています。録画ハイライトはネットで生はテレビでという流れがあったのではないでしょうか」と分析している。

     日本では、まだ積極的には試みられていないが、欧米では、InstagramやSnapchatなどのSNSで積極的に競技の見どころがわかる動画を公開している。これも最近のIOCが熱心に取り組んでいる、若年層のオリンピックファン開拓の試みのひとつだろう。テレビがネットか。2020年東京五輪では、現場にいけないファンの観戦スタイルはどう変化しているのだろうか。
    【平昌五輪】テレビ視聴率も金メダル級だった理由。ネット視聴との共存は?
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519683996

    記事の続きを読む

    1:ストラト ★:2018/02/27(火) 10:20:03.10 ID:CAP_USER9.net
    フジテレビ系月9ドラマ「海月姫」(月曜午後9時)の26日第7回の平均視聴率が4・9%(関東地区)だったことが27日、ビデオリサーチの調べでわかった。
    初回は8・6%、2回目は6・9%、3回目は5・9%、4回目は7・5%、5回目は5・3%、6回目は5・0%。

    漫画家東村アキコ氏の累計発行部数440万部以上の同名コミックをドラマ化。
    10年には同局でアニメ化され、14年には能年玲奈主演で映画化もされている。
    ドラマ「海月姫」は芳根京子(20)主演で、「女の子は誰だってお姫様になれる」がテーマ。
    クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの“クラゲオタク女子”が、とある兄弟と三角関係になり、自分には一生縁はないと思っていた恋を知り、新しい自分、新しい生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描く、新感覚の“シンデレラ・コメディー”だ。

    26日のあらすじは、修(工藤阿須加)から告白された月海(芳根京子)は大混乱。
    蔵之介(瀬戸康史)に電話で報告する。
    話を聞いた蔵之介が、修にどういうつもりか尋ねると、プロポーズの意思があることを打ち明けられる。
    しかし蔵之介は、月海のことを案じ、修をいさめる。
    ある日「天水館」に月海宛ての一通の手紙が届く。
    差出人の名前がない手紙を怖がる月海の代わりに封を切ったまやや(内田理央)の動きが止まる。
    蔵之介が奪い取ると差出人は修、内容は月海へのプロポーズだった。

    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00136070-nksports-ent
    【視聴率】フジ月9芳根京子主演「海月姫」4・9%
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519694403

    記事の続きを読む

    1:ストラト ★:2018/02/20(火) 10:19:43.47 ID:CAP_USER9.net
    フジテレビ系月9ドラマ「海月姫」(月曜午後9時)の19日第6回の平均視聴率が5・0%(関東地区)だったことが20日、ビデオリサーチの調べでわかった。
    初回は8・6%、2回目は6・9%、3回目は5・9%、4回目は7・5%、5回目は5・3%。

    漫画家東村アキコ氏の累計発行部数440万部以上の同名コミックをドラマ化。
    10年には同局でアニメ化され、14年には能年玲奈主演で映画化もされている。
    ドラマ「海月姫」は芳根京子(20)主演で、「女の子は誰だってお姫様になれる」がテーマ。
    クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの“クラゲオタク女子”が、とある兄弟と三角関係になり、自分には一生縁はないと思っていた恋を知り、新しい自分、新しい生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描く、新感覚の“シンデレラ・コメディー”だ。

    19日のあらすじは、蔵之介(瀬戸康史)は月海(芳根京子)たちのブランド“ジェリーフィッシュ”のファッションショーの最中に天水地区再開発反対を発表したことで、スポーツ紙などではショーよりも賛成派の慶一郎(北大路欣也)との親子対決が大きく取り上げられていた。
    そのころ、修(工藤阿須加)は議員会館で慶一郎の後援者などからの電話対応に追われていた。
    そこに紛れて、蔵之介の実母のリナ(若村麻由美)から、蔵之介がショーで着ていたドレスの注文の電話がかかってくる。
    しかも蔵之介には内緒で注文したいという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00130449-nksports-ent
    【視聴率】フジ月9芳根京子主演「海月姫」5・0%
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519089583

    記事の続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/02/18(日) 18:45:54.06 ID:CAP_USER9.net
    フジテレビに「2・12ショック」 振り向けばMX状態とも
    2/18(日) 16:00配信 NEWS ポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20180218_653071.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180218-00000019-pseven-ent

    窮地の今だからこそ大胆な改革に打って出られるか



    視聴率の低落ぶりに歯止めがかからず「振り向けばテレビ東京」と呼ばれたフジテレビ。様々に工夫は凝らすのだが下げ止まらないため「振り向けばMX(東京メトロポリタンテレビジョン)」とまで囁かれ始めている。MXは独立系UHF局として開局した経緯もあって、東京都にある他の民放キー局と視聴率比較で名前が挙げられることはない。にも関わらず比較する、この不名誉なキャッチフレーズは昨年末あたりからネット上でもちらほら見られたが、いよいよ現実になりつつある。

    「プライムタイムで2.1%という視聴率を出してしまったたら、とても民放キー局ですと胸を張れないですよ」(フジテレビ関係者)

    プライムタイムとは、1日のうちで最も視聴率が高くなる19時から23時の時間帯のこと。どのテレビ局も高視聴率を狙える看板番組をそろえる。テレビを見る人が全体的に減っているとはいえ、各局、二桁視聴率を確保しようと懸命だ。その時間帯で、2月12日(月)にフジテレビは2.1%(関東世帯平均)という極めて異例の数字を記録してしまった。ちなみに、振り向けばで名前をあげられたMX看板番組のひとつ『オトナの夜のワイドショー!バラいろダンディ』(平日21時~)の視聴率は3%程度だと言われている。

    関係者が自嘲気味に「2・12ショック」と呼ぶ事件を起こしたその番組は『世界の村のどエライさん』。ミュージカル俳優・歌手の山崎育三郎が初めて番組司会をつとめるバラエティ番組で、今年の1月に始まったばかりだ。世界の過酷な環境場所での生活を守るために活躍する人を、リポーターが訪れて紹介する内容だ。毎週、世界各地の珍しい風物と人を紹介するテレビ番組なら、もっと視聴者からの興味を引きそうなものだ。ところが初回が4.1%、第2回が3.3%と苦戦し続け、第5回となった12日に2.1%を記録してしまった。

    「オリンピックで女子ジャンプの高梨沙羅、スピードスケートの高木美帆がメダルをとった時間が重なったので、運が悪かったと思います。それぞれ中継したNHKが19.6%、テレビ東京が13.3%でした。五輪の裏だから、ある程度は厳しい数字が出るだろうと予想はしていたんですけど……。さすがに、早朝から深夜まですべての番組のなかで、下から2番目の視聴率をプライムタイムで記録してしまうとショックです」(同前)

    フジテレビの月曜22時といえば、『SMAP×SMAP』が2016年末まで20年にわたって高視聴率を記録し続けた時間帯だ。同番組終了後、フットボールアワー、田中みな実とDAIGOが司会を務めるバラエティ番組『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』が始まったが、視聴率が5%前後から伸びず、「数字がついてきていない」ことから2016年いっぱいで打ち切られた。その後継番組として始まった『世界の村の~』だったが、思うような結果が出せずにいる。

    今後、この時間帯は現在放送中の番組に新企画を投入したり、思い切って別の番組を始めるなど様々なテコ入れが予想されるが、思うような結果を残すのは簡単ではなさそうだ。

    >>2以降に続きます。
    2:サイカイへのショートカット ★:2018/02/18(日) 18:46:21.87 ID:CAP_USER9.net
    >>1
    続きです。

    「テレビというのは番組そのものが面白いことも重要ですが、そのチャンネルをその時間帯に見る習慣というのがかなり大きく影響します。『笑点』『世界の果てまでイッテQ!』を軸に、日曜日の夕方から夜中まで、視聴習慣を味方につけている日本テレビの強さを見れば一目瞭然です。月曜日の夜といえば、かつてはフジテレビが視聴者の習慣を味方につけていました。月9ドラマから『SMAP×SMAP』(スマスマ)は鉄壁だった。ところが、まずドラマが視聴者から飽きられ、スマスマは終わってしまった。その局の番組を見るという習慣をいったん無くすと、取り戻すのは難しいですよ」(在京キー局番組編成担当)

    実は、長期の視聴率全体を見るとフジテレビは民放5局中4位でテレビ東京よりも順位は上なのだが、2017年4~9月期決算によると、民放キー局で唯一、営業赤字を記録している。放送収入が前年同期より87億円、8.7%も減って下落したことが原因で、放送時間枠を販売するタイム広告は14.5%、番組の間に流すスポット広告も4.9%マイナスを記録している。低視聴率と赤字の両方を抱えているため、肉薄されているのはテレビ東京ではなく、さらに規模が小さいMXテレビではないのかと囁かれるほど窮地にあるのだ。

    とはいえ、光明がないわけではないという。月曜日のフジテレビには、19時から『ネプリーグ』という人気番組があるからだ。一週間ぶんの視聴率を調べると、フジテレビでいま、高い確率で二桁の視聴率をとれるのは『サザエさん』(日曜日18時30分~)、『VS嵐』(木曜日19時~)、『ネプリーグ』(月曜日19時~)の3番組。振り向けばMXなどという不名誉なキャッチフレーズを増幅させた2月12日(月)も、『ネプリーグ』は11.7%を記録していた。

    「人気の『ネプリーグ』視聴者に、続けて見てもらえる編成を目指すんです。このところずっと、月9ドラマがブレーキになっている状態ですから、思い切ってドラマではないものをで繋げていくのもひとつの考え方だと思いますよ」(同前)

    『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてる!』『ウチくる!?』など、いくつもの長寿バラエティ番組の3月終了が決まっているフジテレビ。「どエライ」事態の今だからこそ、大胆な変革に打って出られるか。
    【視聴率】フジテレビに「2・12ショック」 振り向けばMX状態とも テレビ東京より規模の小さいMXテレビに肉薄される[18/02/18]
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518947154

    記事の続きを読む

    おすすめ!
    幸せだなぁ♪

    おすすめ!!
    あまぞん
    figma ソードアート・オンラインII キリト GGOver. [物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品) figma 進撃の巨人 リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) とびだせ どうぶつの森 ねんどろいど しずえ 冬服Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
    クリック募金