1:野良ハムスター ★:2017/01/24(火) 12:37:53.85 ID:CAP_USER9.net
    カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の研究チームは、なぜ髪の毛は強く、切れにくいのかをナノレベルで解明した。研究を通して、高強度材料の開発などに役立つ知見が得られるとしている。論文は材料科学専門誌「Materials Science and Engineering: C」に掲載された。

    髪の毛の引っ張り強度は150~270MPaと高く、重量比強度(密度あたりの引っ張り強度)で比較すれば鋼鉄に匹敵する強さを持っている。また、引っ張りによって破断するまでに、元の長さの1.5倍以上も伸びる性質があり、相当切れにくい材料であるといえる。

    研究チームは、髪の毛が引っ張られて伸びるときに何が起こっているのかをナノレベルで調べた。その結果、これまで知られていなかった髪の毛の性質がいろいろとわかってきたという。

    (以下省略)

    全文よむ
    http://news.mynavi.jp/news/2017/01/24/189/

    【科学】髪の毛はなぜ細くても強いのか? ナノレベルで解明
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485229073

    記事の続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/01/23(月) 09:45:50.46 ID:CAP_USER9.net
    NASA火星探査機「キュリオシティ」がまたしても、“たまご岩”らしき金属製の物体を発見したとのニュースが入ってきた。早速詳細を見ていこう。

    英紙「Daily Mail」など海外のニュースサイトによると、問題の画像は今月12日11時21分(協定世界時、UTC)に
    「キュリオシティ」に搭載されたマストカメラで撮影された正真正銘のNASA公式画像だという。
    編集部でも再調査したが、「NASA SCIENCE LABORATORY」のウェブサイトでばっちり確認することができた。

    それでは早速、画像をご覧いただこう。






    いかがだろうか? 表面の滑らかさといい、やや丸みを帯びた形といい、昨年11月に同じく火星で発見された「たまご岩」にそっくりだ。一体この物体はなんなのだろうか?

    米アリゾナ大学の研究者は、矮小惑星の内核で形成され、火星と木星の間に位置する小惑星帯から飛来した鉄隕石であると結論づけているという。

    鉄隕石は鉄とニッケルを多く含有した隕石で、大きさや重さはまちまちだが、アフリカのナミビアに落下した「ホバ隕石」のように、中には60トンを超える超巨大鉄隕石も存在する。

    火星ではこれまでにも7個の鉄隕石が発見されているが、地球に鉄隕石が落下することは非常に稀である。
    今回のニュースを真っ先に報じたニュースサイト「Universe Today」によれば、鉄隕石の落下率は全体の僅か4.4%であるという。

    とはいえ、この物体の正体についてNASAの研究者も決定的な判断は下していないため、可能性はまだオープンなままだ。

    昨年11月に「たまご岩」が発見された際にも指摘したように、丸み帯びた形状がどことな
    く「ファルコン9」を爆破撃墜したUFOを思い起こさせはしないだろうか? 火星の環境に適応した「金属製エイリアン」である可能性もまだまだ捨てられないだろう。

    人類が未だ火星に降り立っていない以上、オカルト界も火星探査は「キュリオシティ」に一任するしかない。
    今後も驚愕の画像を送ってくれることに期待しよう。








    http://tocana.jp/2017/01/post_12094_entry.html
    2017.01.23 07:30
    【宇宙科学】火星で「金属製たまご」がまたしても発見される! さすがのNASAも判断保留
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485132350

    記事の続きを読む

    1:Godbless You ★:2017/01/14(土) 02:15:48.08 ID:CAP_USER9.net
    ニューヨーク市の自転車シェアリングシステムCiti Bikeが、自転車の前照灯をレーザーライトに切り替える計画を発表しました。
    夜間走行時、前方に自転車の路面標識を投影し、まるで即席レーンができたかのように「自転車が来るよ」と知らせます。

    「このレーザー光を使ったほうがより安全に走れるような気がする」とは、事前の実地テストで走行したサイクリストの談。
    レーザーライトを提供するBlaze社は、このレーザーライトはバスや自動車のドライバーからの注目度が通常より約30%高いと説明します。

    写真:



    Citi Bikeを運営するMotivate社のCEO ジェイ・ワルダー氏は「Blazeのレーザーライトを使うことで、まだ自転車シェアリングを利用したことのない人たちにもより安全であることを感じてもらい、Citi Bikeを試してみたくなるようにしていきたい」としています。
    なお、Citi BikeはMotivate社が運営しているものの、ロゴマークをみてお察しのとおり、Citi Bankがメインスポンサーとなっています。
    しかし、Motivate社によると現在Citi BikeはBlazeのレーザーライトを全車に導入するための資金提供者/企業を探ししているとのこと(Citi Bankはお金を出さないのでしょうか)。

    動画:https://vimeo.com/198085916
     
    このレーザーライト、動画を見る限りでは通常の前照灯のほうが明るくていいんじゃないかという気もします。
    ただ夜間でも明るい市街地なので、むしろ前照灯は周囲の明かりに紛れて効果が薄いのかもしれません。

    その点、道を歩いていて、もしくは車道を走行中にいきなり(レーザーで描いた)自転車の標識が目に入ってくれば、否が応にも周囲は注意するはず。
    自転車標識を描くレーザーライトは自転車シェアリングだけでなく、都会住みのサイクリストが個人で導入するにも良い選択かもしれません。

    あと、夜間の走行では後方から迫る自動車などにも目立つほうが良いに越したことはありません。
    コストは倍かかるものの、後方にも同じレーザーライトを着けておけば完璧なのではないか、そんな気もします。
    ちなみにBlazeのレーザーライトは日本でも購入可能。英国ロンドンの自転車シェアリングシステムへの導入実績もあります。

    http://japanese.engadget.com/2017/01/12/ny-citi-bike/
    【交通】レーザーで即席自転車レーンを投影、NY市の自転車シェアCiti Bikeがレーザー前照灯を導入へ(動画あり)
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484327748

    記事の続きを読む

    1:すらいむ ★:2017/01/12(木) 15:48:40.50 ID:CAP_USER9.net
    少女の卵巣から小さな脳と頭蓋骨の一部、髪の毛が発見される

     電気刺激も通す、ちゃんとした脳。

     滋賀県で16歳の少女が、虫垂炎(いわゆる「盲腸」)の手術を受けていたとき、医師が別の異常に気づきました。
     その少女の卵巣には、大きな腫瘍があったんです。その後改めて手術をすると、そこには髪の毛と頭蓋骨、そして脳の一部が入ったテラトーマが見つかりました。
     その大きさは幅10cmほどもあったそうです。

     寄生性双生児と間違われやすいテラトーマですが、テラトーマは双子の片割れの一部が体の中に残ってしまうわけではなくて、体の他の部分にあるはずの臓器や組織の一部が細胞の異常で形成されてしまう現象です。
     一般にそこには、髪や歯、骨、まれに目や胴体、手足が含まれています。
     はっきりした原因はわかっていませんが、卵巣内のテラトーマの場合、未熟な卵細胞の異常が原因として考えられています。
     テラトーマは卵巣以外に、脳や甲状腺、肝臓、肺などでも見られます。

     なので、脳細胞が卵巣のテラトーマから発見されるのも初めてではありません。
     でもこの件を論文として発表した滋賀県立成人病センターの医師、新宅雅幸さんがNew Scientistで語ったところによると、このケースでは脳がすごく発達していて、それはかなり異例なんだそうです。

     この少女の卵巣から見つかった小さな脳には、脳幹のような構造と、かなり高度に組織された小脳組織が含まれていました。そしてこの「脳」は、幅3cmほどもあり、ニューロン間で電気刺激を伝えることもできたそうです。

    (以下略、続きと画像はソースでご確認下さい)

    Gizmodo 2017.01.12 12:47
    http://www.gizmodo.jp/2017/01/miniature-brain-and-skull-found-growing-inside-teen.html
    【科学】少女の卵巣から小さな脳と頭蓋骨の一部、髪の毛が発見される 滋賀
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484203720

    記事の続きを読む

    1:野良ハムスター ★:2017/01/07(土) 12:02:00.01 ID:CAP_USER9.net
    米国の学者グループは、生まれた月が人間の寿命や健康に及ぼす影響について明かにした。

    彼らが出した結論によれば、秋に生まれた人達は、春に生まれた人達より40%も長生きする。

    また冬に生まれた人達は、統合失調症を発症するなどの可能性が高いが、夏に生まれた人に比べて、近視や様々なアレルギーに苦しむことがはるかに少ない、とのことだ。

    この説、皆さんに当てはまりますか?

    https://jp.sputniknews.com/science/201701073214258/
    【科学】誕生月が人間の寿命や健康に及ぼす影響を解明 「秋生まれは春生まれより40%長生き」「冬生まれは統合失調症を発症」
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1483758120

    記事の続きを読む

    1:Godbless You ★:2017/01/05(木) 21:33:44.92 ID:CAP_USER9.net
    近年、「性格」と「長寿」の相関関係を巡っては、世界中で数多くの研究成果が報告されている。
    中でも画期的とされたのが2011年に米国で発表された「長寿プロジェクト(The Longevity Project)」である。
    この研究が注目されたのは、大規模な対象者集団を幼年期から晩年までの長きにわたって追いかけた「80年追跡研究」だったからだ。

    精神科医で岡田クリニック院長・岡田尊司氏が説明する。

    「始まりは第一次世界大戦後の1921年に遡ります。スタンフォード大学の心理学者、ルイス・ターマン教授が10歳前後の児童1528人を対象に性格や成育環境に関するデータを集め、その後30年にわたり彼らと面談を重ねていました。
    この調査は1956年にターマン氏が79歳で死去すると中断しますが、30年以上経ってからカリフォルニア大学の長寿学者ハワード・フリードマン教授が残されていた資料に着目し、70歳前後になっていた対象者を改めて訪ねて調査を再開したのです」

    フリードマン氏は生存者の健康状態や死亡者の死亡診断書を調べ、ターマン氏の記録にあった対象者の性格などとの相関関係を統計的に分析した。
    疫学研究の領域で、このような大規模かつ長期の研究が行なわれたのは世界で初めてだったため、大きな話題を呼んだのだ。

    ■「陽気な人」より「真面目な人」が長生きする

    ターマン氏とフリードマン氏の研究で「長生き」とされた性格は、意外にも「真面目」というものだった。
    前出・岡田氏が解説する。

    「幼年期から大人になった後まで一貫して『慎重な努力家』だった人、つまり真面目な人が最も長寿だったのです。
    これに対して慎重さに欠けた人が最も短命で、途中で性格が変わった人がその中間です。
    真面目な人は慎重だから健康を守るために深酒や喫煙を避け、車に乗ればシートベルトを締め忘れることがない。
    だから死亡リスクが小さくなると考えられます」

    これには遺伝的な要素も関係しているようだ。

    「真面目タイプの人は、衝動的な行動を抑える神経伝達物質のセロトニンの働きが活発になる遺伝子を有しており、それにより危険を避けられるのではないかとも考えられます」(岡田氏)

    “楽天家は長生き”という通説を覆す結果だったのである。

    ■営業マンより研究者の方が長生きできる

    “孤高の研究者タイプ”と“社交的な営業マンタイプ”ではどちらが長生きするのか。
    一般的には社交的な人ほど健康的に見られがちだ。

    ターマン氏は社交性を示す行動パターンが対極的な「科学者」と「ビジネスマン」という2つの職業を比較していたが、フリードマン氏が改めて「寿命」という指標で分析してみると意外な結果が出た。
    対象集団のなかで、科学者は4分の3が70歳を超える年齢まで生きたが、ビジネスマンなど非科学者では、3分の2しか70歳まで生きられなかった。

    「科学者は、交際範囲は狭くとも自分の興味ある分野で主体的に人と関わる。
    これに対して仕事のために自分の本音を押し殺していることも多い営業マンは、ストレスがたまりやすいからだと考えられます」(岡田氏)

    http://www.news-postseven.com/archives/20170105_480712.html?PAGE=1
    http://www.news-postseven.com/archives/20170105_480712.html?PAGE=2
    【科学】性格と長寿の相関研究…「楽天家」より「真面目な人」、「社交的な営業マン」より「孤高の研究者」の方が長生きという結果
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1483619624

    記事の続きを読む

    1: フロントネックロック(埼玉県)@\(^o^)/ [DE]:2016/12/24(土) 23:54:56.96 ID:yivHRFUF0.net BE:971283288-PLT(13000)


    【プレスリリース】一つの量子的なシャッターにより、二つのスリットを同時に閉じることに成功 | 日本の研究.com
    https://research-er.jp/articles/view/51420






    概要

    京都大学大学院工学研究科の岡本亮准教授、竹内繁樹教授らは、光子を用いた量子回路により、
    量子重ね合わせ状態をとりうる「シャッター」を実現することに成功しました。そして、光子を2重スリットに入射する実験において、特定の条件下では、
    重ね合わせ状態にある 1 つの量子シャッターで、2つのスリットを同時に遮断できることをはじめて実験的に示しました。これは、量子力学のもつ不思議な性質を、
    より本質的に浮かび上がらせるとともに、将来の量子コンピュータの実現にも寄与する成果です。
    一つの量子的なシャッターにより、二つのスリットを同時に閉じることに成功
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1482591296

    記事の続きを読む

    1: クロイツラス(兵庫県)@\(^o^)/ [US]:2016/12/23(金) 12:24:02.64 ID:Ba872tTF0.net BE:592048191-PLT(13345)


    遺伝学の祖と呼ばれるメンデルが発見した両親のうち片方の性質だけが子どもに現れる「優性の法則」についてこの現象が起きるメカニズムを解明したと奈良先端科学技術大学院大学などのグループが発表しました。
    長年の遺伝学の謎を解き明かす成果として注目されています。
    発表したのは、奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科の和田七夕子助教たちの研究グループです。
    「優性の法則」は、両親が異なる性質を持っている場合、優性な遺伝子の性質だけが子どもに現れるという遺伝学の法則で100年以上前にメンデルが発見しましたが詳しいメカニズムは長い間、謎とされてきました。
    グループは植物のナタネを使って、優性な遺伝子と劣性の遺伝子の間の違いを詳しく調べました。
    その結果、優性な遺伝子から作られたRNAと呼ばれる遺伝物質が劣性な遺伝子に作用し、遺伝子に鍵をかけるように働きを阻害していることが分かったということです。
    さらに、このRNAは優性の遺伝子に対しては働きを阻害する反応は起こさなかったということで、グループでは「優性の法則」がRNAによってコントロールされていることが確認できたとしています。
    和田七夕子助教は「遺伝学の謎を解く研究成果だ。将来的には、有用な遺伝子のみを働かせ、農作物の収穫量を増やすこともできると期待している」と話しています。
    この研究は23日発行の海外の科学雑誌「ネイチャー・プランツ」のオンライン版で発表されます。
    http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20161223/5434621.html
    メンデルの優性の法則 今までどういう原理か謎だった
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1482463442

    記事の続きを読む

    1:野良ハムスター ★:2016/12/09(金) 13:31:42.56 ID:CAP_USER9.net
    ベルギーにあるルーヴェン・カトリック大学のリーン・デチン教授は、5億年後に太陽が赤色巨星となり、地球のすべての生命が絶滅すると語った。研究は、雑誌Astronomy and Astrophysicsに掲載された。

    これは、とも座の古い星を観察した結果、分かったという。

    太陽は、その水素をすべて使い果たした時に赤色巨星となり、数百倍の大きさになる。また太陽は晩年地球に近づき、膨大な量の物質を放出する。天文学者たちの予測によると、それが起こるのは5億年後。

    地球は残るが、生き残るものはいない。学者たちはまた、水星と金星が完全に破壊されると述べた。

    https://jp.sputniknews.com/science/201612093103867/
    【宇宙】5億年後、太陽は赤色巨星となり地球の全生物が絶滅
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1481257902

    記事の続きを読む

    1: かかと落とし(東京都)@\(^o^)/ [US]:2016/11/16(水) 07:11:56.77 ID:Cf1hz41V0.net BE:416336462-PLT(12000)
    著名な英国の理論物理学者スティーブン・ホーキング博士(74)は、人類がさらに1000年地球で生き残ることは叶わないと述べた。デイリー・メールが報じた。
    異星人からのシグナルを無視すべきだと求める ホーキング博士がこのような発言をしたのは、オックスフォード大学で講義をしていた時。ホーキング博士は、
    宇宙研究と宇宙旅行により多くの関心を寄せるよう学者に呼びかけた後、スタンディングオベーションを引き起こした。
    「ある素敵な日に、ビッグバンのまさに「心臓部分」を覗くため私たちは重力波を使える可能性もある。宇宙では多数の発見がなされているが、それでも足り
    ない。未来の人類のために宇宙の研究を続ける必要がある。私たちの繊細な惑星で、次の1000年間を生き延びれるとは思っていない。」
    「もし宇宙に飛び立たなければ、人類に未来はないと考える」とホーキング博士は述べた。

    そー
    https://jp.sputniknews.com/science/201611163016513/

    ホーキング博士、人類にとっての地球に残された時間を計算「宇宙進出が間に合わなければ終り」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1479247916

    記事の続きを読む

    1:ぷらにゃん ★:2016/10/26(水) 09:34:07.28 ID:CAP_USER9.net
    「うそをつくほど平気に」、不正直に脳が適応 研究 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161025-00000022-jij_afp-sctch

    【AFP=時事】税金のごまかしや、恋人への裏切りなど何であれ、小さなうそをつくと、それがエスカレートして大きなうそに発展しやすくなるとの研究結果が24日、発表された。

     英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス(Nature Neuroscience)」に掲載された論文はまた、うそを重ねるとともに、脳に表れる感情的な反応が徐々に弱くなるともしている。
    .
     生化学的な関係は非常に強く、繰り返しうそをつく実験では、前回うそをついた人の脳スキャンデータを調べるだけで、次にどれほど大きなうそをつこうとしているかが正確に予測できるという。
    .
     論文の主執筆者で、英ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(UCL)実験心理学部の研究者のニール・ギャレット(Neil Garret)氏は「今回の研究は、不正直な行動が繰り返されると、その程度が増大することの初の実証的な証拠となっている」と述べた。
    .
     論文の執筆者らは、不正直な行為を思いとどまらせる社会規範や道徳があるにもかかわらず、人々がたわいのないうそから大ぼらを吹くようになるまでの仕組みを理解することは、学術研究にとどまらない興味を喚起するとしている。
    .
     論文の共同執筆者で、同じくロンドン大ユニバーシティー・カレッジのタリ・シャロット(Tali Sharot)氏は「不貞、スポーツのドーピング、科学データの改ざん、金融詐欺など(それが何であろうと)、人を欺いたことのある人は、その不正直な行為が雪だるま式に増大することを知っている」と指摘し、「彼らは知らず知らずのうちに、極めて大きな罪を犯してしまったのだ」と付け加えた。
    .
     今回の実験では、ボランティア被験者約80人に、中に入っている硬貨の量がそれぞれ異なるガラス瓶の高解像度写真を個別に見せ、中の金額を判定させた。
    .
     次に、離れた場所で同じガラス瓶の低解像度写真を見ているパートナーに、瓶の中にどの程度の金額が入っているかをコンピューターを通じて通知してもらった。

     このパートナーは、実は研究チームと連携している俳優だったが、被験者らはそのことを知らされていなかった。
    .
     最初に行う実験では、うそをつかないようにするための奨励金を被験者らに与えた。ギャレット氏は、記者会見で「パートナーの推定額がより正確であるほど、両者が受け取れる奨励金が増えることを、被験者らに伝えた」と説明。これは、うそをつく奨励金を被験者らに与える別の実験シナリオに対する基準となった。
    .
     その他の実験では、故意のうそが結果的に、情報を伝える側の被験者と伝えられる側のパートナーの両方に利益をもたらし、また別の実験では、利己的なうそが、パートナーを犠牲にして成立するようになっていた。
    .
    (以下略)

    前スレ 2016/10/25(火) 17:53:14.23
    【科学】「うそをつくほど平気に」、不正直に脳が適応 研究 [無断転載禁止]c2ch.net
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477385594/
    【科学】「うそをつくほど平気に」、不正直に脳が適応 研究 ★2
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477442047

    記事の続きを読む

    1:経理の智子 ★:2016/10/25(火) 11:50:25.38 ID:CAP_USER9.net
    ボールを落とすとしばらく跳ね続け、やがて安定して静止することは誰でも知っていることですが、何もしていないのに再びボールが激しく動き始めることがあれば、存在しなかったエネルギーが発生したことになります。もしそのような現象が起きれば、物理学が根底から覆され、すべての物質が今まで持っていなかったはずの大量のエネルギーを放出することになり、ボールが動き出した次の瞬間に地球は消滅してしまいます。この現象は本当に起こるかもしれない「真空崩壊」と呼ばれているのですが、一体どのような仕組みなのかが誰にでもわかりやすくムービーで説明されています。

    動画



    宇宙に存在するすべての物質を一瞬にして消し去るかもしれない現象として「真空崩壊」という考え方があります。

    宇宙の崩壊について知るには、2つの原理を理解する必要があり、1つ目の原理が「エネルギーレベル」です。すべての物質にはエネルギーの状態によってレベルがあります。エネルギーレベルが高いことは、エネルギー量が多いことを意味しています。例えば、ある木片のエネルギーレベルが高い状態にあると、発火することができ、化学エネルギーを放出して熱エネルギーに変換します。燃えかすには化学エネルギーも熱エネルギーも残っていないので、エネルギーレベルは低い状態に変化したわけです。

    2つめの原理は「安定性」。すべての物質には安定を求めてエネルギーが低い場所に移動する傾向があります。丘の上に置かれたボールは不安定な状態にありますが、同時にエネルギーレベルが高い状態にあります。もしボールが丘を転がり落ちると、エネルギーを放出しながら底に向かい、最終的に安定した状態で静止します。すべての物質はこの2つの原理に従うため、高い場所にある物質はエネルギーを放出して安定状態を目指します。

    これらの原理は量子の世界でも同じ。そのため物理量を持つものの存在がその近傍・周囲に連続的に影響を与えることを指す「場」によって、宇宙のすべてが作られていると考えられます。「場」について詳しく解説したムービーもありますが、今回の「場」とは粒子を動かす法則として考えればOK。そして、物質のエネルギーが最も低い場合のことは「真空状態」と呼ばれています。ややこしいことに宇宙などの「真空」とは完全に別モノなので要注意。

    ほとんどの「場」は真空状態にあるのですが、量子場の一種である「ヒッグス場」には適用されない可能性があり、現在の科学で確認されている「安定した状態」は偽りかもしれないのです。

    この現象は「偽の真空」と呼ばれています。ヒッグス場によって物質の質量が定義されていますが……もしここが偽の真空だとしたら、大変なことが起こり得ます。

    さっき丘から転がったボールがヒッグス場だと仮定します。谷間に転がって安定した場所よりさらに低い場所があるとすれば、現在考えられているヒッグス場により高いエネルギーが存在することになります。安定して低エネルギー状態に見えている物質が、ガソリンに浸った木片のように燃えやすい状態である可能性があるわけです。

    もし何らかの刺激で安定しているはずの物質がエネルギーの放出を始めてしまうと、「真空崩壊」が始まり、止めることはできなくなります。

    もしヒッグス場が急降下すれば、計り知れないエネルギーが放出されると考えられており、周囲を巻き込んでさらなるエネルギーが連鎖的に放出されていきます。そのままヒッグス場は球状になって光の速度で宇宙に広がり始めます。これはガソリンで満たされた宇宙に着火したようなもの。触れたものはすべて消滅してしまうため、影響範囲の拡大とともに宇宙に存在するすべての物質が飲み込まれていきます。

    これが拡大し続けると、やがて宇宙には何も残らなくなると考えられています。

    もし真空崩壊が起きても速すぎて事前に手立てを打つことはできず、お風呂で「イイお湯加減だな」とつぶやいている間に地球のすべてが消滅してしまいます。

    悪影響はこれだけにとどまらず、ヒッグス場が根底から覆されれば、すべての物理法則も変わってしまいます。「真の真空」における物理法則を予測することはできず、原子結合・粒子の振る舞い・化学反応のすべてがこれまでと異なるものとなり、既存の生物はバラバラになってしまう可能性があるだけでなく、これまでの科学の発見してきた法則自体が崩壊することになります。(以下省略)

    http://gigazine.net/news/20161025-vacuum-decay/
    【科学】地球を一瞬で破壊し宇宙さえも消滅させる恐るべき現象「真空崩壊」とは
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477363825

    記事の続きを読む

    おすすめ!
    幸せだなぁ♪

    おすすめ!!
    あまぞん
    figma ソードアート・オンラインII キリト GGOver. [物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品) figma 進撃の巨人 リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) とびだせ どうぶつの森 ねんどろいど しずえ 冬服Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
    クリック募金