1: コーニッシュレック(WiMAX):2012/09/18(火) 23:32:30.21 ID:I+HrA4110●
    SFではそんなに珍しくもない「ワープ」ですが、
    実現するには膨大なエネルギーを必要とするため実現は
    不可能であろうとみられてきました。
    しかし、NASAジョンソン宇宙センターの研究者がいろいろ実験を
    重ねた結果、「現実的ではない」から「調べる価値はある」へ、
    少し希望が持てるレベルへと近づいたことがわかりました。

    「ワープ航法」はA点から遠く離れたB点までを超光速で移動する航法のことで、
    「宇宙戦艦ヤマト」や「スタートレック」の
    ように宇宙を舞台にした作品で用いられています。
    1994年にメキシコの物理学者ミゲル・アルクビエレが発表したアルクビエレ
    ・ドライブはまさにこのワープ航法のこと。
    その基礎理論はWikipediaの「ワープ」の項目に記載がある通り、
    スタートレックのワープ航法をヒントにしたもので、
    物理学の法則の“抜け穴”を利用して宇宙船を超光速で移動させるというものでした。
    しかし、この理論の通りだと、
    ワープ航法には尋常ならざるレベルのエネルギーが必要であることがわかり、
    現実的なものではないと考えられていました。
    しかし、NASAのジョンソン宇宙センターで研究を行っている
    物理学者のハロルド・ホワイトさんは、
    必要なエネルギーを著しく少なくすることで、
    ワープ航法をSFの領域から科学の領域まで引き戻すことができ、
    「希望はある」と語っています。
    アルクビエレ・ドライブは、
    超巨大なリング型装置の中央にラグビーボールのような楕円形の宇宙船を配置。
    宇宙船の前方の空間を収縮、後方の空間を膨張させる時空を生み出し、
    宇宙船は平坦な時空の泡の中にいることでワープさせるというもの。
    恒星間宇宙飛行の実現を目指すエンジニアと科学者のグループ、
    Icarus InterstellarのRichard Obousy氏は「宇宙のすべては
    光速度によって制限されます。
    しかし、真にクールなことは、時空と呼ばれる宇宙の骨組みは、
    光速度による制限を受けないということです」と語っています。
    アルクビエレの概念に基づけば、宇宙船は光速の約10倍を達成することもできるはず。
    これまでの研究では、このワープ航法の実現には
    最低でも木星の質量エネルギーに等しいだけのエネルギーが必要になると
    みられていました。

    http://gigazine.net/news/20120918-warp-drive/


    記事の続きを読む

    1: マンクス(兵庫県):2012/08/23(木) 22:05:27.05 ID:BqRmoZ0v0
    がん早期診断に応用も=「糖鎖」簡単な分析法―ノーベル賞の田中さんら開発

    時事通信 8月23日(木)6時3分配信

     たんぱく質の表面にくっつき、
    機能を制御する鎖状の糖類「糖鎖」の状態を簡単に分析できる方法を開発したと、
    東京大医科学研究所の客員教授を務める田中耕一さんや清木元治教授らが23日、
    米科学誌プロス・ワンに発表した。
    がんなど、さまざまな病気の早期診断に役立つと期待される。
     この方法は、島津製作所シニアフェローの田中さんが
    2002年にノーベル化学賞を受賞した質量分析法を発展させた。
    調べたいたんぱく質の断片(ペプチド)を選別する手間がいらず、
    ごく微量が含まれた混合物の状態から、
    濃縮させて糖鎖の状態を調べることができる。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120823-00000014-jij-soci


    記事の続きを読む

    1: コラット(東日本):2012/08/13(月) 10:23:49.18 ID:d2vUtVPg0
    宇宙に届く10万kmの超高層建築
    今年2月、大手建設会社・大林組は2050年までに「宇宙エレベーター」を建設する構想を、
    具体的な工程表付きで発表した。構想によれば、地上9万6000km(地球2周以上!)に
    置いた重りから「カーボンナノチューブ」製のケーブルを地球へと延ばし(重力と遠心力を
    利用してピンと張らせるらしい)、これを伝う30人乗りのカゴが、地球上の海に浮かぶ「アース・ポート」と
    「静止軌道ステーション」を片道約7.5日間で結ぶという。

    また、静止軌道上で宇宙太陽光発電を行い、地球に送電する計画も。これが現実になれば、
    人や物資を低コストで宇宙空間へと運ぶことができるため、宇宙開発のスピードは一段と加速するはず!

    http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20120813-00025344-r25
    20120813120915_1_1


    記事の続きを読む

    1: 黒(埼玉県):2012/08/09(木) 23:36:50.34 ID:ClkhSKqIP
    ロシアで『不老不死』の研究キターーーッ!2045年には死の概念がなくなる

    ロシアの研究家ドミトリー・イスコフ氏(31)は、不老不死の研究をスタート。
    予定では、2045年までに人類から「死」という概念が一切消えることになり、いわゆる不老不死の状態を得る
    。さて、その方法であるが突拍子も無いもので、SFの世界の話のようなものだ、
    平たく言えば人間の『脳』をバックアップ、そして機械に転送するということだ。

    具体的なスケジュールでは、2025年にロボットに人間の脳を転送することが可能に。
    2035年にはアバターによる脳が作成、人格が注入。
    2045年にはついに人類から死がなくなるということだ。つまり今から30年後には『死』という概念が消える。

    映画AIにでてくるような「ヒューマノイド」型ロボットが、
    自らの意思を持って自由に謳歌している時代になっているというのだ。
    最も、ロボットといってももともと人間の脳をデータ化し移植したものであるから、
    ロボットというよりも「元人間」といったほうがよいのかもしれない。

    となると、危険なのは脳データの不正コピー。
    データ化されるということは複製される可能性があるということ。
    同じ人間の脳が複数コピーされれば、もはやクローン状態。
    スターウォーズのクローンのようだ。そのような恐ろしい事態が来るということも視野に入れなければならない。

    最も一番恐ろしいのは、移植された人間が不老不死になるとともに、
    一生死ねないという苦痛を味わうことになることではないだろうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/6835363/
    20120810000003_1_1


    記事の続きを読む

    1: デボンレックス(神奈川県):2012/08/07(火) 22:26:37.18 ID:ZhPq2A8B0
    新方式の大気圏突入実験が成功 傘で減速、鹿児島・内之浦

    宇宙航空研究開発機構は、大気圏突入の新たな方式の実験機を搭載した
    小型ロケット「S310」41号機を7日午後4時半、
    鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。
    宇宙空間で射出された実験機は22分後に海に落下し、実験は成功した。

    実験機は衝撃や熱を和らげるため、
    断熱素材を使った傘を広げて大気圏に突入する方式を採用した。
    表面温度や機体に受ける空気の圧力、飛行姿勢などのデータを集め、
    宇宙探査機などの技術開発に役立てる。

    実験機は東京大、東海大、九州工業大学などが共同で開発した。
    ロケットは長さ約7・1メートルで、
    実験機を含めた重さは約700キロ。

    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012080701002814.html
    20120807230400_1_1


    記事の続きを読む

    1: アムールヤマネコ(埼玉県):2012/07/27(金) 10:04:34.72 ID:iZQ6EspI0●
    開発段階から世界中のロボットファンやネットユーザーを熱狂させてきた、
    人が搭乗して操縦できる巨大ロボット「クラタス」。
    いよいよ7月29日(日)の「ワンダーフェスティバル」でその全貌をお披露目することになるが、WIREDはいち早く、完成目前の「クラタス」の勇姿を山梨のガレージでとらえることに成功。
    加えて制作チームのふたりから、開発秘話や巨大ロボットにかける夢を訊いてきた。
    (中略)

    「巨大ロボは海外じゃなく日本が作らなきゃ!」

    先にも軽く触れたとおり、このアートプロジェクトの目標は、
    クラタスを量産して販売することだ。
    では、なぜ量産することに、そして販売することにこだわるのだろうか? 
    実は、このプロジェクトのゴールは水道橋重工のふたりが思い描く
    「日本に巨大ロボ時代を到来させる」という夢を実現することにあるからだ。

    「自分が巨大ロボを1機作ったら、それを真似できる人が日本にはたくさんいます。
    個人でもこうやって作れるよって前例を見せると、作る人が増えて、
    もっとすごいものも生まれるかもしれない。
    すでにたくさんの技術をもっているのに、
    『なにを作りたいのかわからない』という人が日本には多いように感じます。
    ぼくらの世代は、子どものころに観たアニメの影響で巨大ロボが刷り込まれている。
    巨大ロボは海外じゃなく日本が作らなきゃ!と言いたい。
    渋谷を巨大ロボが歩き回る……そんなことが当たり前の日本になったら
    すごく面白いじゃないですか。
    今回、量産して売るという目標にこだわっているのは、
    1機作るだけじゃ『巨大ロボ時代』に向けての現実感が足りないからなんです。
    自分がクラタスを1機作って飾っているだけじゃ面白くない。
    でも売るという行為によって、誰もが巨大ロボを手に入れられる可能性が出てくる。
    そこで初めて巨大ロボのある世界ががリアルに想像できるんです。
    だから、ただ1機作るだけじゃダメなんです。
    クラタスは現実にある“買える・乗れる巨大ロボット”なんです。
    まずはとりあえず、アラブの石油王が『日本スゲー』と
    勘違いしてうっかり買ってくれないかなぁ……と思っています(笑)」(倉田)


    http://wired.jp/2012/07/26/kuratas/


    記事の続きを読む

    1: 白(京都府):2012/07/26(木) 01:00:50.49 ID:kBBV5Tj/0
    火星サイズの惑星、地球の間近で偶然発見される
    http://science.slashdot.jp/story/12/07/25/0728223/
    ナショナルジオグラフィックやアストロアーツによると、
    NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡により、直径8,400km(地球の3分の2)
    というサイズの太陽系外惑星が、地球の「すぐそば」で偶然に見つかったそうだ。

    ほぼ火星と同じ大きさのこの惑星は、
    地球より小型の惑星としてはこれまで見つかった中で
    最も地球から近い33光年かなたにあり、
    少なくとも宇宙的なスケールでは地球のすぐそばと言っていい場所にあるという。
    主星との距離は地球箸キ月の7倍程度と近いため、
    表面温度は摂氏9600度以上と思われるそうで、
    表面がマグマの海で覆われている可能性もあるそうだ。

    参考
    http://www.jpl.nasa.gov/news/news.cfm?release=2012-211


    > 表面温度は摂氏9600度以上
    9600度で惑星まるごと気化&蒸発しないのだろうか。


    記事の続きを読む

    1: ペルシャ(埼玉県):2012/07/20(金) 16:59:42.90 ID:eOaAD/l5P
    EARTH TO COLLIDE WITH NIBIRU ON JULY 21, 2012!

    NASA scientists have reportedly confirmed that the planet Nibiru will collide with Earth in July of this year.

    The Nibiru collision with Earth in 2012 has been predicted for a long time, but astrophysicists, cosmologists and astronomers around the world have now come to a consensus that Earth will indeed collide with the planet, which lies just outside Pluto.

    20120720180509_1_1
    20120720180509_1_2
    20120720180509_1_3
    20120720180509_1_4

    http://weeklyworldnews.com/headlines/42896/earth-to-collide-with-nibiru-on-july-21-2012/


    記事の続きを読む

    1: ブリティッシュショートヘア(やわらか銀行):2012/07/14(土) 05:39:15.32 ID:iWt82hcJ0
    怖すぎる実験を目撃! 猛毒ヘビの毒一滴が、人間の血を一瞬にして変えるさま



    「毒ヘビにかまれると良くない」ということは周知の事実ですが、
    その毒が人間の血に一体何をするか、
    目で見たことはありますか?

    ..普通はないと思いますが、それを偶然見つけてしまったのは、
    「コブラ」という香水について調べていた
    YouTubeのユーザー"fragrancemad"。なんとも笑える発見の仕方ですが、
    見た映像(上)は笑えるどころではなく、
    信じがたいヘビ毒の効果でした。
    思わずYouTubeにアップロードし、今度は200万人もの人がこれを見ることに!

    実験に使われているヘビは、
    インド四大毒蛇のひとつとして知られる「ラッセルクサリヘビ」。
    その毒は致命的で、助かっても後遺症が残る場合が多く、
    かまれた手足の切断につながることも少なくありません。

    この猛毒ヘビの毒をたったの一滴、
    人間の血にたらすとどうなるか、ビデオでご覧ください。

    カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部の、
    テレンス・M・ディヴィッドソン医師(Dr. Terence M. Davidson, M.D.)は、
    自身のサイトで「ラッセルクサリヘビ」の毒をこう説明しています。

    「スリランカ、ミャンマー、インドなどでは、
    毒ヘビにかまれる事件のほとんどがこのラッセルクサリヘビです。
    これはとても危険なヘビで、
    大きいものは簡単に致死量の毒を出すことができます。
    被害者はたいていかみ
    傷口の痛みを訴え、明らかな腫れが見られます。」

    (血液凝固による)出血障害を引き起こす他に、
    急性腎不全、まぶたの腫れ、発話困難、全身の脱力感なども
    引き起こします、とディヴィッドソン医師は書いています。

    http://news.aol.jp/2012/07/13/snake-venom-blood-clot-human_n_1666611/


    記事の続きを読む

    1:☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/06/27(水) 17:04:40.68 ID:???0
    ・米Googleは26日(現地時間)、同社の「Google X Labs」が人間の脳をシミュレーションする
     研究で大きな成果を挙げたと発表した。コンピューターが猫を認識する能力を自ら獲得
     することに成功したという。


     自動運転車の研究などでも知られる同研究所は、人間の脳の働きをシミュレーションする
     ために大規模なネットワークを用いる新たの方法を開発。このシステムにYouTubeの動画を
     1週間見せつづけたところ、猫がどういうものかを学習し、猫を認識できるようになったという。

     従来の技術でもコンピューターに画像を見分けさせることは可能だが、例えば人間の顔を
     コンピューターに自動選別させるには、人間の顔がどういうものかを人間がコンピューターに
     教育する必要がある。しかし、今回の研究成果では、コンピューターは猫がどういうものであるか
     人間に教えられること無く、自力で理解した。これは機械学習の「self-taught learning
     (自己教示学習)」と呼ばれるものだという。

     こうした研究は画像の識別だけでなく様々な分野への応用が期待される。今回の研究では
     1万6000個のCPUを接続したが、人間の神経回路は100兆もの接続があるとされる。したがって
     「研究はまだ成長の余地がたくさんある」とGoogleの研究者は語っている。
     http://www.rbbtoday.com/article/2012/06/27/90985.html

    ※画像:Googleが発表した猫の画像
     20120627180101_1_1


    記事の続きを読む

    1: ジョフロイネコ(東京都):2012/06/16(土) 01:34:00.13 ID:y3A0bNHn0
    35年前に打ち上げられ、太陽圏の果てを目指し続ける探査機「ボイジャー1号」が測定する
    宇宙線がここ1か月で急増していることがわかった。人工物が初めて太陽圏から
    脱出する歴史的な日が近づいているようだ。

    1977年に打ち上げられ現在は太陽圏の果てを航行しているNASAの探査機「ボイジャー1号」。
    178億kmの距離から16時間36分かけて届いたそのデータから、探査機の周囲の宇宙線が
    急激に増えていることがわかった。2009年1月~2012年1月の間では25%の増加だったが、
    5月7日以来、1か月に9%というペースで急増しているという。

    太陽圏と恒星間空間の境界付近では、太陽風の荷電粒子と、
    超新星爆発で生成され恒星間空間
    から飛来する宇宙線とがせめぎ合っている。計測される宇宙線が増加したということは、
    それだけ「外の世界」に近づいているという証だ。

    20120616072850_1_1
    http://www.astroarts.co.jp/news/2012/06/15voyager/index-j.shtml

    現在位置
    http://www.heavens-above.com/SolarEscape.aspx


    記事の続きを読む

    1: ベンガル(埼玉県):2012/06/02(土) 09:26:13.70 ID:MI+aFZ0F0
    ”ニュートリノ「光より速い」撤回へ”

    素粒子のニュートリノが進む速度について、
    名古屋大などの国際研究グループ「OPERA」は、
    昨年発表した「光より速い」との実験結果を修正する方針を決めた。

    指摘されていた実験の不備を解消したうえで先月、
    再実験し、ニュートリノと光の速さに明確な差は出なかったという。
    事実上の撤回で、3日から京都市で開かれるニュートリノ・宇宙物理国際会議で報告する。

    OPERAは、スイス・ジュネーブ近郊の欧州合同原子核研究機関(CERN)から
    ニュートリノを飛ばし、
    約730キロ・メートル離れたイタリアの研究所までの所要時間を測定。
    ニュートリノが光より60ナノ秒(ナノは10億分の1)早く到達したという結果を、
    昨年9月に発表した。
    「光速は超えられない」としたアインシュタインの相対性理論を覆すのではないかと
    注目された。

    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120601-OYT1T01089.htm


    記事の続きを読む

    おすすめ!
    幸せだなぁ♪

    おすすめ!!
    あまぞん
    figma ソードアート・オンラインII キリト GGOver. [物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品) figma 進撃の巨人 リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) とびだせ どうぶつの森 ねんどろいど しずえ 冬服Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
    クリック募金