sports_boxing_corner_man_second
    1:ほニーテール ★:2018/10/13(土) 21:42:53.93 ID:CAP_USER9.net
    13日に都内ホテルで開かれた、デヴィ夫人(78)が代表を務めるNPO「アースエイドソサエティ」主催のチャリティーパーティー「ザ グランド インペリアル チャリティ バンケット」には、日本ボクシング連盟の山根明前会長(79)も招待された。

    デヴィ夫人とバラエティー番組で共演したことがきっかけで招待された山根氏は「ボクシング代表じゃない。男山根として招待していただいた。感動しました」と話した。

    日本オリンピック委員会(JOC)の要請で設けられた第三者委員会で先月、山根氏体制下で「山根判定」「奈良判定」などと言われた不可解な判定があったと認定された。山根氏は「認定いうんは、おかしいんです。判定は割れるんです。今の政権は(応援)しません」と、日本ボクシング連盟の現体制を批判した。

    前日は79歳のお祝いの会を身内で設けたそう。「これからは子供たちのためになることをしたい、と言ったら、芸能関係の仕事がいいんじゃないかと勧められた。今、ちょっと悩んでる」などと話した。

    パーティーは、日本赤十字社、NPO「難民を助ける会」を支援する趣旨で開催され、今年で21回目。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00361066-nksports-ent
    【芸能】 山根明氏、芸能関係の仕事は「今ちょっと悩んでる」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539434573

    記事の続きを読む

    1:ひかり ★:2018/10/10(水) 16:13:22.08 ID:CAP_USER9.net
    箱根駅伝で5年ぶりの優勝を狙う東洋大陸上競技部で、今年4月に入学したばかりの1年生への暴行事件が起きていたことがわかった。被害者のX君(18)が
    「週刊文春」の取材に応じ、証言した。

     X君は中学時代3000m走で全国トップの記録を樹立。高校時代も全国上位の活躍を見せ、今年4月、陸上部の特待生として、東洋大学に入学したばかりだった。

    「陸上部に馴染めなかった自分にも非はありますが、あそこまでの暴力をふるわれる理由はなかったはずです」(X君)

     X君の説明によれば、入部直後から寮や合宿などで“指導”が始まったという。

    「毎晩、1年生は寮の掃除などの仕事をこなさないといけないのですが、僕はトイレや風呂場などの掃除について注意されることが多かった。4月には
    3年生で箱根駅伝にも出場していた先輩から怒られた際に、足を蹴られました」

     7月以降、上級生からの指導はますますエスカレート。そして9月、新潟の山古志で行われた合宿で2年の選手から“指導”を受け、X君の我慢は限界に達した。

    「練習器具を忘れたことを咎められた際、『マジで死ねよ』と首を絞められた。さすがに酷いと思って、母親に『もう辞める』とLINEで連絡しました」(同前)

     9月20日、寮の会議室でX君と母親、陸上部の酒井俊幸監督、部長の間で話し合いが持たれ、“指導”に加わった先輩部員も同席し、暴言・暴行の事実を認め、
    謝罪したという。

     だが、10月8日に「週刊文春」取材班が酒井監督を直撃すると、暴行の事実を否定した。

    ――暴力行為はあったのか。

    「身体の接触があったのは事実。(両手で首と胸の間を触るしぐさをしながら)こういうのはありました。でも殴るとかは絶対にない」

     果たして部内で暴力はあったのか。「週刊文春」は9月20日の話し合いの際、大学側が暴行を認め、謝罪している音声を入手。X君の実名告発や酒井監督の
    直撃インタビューとあわせ、10月11日(木)発売の「週刊文春」で、名門陸上部で起きた暴行事件を詳報する。また「 週刊文春デジタル 」では、
    問題の音声テープを同日5時より公開する。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年10月18日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181010-00009253-bunshun-spo
    取材に応じたX君 ©文藝春秋

    【陸上】東洋大陸上部1年生が告発 箱根駅伝選手から「殴られ『マジ死ねよ』」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539155602

    記事の続きを読む

    1:かばほ~るφ ★:2018/10/09(火) 20:49:23.11 ID:CAP_USER9.net
    javascript:void(0) 蝶野正洋が振り返る平成プロレス 「時は来た!」事件の真実
    2018.10.09.

    もうすぐ平成が終わる。平成とともにプロレス人生を歩んできたプロレスラー、
    蝶野正洋が平成のプロレスを振り返った。
    今回は、1990年に橋本真也が残した名言「時は来た!」について語り尽くす。

      ◇  ◇

    オイ、テメエら!蝶野正洋だ。今回のオレが振り返る平成プロレスは、
    今も語りぐさになっている「時は来た!」事件について話そう。

    とは言え、30年近く前のこと。若い世代には知らない人も多いだろうから、どんな出来事だったのかを説明する。
    事件が起きたのは平成2年(1990年)2月10日、新日本プロレス・東京ドーム大会の
    メインイベントで行われたアントニオ猪木、坂口征二組-蝶野正洋、橋本真也(故人)戦の直前。
    まず、猪木さんの控室で「もし負けると言うことがあると…」と質問したテレビのレポーターを、
    猪木さんが「出る前に負けること考えるバカがいるかよ!」と、ビンタをカマして追い出してしまった。

    この衝撃的な出来事の一方、オレらの控室では、オレが「つぶすぞ、今日は!よく見とけ、オラ!」と怒鳴った後、
    鉢巻き姿の橋本選手が仁王立ちで「時は来た!それだけだ」とほえただけ。
    隣で一瞬笑いをこらえるオレの姿が映ってしまい、それが後々、
    テレビや雑誌などで何度も取り上げられるようなネタになってしまったという話だ。

    なぜ、そんなことが起こったのか。一つの要因はスポーツ中継の手法が変わったことだ。
    元々、スポーツ中継はテレビカメラが動かないのが基本だった。ハンディカメラとかを使わず、
    固定カメラの前で競技をしていたのが、そこに徐々に演出をかけていこうという流れになった。
    どういうことかと言えば、例えば試合ではなくて、入場前の様子を撮る。
    それをオレらの試合でやろうということになった。

    オレらに求められていたのは、海外修行から帰ってきた若いヤツらがアメリカナイズされた
    パフォーマンスで盛り上げるということ。オレらも怒鳴ったり、物でもぶっ壊してやろうという気持ちで息巻いていたんだ。
    ところが、相手は格上だから、カメラは先にこっちに来ると思っていたのに、
    先に猪木さんの方に入ってしまった。オレらは「えっ、これヤバいじゃん」となったわけよ。ガッデム!

    すると、猪木さんはやっぱりプロだからバチーンとやった。それをモニターで見ていたオレらは
    「ヤベエ、こっちも何かバシッと決めなきゃダメだろ」と慌て始めちゃってね。
    どっちが締める?となって、橋本選手が「とにかくやりたい」と言うから、「じゃあ」と任せたんだ。
    だけど、ギリギリでカメラがこっちに来ますとなったときに、やっぱり考えてしまったんだろうね。
    そこで出た言葉が「時は来た!」だった。オレは吹き出しちゃったよ。

    テレビ的には、後でオレらのところにカメラが来たということは、本当はオレらにレポーターを
    襲うぐらいのことをして欲しかったんだろう。でも、あっちが手を出して、こっちも手を出したら、やっぱりおかしいよ。
    マネしてるみたいだからね。(プロレスラー)

    デイリースポーツ on line
    https://www.daily.co.jp/ring/2018/10/09/0011715211.shtml
    1990年の蝶野、橋本組と猪木、坂口組の対戦発表記者会見の一幕

    【プロレス】橋本真也「時は来た!」事件の真実…蝶野正洋が振り返る平成プロレス
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539085763

    記事の続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/08(月) 14:19:54.09 ID:CAP_USER9.net
    ◇セ・リーグ DeNA―広島(2018年10月7日 マツダ)

    DeNAのラミレス監督が逆転でのCS進出に必死の選手起用だ。

    7日の広島戦(マツダ)で、ここまで38本塁打を放っている主砲・筒香をプロ初の1番に入れ、2番にはリーグトップタイ39本塁打のソト、
    3番には打率・209の乙坂、4番には26本塁打のロペスという”新布陣”を選択。
    だが、乙坂が初回の第1打席で送りバント失敗、3回の第2打席で空振り三振に倒れると、その裏には乙坂を諦めて「3番・中堅」には早くも桑原を入れた。

    DeNAはこの日の広島戦も含めた3試合で1試合でも落とせば、クライマックスシリーズ(CS)出場が消滅する瀬戸際。
    ヤフーのリアルタイム検索では1位に「乙坂」2位に「1番筒香」が入るなどネット上でも注目を集め、
    ツイッターには「ラミレス監督って奇策大好きやね」「なにこれ?パワプロでもやってんの」「3番乙坂が謎」などのコメントが躍った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15412089/
    2018年10月7日 15時22分 スポニチアネックス

    【野球】DeNA・ラミレス監督“奇策”にネット騒然「なにこれ?」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538975994

    記事の続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★:2018/10/08(月) 06:40:41.07 ID:CAP_USER9.net
    今秋、プロ野球12球団で引退、戦力外通告、移籍などで退団する選手は以下の通り。12球団合同トライアウトは11月13日にタマホーム スタジアム筑後で行われる。

    (※は育成選手)

    【西武松井、広島新井ら/2018年引退選手一覧】

    ■西武

    松井稼頭央外野手(42)→現役引退

    藤原良平投手(32)→戦力外通告→現役引退

    豊田拓矢投手(31)→戦力外通告

    福倉健太郎投手(27)→戦力外通告

    玉村祐典投手(22)→戦力外通告→現役続行希望

    坂田遼外野手(32)→戦力外通告

    ニール・ワグナー投手(34)→自由契約


    ■ソフトバンク

    本多雄一内野手(33)→現役引退

    小沢怜史投手(20)→戦力外通告→育成契約へ

    黒瀬健太内野手(21)→戦力外通告→育成契約へ

    古沢勝吾内野手(22)→戦力外通告→現役続行希望

    ※伊藤祐介投手(27)→戦力外通告→現役引退へ

    ※斎藤誠哉投手(22)→戦力外通告→現役続行希望

    ※児玉龍也投手(24)→戦力外通告

    ※樋越優一捕手(25)→戦力外通告→現役引退へ

    ※幸山一大外野手(22)→戦力外通告


    ■日本ハム

    石井裕也投手(37)→現役引退

    矢野謙次外野手(38)→現役引退

    大嶋匠捕手(28)→戦力外通告→現役引退へ

    高良一輝投手(24)→戦力外通告→合同トライアウト受験へ


    ■オリックス

    小谷野栄一内野手(37)→現役引退

    塚原頌平投手(26)→戦力外通告→育成契約へ

    佐藤世那投手(21)→戦力外通告→合同トライアウト受験へ

    戸田亮投手(30)→戦力外通告→現役引退へ

    縞田拓弥内野手(31)→戦力外通告

    園部聡内野手(22)→戦力外通告→現役続行希望

    坂本一将内野手(27)→戦力外通告→現役引退へ

    吉田雄人外野手(23)→戦力外通告


    ■ロッテ

    岡田幸文外野手(34)→現役引退

    大隣憲司投手(33)→現役引退

    根元俊一内野手(35)→現役引退

    金沢岳捕手(34)→現役引退

    宮崎敦次投手(25)→戦力外通告

    肘井竜蔵外野手(22)→戦力外通告

    ※安江嘉純投手(26)→戦力外通告


    ■楽天

    小山雄輝投手(29)→戦力外通告

    細川亨捕手(38)→戦力外通告→現役続行希望

    ※横山貴明投手(27)→戦力外通告

    ※宮川将投手(27)→戦力外通告

    ※入野貴大投手(29)→戦力外通告

    ※匠内野手(20)→戦力外通告

    ※向谷拓巳内野手(21)→戦力外通告

    >>2以降に続きます

    [2018年10月7日17時43分]
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809280000378.html
    3:鉄チーズ烏 ★:2018/10/08(月) 06:41:23.55 ID:CAP_USER9.net
    >>1の続き

    ■広島

    新井貴浩内野手(41)→現役引退

    天谷宗一郎外野手(34)→現役引退

    佐藤祥万投手(29)→戦力外通告

    土生翔平外野手(29)→戦力外通告

    辻空投手(24)→戦力外通告

    ※ジョアン・タバーレス投手(23)→戦力外通告


    ■ヤクルト

    松岡健一投手(36)→現役引退

    山本哲哉投手(33)→現役引退

    成瀬善久投手(32)→戦力外通告→現役続行希望

    久古健太郎投手(32)→戦力外通告→未定

    古野正人投手(32)→戦力外通告→未定

    菊沢竜佑投手(30)→戦力外通告→現役引退を表明

    由規投手(28)→戦力外通告→現役続行希望

    大松尚逸内野手(36)→戦力外通告→現役続行希望

    鵜久森淳志外野手(31)→戦力外通告→合同トライアウト受験へ

    比屋根渉外野手(31)→戦力外通告→合同トライアウト受験へ


    ■巨人

    杉内俊哉投手(37)→現役引退

    山口鉄也投手(34)→現役引退

    西村健太郎投手(33)→現役引退

    脇谷亮太内野手(36)→現役引退

    寺内崇幸内野手(35)→戦力外通告

    青山誠外野手(26)→戦力外通告

    ※成瀬功亮投手(26)→戦力外通告

    ※与那原大剛投手(20)→自由契約→育成契約へ


    ■DeNA

    G後藤武敏内野手(38)→現役引退

    加賀繁投手(33)→現役引退

    須田幸太投手(32)→戦力外通告

    福地元春投手(28)→戦力外通告

    野川拓斗投手(27)→戦力外通告

    田中浩康内野手(36)→戦力外通告

    荒波翔外野手(32)→戦力外通告→現役続行希望

    白根尚貴外野手(25)→戦力外通告

    ※亀井塔生捕手(21)→戦力外通告

    ※網谷圭将内野手(21)→戦力外通告

    ※武白志内野手(20)→戦力外通告


    ■阪神

    西岡剛内野手(34)→戦力外通告→現役続行希望

    山本翔也投手(29)→戦力外通告

    今成亮太内野手(31)→戦力外通告→現役続行希望

    西田直斗内野手(25)→戦力外通告


    ■中日

    岩瀬仁紀投手(43)→現役引退

    荒木雅博内野手(41)→現役引退

    浅尾拓也投手(33)→現役引退

    野本圭内野手(34)→現役引退

    谷哲也内野手(33)→戦力外通告

    若松駿太投手(23)→戦力外通告→合同トライアウト受験へ

    ※山本雅士投手(23)→戦力外通告→現役続行希望

    ※吉田嵩投手(22)→戦力外通告→現役続行希望

    ※西浜幹紘投手(25)→戦力外通告→学生野球指導者志望
    【野球】プロ野球12球団 戦力外、引退、退団選手/一覧
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538948441

    記事の続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/10/07(日) 21:45:26.92 ID:CAP_USER9.net
    井上尚弥 秒殺!初回KO勝ちでWBSS初戦突破 元WBAスーパー王者を撃破

     ◇WBSSバンタム級トーナメント1回戦&WBA世界同級タイトルマッチ 王者・井上尚弥―同級4位フアンカルロス・パヤノ(2018年10月7日 横浜アリーナ)

     プロボクシング主要団体の王者らが参戦して階級最強を決める「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」が7日、横浜アリーナで開幕。バンタム級トーナメント1回戦でWBA世界同級王者の井上尚弥(25=大橋)が、元WBAスーパー王者でWBA同級4位のフアンカルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)を初回KOで下し、準決勝進出を決めた。また、WBA世界同級王座の初防衛にも成功した。井上尚の通算戦績は17勝15KO無敗。

     井上は初回からフルスロットル。ラフな攻撃が特徴のパヤノをねじ伏せた。KO勝利は世界戦7試合連続で具志堅用高(協栄)を、通算11回目は内山高志(ワタナベ)をそれぞれ抜いて国内歴代1位となった。準決勝の日程、対戦相手などは後日、発表される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000151-spnannex-fight

    ★1がたった時間:2018/10/07(日) 21:24:06.67
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538915046/
    【ボクシング】井上尚弥 秒殺!初回KO勝ちでWBSS初戦突破 元WBAスーパー王者を撃破 ★2
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538916326

    記事の続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/10/07(日) 13:50:02.49 ID:CAP_USER9.net
    10/7(日) 11:48配信
     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が7日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。日本相撲協会を1日付で退職した大相撲の元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)が4日に東京・永田町の議員会館を訪れ元文部科学相の馳浩衆院議員(57)と面会したことについて「(相撲協会の)八角さん(理事長)、ビビってるでしょうね」と指摘した。

     松本は「何もなく馳さんと会いますかね」と面会の裏には、元貴乃花親方の政界入りする意思があると推測。落語家の立川志らく(55)が「(貴乃花親方が)政治家の方に行って、一番怖いのは財団法人だから外からメスを入れられてこの協会はダメだっていうふうに言われてしまうのが相撲協会は怖い。それを(元)貴乃花(親方)は考えているんじゃないですか」と話すと、松本は「正直、八角さんはビビってるでしょうね」とうまずき、相撲協会の八角理事長(55=元横綱・北勝海)が元貴乃花親方の政界入りを恐れていると指摘した。

     また、幕内・貴ノ岩(28=千賀ノ浦部屋)が元横綱・日馬富士(34)を提訴し約2400万円の損害賠償を求めたことについては「いったん落ち着いたじゃないですか。なんで今わざわざ表立ってやるのか分からない」とし、約2400万円という金額は「ちょっと高いけど法外な値段ではないのかなと思いますね」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000070-spnannex-ent
    【テレビ】ダウンタウン松本、元貴乃花親方と馳議員の面会に「八角さん、ビビってるでしょうね」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538887802

    記事の続きを読む

    1:shake it off ★:2018/10/02(火) 17:45:24.49 ID:CAP_USER9.net
    英調査会社「ユーロモニターインターナショナル」が2018年9月27日、最新の「世界のプロスポーツリーグ魅力指数」ランキングを発表した。

    トップ10には4つのサッカーリーグがランクイン。
    世界レベルではサッカー人気の高さがうかがえる。
    一方、日本のプロスポーツでトップ10入りしたのは、野球だった。

    ◆ 北米4大プロスポーツがトップ5入り

    「魅力指数」は、チケット売上額や観客動員数といった指標からリーグ内の競合バランスといった指標、各リーグを運営する国の経済的及び人口統計学的指標を組み込んで算出している。34か国、81リーグが対象だ。

    トップスコアに輝いたのは、「NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)」(83.6ポイント)だった。2位以降は「NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)」(75.3ポイント)、「MLB(メジャー・リーグ・ベースボール)」(74.6ポイント)、「プレミアリーグ」(71.4ポイント)、「NHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)」(67.9ポイント)と続く。

    4位のイングランド・プレミアリーグ以外はいずれも北米のプロスポーツだ。

    6位~8位はドイツ「ブンデスリーガ」(61.3ポイント)、米「MLS(メジャー・リーグ・サッカー)」(59.9ポイント)、
    スペイン「ラ・リーガ」(59.6ポイント)といずれもサッカーリーグがランクイン。

    9位に日本の「NPB(プロ野球)」(55.7ポイント)が登場した。10位はフランスのラグビーリーグ「トップ14」(55.7ポイント)がランクインした。
    なお、日本のプロサッカーリーグ「J1」は28位(45.6ポイント)だった。

    ユーロモニターインターナショナルのスポーツ産業の調査統括部長、アラン・ローナン氏は、この結果に以下にようにコメントしている。
    「現時点において北米4大プロスポーツリーグや欧州サッカーのプレミアリーグの優位性は確かですが、今後もこのランキングが普遍的なものとは限りません」

    https://www.j-cast.com/trend/2018/10/01339892.html
    【野球】 世界の人気プロスポーツリーグランキング 日本勢でトップ10入りしたのはプロ野球 、プロサッカーのJ1は28位
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538469924

    記事の続きを読む

    1:pathos ★ :2018/10/02(火) 07:59:01.87 ID:CAP_USER9.net
    エンゼルス・大谷翔平投手(24)が1日(日本時間2日)、ロサンゼルス市内の「カーラン・ジョーブ・クリニック」で右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた。

     ビリー・エプラーGM(43)がエンゼルスタジアムで会見し「大谷選手の手術が本日行われ、無事に成功した」と説明した。

     同手術は通常、投手での復帰には12?16カ月を要する。DHならば、送球プログラムのリハビリが省かれ「4カ月半?半年の間に本格復帰できる」とする医師の見解もあるが、大谷の全治について同GMは「今すぐ判断することは難しい」と話すにとどめた。エ軍の来年の開幕戦は3月28日(日本時間29日)だが、「打者・大谷」としては間に合う計算だ。

     大谷の執刀医であるエラトロッシュ氏は、肩、肘、膝の手術の権威として知られ、トミー・ジョン手術を考案したジョーブ博士のクリニックの中心的存在。ドジャースのチームドクターを務めているが、他球団の選手も執刀し、今年は通算125勝の右腕クエトら大谷も含め9人の大リーガーのトミー・ジョン手術を担当した。
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/02/kiji/20181002s00001007099000c.html
    【MLB】大谷が右肘のじん帯再建手術 エ軍GM「無事に成功した」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538434741

    記事の続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/01(月) 06:25:16.39 ID:CAP_USER9.net
    角界に大きな衝撃が走った。9月25日、貴乃花親方が日本相撲協会に引退届を提出したと発表したのだ。

    「貴乃花は今年4月に、相撲協会の理事を解任されています。いわゆる“貴の乱”の責任を取らされた形で、2階級も降格。一番下の“年寄”にされる処分でした。正直、貴乃花は協会内で居場所がない孤立無援の状態だったので、退職せざるをえなかったんだと思いますよ」(ベテラン相撲記者)

     かつて角界のヒーローだった貴乃花親方だが、その栄光には暗い話題がつきまとっていたのも事実。

    「宮沢りえとの婚約破棄に始まり、洗脳騒動、そして兄・若乃花との確執……。特に若乃花と10年以上前に絶縁状態になってから、貴乃花は完全におかしくなってしまったようなんです」

     こう語るのは、貴乃花親方の後援会関係者だ。最近の貴乃花親方の言動も、すべて若貴の不仲が“元凶”と見る向きも多い。

    「あの兄弟、もともとは大の仲良しだったんです。貴乃花が15歳で相撲部屋に入ると決意するや、勝(若乃花の本名)は“光司(貴乃花の本名)を一人で行かせられない”と言って自分も入門。その後、2人は身体が小さい分、誰よりも厳しい稽古を積んで、貴乃花が第65代、若乃花が第66代の横綱となり、相撲界初の兄弟横綱まで上りつめたんです。加えて互いを思いやり、切磋琢磨してきた戦友でもありました」(前同)

     そんな“日本一の兄弟”が、なぜ絶縁してしまったのか。

    「そこには、若貴2人だけにしか分からない“深い闇”があるんです……。実は、あの2人が絶縁したのは、“父親が違う種違いの兄弟では……”という話が大きな原因だと聞いています」

     こう重い口を開くのは、若貴の出生の秘密をよく知る元藤島部屋の関係者だ。仮にX氏としよう。

     今回本誌は、このX氏から、若貴兄弟の間に渦巻く、兄弟仲を引き裂いた“新事実”を取材することに成功した。まずX氏の激白前に、角界では以前から囁かれていた“若貴は父親が違う”という説の概要を説明したい。

    「まったく……誰も裏が取りようのない、信じ難い“異父兄弟説”が相撲界で今も飛び交っているんだけどね。中でも、まず最初に言われたのが、“兄の若乃花は、初代若乃花である花田勝治氏(故人)と、実母・藤田紀子さんとの間にデキた子”という、耳を疑うような話だね」

     こう語るのは角界関係者。ご存じ、若貴の母親は元女優の藤田紀子だ。その夫は、元大関の初代・貴ノ花の花田満氏(故人)。初代・若乃花は、満氏の実兄だ。

    「つまり、この噂でいくと、“紀子さんは夫の兄である勝治氏と密かに通じあっていて、そこに生まれたのが勝氏”ということになる。当事者である若乃花の耳にも、この話は入っているようです。本人はどう思っているんでしょうか」(前同)

    「輪島との間にできた子」という噂も
     にわかには信じ難い若乃花の噂だが、角界では以前から、悪意のある、さも“本当の話”のように語り継がれてきたのだという。だが、それだけではない。

    「“弟の貴乃花は、紀子さんと元横綱の輪島の間にできた子ども”という噂もある。確かに紀子さんと輪島は昔から親しく、紀子さんと満氏、そして輪島は一時、一緒に住んでいたほど仲が良かったと言います。また、貴乃花の身体つきが輪島に似て肩幅がガッチリとしていたことから、“貴の父親は輪島だ”という説が、一気に信じられるようになってしまったんです」(同)

     当然、こうした噂話を耳にすれば、貴乃花が心を痛めるのがよく分かる。ここから兄弟仲は狂い始める。兄弟の不仲が表面化したのは、2005年。父であり、親方である花田満氏が55歳の若さで“口腔底癌”で亡くなったときだ。

    「満氏が亡くなる直前、病院で闘病中の際、貴乃花は若乃花に対して病室への出入りを禁止。お見舞いもさせないようにしていたそうです。満氏が死去すると、遺体のある霊安室で罵り合う兄弟喧嘩をしたとも報じられました。以来、2人は一切、口をきかず、“絶縁関係”になったといいますよ」(病院スタッフ

    つづく

    日刊大衆2018年9月30日06時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_61259/

    写真

    2:Egg ★:2018/10/01(月) 06:25:53.69 ID:CAP_USER9.net
    さらに、2人の仲を険悪にしたのが、遺産相続の問題だったという。「当時、満氏の遺産は土地や建物、軽井沢の別荘、使っていない名跡も2~3つあり、莫大な金額だったんです。5億円はあるとの報道もありましたが、5億どころか10億はあったはずです」(別の後援会関係者)

     その後、若乃花が遺産相続を全額放棄する形で一度、事態は収束したが、「貴乃花は兄を敵対視。実は父・満氏が引退で切り落とした“髷”を、貴乃花は東京中野区に当時あった部屋の金庫にしまっていましたが、この“髷”が突如消えてしまったんです。おそらく貴乃花はいつかDNA鑑定に出そうとしていたのかもしれませんね。これで、完全に兄弟関係にピリオドが打たれました」(前同)

     さらに不仲に拍車をかけたのが、貴乃花の嫁・河野景子と若乃花の元嫁・花田美恵子の関係だという。「景子と美恵子は水と油で、まったく合わない。一説には美恵子は景子から“うちの横綱とお宅のでは格が違う”と言われたとか。一方、美恵子は、景子の悪口を頻繁に姑の紀子さんに吹き込んでいたと囁かれました」(二子山部屋関係者)

     そして、こうした不仲の根にあるのが、件の“種違い兄弟”説だ。前出のX氏が、こう初めて明かす。

    「兄の若乃花は、こんな噂を“ただのデマ”と見ている。だが、貴乃花はいまだに完全に信じていて、自分の出生に思い悩み、“尊敬する父を裏切った”と母・紀子さん、最後は兄である勝さんまで恨むようになってしまったんですよ……」

     さらに10月1日発売の『週刊大衆』では、若貴兄弟の「本当の父親」に迫る。
    【大相撲】<貴乃花親方>“若貴絶縁”の元凶「異父兄弟説」の驚愕の新事実!
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538342716

    記事の続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/30(日) 09:48:44.54 ID:CAP_USER9.net
    この30年に起きた「事件」「出来事」を新証言や新資料で掘り下げ、1つの時代を見つめていくNHKの大型シリーズ「平成史スクープドキュメント」。
    30日放送の第1回は、「大リーガーNOMO~トルネード・日米の衝撃~」と題し、野茂英雄氏の大リーグ挑戦の舞台裏に迫る(沖縄局は10月6日深夜25:00~25:59)。

    1995年(平成7年)、近鉄からロサンゼルス・ドジャースに移籍した野茂氏。
    日本プロ野球を代表するエースの突然の渡米は、日米の球界関係者に大きな衝撃を与え、現在の大谷翔平選手に至るまで日本選手にとって大リーグ挑戦の架け橋になった。

    一方でそれは、グローバル化の猛威の中で世界に目を向けることとなり、平成日本を象徴する“事件”でもあった。
    なぜ、野茂氏は海を渡ったのか。番組では、野茂氏がその詳細を初めて打ち明ける。

    さらに、日米の球団経営者の内部資料を独自に入手し、日本選手の大リーグ挑戦を巡る激しい攻防も浮き彫りに。
    世界を席巻した「トルネードの衝撃」が再来する。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15377438/
    2018年9月30日 8時0分 マイナビニュース





    https://nipponbaseball.web.fc2.com/personal/pitcher/nomo_hideo.html
    通算成績
    【MLB】野茂英雄氏、大リーグ挑戦の真相を初告白! NHKが内部資料を独自入手
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538268524

    記事の続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2018/09/28(金) 23:28:43.88 ID:CAP_USER9.net
    9/28(金) 22:58配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000231-sph-ent



     タレントの長嶋一茂(52)が28日放送のTBS系「今夜解禁!ザ・因縁」(金曜・後8時57分)に出演し、巨人軍時代の“闇歴史”に対して公開謝罪した。

     番組では96年、一茂が土井正三コーチに「アイツ何様のつもりだよ!くだらねえ!あんなやついらねえよ!!」と暴言を吐いた事件にふれた。元巨人で解説者の槙原寛己氏(55)が「土井さんは僕らの大先輩です、直属の土井コーチに対して『何様だ!』と言うことを浴びせたわけです。そういう態度は非常におかしいと感じたんですが、当時『巨人軍は紳士たれ』といろいろやっていた。(暴言で)すごく輪が乱れた。それを平気で言えちゃうバカさ加減が恐ろしかった」と公開説教。

     一茂は「土井さん嫌いだったの?」と問われると、「今思い出すと、僕以外でも2時間バントさせられたら分かる。『なんで俺だけ2時間?他のメンバーたくさんいて、なんで俺だけバント2時間なんだろう?』って思ってやってましたよ。それは本当につまらなかった。正直、当時は言った事に対しての重大性は感じていなかった」と赤裸々に明かし、“何様だ!”発言に対しては「やっぱり、長嶋茂雄の息子なんだという気持ちがあったと思います」と告白した。

     続けて「土井さんはもう天国に行っちゃいましたけど、ご親族の方、関係者も含めて、多大なご迷惑をおかけしましたのでこの場を借りて謝りたいと思います。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

     事件のあと、一茂は罰金を払って2軍に降格。一方でチームは首位広島と最大11・5ゲーム差を逆転しリーグ優勝した。槙原氏は「一茂がいなくなってから、チームがぐっと良くなった」と明かした。
    【TBS 今夜解禁!ザ・因縁】長嶋一茂、96年暴言事件を謝罪「申し訳ありませんでした」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538144923

    記事の続きを読む

    おすすめ!
    幸せだなぁ♪

    おすすめ!!
    あまぞん
    figma ソードアート・オンラインII キリト GGOver. [物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品) figma 進撃の巨人 リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) とびだせ どうぶつの森 ねんどろいど しずえ 冬服Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
    クリック募金