1:湛然 ★:2017/11/09(木) 22:14:29.45 ID:CAP_USER9.net
    2017.11.07 21:29

    安室奈美恵の曲で好きなのは? 12万人が投票したシングル人気ランキング

    安室奈美恵が、9月20日の自身の40歳の誕生日に「2018年9月16日をもって引退する」と発表し、世間に大きな衝撃が走った。
    今年デビュー25周年を迎えた安室は、昨年8月から今年5月まで開催された全国40都市・100公演のロングツアー『namie amuro LIVE STYLE 2016-2017』で約26万人ものファンを魅了するなど、精力的に活動していたなかでの引退発表だった。
    そんな安室のオールタイム・ベストアルバム『Finally』が11月8日にリリースされる。1992~2017年発表の46曲(そのうち39曲はニュー・レコーディング)に、新曲6曲を加えた全52曲を収録し、彼女の軌跡を一気にたどれる内容となっている。
    これまで多数の曲を世に放ち、支持されてきた安室だが、なかでも人気のある曲はどの曲なのか。投票結果をご紹介したい。

    安室が引退を公表した翌日から「引退発表の安室奈美恵、シングルで好きなのは?」と題したアンケートが実施された(Yahoo!ニュース 意識調査調べ 対象は123,082人。
    実施期間:2017年9月21日~2017年10月1日)。

    その結果、36,076票を集めて1位に輝いたのは『CAN YOU CELEBRATE?』(1997年2月)。
    作詞・作曲・編曲を小室哲哉が手がけ、ダブルミリオンをセールスした彼女最大のヒット曲だ。和久井映見と反町隆史が出演したフジテレビ月9ドラマ『バージンロード』の主題歌でもあり、結婚式の定番ソングとしても長く愛されている。

    2位は15,177票で『Hero』(2016年7月)。
    2016年のNHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソングでもあった同曲は記憶にも新しい。老若男女問わず親しまれた曲と言えるだろう。

    3位は11,244票で『Don’t wanna cry』(1996年3月)。
    小室哲哉がプロデュースした同曲は、自身が出演したダイドードリンコ『mistio』のCMソングでもあった。

    4位は『SWEET 19 BLUES』(1996年8月/8,936票)。
    小室哲哉がプロデュース、作詞・作曲・編曲も務めた同曲は、安室がTOKIO・山口達也とW主演したコミカルな青春映画『That’s カンニング!史上最大の作戦?』のエンディングテーマだった。
    この頃は彼女に憧れて真似たスタイルをした女子が「アムラー」と呼ばれる社会現象になるほどの人気を博していた。そのため同映画も“人気アーティストの主演”としても注目を集めた。

    5位は『Chase the Chance』(1995年12月/7,547票)。
    小室哲哉プロデュースの同曲は、前作『Body Feels EXIT』から約1か月半という短いスパンでのリリースとなった。少年隊・東山紀之が主演した日本テレビ系ドラマ『ザ・シェフ』主題歌にも起用されている。
    安室の曲は現在に至るまで映画・ドラマ・CMとほぼ全曲何らかのタイアップがついている。それだけ耳にしたときに印象的で、刺さる曲だと認められているのだろう。


    以下、10位までは次の通り。
    6位『Body Feels EXIT』(1995年10月/6,442票)
    7位『a walk in the park』(1996年11月/5,414票)
    8位『Baby Don’t Cry』(2007年1月/4,980票)
    9位『NEVER END』(2000年7月/3,264票)
    10位『太陽のSEASON』(1995年4月/2,975票)

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)




    http://japan.techinsight.jp/2017/11/sekihara11021100.html
    【音楽】安室奈美恵の曲で好きなのは? 12万人が投票したシングル人気ランキング
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510233269

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★:2017/11/09(木) 05:11:04.97 ID:CAP_USER9.net
    2017/11/09 01:35

    X JAPANのYOSHIKIが選ぶ「X JAPANのベスト・ソング 10選」

    X JAPANのYOSHIKIが選ぶ「X JAPANのベスト・ソング 10選」。
    英メタル雑誌Metal Hammerの企画で選んでいます

    ・Kiss The Sky
    ※未リリースの新曲

    ・Angel
    ※未リリースの新曲

    ・La Venus


    ・Silent Jealousy


    ・Endless Rain


    ・Born To Be Free


    ・Art Of Life


    ・Drain


    ・Jade


    ・Kurenai


    各楽曲毎のコメントもある詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://teamrock.com/feature/2017-11-08/the-10-best-x-japan-songs-as-chosen-by-yoshiki

    http://amass.jp/97030/
    【音楽】X JAPANのYOSHIKIが選ぶ「X JAPANのベスト・ソング 10選」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510171864

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★:2017/11/08(水) 21:59:11.73 ID:CAP_USER9.net
    2017/11/05 04:40

    読者投票「ポップ・ソングのベスト・ギター・ソロ TOP20」をUltimate-Guitar.Comが発表

    読者が選んだ「ポップ・ソングのベスト・ギター・ソロ TOP20」を海外の音楽サイトUltimate-Guitar.Comが発表。


    1. Michael Jackson - Beat It
    2. Santana - Smooth (feat. Rob Thomas)
    3. Kenny Loggins - Danger Zone
    4. Prince - Purple Rain
    5. Michael Jackson - Give in to Me
    6. Gerry Rafferty - Baker Street
    7. David Bowie - Let's Dance
    8. Tears for Fears - Everybody Wants to Rule the World
    9. Michael Sembello - Maniac
    10. Duran Duran - Ordinary World
    11. Alannah Myles - Black Velvet
    12. Chris Isaak - Wicked Game
    13. Robert Palmer - Addicted to Love
    14. Tears for Fears - Shout
    15. George Michael - Faith
    16. Janet Jackson - Black Cat
    17. Shania Twain - Man! I Feel Like a Woman
    18. Roxette - Listen to Your Heart
    19. Savage Garden - To the Moon and Back
    20. Linda Ronstadt & James Ingram - Somewhere Out There


    ●選外佳作

    Falco - Out of the Dark
    Huey Lewis and the News - I Want a New Drug
    Lionel Richie - Running With The Night
    The Knack - My Sharona
    Tina Turner - Private Dancer
    Commodores - Easy
    Mike Oldfield - Moonlight Shadow (feat. Maggie Reilly)
    A Flock Of Seagulls - I Ran
    Whitney Houston - Queen of the Night
    M83 - Go! (feat. Mai Lan)
    Joan Osborne - One of Us
    Billy Ocean - Loverboy


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.ultimate-guitar.com/articles/features/friday_top_20_best_guitar_solos_in_pop_songs-68711


    http://amass.jp/96880/
    【音楽】読者投票「ポップ・ソングのベスト・ギター・ソロ TOP20」をUltimate-Guitar.Comが発表
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510145951

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★:2017/10/15(日) 04:42:33.87 ID:CAP_USER9.net
    2017.10.14 23:28

    X JAPAN、『ロンドン・タイムズ』で“世界一不幸なバンド”と紹介される

    X JAPANが、英国で1788年に創刊された世界最古の新聞媒体と言われている『ロンドン・タイムズ(The Times)』で紹介されている。本紙で日本のバンドが表紙に登場するのは、 229年にわたる歴史の中で初の事だ。

    記事のタイトルは「The world’s unluckiest band: the bizarre story of X Japan」。直訳すると「世界一不幸なバンド:奇妙なX JAPANの物語」だ。
    その記事は「1982年に結成され、ドラマー・コンポーザーYOSHIKIが率いるバンドX JAPANは、QUEENに加え、 Iron Maidenのヘヴィメタ・ヒステリア、 洗練されたクラシック音楽のシンフォニーを融合させたような壮大さの中に十分なメロドラマがある。
    X JAPANを世界的現象にしたいというYOSHIKIの計画は、そう遠くない未来まで来ているようだ。」という冒頭から始まる。

    以降YOSHIKIの幼少期、Kiss、David Bowie、Led Zeppelin、Sex Pistolsとの出会いからロックの道へ。さらにバンドの解散と復活、メンバーの死など、その後起こる数々のドラマをかなり深いところまでX JAPANの歴史として掘り下げ、 読者に紹介している。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)




    https://www.barks.jp/news/?id=1000147881
    【音楽】X JAPAN、『ロンドン・タイムズ』で“世界一不幸なバンド”と紹介される
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1508010153

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/09/29(金) 22:54:20.03 ID:CAP_USER9.net
    2017/09/29

    2017年の最も稼いでいるヒップ・ホップ・アーティストのランキングが発表に

    米『フォーブス』誌は毎年恒例となっている最も稼ぐヒップ・ホップ・アーティストの最新版ランキングを公開している。

    「ヒップ・ホップ・キャッシュ・キング」と題されているこのランキングはレコードやチケットの売上、ストリーミング、マーチャンダイズや音楽出版からの収入に加え、ブランドとの契約や自身の事業での収入も含めて集計されている。

    20人のアーティストからなるランキングの1位は3年連続でディディ(別名ショーン・コムズ)となっており、主にバッド・ボーイ・ファミリー・リユニオン・ツアーと「シロック・ウオッカ」との契約による収益に後押しされた形となっている。
    また、ディディは昨年推定7000万ドル(約80億円)で自身のアパレルブランド「ショーン・ジョン」の株式の3分の1を売却している。2016年6月から2017年6月の間にディディは1億3000万ドル(約146億円)を稼いでいる。

    (中略)

    「ヒップ・ホップ・キャッシュ・キング(2017年版最も稼ぐヒップ・ホップ・アーティスト)」のランキングは以下の通り。

    1位 ディディ 1億3000万ドル(約146億円)
    2位 ドレイク 9400万ドル(約106億円)
    3位 ジェイ・Z 4200万ドル(約47億円)
    4位 ドクター・ドレー 3450万ドル(約39億円)
    5位 チャンス・ザ・ラッパー 3300万ドル(約37億円)
    6位 ケンドリック・ラマー 3000万ドル(約34億円)
    7位 ウィズ・カリファ 2800万ドル(約31億円)
    8位 ピットブル 2700万ドル(約30億円)
    9位 DJキャレド 2400万ドル(約27億円)
    10位 フューチャー 2300万ドル(約26億円)
    11位 カニエ・ウェスト 2200万ドル(約25億円)
    12位 バードマン 2000万ドル(約22億円)
    13位 スウィズ・ビーツ 1700万ドル(約19億円)
    14位 スヌープ・ドッグ 1650万ドル(約18.5億円)
    15位 ニッキ・ミナージュ 1600万ドル(約18億円)
    16位 リル・ウェイン 1550万ドル(約17億円)
    17位 J・コール 1400万ドル(約15億円)
    18位 マックルモア&ライアン・ルイス 1150万ドル(約13億円)
    18位 リック・ロス 1150万ドル(約13億円)
    20位 リル・ヨッティ 11万ドル(約12億円)




    http://nme-jp.com/news/44022/
    【音楽】2017年の最も稼いでいるヒップ・ホップ・アーティストのランキングが発表に
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506693260

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/09/23(土) 22:15:05.26 ID:CAP_USER9.net
    2017/09/20 01:26

    「最も背が高いロック・ミュージシャン TOP10」をUltimate-Guitarが発表

    「最も背が高いロック・ミュージシャン TOP10」を海外の音楽サイトUltimate-Guitar.Comが発表。

    10. Ed O’Brien (Radiohead) 6フィート5インチ, 196cm


    9. Tom Scholz (Boston) 6フィート5インチ, 196cm


    8. Danny Carey (Tool) 6フィート5インチ 196cm


    7. Mick Fleetwood (Fleetwood Mac) 6フィート6インチ, 197cm


    6. Adrian Vandenberg (Whitesnake) 6フィート6インチ, 198cm


    5. Jim Root (Slipknot, Stone Sour) 6フィート6インチ, 198cm


    4. Oliver Riedel (Rammstein) 6フィート7インチ, 201cm


    3. Krist Novoselic (Nirvana) 6フィート7インチ, 201cm


    2. Pete Steele (Type O Negative) 6フィート8インチ, 203cm


    1. Arjen Lucassen (Ayreon) 6フィート8インチ, 203cm


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.ultimate-guitar.com/articles/features/10_tallest_rock_musicians-66913
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)
    http://amass.jp/94629/
    【音楽】「最も背が高いロック・ミュージシャン TOP10」をUltimate-Guitarが発表
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506172505

    記事の続きを読む

    1:アンドローラ ★@\(^o^)/:2017/09/11(月) 13:25:00.31 ID:CAP_USER9.net
    人気次世代アイドル!BABYMETAL(ベビーメタル)の海外の反応&評判は?

    2017年09月09日 03:01

    日本だけにとどまらない!BABYMETAL(ベビーメタル)の海外での反応とは?

    ヘヴィメタルとアイドルの融合で、新たなアイドル像を築いた3人組アイドルユニットの「BABYMETAL」。
    日本の人気のみならず、海外の反応や評判も評価されており、多くの大物ミュージシャンとの共演を果たしています。
    今や世界的に人気となったアイドルのBABYMETAL(ベビーメタル)について、ここではさまざまな国での海外の反応や評判について、2017年の最新情報をお伝えします!

    BABYMETAL(ベビーメタル)カナダでの反応・評判は?
    ボーカルのSU-METAL(スーメタル)の歌声と、YUIMETAL(ユイメタル)、MOAMETAL(モアメタル)のダンスでも人気のBABYMETAL(ベビーメタル)。
    特に人気を維持している海外の反応ですが、まずはカナダでの評判や人気について、まとめて紹介しましょう。
    カナダでの評判は?
    2014年にはカナダ最大のメタルフェスに出演し、2015年にはワンマンライブと、2年間カナダでライブを行っていたBABYMETAL(ベビーメタル)。
    2015年に行われたライブでは「熱狂的なライブだった!最高!」との声や「おじさんも暴れてた!」など、老若男女による評判の声が挙がっていました。
    2017年最新の反応は?
    2016年、2017年とカナダではライブを行っていないBABYMETAL(ベビーメタル)ですが、2017年にはカナダのメディア雑誌に取り上げられたことがありました。
    記事には日本の「Kawaii文化」を代表する人気グループとして紹介されており、カナダでもメジャーな人気を得ているようですね。

    BABYMETAL(ベビーメタル)アメリカでの反応・評判は?
    トレンドの発信地でもある、アメリカでも人気のBABYMETAL(ベビーメタル)。海外の反応と評判について、ここではアメリカでの声をまとめてご紹介します!
    アメリカでの評判は?
    2014年には、カルフォルニアで初めてアメリカでの単独公演を行ったBABYMETAL(ベビーメタル)。
    メディアでの告知がない中でも公演をソールドさせるなど、圧倒的な人気を誇っています!

    また一般人のファンだけでなくアメリカで活躍するバンドやアーティストもほれ込み、
    レディ・ガガやレッドホットチリペッパーズのツアーでオープニングアクトに同行するなど、アメリカ全土では日本を代表するグループとして高い評判を得ています。

    2017年最新の反応は?
    2017年6月には、アメリカのワシントンにある「ザ・パラディアム」で単独公演を行ったBABYMETAL(ベビーメタル)。
    大御所のメタルバンド「HELLYEAH」を迎えて行った1万人規模のライブも大成功に終わっています。
    今後はさらに規模を大きくしたアメリカでの公演を望む声も多く、さらなる人気が予想されます!

    BABYMETAL(ベビーメタル)韓国での反応・評判は?
    海外の反応の良さでも知られる、BABYMETAL(ベビーメタル)の人気ですが、アジアである韓国でも評判を集めています。
    お隣の国である韓国では、どんな反応を得ているのかを調べてみました!

    韓国での評判は?
    今まで韓国ではK-POPと呼ばれるポップな曲調のアイドルソングが好まれていましたが、BABYMETAL(ベビーメタル)の人気によってヘヴィメタルを歌う女性グループがデビューするなど、
    音楽メディアに影響力を与えてきています。韓国ではまだライブ公演が少ないため、韓国全体の認知度としては、あまり高いとはいえないようですね。

    2017年最新の反応は?
    2017年1月11日には、メタリカのワールドツアーの韓国公演に参加したBABYMETAL(ベビーメタル)。海外の反応としてはメタリカファンが多くアウェイと言われていたものの、
    ライブが終盤になるにつれて盛り上がりを見せ、BABYMETAL(ベビーメタル)の評判を上げる布石となりました。
    海外で着々と人気を集めるBABYMETAL(ベビーメタル)!

    2010年、アイドルグループ「さくら学院」のメンバーで結成されたアイドルユニット「BABYMETAL(ベビーメタル)」。
    ヘヴィメタルとKawaii文化の融合で人気を集めている海外の反応や評判について、今回はカナダ・アメリカ・韓国の3ヶ国を取り上げてご紹介しました。

    アメリカやカナダでの海外の反応や評判はすでに大きくなっているものの、アジア圏ではまだ知らない人も多いBABYMETAL(ベビーメタル)。
    今後は日本独自のアイドル文化の人気を海外に広げる、大きな存在となっていくことが期待できますね!
    【音楽】人気次世代アイドル!BABYMETAL(ベビーメタル)の海外の反応&評判は?
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505103900

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/09/02(土) 05:28:35.76 ID:CAP_USER9.net
    2017/09/01 00:33

    マーティ・フリードマンが選ぶ「日本のベスト・ロック・バンド 10選」 英Classic Rock企画

    マーティ・フリードマン(Marty Friedman)が選ぶ「日本のベスト・ロック・バンド/アーティスト 10選」。
    英国の音楽誌Classic Rockの企画で選んでいます


    ・Maximum the Hormone マキシマム ザ ホルモン

    ・MERRY

    ・MONO

    ・BULL ZEICHEN 88

    ・SiM

    ・AA=

    ・MUCC

    ・Kiyoshi 清

    ・Maneki Kecha まねきケチャ

    ・Momoiro Clover Z ももいろクローバーZ


    各アーティスト毎のコメントもある詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://teamrock.com/feature/2017-08-31/the-10-best-japanese-rock-bands-by-marty-friedman
    http://amass.jp/93685/


    前スレ(★1=2017/09/01(金) 22:47:49.48)
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504273669/
    【音楽】マーティ・フリードマンが選ぶ「日本のベスト・ロック・バンド 10選」 英Classic Rock企画 ★2
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504297715

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/08/23(水) 21:12:14.66 ID:CAP_USER9.net
    2017/08/23 01:24

    フェイ・ウォン「Eyes On Me」が7インチ・シングルレコードで再発 『ファイナルファンタジーVIII』EDテーマ

    王菲(フェイ・ウォン)が1999年にリリースした「Eyes On Me」が7インチ・シングルレコードで再発。
    『ファイナルファンタジーVIII』のエンディング・テーマで、第14回日本ゴールドディスク大賞洋楽部門の「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞、
    オリコン洋楽シングルチャートで19週連続1位を記録するなど大ヒットとなったナンバー。
    今回が初のアナログレコード化です。11月3日(レコードの日)発売。

    ●「Eyes On Me」

    Side A
    01. Eyes On Me
    Side B
    01. 未定


    http://amass.jp/93237/
    【音楽】フェイ・ウォン「Eyes On Me」が7インチ・シングルレコードで再発 『ファイナルファンタジーVIII』EDテーマ
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503490334

    記事の続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/08/13(日) 19:57:25.96 ID:CAP_USER9.net
    1982年に『スローモーション』でデビューを果たして以来、またたく間にトップアイドルに上りつめた歌手の中森明菜(52)。
    2010年に体調不良により芸能活動の無期限休止を発表したが、14年の『NHK紅白歌合戦』(NHK)に“スペシャルゲスト”として出演。
    昨年はディナーショーを開催し、ついに7年ぶりのステージ復帰を果たして往年のファンを喜ばせた。
    そこで今回は、彼女の全盛期ともいえる1980年代に発売された「中森明菜のシングル曲の中で一番好きな曲」を、40~50代の男女200人にリサーチしてみた。

    第5位(8%)に選ばれたのは『難破船』。87年9月に発売された19枚目のシングルで、作詞、作曲は加藤登紀子(73)によるもの。
    もともと加藤自身がリリースした曲だったが、「あなた(中森)が歌ったほうがいい」と加藤が熱望し、この曲を贈ったという逸話がある。
    この曲は歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)で5週連続1位を記録し、この年の『NHK紅白歌合戦』でも披露。悲壮感が漂う失恋ソングながら、
    壮大なスケールを感じさせる同曲を、当時22歳だった中森が抜群の歌唱力と表現力で歌い上げ、世間を驚かせた。

    続いては、同率(8.5%)で『セカンド・ラブ』と『飾りじゃないのよ涙は』の2曲が3位にランクイン。
    『セカンド・ラブ』は、82年の11月に発売された3枚目のシングル。
    作詞、作曲は、来生えつこ氏(69)、来生たかお(66)の姉弟が担当した。
    売上枚数は77万枚を超え、中森のシングルの中で、最大の売上枚数を記録している。
    繊細な歌詞とメロディが特長のバラード曲で、中森自身もこの楽曲には思い入れが深かったようだ。

    第3位のもう一曲は『飾りじゃないのよ涙は』。
    84年11月にリリースされた10枚目のシングルで、作詞と作曲は井上陽水(68)によるもの。
    中森にとって、アイドルからシンガーへの分岐点となったともいわれている曲で、売上枚数は62万枚を記録。
    ダンサブルな曲調と独特の歌詞がとてもマッチしており、“歌姫”と称された中森を象徴する楽曲の一つとなっている。

    第2位(12%)に支持されたのは『DESIRE-情熱-』。

    86年2月に発売された14枚目のシングルで、作詞は阿木燿子(72)、作曲を鈴木キサブロー氏(64)が担当している。
    当時の音楽番組などで、ボブのウィッグとハイヒール、そして洋風にアレンジされた着物を着て歌う姿が印象的だったが、この衣装は中森自身による発案だったそうだ。
    この曲で中森は、同年の日本レコード大賞を受賞。2年連続の大賞受賞という偉業を成し遂げた。

    そして見事第1位(12.5%)に選ばれたのは『少女A』。
    82年7月に発売された2枚目のシングルで、作詞を売野雅勇氏(66)、作曲は芹澤廣明(69)が担当。
    この曲により中森は、アイドル歌手としての地位を確かなものにしたといわれている。
    同時期に活躍した松田聖子がいわゆる“王道のアイドル”だったのに対し、中森は“クールで大人びた”イメージが強かった。
    この『少女A』は、まさにそんな中森のイメージにピッタリの楽曲だったと言えるだろう。

    80年代を代表するアイドルであり、実力派の歌手としても知られている中森明菜。
    歌唱力の高さは同世代のアイドルの中でもぬきんでており、表現力も素晴らしかった。そんな“歌姫”の本格復帰が待ち遠しい限りである。

    http://dailynewsonline.jp/article/1344168/
    2017.08.13 06:00 日刊大衆

    前スレ                       2017/08/13(日) 14:01
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502600482/
    【音楽】2位は『DESIRE』!中森明菜の好きな曲、1位は? ★2
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502621845

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/08/11(金) 21:36:16.31 ID:CAP_USER9.net
    2017/08/11 07:13

    「1990年代のベスト・メタル・ソング TOP100」を英Metal Hammerが発表

    「1990年代のベスト・メタル・ソング TOP100」を英国のメタル誌Metal Hammerが発表。
    同じアルバムから2曲以上選ばない「各アルバム1曲のみ」というルールをもとにセレクトしています。
    なお、同誌の最新号(7月末発売)では90年代のメタル・シーンを特集しています


    1. Korn - Blind (Korn, 1994)
    2. Pantera - Walk (Vulgar Display Of Power, 1992)
    3. Machine Head - Davidian (Burn My Eyes, 1994)
    4. Rage Against The Machine - Killing In The Name (Rage Against The Machine, 1991)
    5. Sepultura - Roots Bloody Roots (Roots, 1996)
    6. Metallica - Sad But True (Metallica, 1991)
    7. Nine Inch Nails - Closer (The Downward Spiral, 1994)
    8. Soundgarden - Black Hole Sun (Superunknown, 1994)
    9. Slipknot - (sic) (Slipknot, 1999)
    10. Nirvana - Smells Like Teen Spirit (Nevermind, 1991)

    11. System Of A Down - Sugar (System Of A Down, 1998)
    12. Alice In Chains - Rooster (Dirt, 1992)
    13. Deftones - My Own Summer (Shove It) (Around The Fur, 1997)
    14. Marilyn Manson - The Beautiful People (Antichrist Superstar, 1996)
    15. Megadeth - Hangar 18 (Rust In Peace, 1990)
    16. Emperor - I Am the Black Wizards (In The Nightside Eclipse, 1994)
    17. Pantera - Cowboys From Hell (Cowboys From Hell, 1990)
    18. Sepultura - Refuse/Resist (Chaos A.D., 1993)
    19. Judas Priest - Painkiller (Painkiller, 1990)
    20. Rammstein - Du Hast (Sehnsucht, 1997)


    (>>2以降に21位以下)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://teamrock.com/feature/2017-08-10/the-100-best-metal-songs-of-the-90s
    http://amass.jp/92703/
    2:湛然 ★@\(^o^)/:2017/08/11(金) 21:36:26.73 ID:CAP_USER9.net
    >>1つづき)

    21. Korn - Freak On A Leash (Follow The Leader, 1998)
    22. Body Count - Cop Killer (Body Count, 1992)
    23. Rob Zombie - Dragula (Hellbilly Deluxe, 1998)
    24. Soundgarden - Jesus Christ Pose (Badmotorfinger, 1991)
    25. The Prodigy - Firestarter (The Fat Of The Land, 1997)
    26. Rage Against The Machine - Bulls On Parade (Evil Empire, 1996)
    27. Pearl Jam - Alive (Ten, 1991)
    28. At The Gates - Slaughter Of The Soul (Slaughter Of The Soul, 1995)
    29. Guns N’ Roses - You Could Be Mine (Use Your Illusion II, 1991)
    30. Ministry - Jesus Built My Hotrod (Psalm 69: The Way To Succeed And The Way to Suck Eggs, 1992)

    31. Nirvana - Heart-Shaped Box (In Utero, 1993)
    32. Mayhem - Freezing Moon (De Mysteriis Dom Sathanas, 1994)
    33. Tool - Stinkfist (Anima, 1996)
    34. Darkthrone - A Blaze In The Northern Sky (A Blaze In The Northern Sky, 1992)
    35. Jane’s Addiction - Been Caught Stealing (Ritual De Lo Habitual, 1990)
    36. Cannibal Corpse - Hammer Smashed Face (Tomb Of The Mutilated, 1992)
    37. Korn - Falling Away From Me (Issues, 1999)
    38. Faith No More - Midlife Crisis (Angel Dust, 1992)
    39. Slayer - Dead Skin Mask (Seasons In The Abyss, 1990)
    40. Smashing Pumpkins - Tonight, Tonight (Mellon Collie And The Infinite Sadness, 1995)

    41. Clutch - I Have The Body Of John Wilkes Booth (Clutch, 1995)
    42. Marilyn Manson - The Dope Show (Mechanical Animals, 1998)
    43. The Dillinger Escape Plan - 43% Burnt (Calculating Infinity, 1999)
    44. Meshuggah - Future Breed Machine (Destroy Erase Improve, 1995)
    45. Type O Negative - My Girlfriend’s Girlfriend (October Rust, 1996)
    46. Refused - New Noise (The Shape Of Punk To Come, 1998)
    47. Monster Magnet - Space Lord (Powertrip, 1998)
    48. Pantera - Floods (The Great Southern Trendkill, 1996)
    49. Entombed - Left Hand Path (Left Hand Path, 1990)
    50. Opeth - Demon Of The Fall (My Arms, Your Hearse, 1998)

    51. White Zombie - More Human Than Human (Astro-Creep: 2000 - Songs Of Love, Destruction And Other Synthetic Delusions Of The Electric Head, 1995)
    52. Morbid Angel - Fall From Grace (Blessed Are The Sick, 1991)
    53. Paradise Lost - Hallowed Land (Draconian Times, 1995)
    54. Iron Maiden - Fear Of The Dark (Fear Of The Dark, 1992)
    55. Cradle Of Filth - Cruelty Brought Thee Orchids (Cruelty And The Beast, 1998)
    56. Strapping Young Lad - Detox (City, 1997)
    57. Fear Factory - Replica (Demanufacture, 1995)
    58. Neurosis - Locust Star (Through Silver In Blood, 1996)
    59. Carcass - Heartwork (Heartwork, 1993)
    60. Rage Against The Machine - Guerrilla Radio (The Battle Of Los Angeles, 1999)

    (>>3以降に61位以下)
    3:湛然 ★@\(^o^)/:2017/08/11(金) 21:36:31.01 ID:CAP_USER9.net
    >>1-2つづき)

    61. Sepultura - Arise (Arise, 1991)
    62. Down - Stone The Crow (NOLA, 1995)
    63. Type O Negative - Everything Dies (World Coming Down, 1999)
    64. Cathedral - Hopkins (The Witchfinder General) (The Carnival Bizarre, 1995)
    65. Deftones - Engine No. 9 (Adrenaline, 1995)
    66. Marilyn Manson - Lunchbox (Portrait Of An American Family, 1994)
    67. Pantera - I’m Broken (Far Beyond Driven, 1994)
    68. Tool - Sober (Undertow, 1993)
    69. Eyehategod - Dixie Whiskey (Dopesick, 1996)
    70. Nine Inch Nails - The Day The World Went Away (The Fragile, 1999)

    71. In Flames - Jotun (Whoracle, 1997)
    72. Ozzy Osbourne - Mama, I’m Coming Home (No More Tears, 1991)
    73. Darkthrone - Transilvanian Hunger (Transilvanian Hunger, 1994)
    74. Amorphis - Black Winter Day (Tales From The Thousand Lakes, 1994)
    75. Guns N’ Roses - November Rain (Use Your Illusion I, 1991)
    76. Electric Wizard - Wizard In Black (Come My Fanatics…, 1997)
    77. Immortal - The Sun No Longer Rises (Pure Holocaust, 1993)
    78. Anthrax - Only (Sound Of White Noise, 1993)
    79. Pearl Jam - Rearviewmirror (Vs., 1993)
    80. Kyuss - Gardenia (Welcome To Sky Valley, 1994)

    81. Death - Trapped In A Corner (Individual Thought Patterns, 1993)
    82. Cradle Of Filth - The Forest Whispers My Name (The Principle Of Evil Made Flesh, 1994)
    83. Limp Bizkit - Nookie (Significant Other, 1999)
    84. Megadeth - Sweating Bullets (Countdown To Extinction, 1992)
    85. Suffocation - Infecting The Crypts (Effigy Of The Forgotten, 1991)
    86. Entombed - Wolverine Blues (Wolverine Blues, 1993)
    87. Corrosion Of Conformity - Dance Of The Dead (Blind, 1991)
    88. Metallica - Until It Sleeps (Load, 1996)
    89. Opeth - Face Of Melinda (Still Life, 1999)
    90. Meshuggah - New Millenium Cyanide Christ (Chaosphere, 1998)

    91. Life Of Agony - Lost At 22 (Ugly, 1995)
    92. Emperor - Thus Spake The Nightspirit (Anthems To The Welkin At Dusk, 1997)
    93. Queens Of The Stone Age - Avon (Queens Of The Stone Age, 1998)
    94. Napalm Death - Twist The Knife (Slowly) (Fear, Emptiness, Despair, 1994)
    95. Melvins - Honey Bucket (Houdini, 1993)
    96. Voivod - Jack Luminous (The Outer Limits, 1993)
    97. Testament - Riding The Snake (The Gathering, 1999)
    98. Faith No More - The Gentle Art Of Making Enemies (King For A Day… Fool For A Lifetime, 1995)
    99. Snot - Snot (Get Some, 1997)
    100. Mr Bungle - Carousel (Mr. Bungle, 1991)

    (おわり)
    【音楽】「1990年代のベスト・メタル・ソング TOP100」を英Metal Hammerが発表
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502454976

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/08/03(木) 12:02:15.15 ID:CAP_USER9.net
    女優・のんが新レーベル「KAIWA(RE)CORD」を発足し、今夏より本格的な音楽活動をスタートさせることを発表した。

    彼女は8月6日に東京・葛西臨海公園 汐風の広場で行われるライブイベント「WORLD HAPPINESS 2017」にスペシャルゲストとして出演。その後、今秋から随時作品のリリースを行っていく。レーベル代表の任に就くのんは、新レーベルについて「わたくしの好きな事に好きなだけ突き進み、皆様にも楽しんでいただける活動を、と考えるショゾンです。素晴らしい方々とカイワ(RE)をさせていただき、楽しんで参りたいと思います。いつかは自分で全てをプロデュースしてみたい!」と意気込みを語っている。

    「WORLD HAPPINESS 2017」の会場では、KAIWA(RE)CORDの発足を記念した限定500部の「オヒロメ・パック」が販売される。また彼女のオフィシャルファンクラブも8月6日に開設。入会方法等の詳細は、開設日以降にのんのオフィシャルサイトにてアナウンスされる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00000017-natalien-musi
    【音楽】のん、新レーベル立ち上げ音楽活動開始「楽しんで参りたいと思います」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501729335

    記事の続きを読む

    おすすめ!
    幸せだなぁ♪

    おすすめ!!
    あまぞん
    figma ソードアート・オンラインII キリト GGOver. [物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品) figma 進撃の巨人 リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) とびだせ どうぶつの森 ねんどろいど しずえ 冬服Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
    クリック募金