1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/07/24(月) 06:12:59.87 ID:CAP_USER9.net
    2017/07/24 03:12

    米ビルボード誌が「最も偉大なガール・グループ・ソング TOP100」を発表。
    1950年代後半から2017年まで、オール女性ヴォーカル・グループの楽曲を厳選


    1. The Ronettes, “Be My Baby” (1963)
    2. TLC, “Creep” (1994)
    3. The Shirelles, “Will You Love Me Tomorrow?” (1961)
    4. The Supremes, “Where Did Our Love Go?” (1964)
    5. Spice Girls, “Wannabe” (1996)
    6. En Vogue, “My Lovin’ (You’re Never Gonna Get It)” (1992)
    7. Destiny’s Child, “Say My Name” (1999)
    8. The Crystals, “Then He Kissed Me” (1963)
    9. The Shangri-Las, “Leader of the Pack” (1964)
    10. The Emotions, “Best of My Love” (1977)

    11. TLC, “Waterfalls” (1995)
    12. Martha and the Vandellas, “Heat Wave” (1963)
    13. Bananarama, “Cruel Summer” (1983)
    14. Fifth Harmony feat. Ty Dolla $ign, “Work From Home” (2016)
    15. Wilson Phillips, “Hold On” (1990)
    16. Labelle, “Lady Marmalade” (1974)
    17. SWV, “Right Here” (Human Nature Remix) (1992)
    18. The Pipettes, “Pull Shapes” (2006)
    19. The Supremes, “You Can’t Hurry Love” (1966)
    20. Sister Sledge, “We Are Family” (1979)

    21. Girls’ Generation, “I Got a Boy” (2012)
    22. The Marvelettes, “Please Mr. Postman” (1961)
    23. The Pointer Sisters, “I’m So Excited” (1982)
    24. The Angels, “My Boyfriend’s Back” (1963)
    25. Spice Girls, “Say You’ll Be There” (1997)
    26. The Shangri-Las, “Remember (Walking in the Sand)” (1964)
    27. The Chiffons, “One Fine Day” (1963)
    28. Total feat. The Notorious B.I.G., “Can’t You See” (1995)
    29. Martha and the Vandellas, “Dancing in the Street” (1964)
    30. The Pussycat Dolls, “Don’t Cha” (2005)

    31. The Crystals, “He’s a Rebel” (1962)
    32. Girls Aloud, “Biology” (2005)
    33. Dixie Cups, “Chapel of Love” (1964)
    34. Little Mix, “Black Magic” (2015)
    35. The Tammys, “Egyptian Shumba” (1964)
    36. Dream, “He Loves U Not” (2000)
    37. Vanity 6, “Nasty Girl” (1982)
    38. The Supremes, “Stop! In the Name of Love” (1964)
    39. Danity Kane, “Damaged” (2008)
    40. Destiny’s Child, “Survivor” (2001)

    (>>2以降につづく)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.billboard.com/articles/columns/pop/7857816/100-greatest-girl-group-songs


    http://amass.jp/91868/
    2:湛然 ★@\(^o^)/:2017/07/24(月) 06:13:12.93 ID:CAP_USER9.net
    >>1つづき)

    41. En Vogue, “Free Your Mind” (1992)
    42. TLC, “No Scrubs” (1999)
    43. Wonder Girls, “Nobody” (2008)
    44. The Shirelles, “Mama Said” (1961)
    45. The Sugababes, “Freak Like Me” (2002)
    46. 702, “Where My Girls At?” (1999)
    47. All Saints, “Never Ever” (1997)
    48. The Pointer Sisters, “Fire” (1978)
    49. The Cover Girls, “Show Me” (1986)
    50. G.R.L., “Ugly Heart” (2014)

    51. The Shangri-Las, “Give Him a Great Big Kiss” (1964)
    52. Jade, “Don’t Walk Away” (1992)
    53. Dixie Cups, “People Say” (1964)
    54. Blaque, “Bring It All to Me” (1999)
    55. The Crystals, “Da Doo Ron Ron” (1963)
    56. The Ronettes, “Baby I Love You” (1963)
    57. Fifth Harmony, “Sledgehammer” (2014)
    58. Xscape, “Who Can I Run To?” (1995)
    59. f(x), “Rum Pum Pum Pum” (2013)
    60. The Chantels, “Maybe” (1957)

    61. Mary Jane Girls, “All Night Long” (1983)
    62. Spice Girls, “Spice Up Your Life” (1997)
    63. The Ikettes, “I’m Blue (The Gong-Gong Song)” (1961)
    64. The Cake, “Baby That’s Me” (1967)
    65. Girls Aloud, “Love Machine” (2004)
    66. Sister Sledge, “He’s the Greatest Dancer” (1979)
    67. The Three Degrees, “When Will I See You Again?” (1974)
    68. The Pussycat Dolls, “Stickwitu” (2005)
    69. Expose, “Exposed to Love” (1985)
    70. Red Velvet, “Dumb Dumb” (2015)

    71. The Marvelettes, “The Hunter Gets Captured By the Game” (1966)
    72. SWV, “Weak” (1993)
    73. The Chiffons, “He’s So Fine” (1962)
    74. Bananarama, “Robert De Niro’s Waiting (Talking Italian)” (1984)
    75. The Blossoms, “That’s When the Tears Start” (1965)
    76. Play, “I Must Not Chase the Boys” (2003)
    77. Destiny’s Child, “Independent Women (Part I)” (2000)
    78. The Jaynetts, “Sally Go ‘Round the Roses” (1963)
    79. The Bobbettes, “Mr. Lee” (1958)
    80. Electrik Red, “So Good” (2009)

    (>>3以降につづく)
    3:湛然 ★@\(^o^)/:2017/07/24(月) 06:13:17.73 ID:CAP_USER9.net
    >>1-2つづき)

    81. Eden’s Crush, “Get Over Yourself” (2001)
    82. Martha and the Vandellas, “Jimmy Mack” (1967)
    83. Shirley Gunter & the Queens, “Oop Shoop” (1954)
    84. Brownstone, “If You Love Me” (1994)
    85. Klymaxx, “Meeting in the Ladies’ Room” (1985)
    86. The Cookies, “Don’t Say Nothin’ Bad (About My Baby)” (1963)
    87. Sweet Sensation, “If Wishes Came True” (1990)
    88. Fin.K.L., “Now” (2000)
    89. 3LW, “Playas Gon’ Play” (2001)
    90. The Supremes, “Love Is Like an Itching in My Heart” (1966)

    91. Richgirl, “He Ain’t Wit Me Now (Tho)” (2009)
    92. Little Mix, “Move” (2013)
    93. Apollonia 6, “Sex Shooter” (1984)
    94. The Pointer Sisters, “Automatic” (1984)
    95. The Exciters, “Tell Him” (1962)
    96. Atomic Kitten, “Whole Again” (2001)
    97. B*Witched, “C’est La Vie” (1998)
    98. L.A.X. Gurlz, “Forget You” (2006)
    99. Wilson Phillips, “Impulsive” (1990)
    100. The Paris Sisters, “I Love How You Love Me” (1961)

    (おわり)
    【音楽】米ビルボード誌が「最も偉大なガール・グループ・ソング TOP100」を発表
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500844379

    記事の続きを読む

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2017/07/02(日) 22:36:38.46 ID:CAP_USER9.net
    午前四時、朝焼けにツキが9月30日のワンマンライブをもって解散することを発表した。

    バンドは解散について「Vo/Gt五十嵐一輝から脱退の意思を告げられ、その後何度も何度もレーベルも含め
    メンバー全員で話し合った結論」とコメント。五十嵐は誘われて午前四時、朝焼けにツキに加入してからの
    2年半を振り返り「メンバーの事をどんどん好きになっていく反面、
    ずっと自分の中でのジレンマと戦っていました」と説明している。

    バンドは8月26日より全国ツアー「ゴゼオワ=GOZEYO no OWARI=」を開催。ツアーは6公演で、
    ツアーファイナルとなる新潟・CLUB RIVERSTでのワンマンライブが彼らのラストライブとなる。

    午前四時、朝焼けにツキ THE LAST TOUR「ゴゼオワ=GOZEYO no OWARI=」
    2017年8月26日(土)新潟県 NIIGATA LOTS
    <出演者>
    午前四時、朝焼けにツキ / ircle / 眩暈SIREN / ピストルディスコ(LOBBY DJ) / and more

    2017年9月9日(土)愛知県 池下CLUB UPSET
    <出演者>
    午前四時、朝焼けにツキ / and more

    2017年9月10日(日)石川県 vanvanV4
    <出演者>
    午前四時、朝焼けにツキ / and more

    2017年9月21日(木)大阪府 心斎橋CLUB DROP
    <出演者>
    午前四時、朝焼けにツキ / and more

    2017年9月23日(土・祝)東京都 TSUTAYA O-Crest
    <出演者>
    午前四時、朝焼けにツキ / and more

    2017年9月30日(土)新潟県 CLUB RIVERST(※ワンマンライブ)
    <出演者>
    午前四時、朝焼けにツキ

    ナタリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000045-natalien-musi
    画像 午前四時、朝焼けにツキ

    【音楽】午前四時、朝焼けにツキ 9月に解散すると発表
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499002598

    記事の続きを読む

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2017/06/30(金) 19:47:00.20 ID:CAP_USER9.net
    6/30(金) 17:00配信 音楽ナタリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000083-natalien-musi
    画像



    But by Fallが解散することを発表した。

    解散にあたり、2008年の結成からこれまでの活動を応援してくれたファンへの感謝を伝える場として、
    彼らは東京と大阪でラストライブを開催。9月12日に大阪・心斎橋CLUB DROPでROACH、
    SEPTALUCKを迎えた対バンライブを、10月8日に東京・TSUTAYA O-Crestでワンマンライブを行い、
    解散する。各プレイガイドでは明日7月1日にチケットが発売される。

    なおオフィシャルサイトには、メンバー4人からの解散に至ったそれぞれの理由や、
    ラストライブに向けての意気込みが掲載されている。

    But by Fall -The Last Live- in Osaka
    2017年9月12日(火)大阪府 心斎橋CLUB DROP
    <出演者>
    But by Fall / ROACH / SEPTALUCK

    But by Fall -The Last Live- in Tokyo
    2017年10月8日(日)東京都 TSUTAYA O-Crest
    <出演者>
    But by Fall
    【音楽】But by Fallが解散
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498819620

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/06/22(木) 05:23:39.70 ID:CAP_USER9.net
    2017/06/22 01:05

    「最も偉大なメタル・アルバム TOP100」を米ローリングストーン誌が発表。特集映像も公開されています

    1. Black Sabbath, 'Paranoid' (1970)
    2. Metallica, 'Master of Puppets' (1986)
    3. Judas Priest, 'British Steel' (1980)
    4. Iron Maiden, 'The Number of the Beast' (1982)
    5. Black Sabbath, 'Black Sabbath' (1970)
    6. Slayer, 'Reign in Blood' (1986)
    7. Motorhead, 'No Remorse' (1984)
    8. Megadeth, 'Peace Sells ... but Who's Buying?' (1986)
    9. Ozzy Osbourne, 'Blizzard of Ozz' (1980)
    10. Pantera, 'Vulgar Display of Power' (1992)

    11. Metallica, 'Ride the Lightning' (1984)
    12. Judas Priest, 'Screaming for Vengeance' (1982)
    13. Iron Maiden, 'Iron Maiden' (1980)
    14. Black Sabbath, 'Vol. 4' (1972)
    15. Ozzy Osbourne, 'Diary of a Madman' (1981)
    16. Dio, 'Holy Diver' (1983)
    17. Mercyful Fate, 'Melissa' (1983)
    18. Tool, 'Anima' (1996)
    19. Megadeth, 'Rust in Peace' (1990)
    20. Anthrax, 'Among the Living' (1987)

    21. Metallica, '...And Justice for All' (1988)
    22. Motley Crue, 'Too Fast for Love' (1981)
    23. Danzig, 'Danzig' (1988)
    24. Rage Against the Machine, 'Rage Against the Machine' (1992)
    25. Metallica, 'Metallica' (1991)
    26. Alice in Chains, 'Dirt' (1992)
    27. System of a Down, 'Toxicity' (2001)
    28. Celtic Frost, 'Morbid Tales' (1984)
    29. Sepultura, 'Chaos A.D.' (1993)
    30. Korn, 'Korn' (1994)

    31. Slayer, 'Seasons in the Abyss' (1990)
    32. Black Sabbath, 'Sabotage' (1975)
    33. Megadeth, 'Countdown to Extinction' (1992)
    34. Black Sabbath, 'Master of Reality' (1971)
    35. Metallica, 'Kill 'Em All' (1983)
    36. Van Halen, 'Women and Children First' (1980)
    37. Black Sabbath, 'Heaven and Hell' (1980)
    38. Iron Maiden, 'Powerslave' (1984)
    39. Pantera, 'Far Beyond Driven' (1994)
    40. Mayhem, 'De Mysteriis Dom Sathanas' (1994)

    (>>2以降につづく)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.rollingstone.com/music/lists/the-100-greatest-metal-albums-of-all-time-w486923
    http://amass.jp/90504/
    2:湛然 ★@\(^o^)/:2017/06/22(木) 05:23:47.14 ID:CAP_USER9.net
    >>1つづき)

    41. Kyuss, 'Blues for the Red Sun' (1992)
    42. Diamond Head, 'Lightning to the Nations' (1980)
    43. Judas Priest, 'Stained Class' (1978)
    44. Motley Crue, 'Shout at the Devil' (1983)
    45. Exodus, 'Bonded by Blood' (1985)
    46. Mastodon, 'Leviathan' (2004)
    47. Slayer, 'South of Heaven' (1988)
    48. Rainbow, 'Rising' (1976)
    49. Neurosis, 'Through Silver in Blood' (1996)
    50. Slipknot, 'Iowa' (2001)

    51. Carcass, 'Heartwork' (1993)
    52. Def Leppard, 'Pyromania' (1983)
    53. Type O Negative, 'Bloody Kisses' (1993)
    54. Helmet, 'Meantime' (1992)
    55. Opeth, 'Blackwater Park' (2001)
    56. The Dillinger Escape Plan, 'Calculating Infinity' (1999)
    57. Emperor, 'Anthems to the Welkin at Dusk' (1997)
    58. Life of Agony, 'River Runs Red' (1993)
    59. Napalm Death, 'From Enslavement to Obliteration' (1988)
    60. Melvins, 'Bullhead' (1991)

    61. Converge, 'Jane Doe' (2001)
    62. Sleep, 'Jerusalem' (1999)
    63. Sodom, 'Agent Orange' (1989)
    64. Godflesh, 'Streetcleaner' (1989)
    65. Faith No More, 'Angel Dust' (1992)
    66. Deftones, 'White Pony' (2000)
    67. Queensryche, 'Operation: Mindcrime' (1988)
    68. Marilyn Manson, 'Portrait of an American Family' (1994)
    69. Soundgarden, 'Louder Than Love' (1989)
    70. Death, 'Human' (1991)

    71. Living Colour, 'Vivid' (1988)
    72. Isis, 'Oceanic' (2002)
    73. Scorpions, 'Blackout' (1982)
    74. Venom, 'Welcome to Hell' (1981)
    75. Morbid Angel, 'Covenant' (1993)
    76. Twisted Sister, 'Stay Hungry' (1984)
    77. Meshuggah, 'Destroy Erase Improve' (1995)
    78. Voivod, 'Dimension Hatross' (1988)
    79. At the Gates, 'Slaughter of the Soul' (1995)
    80. Ministry, 'Psalm 69: The Way to Succeed and the Way to Suck Eggs' (1992)

    (>>3以降につづく)
    3:湛然 ★@\(^o^)/:2017/06/22(木) 05:23:54.84 ID:CAP_USER9.net
    >>1>>2つづき)

    81. Bathory, 'Under the Sign of the Black Mark' (1987)
    82. Entombed, 'Left Hand Path' (1990)
    83. Baroness, 'The Red Album' (2007)
    84. High on Fire, 'Blessed Black Wings' (2005)
    85. Darkthrone, 'Transilvanian Hunger' (1994)
    86. Lamb of God, 'As the Palaces Burn' (2003)
    87. Manowar, 'Hail to England' (1984)
    88. Pig Destroyer, 'Terrifyer' (2004)
    89. Nightwish, 'Once' (2004)
    90. Body Count, 'Body Count' (1992)

    91. Naked City, 'Torture Garden' (1990)
    92. Eyehategod, 'Take as Needed for Pain' (1993)
    93. White Zombie, 'La Sexorcisto: Devil Music Volume One' (1992)
    94. Deafheaven, 'Sunbather' (2013)
    95. Dream Theater, 'Images and Words' (1992)
    96. Kvelertak, 'Meir' (2013)
    97. Gojira, 'From Mars to Sirius' (2005)
    98. Sunn O))), 'Monoliths & Dimensions' (2009)
    99. Evanescence, 'Fallen' (2003)
    100. Avenged Sevenfold, 'City of Evil' (2005)

    (おわり)
    【音楽】「最も偉大なメタル・アルバム TOP100」を米ローリングストーン誌が発表
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498076619

    記事の続きを読む

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2017/06/17(土) 00:03:57.19 ID:CAP_USER9.net
    RIDDLEが8月27日のライブをもって活動を休止することを発表した。

    バンドはオフィシャルサイトにて「現在のメンバーになって約4年、このタイミングで個々の考えをぶつけあい、
    それぞれの想いを尊重した結果、今回の発表に至りました」と説明している。彼らは7月29日に
    埼玉・Livehouse KYARAにて行うワンマンライブ、8月27日に福島・三崎公園野外音楽堂にて
    実施されるライブイベント「ONA FES 2017」への出演という2本のライブを行い、活動休止に入る。

    RIDDLE活動休止前の公演
    RIDDLE presents.[Color of Smile 14]
    2017年7月29日(土)埼玉県 Livehouse KYARA

    ONA FES 2017
    2017年8月27日(日)福島県 三崎公園野外音楽堂

    ナタリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000138-natalien-musi
    画像

    【音楽】RIDDLE、活動休止を発表
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497625437

    記事の続きを読む

    1:ひぃぃ ★@\(^o^)/:2017/06/13(火) 09:42:54.14 ID:CAP_USER9.net
    90年代に「それが大事」が累計売上約160万枚と大ヒットし、1996年(平8)に解散した、元大事MANブラザーズバンドの立川俊之(51)が13日、ブログを更新し、今夏からiTunesで順次、新曲を配信していく予定で、レコーディングに入っていると明かした。

     「今夏より、不定期ですが、新曲を順次、配信していこうということになりまして、現在はレコーディングに入っております。長期間に渡り配信(iTunesのみ)していく予定です。(中略)これからの新曲たちを是非是非、楽しんでください!!」(原文のまま)

     詳細は、近日中に立川のオフィシャルサイトで発表し、曲の歌詞や解説、曲にまつわるエピソードなども掲載していく予定だという。

     立川は91年に大事MANブラザーズバンドのボーカルとしてデビューし、作詞、作曲した3枚目のシングル「それが大事」がヒット。96年のバンド解散後は楽曲や音源制作、ライブなどで活動し、23日には都内でライブ「風説ギター野郎~若いヤツはおいてゆけ~」を開催する。

    2017年6月13日9時25分
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1839385.html
    【音楽】大事MANブラザーズバンド復活か、夏から新曲配信
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497314574

    記事の続きを読む

    1:BaaaaaaaaQφ ★@\(^o^)/:2017/05/31(水) 10:05:36.63 ID:CAP_USER9.net
    2016年12月31日の「一夜限りのカウントダウンライブ」を経て、ついに2017年、
    T-BOLANの再始動が決定した。

    昨年末のカウントダウンライブは、2015年にくも膜下出血で倒れ、それが原因で
    高次機能障害を発症したベースの上野の「リハビリや目標になれば」という意図で、
    行われた一夜限りの復活。

    そのライブのリハーサルを日々重ねる中、当日を迎えた4人の中には「この4人
    でもう一度、T-BOLANをやりきりたい!」と、そんな想いが生まれた。

    そして、同ライブのアンコールで、森友は「2017年、T-BOLANは再始動します!」と宣言。

    8月16日(水)にコンセプト・ベストアルバム「T-BOLAN ~夏の終わりに BEST~
    LOVE SONGS+1 & LIFE SONGS」の発売、さらには、9月にはT-BOLANの顔と
    もいえるバラードやラブソングを中心に、25年間のバンド史上“初”の試みとなる全
    編アコースティック・アレンジのライブツアーを東名阪で開催することが決定!
    http://www.entameplex.com/archives/36909
    【音楽】T-BOLAN、今夏ついに完全復活を発表!
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1496192736

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/05/30(火) 20:57:28.80 ID:CAP_USER9.net
    2017/05/30 14:26

    「70年代初期ジャパニーズ・フォーク&ロックの必聴曲 10選」を、英国でアナログ・レコードに特化したサービス&販売を行っているThe Vinyl Factoryが発表

    Hachimitsu Pie / はちみつぱい
    ‘Boku No Shiawase’ from Sentimental Dori / ぼくの倖せ
    (1973)


    Itsutsu No Akai Fusen / 五つの赤い風船
    ‘Sonna Ki Ga’ from Flight / そんな気が...
    (1971)


    Kan Mikami / 三上寛
    ‘Hibike Denki Gama!’ from Hiraku Yume Nado Aru Janaishi / ひびけ電気釜!!
    (1972)


    Yoshio Hayakawa / 早川義夫
    ‘Salvia No Hana’ from Kakkoii Koto Wa Nante Kakkowaruinndarou / サルビアの花
    (1969)


    The Dylan II / ザ・ディランⅡ
    ‘Kimi No Mado Kara’ from Kinou No Omoide Ni Wakare Wo Tsugerundamono / 君の窓から
    (1972)


    Eiichi Ohtaki / 大瀧詠一
    ‘Samidare’ from Eiichi Ohtaki / 五月雨
    (1972)


    Morio Agata / あがた森魚
    ‘Otome No Roman’ from Otome No Roman / 乙女の儚夢
    (1972)


    Nobuyasu Okabayashi / 岡林信康
    ‘Copernicus Teki Tenkai’ Single B-side/ コペルニクス的転回のすすめ
    (1970)


    Minami Masato / 南正人
    ‘Hateshinai Nagare Ni Saku Mune Ippai No Ai’ from The Tropics / 果てしない流れに咲く胸いっぱいの愛
    (1971)


    Maki Asakawa / 浅川マキ
    ‘Yo Ga Aketara’ from Asakawa Maki No Sekai / 夜が明けたら
    (1970)


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://thevinylfactory.com/features/japanese-folk-rock-records-guide/
    http://amass.jp/89425/
    【音楽】「70年代初期ジャパニーズ・フォーク&ロックの必聴曲 10選」を英The Vinyl Factoryが発表
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1496145448

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/05/29(月) 20:25:34.01 ID:CAP_USER9.net
    2017年5月29日 19:17

    森高千里が、1990年代前半に行ったツアーのセットリストを再現する「TOMORROW NEVER KNOWS」と題したライブを10月に3公演行うことが決定した。

    この企画では、10月6日の東京・昭和女子大学人見記念講堂にて1991年のツアー「ザ・森高」、10月11日の東京・Zepp DiverCity TOKYOにて1992年のツアー「ROCK ALIVE」、10月12日のZepp DiverCity TOKYOにて1993年のツアー「LUCKY SEVEN」を再現。約25年前のステージを体感できる貴重な機会となりそうだ。

    チケットは8月12日に一般発売開始。(以下略、全文はソースをご覧ください。)

    ◆TOMORROW NEVER KNOWS

    ◇「ザ・森高」
    2017年10月6日(金)東京都 昭和女子大学人見記念講堂

    「ザ・森高」1991年8月22日 渋谷公会堂 セットリスト
    01. 彼女
    02. 短い夏
    03. ザ・勉強の歌
    04. 青春
    05. あるOLの青春 ~A子の場合~
    06. ザ・ミーハー
    07. 雨
    08. ザ・のぞかないで
    09. ザ・ストレス
    10. NEW SEASON
    11. 臭いものにはフタをしろ!!
    12. その後の私
    13. 夜の煙突
    14. GET SMILE
    15. 八月の恋
    16. ファンキー・モンキー・ベイビー
    17. テリヤキ・バーガー
    18. この街

    (>>2以降につづく)


    森高千里



    http://natalie.mu/music/news/234526
    3:湛然 ★@\(^o^)/:2017/05/29(月) 20:26:11.46 ID:CAP_USER9.net
    >>1つづき)

    ◇「ROCK ALIVE」
    2017年10月11日(水)東京都 Zepp DiverCity TOKYO

    「ROCK ALIVE」1992年9月30日 中野サンプラザ セットリスト
    01. コンサートの夜
    02. RHYTHMとBASS
    03. ファイト!!
    04. 夏の海
    05. 私がオバさんになっても
    06. 酔わせてよ今夜だけ
    07. THE BLUE BLUES
    08. ザ・勉強の歌
    09. わかりました
    10. 見つけたサイフ
    11. ROCK ALIVE
    12. 臭いものにはフタをしろ!!
    13. 雨
    14. 17才
    15. やっちまいな
    16. その後の私
    17. GET SMILE
    18. 雨のち晴れ
    19. ギター
    20. この街
    21. 青春

    ◇「LUCKY SEVEN」
    2017年10月12日(木)東京都 Zepp DiverCity TOKYO

    「LUCKY SEVEN」1993年11月30日 東京厚生年金会館 セットリスト
    01. 手をたたこう
    02. ロックンロール県庁所在地
    03. ファイト!!
    04. 地味な女
    05. 友達の彼
    06. ライター志望
    07. 道
    08. ザ・ストレス
    09. 私の夏
    10. 風に吹かれて
    11. 渡良瀬橋
    12. さよなら私の恋
    13. I LOVE YOU
    14. ハエ男
    15. 私がオバさんになっても
    16. テリヤキ・バーガー
    17. 雨
    18. Memories
    19. この街
    20. コンサートの夜

    (おわり)
    【音楽】25年前の森高を再び!森高千里が90年代ツアーのセットリスト再現ライブ
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1496057134

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/05/26(金) 21:37:31.29 ID:CAP_USER9.net
    2017.05.26 16:51

    最近は“カバーアルバム”が人気でリリースも増えている。本来のアーティストによる持ち歌をそれぞれの解釈で歌いこなすのがカバーの醍醐味であろう。
    5月16日に放送されたバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)の“世の中なんでもランキング”ではカバーされた回数が多い曲を取り上げた。

    JASRACに登録されたものでカバーされた回数が多い上位8曲は次の通りだった。

    ■カバーされた回数の多い曲 TOP8(カバーしたアーティストの一部)

    8位『なごり雪』かぐや姫(イルカ、五木ひろし、天地真理、河村隆一、ももいろクローバーZ等、全117組)

    7位『いい日旅立ち』山口百恵(秋川雅史、森光子、鬼束ちひろ、森昌子等、全123組)

    6位『卒業写真』ハイ・ファイ・セット(浜崎あゆみ、今井美樹、石田ひかり、コブクロ、松山千春等、全139組)

    5位『川の流れのように』美空ひばり(川中美幸、都はるみ、五木ひろし、テレサ・テン、舟木一夫、水谷豊等、全152組)

    4位『涙そうそう』森山良子(夏川りみ、大友康平、加藤登紀子、天童よしみ、桑名正博、吉幾三等、全164組)

    3位『花~すべての人の心に花を~』喜納昌吉&チャンプルーズ(石川さゆり、BEGIN、大竹しのぶ、米良美一、由紀さおり&安田祥子、泉谷しげる等、全188組)

    2位『見上げてごらん夜の星を』坂本九(水木一郎、松崎しげる、勝新太郎、加山雄三、高橋真梨子、ゆず、KinKi Kids堂本剛等、全212組)

    1位『上を向いて歩こう』坂本九(美空ひばり、松田聖子、南こうせつ、玉置浩二、桑田佳祐、さだまさし、トータス松本、柴咲コウ、久保田利伸等、全268組)

    たとえばRCサクセションがカバーした『上を向いて歩こう』は、忌野清志郎がライブで「日本の有名なロックンロール!」と紹介して歌い出すように斬新なアレンジが印象的だ。
    オリジナルとは違った楽しみ方ができるのもカバー曲の魅力の1つだろう。

    同日に放送されたラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM)では「このカバー曲がスゴイ“NO BINGO”!!」と題してリスナーから寄せられたおすすめのカバー曲を紹介した。
    『バイキング』とは別の角度から見たカバー曲の魅力が分かり興味深い。

    リスナーが「これは良かったから聴いてほしい」というカバー曲で、音源として発売されたものからライブで歌われたものまで含まれるが、以下のものが寄せられた(曲名後のカッコ内はオリジナル歌手名)。

    ・B'z(TAK MATSUMOTO feat.稲葉浩志)による『勝手にしやがれ』(沢田研二)
    ・聖飢魔II・デーモン閣下の『そばかす』(JUDY AND MARY)
    ・UVERworldによる『カブトムシ』(aiko)
    ・小田和正が歌う『粉雪』(レミオロメン)
    ・チャットモンチーの『かわいいひと』(ウルフルズ)

    他にもX JAPANが演奏する『20th CENTURY BOY』(T・レックス)や斉藤和義による『深夜高速』(フラワーカンパニーズ)、Bank Bandによる『有心論』(RADWIMPS)、竹原ピストルが歌う『アメイジング・グレイス』(讃美歌)などいろいろなカバーがあるものだ。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://japan.techinsight.jp/2017/05/maki05172000.html
    【音楽】カバー曲「カバーされた回数」ランキング&「このカバー曲がスゴイ」ナンバーは?
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495802251

    記事の続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/17(水) 00:18:20.98 ID:CAP_USER9.net
    5月15日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」では、“この演奏がスゴい”と思う曲のリクエストを10代のリスナーから募集しました。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭の感想と共に紹介します。

    ◆KANA-BOON「フルドライブ」
    『イントロからギターとドラムがめちゃカッコよくて、この曲を聴いたらどんな時でもテンションが上がります!(15歳・男性)』

    あしざわ教頭「ライブで観ても、必ずテンションがぶち上がるよ!」

    ◆RADWIMPS「おしゃかしゃま」
    『イントロが独特のリズムなんですけど、めっちゃノれます。カッコいいです。初めて聴いた時から、このギターの演奏に耳を持っていかれました。(16歳・女性)』

    とーやま校長「さらにライブバージョンになると、ギターとベースの応酬があるんだよね」

    ◆ゲスの極み乙女「キラーボール」
    『間奏のピアノソロがすごいです。この曲はロックなのに、間奏でいきなりクラシックを入れて来る。しかもそのクラシックがとっても難しい曲なので注目してください。他の楽器の演奏レベルもとても高いので、そのグルーヴに注目して聴いてください!(16歳・男性)』

    とーやま校長「全部スゴいよね。カッコよすぎない?(笑)」

    あしざわ教頭「しかもライブ中にみんなが、(キーボードのちゃんMARIの)髪の毛をいじったりして邪魔したりするじゃないですか。だけどガンガン弾くから、これもまたスゴいですよね!」

    ◆X JAPAN「紅」
    『ものすごい高速でパワフルに叩き続けるパワードラムがスゴいです。ピアノが終わった後の激しいドラムの音とのギャップがカッコいいです!(15歳・男性)』

    とーやま校長「初めて聴いた人は衝撃だろうね。ドラムはツーバスで、右足と左足がずっとドコドコいってるからね! 腕も“タムを何回叩いてるんだろう?”っていうぐらいだし、すごくカッコいいわ!」

    ◆tricot「99.974℃」
    『ガールズ変拍子バンドです。曲の展開ごとにギターのフレーズとベースラインが変わっていって、その組み合わせがスゴいです。全部かっこいいです。(17歳・女性)』

    とーやま校長「俺、ドラムからの“ジャカジャン!”ってところがめっちゃ好きなの!」

    あしざわ教頭「1曲なのに、10曲分ぐらい入ってる感じがしますね」

    つづく

    TOKYO FM+ 5/16(火) 20:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00010009-tokyofm-ent
    2:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/17(水) 00:18:37.50 ID:CAP_USER9.net
    ◆東京事変「OSCA」
    『ベースがめちゃくちゃカッコいいです。イントロからスゴい印象的なフレーズで、サビに高めのベースラインがくるのがめちゃめちゃカッコいいです! ボーカルの声は邪魔していないのに、終始存在感のあるベースに注目してください!(17歳・女性)』

    とーやま校長「東京事変の5人って日本代表が集まってると思ってるんだけど、亀田誠治師匠のベースはフレーズとかが本当に変態だもんな!」

    あしざわ教頭「ベースだけで色んなところに移動してますね!」

    とーやま校長「浮雲先生のギターも色気しかないし、伊澤一葉さんのキーボードも悩ましい感じがカッコいいしさ!」

    あしざわ教頭「(ドラムの)刄田綴色さんの“タタタタッ”っと片手で入る感じもカッコいい!」

    とーやま校長「しかも椎名林檎さんの声だって楽器だからね!」

    ◆9mm Parabellum Bullet「Discommunication」
    『イントロがドラムとギターから入って、そこからどんどん盛り上がってからのギターのリフがすごくカッコいいです!(17歳・女性)』

    とーやま校長「“ここだけ急にちょっとリフが変わる”というところが、曲によってあるんだよ! この名称をずっと調べてるんだけど、いまだに答えがわからないんだ! 他の曲もスゴいのがいっぱいあるから聴いてみて」

    ◆Red Hot Chili Peppers「Around The World」
    『演奏力がスゴいですね。ドラムも、ベースもギターも全部スゴいです。特にイントロがすごくカッコいいんです。(16歳・男性)』

    とーやま校長「フリーっていう人がベースを弾いてるんだけど、演奏がスゴいね!」

    あしざわ教頭「加工というか音にエフェクターをそんなにかけてないのに、技術だけで成立してる感じね!」

    とーやま校長「しかも、急に切なくなったりするじゃん。このギターの(元メンバー)ジョン・フルシアンテっていう人の功績がでかいんだ。もちろん(ボーカルの)アンソニーもドラムのチャド・スミスもスゴいんだよね」

    ◆NUMBER GIRL「透明少女」
    『楽器の音がでかすぎて、ボーカルが聴き取りにくいところがカッコいいです。とにかく轟音の楽器の音に注目してください!(13歳・男性)』

    あしざわ教頭「NUMBER GIRLの音って言ったらこれしかない!」

    とーやま校長「そうだね! 本当に針金6本をギターに通してるみたいな音」

    あしざわ教頭「わかる! 何か音の揺らぎみたいなものがスゴいですよね!」
    【音楽】<10代が選ぶ「この演奏がスゴい」楽曲>TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494947900

    記事の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/04/21(金) 22:20:41.59 ID:CAP_USER9.net
    2017/04/21 12:50

    米ラウド/メタル系サイトLoudwireが「日本のベスト・メタル・バンド 10選」を発表

    ・Abigail

    ・Babymetal

    ・Boris

    ・Coffins

    ・Dir En Grey

    ・Galneryus

    ・Loudness

    ・Maximum the Hormone

    ・Sigh

    ・X Japan


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://loudwire.com/best-japanese-metal-bands/


    http://amass.jp/87693/
    【音楽】米Loudwireが「日本のベスト・メタル・バンド 10選」を発表
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492780841

    記事の続きを読む

    おすすめ!
    幸せだなぁ♪

    おすすめ!!
    あまぞん
    figma ソードアート・オンラインII キリト GGOver. [物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品) figma 進撃の巨人 リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) とびだせ どうぶつの森 ねんどろいど しずえ 冬服Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
    クリック募金