1:自治郎 ★:2018/09/22(土) 19:57:17.64 ID:CAP_USER9.net
    冨樫義博さんが描く「週刊少年ジャンプ」連載の人気漫画「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」の最新36巻が、2018年10月4日に発売される。

     9月18日、表紙のデザインがジャンプの公式ツイッターに公開されると、12巻の「セルフオマージュ」だとの声が上がった。

    ■12巻と一緒のようで違う

     たびたびの休載と連載再開でファンを一喜一憂させているハンター×ハンター。単行本の発売は今年2月以来、8か月ぶりだ。

     9月18日、ジャンプの公式ツイッターで公開された表紙には、強くて個性的なキャラクターが集う盗賊団「幻影旅団」のメンバーがデフォルメされた姿で映っている。これに対しては、「あれ前と一緒じゃね?」「12巻のセルフオマージュ」とのコメントがリプライ(返信)で寄せられた。2001年刊行の単行本12巻で、連載当時の幻影旅団のメンバー13人を表紙に描いていたからだ。

     だが、36巻では10人になっている。ファンらから「死んだ団員に花が手向けられてるのか、、、」「死んだキャラのところに花が。。」と指摘があるように、12巻にいた「パクノダ」「シャルナーク」「コルトピ」の場所が、花になっている。ほかにも、12巻では描かれていたが現在はいない「ウヴォーギン」と「ヒソカ」の代わりに、新メンバーの「イルミ」と「カルト」が映っている。

    ■30巻の表紙に「仕掛け」があった

     また、イルミの手には花が握られている。ファンの間では、イルミが団員の誰かを「亡きもの」にするのではないかとの見立てもある。

     実は、2013年に公開された劇場版「HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」の来場者特典として配布されたミニ冊子「0巻」のQ&Aコーナーで、作者の冨樫さんがこんな発言をしていた。

      ”ファンからの質問「今後、クラビカは、幻影旅団はどうなるのでしょうか?」
      ”冨樫氏「全員死にます」

     今回の表紙にも何か「伏線」があるのではないかと勘ぐっているファンは多い。

     過去にも、30巻の表紙に「仕掛け」があったとして、話題になった。30巻の表紙には、ハンター協会の幹部「十二支ん」のメンバーが後ろ向きに立っている姿が映っている。その中で、「バリストン」と「サイユウ」という2人のキャラクターだけ手を組んでいる。つまり「裏で手を組んでいる」というわけだ。後のストーリーで、この2人が裏切り者だということが判明する。作者は表紙のイラストで暗示していたのだ。

    2018/9/21 13:00
    https://www.j-cast.com/trend/2018/09/21339017.html?p=all

    HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の最新36巻

    【漫画】「ハンター×ハンター」36巻表紙に意味深な「花」 「不吉な暗示」想像するファンも
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537613837

    記事の続きを読む

    1:ストラト ★:2018/09/22(土) 16:12:20.56 ID:CAP_USER9.net
    国友やすゆきが、去る9月20日に死去した。
    65歳だった。

    ドラマ化もされた「100億の男」をはじめ、「JUNK BOY」「幸せの時間」「新・幸せの時間」などで知られる国友。
    週刊ポスト(小学館)で連載していた「愛にチェックイン」は休載に入っていた。
    なお死因は現在のところ公表されていない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00000050-nataliec-ent

    「100億の男」1巻

    【訃報】漫画家 国友やすゆきが65歳で死去「100億の男」「JUNK BOY」など
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537600340

    記事の続きを読む

    1:名無しさん@涙目です。:2018/09/22(土) 13:37:52.82 ID:iF5Shl240 BE:121394521-2BP(3112)


    2018年9月21日、日本の人気漫画「中華一番!極」に登場する1つの絵が、中国の時代劇ドラマ「花千骨 ~舞い散る運命、永遠の誓い~」のヒロインにそっくりだとして、ネット上では盗作を疑う声が上がっている。新浪が伝えた。


    「中華一番!」は、中華圏では「中華小当家」のタイトルで知られ、人気の高い90年代の漫画作品。昨年、「中華一番!極」のタイトルで18年ぶりに新連載がスタートしている。
    今月20日、中国のBBSサイト上に、「中華一番!極」の23話に登場する女性の姿が、2015年のドラマ「花千骨 ~舞い散る運命、永遠の誓い~」で女優チャオ・リーイン(趙麗穎)が演じたヒロインにそっくりだとの声が上がり、話題が一気に拡散されている。

    問題の絵とチャオ・リーインの姿を比較してみると、右肩に長剣を担ぎ、正面を向いているポーズがまるで同じ。また、独特の形をした剣のデザインや、持ち手の紋様まで全く同じだ。
    この2枚を重ね合わせたものを見ると、着物のしわさえもよく似ており、「透写したとしか思えない」と疑いの声も上がっている。

    ネット上では、あまりに酷似していること以外にも、「こんなのをよく見つけてきた」と発見者にも驚きの声が。なお、この疑惑に対しては寛容な意見も多く、
    「作者はこれが中国ドラマとは知らず、ネット上で見つけた写真を参考にしたんだろう」「中国はいつもパクリまくっているんだから、たまにパクられても文句は言えない」
    「花千骨だって別のドラマからのパクリが話題になったはずだ」「中華一番が優秀な作品であることに変わりはない」などといった声が寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15342468/

    人気漫画「中華一番」に盗作疑惑 中国ドラマのヒロインに酷似
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1537591072

    記事の続きを読む

    1:名無しさん@涙目です。:2018/09/15(土) 19:13:11.86 ID:EkPU8dv20.net BE:323057825-PLT(12000)


    空知英秋さんの人気マンガ「銀魂」が、15日発売の連載誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)42号で最終回を迎え、約15年の連載に幕を下ろした。
    同誌での連載は終了したが、完結したわけではなく、12月発売の「ジャンプGIGA」(同)に“最終回のむこう側”が掲載されることが発表された。

     「銀魂」は、8月20日に発売された「週刊少年ジャンプ」38号で「最終回まで残り5話!! ラストスパート、お付き合いください!!」と発表されていたが、
    42号に掲載された最終回では、主人公・坂田銀時が「オレたちの戦いはジャンプGIGAからだァァ!!」「やっぱり終われなかったァァァ!!」と叫ぶシーンで終わった。

     空知さんの直筆メッセージも掲載され、「5回で話をまとめるのはゴリラ(空知さん)には無理でした」とコメントしたほか、完結に至らなかった経緯を説明。
    「あとちょっとだけ別でやります。本来なら最後までジャンプでお届けするのが筋ですが、僕がふがいないばかりに申し訳ありません」と謝罪した。

     「銀魂」は、天人(あまんと)と呼ばれる異星人に占領された江戸時代を舞台に、何でも屋を営む侍・坂田銀時らが難題を解決する姿を描いたSF時代劇コメディー。
    「週刊少年ジャンプ」で2003年12月に連載がスタート。コミックスが74巻まで発売されており、累計発行部数は5500万部以上を誇る。16年7月に“最終章”に突入していた。

     06年4月にテレビアニメ第1期がスタートし、11年4月~12年3月に第2期、15年4月~16年3月に第3期が放送され、現在は新シリーズ「銀ノ魂篇」が放送されている。
    小栗旬さん主演の実写映画が17年に公開され、興行収入が38億円を突破するなどヒットしたことも話題になった。続編となる実写映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」が公開中。

    銀魂:完結ならず 「ジャンプGIGA」に“最終回のむこう側”が12月…
    https://news.mynavi.jp/article/20180915-693377/

    銀魂、ジャンプで最終回が終わらずジャンプGIGAで最終回の続きを掲載へ
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1537006391

    記事の続きを読む

    1:朝一から閉店までφ ★:2018/09/10(月) 08:59:12.94 ID:CAP_USER9.net
    2018年09月10日 08時43分
     貧困問題について考えるシンポジウムが8日、千葉県弁護士会館(千葉市中央区)で開かれた。生活保護の実情を描いた漫画「健康で文化的な最低限度の生活」(小学館)の作者で、柏市出身の柏木ハルコさんが、生活保護を巡る現場の課題などについて講演した。

     2014年に連載が始まった漫画は、フジテレビ系で放送中の同名ドラマの原作。生活保護受給者を支援したり相談に応じたりする新人ケースワーカーが様々な受給者に向き合う物語だ。

     講演で柏木さんは「東日本大震災を機に社会問題に目を向け、課題が多い生活保護の現場を描こうと思った」と説明。約2年間、ケースワーカーの研修や役所の窓口に通って取材を重ねる中、
    人手不足のため大学を卒業したばかりの新人職員が乏しい知識のまま現場に出ざるを得なかったり、受給者が複雑な事情を打ち明けにくかったりする現実がわかったという。

     ドラマの放送開始後、ケースワーカーから「現実はもっと難しい」「主人公が自分と重なる」といった声が相次いで寄せられているといい、柏木さんは「生活困窮者だけでなく、疲弊してしまう職員など色々なテーマを取り上げていければ」と語った。

     続いて生活保護を受給している10代の男子専門学生が自身の経験を紹介。借金を抱えていた父親を高校時代に病気で亡くした後、受給するようになったという。「なぜ自分ばかりが」と思うこともあったが、「今はたくさんの人に助けてもらっている。不幸せだとは思わない」と話した。

    https://www.yomiuri.co.jp/national/20180909-OYT1T50032.html
    【漫画】生活保護扱う漫画に「現実もっと難しい」の声も
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1536537552

    記事の続きを読む

    1:名無しさん@涙目です。:2018/09/05(水) 00:47:13.79 ID:gOq3Omi+0 BE:201615239-2BP(2000)


     冨樫義博さんの人気マンガ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」の連載が、22日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)43号で約5カ月ぶりに再開されることが5日、分かった。

     同作は、第380話が掲載された4月2日発売の18号で「次号よりしばらくの間休載いたします。
    再開が決まり次第、本誌でお知らせします」と発表され、休載していた。

     「HUNTER×HUNTER」は、1998年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始。休載をはさみながら連載していたが、「蟻編」に続く「選挙編」を終え、新しいエピソードに突入したばかりの2012年3月に連載を休止。
    14年6月に約2年3カ月ぶりに連載を再開したが、作者の腰痛のため、同年8月に再び休載となった。
    16年4月に約1年8カ月ぶりに連載が再開されたが、同年7月に休載。16年7月~17年6月、17年9月~18年1月にも休載するなど、連載と休載を繰り返している。

    https://news.mynavi.jp/article/20180905-688830/
    HUNTER×HUNTER:5カ月ぶり連載再開へ
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1536076033

    記事の続きを読む

    1:ばーど ★:2018/09/04(火) 06:58:36.59 ID:CAP_USER9.net


    《入学写真を写す、ほんの少しの間、母の手を離れた。すごく不安だった。友だちは、知らない子が多くて、少しはずかしかった。》

     漫画家になるのを夢見ていた小学6年生のころ。はにかみ屋の少女は、入学式の思い出をこう作文に綴っていた。

     8月15日、漫画家のさくらももこさん(享年53)が乳ガンのため天国へ旅立った。

    「闘病期間は7年ほどだったと聞きました。数年にわたって通院しながら、ホルモン療法などの薬物療法を受けている最中に再発し、急に亡くなってしまう患者さんは少なくありません」(ベルーガクリニック院長・富永祐司氏)

     プライベートは語りたがらなかったさくらさんだが、彼女には、成功を支えた2人の夫がいた。一人めの夫・A氏は1986年に連載を開始した「ちびまる子ちゃん」の編集担当として、力を合わせて作品を作ってきた。1989年に結婚、1994年に息子を授かった。

    「結婚後にAさんはさくらプロダクションの代表に就任。1992年度には夫婦揃って高額納税者番付入りした。当時の推定年収はさくらさんが1億4400万円、Aさんが1億1300万円だ。

     だが、仕事上の衝突から、1998年に協議離婚。代表から退いたAさんは、現在海外に拠点を置き、音楽関係の仕事に就いている」(出版関係者)

     母子2人の生活に転機が訪れたのは2003年。さくらさんはイラストレーターのうんのさしみ氏(49)と再婚した。

    「きっかけは、当時9歳だった息子さん。以前から『お父さんになって』と、息子さんがお願いしていて、交際中から“家族”のような間柄だった」(さくらさんの知人)

     突然の訃報を受け、著書は全国的に品薄状態。すでに合計85万部の増刷が決定している。

    「『ちびまる子ちゃん』の累計発行部数は、3200万部を超える。国民の4人に1人が持っている計算で、印税額を概算すると12億円以上。エッセイストとしても発行部数200万部を超えた第1作『もものかんづめ』(1991年)の印税額は2億円近い。

     ほかのコミック作品や、これまでに執筆した30を超えるエッセイ作品を総合すれば、印税額だけで20億円に迫るだろう。さらにアニメや映画、作詞など、数々の業績を残した」(前出・出版関係者)

     さくらさんは、都内一等地に約90坪、地下1階・地上3階建ての一戸建てと、3階建てのビルなどを家族で経営する会社名義で所有していた。「平成のサザエさん」を描いた彼女は、多くのものを家族に遺した。

    (週刊FLASH 2018年9月18日号)

    9/4(火) 6:00
    SmartFLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180904-00010000-flash-peo
    【漫画家】さくらももこさん(享年53) 「印税20億円」を支えた2人の夫
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1536011916

    記事の続きを読む

    1:朝一から閉店までφ ★:2018/09/02(日) 13:25:09.19 ID:CAP_USER9.net
    読了時間:約14分
    『名探偵コナン』には「服部平次」という高校生が登場します。服部平次は『私立改方学園』に通う高校2年生ですが、「西の高校生探偵」として「東の工藤新一」と並び称される存在です。工藤新一をライバル視しながらも、協力して難事件に挑むことの多い名探偵ですね。

    この服部平次は、ネット上では「せやかて工藤」という関西弁のフレーズでよく知られています。一方のコナン君といえば「バーロー」というフレーズで有名ですが、実は原作の漫画には「バーロー」はほとんど登場しません。

    では、服部平次の「せやかて工藤」はどうなのでしょうか!? 2018年07月30日現在、『名探偵コナン』のコミック単行本(「少年サンデーコミックス」:以下同)は「94巻」まで発売されています。この単行本の中に「せやかて工藤」が何回登場するかをカウントしてみました。



    「せやかて工藤」は原作漫画には一度も登場しない!

    筆者(バカ)のカウントが正しければ、原作のコミック単行本1-94巻には「せやかて工藤」というセリフは一度も登場しません。

    服部平次がコナン君に呼びかけるときには、基本的には「工藤」を使いますが、周りに毛利蘭・遠山和葉・毛利小五郎などがいるときには「ボウズ」になります。

    また言葉遣いが荒いので、コナン君に対して「おまえ」「このガキ」「こいつ」「ボケェ」など罵倒系の言葉で呼びかけることもあります。

    工藤の入った呼びかけには以下のバリエーションがあります。まずは複数回登場した「工藤」表現。

    「おい工藤…」……10回

    「工藤…」……8回

    「なぁ工藤…」……5回

    「おい工藤!」……4回

    「おい工藤」……3回

    「おい、工藤」……2回

    「お、おい工藤?」……2回

    「お、おい工藤…」……2回

    「それより工藤」……2回

    「なあ、工藤」……2回

    「悪いな工藤…」……2回

    「工藤!?」……2回

    「く、工藤!?」……2回

    「、」「…」「!」の入り方を考慮しなければ、服部平次がコナン君に呼びかけるときには「おい工藤」と言うのが最も多いといえます。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://hitome.bo/column/article/27666-hitomebo-seyakate-kudo.html
    【漫画】 服部平次は「せやかて工藤」と何回言ったか?
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535862309

    記事の続きを読む

    1:きのこ記者φ ★ :2018/08/26(日) 02:58:58.01 ID:CAP_USER9.net
    『マジンガーZ』『キューティーハニー』『デビルマン』などで知られる漫画家の永井豪氏。
    その原点ともいえる作品が1968~1972年に「週刊少年ジャンプ」で連載された『ハレンチ学園』だ。

    同作は子供たちの間で爆発的ブームを起こす一方、学校のPTAから大きな批判を浴びた。
    連載開始50年でこのたび小学館から再刊されることになった同作にまつわる秘話を、永井氏がプロインタビュアー・吉田豪氏に明かした。

    永井:当時ワイドショーが始まったころで、いろんなワイドショー番組に引っ張り出されたんですよ。
    出ると、PTAのおじさんおばさんと学校の先生がずらーっと目の前にいるんですね。それに対峙するように座らされて、
    僕の横でアナウンサーがマイクを向けながら「どうしてこんな漫画を描いたんですか」とかいろいろ言う役で。
    で、何か言おうとすると、ひな壇からものすごい攻撃的なつるし上げで、「おまえの漫画は公害だ!」とかね。

    ──公害!
    永井:「この漫画を見て育った子どもたちが将来大人になったときみんな性犯罪者になるぞ!」とか「みんな変態になっちゃう!」って、
    もうめちゃくちゃな理屈で。自分もついこの間まで子どもだったんで、子どもの気持ちはよく覚えてたんですよ。やっぱり小学校の半ばぐらいになったら
    女の子に興味を持って、ヌード写真の載っている大人の雑誌を探したりしてたから。そういう大人のものを見るより、子どもの漫画の中で少しずつ
    出していったほうがスムーズに成長できるんだってことで。僕は小学校低学年のときに大人のエロい小説とか読んでましたけど、それよりかわいい漫画で
    表現してるほうが絶対いいし。

    ──むしろ性犯罪は減るんじゃないか、と。
    永井:うん、そうそう。そんなことを言おうとするんですけど、当時は口下手でうまく言えないし、なんか言いかけるともうぼこぼこぼこっと10倍ぐらい、
    いろんな人からのつるし上げだけで話が終わっちゃうんですよね。

    ──そもそもそんなつるし上げにされそうな企画なのに、なんで出演されたんですか?
    永井:いや、とにかく説明しようと。それで、ぼこぼこにされても、ぼこぼこにしたほうはそれで毒出しができるから、不買運動も少しおさまるんじゃないかって
    気持ちもあって。そしたら、ワイドショーの生放送が終わると、PTAのおばさんたちがわあっと取り囲んできて、
    「もうよっぽどのいやらしい中年男が描いてるんだと思ったら、こんなかわいい坊やが描いてたのね」って言われて。当時僕、23歳ぐらいだったんですけど、
    よく婦人警官に「中学生でしょ」とか言われて補導されそうになったりするぐらいだったから、「こんな坊やみたいな子が描いてたんだったら応援したのに」とか言うんだよね(笑)。

    (続きます)
    https://www.news-postseven.com/archives/20180825_744577.html?PAGE=1

    2:きのこ記者φ ★ :2018/08/26(日) 02:59:10.06 ID:CAP_USER9.net
    (続き)

    ──テレビ用に怒ってただけだった(笑)。
    永井:そうそう。それで「サインしてください」とか言われて。「えー、いままでもうがんがん言ってたのに、
    なんでそれちゃんと言ってくれないのかなあ」と思いつつも、とにかく向こうの要求に応えなきゃということで一生懸命、何十人とサインして。
    そうするとまた呼び出しが別な番組からあって、もう次から次へ。で、各局とにかく全部やりました。

    ──前にちょっと聞いたのが、スケバンみたいな人がスタジオに乗り込んで来た話で。
    永井:それは騒動がほとんど終わったあとです。叩かれ続けて、全部の局に出たんでもうこれ以上は出たくないって言ったら、
    「もう『ハレンチ学園』には触れません。先生の別な面を見てもらいたいですし、若い人との公開番組で録画じゃないですから大丈夫ですよ。
    別のことを聞きますから」と。それならと思って出ていったら、最初は違うこと聞かれてたんですけど、突然客席からアフロヘアで汚いジーパン履いた
    大きい女の人が飛び出てきてね。『ハレンチ』のことでバーンと攻撃してものすごい勢いで、もう弁は立つし迫力はあるし。びっくりして見てたら、とにかく一方的にその人にやられちゃって。

    ──そこには触れないはずだったのに。
    永井:で、生放送が終わったらディレクターが「いや、すみませんね。一般の人なんで違う方向になっちゃって」とか言いながらにやにやしてるんだよね。
    だから、これははめられたな、絶対タレントかなんかに違いないと思ってて、何日か後のスポーツ新聞を見てたら歌手デビューってその人の写真が載ってて、
    それが和田アキ子だったの(笑)。

    ──その映像、すごい見たいですよ! ただ、『ハレンチ学園』とかはエロのバランスがよくて、生々しさがなかったから叩かれすぎだとは思ってて。
    勝手な想像だと童貞のエロスっていうか、大人な感じがしないのが子どもに届いたのかなって気がしましたね。

    永井:ああ、そうかもしれないですね。

    ──これはNGならNGでいいんですけど、当時、永井先生は女性は知ってたんですか?
    永井:いやいやいや! 漫画家になる前に、ちょっといろいろありましたけども……。

    ──つまり、女性を知っててこれを描けたなら、それはそれですごいと思うんですよ。
    永井:うん、まあだからなりきりなんですよ、常に。ヒゲゴジラにもなれるし、自分はデビルマンの不動明だと思えば不動明だし。
    自分がきれいな女の子だったら、どんなふうに男の子を惑わすかみたいな気持ちになったりとかね。ある意味多重人格なんだろうなとは思ってて。

    (記事終)
    【芸能】永井豪「ハレンチ学園の当時の叩かれっぷりは凄かった。和田アキ子の売り出しにも使われた」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535219938

    記事の続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/24(金) 22:58:31.50 ID:CAP_USER9.net
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0823/blnews_180823_0514375697.html
    8月23日(木)19時33分

    良い本を出すため協力関係にあるはずの作家と編集者だが、両者の間には様々な確執が存在。Twitterでは、複数の漫画家が編集者から受けた扱いや言葉に不満の声を上げ、反響を呼んでいる。

    漫画家のぷちめい氏は、かつて体験したWEBメディアとのお金に関するトラブルを漫画にしてTwitterに公開。編集長から1ページ1万円と聞いていたが、完成時に確認すると1記事1万円との回答。1ヶ月かけた11ページの漫画は1万円で買い取られ、描き続けられないと訴えると、「借金すればいいんですよ」との言葉をかけられたという。この投稿漫画は大きな反響を呼び、当時の編集長にも届き両者は和解。ぷちめい氏は漫画を削除した。

    金額条件が話題となったことを受け、漫画家のみかわ絵子氏は、「『もう知らん編集部燃やす…』くらいイッちゃった精神状態でないと編集者にお金の質問が出来ないんです」とした上で、「ジャンプ+」の原稿料は好条件だと説明。これに「ジャンプ+」編集者も反応し、「もっと作家さんに戻せるようにインフラ作り頑張ります。ジャンプラで連載してたら嘘やろ?というぐらい稼げるようにしたい思とりますねん」と応えた。

    しかし、この「ジャンプ+」編集者のツイートに対して、漫画家のおちR氏は怒りの反論。「この言葉だけは許せないので描きます。去年、読切の中で1位取ったら連載しますと言っておいて、実際1位、連載陣まで抑えて全体2位になる。仕事を辞めて連載の準備してたのに一方的に『やっぱり連載させない』と言って地獄に突き落としたジャンプ+が何を今更、作家の事考えてるとか言えるんだ」と断じた。

    また、漫画家の牛野缶詰氏も編集者から受けた扱いを暴露。コミケのサークルチケットや頒布品をただで要求されたり、他社との掛け持ちを禁じられた上で、同じ会社の別雑誌への掲載も断られたという。ほかにも、「月8万しかくれない編集部も、200ページもネーム没にしても一銭もくれない編集部も、みんな滅べ」など悲痛な声を綴っている。

    一方、編集者や編集部を下げる話題が多いとして、「ドリフターズ」などで知られる人気漫画家の平野耕太氏は、かつての編集者とのエピソードを披露。平野氏によると、「自分をデビューにこぎつけてくれた編集さんは 当時俺らがいた漫研がチンピラに絡まれた時に 『話ならおれが聞くよ』とそいつを便所に連れて行き だ、大丈夫かな・・と恐る恐る覗いたら 笑いながらそいつの顔面を蹴っていたので いい人です」とのこと。いい人の定義は不明だが、漫画家を守ってくれる編集者もいることを言いたかったのかもしれない。

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535025962/
    【漫画】漫画家たちから編集者への不満噴出…「1ヶ月かけて1万円」「やっぱり連載させない」「200ページもネーム没」★2
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535119111

    記事の続きを読む

    1:ばーど ★:2018/08/08(水) 19:38:12.17 ID:CAP_USER9.net
    「うる星やつら」など数々のヒット作で知られる新潟市出身の漫画家、高橋留美子さんが7日までに、「漫画のアカデミー賞」ともいわれる米アイズナー賞の「コミックの殿堂」入りに選ばれたことが分かった。日本作家の殿堂入りは手塚治虫さんらに続き6人目で、日本の女性作家としては初めてとなる。

     アイズナー賞は米国で最も権威ある漫画賞の一つとして知られ、識者や業界人によって選ばれる。受賞作は毎年、カリフォルニア州サン・ディエゴで開かれる漫画などの大規模イベント「コミコン・インターナショナル」で発表され、今年は7月下旬に高橋さんらが選ばれた。

     アイズナー賞公式サイトでは、高橋さんを「世界中で数億冊の本が売れている史上最高の女性漫画家」と評価している。ほかに「めぞん一刻」や「らんま1/2」などの作品を描き、アニメ化されていることなどが紹介されている。

     殿堂入りしている日本人作家はほかに小池一夫さん、小島剛夕さん、大友克洋さん、宮崎駿さん。

    2018/08/08 11:48
    新潟日報
    http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180808411250.html
    【漫画のアカデミー賞】高橋留美子さん、米漫画殿堂入り アイズナー賞 日本の女性作家で初 「うる星やつら」など数々のヒット作
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533724692

    記事の続きを読む

    1:名無しさん@涙目です。:2018/07/09(月) 08:10:49.30 ID:suwBnjbB0 BE:324064431-2BP(2000)







    『ジャンプ』50周年号に豪華企画集結 『こち亀』復活や鳥山明×井上雄彦の初対談も

    集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』が、14日発売の33号で創刊50周年を迎える。それを記念し『創刊50周年記念特大号』と銘打った同号の豪華企画を発表した。
    2016年に終了した秋本治氏の人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』がセンターカラーで復活掲載、
    『BLEACH』(ブリーチ)で知られる久保帯人氏の新作読切、『ドラゴンボール』の鳥山明氏と『スラムダンク』の井上雄彦氏のスペシャル対談などが掲載される。
    https://www.iwate-np.co.jp/article/oricon/2115100
    【悲報】 ジャンプ50周年の表紙、キモすぎる
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1531091449

    記事の続きを読む

    おすすめ!
    幸せだなぁ♪

    おすすめ!!
    あまぞん
    figma ソードアート・オンラインII キリト GGOver. [物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品) figma 進撃の巨人 リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) とびだせ どうぶつの森 ねんどろいど しずえ 冬服Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
    クリック募金