1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)22:55:06 ID:ohS
    60~70年代にかけては世界でも随一の実戦経験を持っていた数少ない軍隊、ローデシア軍。
    時代の波に逆らえず歴史の中に消えてしまったが、この軍隊が与えた戦術や兵器の運用技術はとても大きい(´・ω・`)

    某スレの>>1に影響されて立ててみた後悔はしてない(´・ω・`)


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1429451706/

    ※注目記事
    【PR】 

    【愕然】ビリギャルの本人の顔wwwwwwwww(画像あり)

    俺「600円になります」 バカ「1100円(スッ」

    三菱商事 明治大学を提訴!!!! 61億円の支払いを請求

    13年ひきこもりの俺が末期癌のばっちゃんを毎日お見舞いした結果
    2: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)22:56:02 ID:L64
    あれかFALかG3かね


    4: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)22:58:08 ID:fBi
    >>2
    FALもG3もM16もAKもそのコピーもなんでも使ってたよ(´・ω・`)


    5: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)22:59:21 ID:L64
    >>4
    何でもだったね
    そして車両も


    3: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)22:56:56 ID:fBi
    ブローニング・ハイパワー

    ローデシア軍は兵士が私物の拳銃を使うことを許可してたので、様々な種類の拳銃が使われてた。
    ローデシア軍で使われたのはM1935、戦後モデルのM58、M73

    no title



    7: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:01:58 ID:fBi
    ワルサ―P-38Ⅱ

    ワルサーP1。南アフリカから供与された。

    no title


    11: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:05:13 ID:fBi
    コルトM1911

    作動の信頼性と威力の面から一番兵士に人気のある拳銃。

    no title


    12: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:06:38 ID:fBi
    スターM1920/1921/1922

    スペイン製。ローデシア軍正式採用拳銃。しかし故障が頻発し暴発もすることから、兵士からは嫌われてたいた。
    空挺降下訓練が終了した兵士にも支給されてる。

    写真はM1920

    no title




    13: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:07:26 ID:o9j
    >>12
    FBIのスパイだな!


    14: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:08:05 ID:L64
    ウィキでローデシアを調べたら
    小銃の種類の多さ
    弾の補給はどうなってたんだ


    22: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:17:17 ID:fBi
    >>14
    鹵獲品の銃の弾は鹵獲で補ったり


    16: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:10:35 ID:fBi
    マンバ・ピストル

    ローデシアで開発された自動拳銃。マンバは強毒性で知られるヘビのこと。銃口初速を高める為に通常より多い12条のライフリングを備えている。
    三点バースト機構を備えた機関拳銃モデルも計画されていた
    no title


    19: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:15:11 ID:fBi

    UZI 短機関銃

    イスラエルが開発した傑作サブマシンガン。車両搭乗員や騎乗歩兵が使用。

    no title


    85: パルチザン 2015/04/20(月)00:59:09 ID:Y7d
    >>19
    ユダ公…

    アフリカを舞台とした映画だと、
    『ルムンバの叫び』がオヌヌメです…
    涙無しでは見れない内容ですが。・゚・(ノД`)・゚・。


    26: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:21:03 ID:fBi
    スターリング SMG

    イギリスが開発した傑作サブマシンガン。簡単な作りでUZI同様信頼性は高い。

    no title


    28: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:24:07 ID:L64
    マツダもローデシア軍に使われたね


    31: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:26:16 ID:fBi
    コマンド SMG

    チェコのVZ25のコピー品で主に市民の護身用に使われた

    no title


    33: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:29:47 ID:fBi
    FN FAL

    ローデシア軍正式採用小銃。独立前までは本国同様L1A1を使ってたけど、独立後は輸入できなくなったので南アフリカのライセンス生産品であるR1(50.00仕様)R2(50.64仕様)R3(セミオートのみの警察向け)を使用

    no title


    34: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:33:06 ID:bOQ
    ローデシアって傭兵のイメージかな
    戦争の犬たち


    35: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:33:46 ID:fBi
    H&K G3

    紛争中期から使用。またスペインのコピー品のM/961及びM/963がモザンビークを経由して持ち込まれていた模様。

    no title



    36: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:34:55 ID:L64
    ここの住民って
    正規軍よりもローデシアの様な軍隊が好きだろ


    37: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:38:37 ID:fBi
    M16A1

    紛争末期にごく少数が使用された。アメリカが供与した模様。
    セルース・スカウツなどの特殊部隊で使われた。

    no title





    38: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:40:04 ID:fBi
    リー・エンフィールドNo.4ライフル

    予備役や警察などの2線級部隊で使用。

    左側兵士が所持

    no title



    39: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:42:57 ID:fBi
    AK47

    ゲリラから鹵獲したものを特殊部隊が大量に使用。AKMも使われたが、中国もゲリラを支援してるので56式も使われたと思われる。

    no title



    40: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:44:46 ID:fBi
    SKSカービン

    ゲリラから鹵獲して使用。

    no title


    41: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:46:42 ID:fBi

    FN FALO

    FALの分隊支援火器モデル。設計思想はRPKと同じ。
    FALより肉厚銃身で30連マガジンが標準となってる。

    no title


    42: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:47:35 ID:bOQ
    カラシニコフが鹵獲なの?
    アフリカはカラシニコフ天国とばかり思ってたな


    44: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:50:33 ID:fBi
    >>42
    アフリカではほとんどゲリラ側の銃やね


    43: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:49:38 ID:fBi
    ブレン軽機関銃

    名銃。ローデシア軍では303口径と7.62mmNATO弾仕様の両方が使われてた。
    ただし、ゲリラから鹵獲したRPDやRPKの方が性能がよく使い勝手が良かったことから、紛争初期以降はあまり使われなくなっていった。

    no title



    45: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:52:21 ID:fBi
    RPD

    ゲリラから鹵獲。ちなみにソ連や中国はRPKが開発されてこの銃が大量に余ってたので、ゲリラ組織に押しつけた模様。

    no title


    46: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:54:28 ID:fBi
    RPK

    鹵獲品。特殊部隊で多数使用された。ローデシア軍兵士からの評判は高く、信頼性もあるので多用された。
    一番左の兵士が所持
    no title





    47: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:55:31 ID:s9U
    軍についてと思ったら銃についてだった


    49: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:56:32 ID:fBi
    >>47
    一通り終わったら部隊について書いてくよ(´・ω・`)すまんね


    48: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)23:55:55 ID:fBi
    FN MAG

    汎用機関銃。今でも使われる傑作機関銃。ファイアー・フォース攻撃ではヘリボーン兵士の要だった。

    no title


    50: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:00:06 ID:SIS

    ブローニングM2

    ローデシア軍では車両や航空機の搭載火器として少数が使用された。

    no title


    51: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:01:39 ID:SIS
    ランドローバー
    イギリスの4輪駆動車。

    そのままでは地雷でやられてしまうので、ローデシアでは荷台の下に鉄板を引いたり、転倒時に乗員の被害が少なくなるようにロールバーをつけたりしてた。
    イラク戦争時のアメリカが行ったハンヴィーへの改造に相当。

    ローデシアではこれを大改造して装甲車や装甲列車にしたりしてたけど、それらについては後述する。

    no title



    54: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:12:04 ID:SIS
    クロコダイル耐地雷防護車

    民間5tトラックがベース。兵員輸送用。地雷を踏んだ際に備えて車体底面の装甲を45℃に傾けてるのが特徴。
    基本的に側面に銃眼があり、天井がないが、そうでないモデルもあり、バリエーションは様々であった。
    武装はM2重機関銃

    no title


    56: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:13:43 ID:AWc
    >>54
    備えてって事は爆風を往なす感じなのかな


    58: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:17:39 ID:SIS
    >>56
    下からの爆風を横に反らす感じやね これが現代でも受け継がれてるのがすごいと思う


    59: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:18:37 ID:AWc
    ローデシア軍の兵器って違った感じで独特だなあ
    何か手作り感ある

    >>58
    なるほどなあ


    55: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:13:39 ID:SIS
    レパード耐地雷防護車

    元の車両はなんとフォルクスワーゲンのビートル。
    乗員は5~6名。
    特徴は地雷の爆風を逸らすため、キャビンから前輪と後輪をずらして配置していること。もちろんロールバーなどもついている。
    ただし、エンジンがオーバーヒートし易かったため、稼働率は低かったそうな

    no title



    57: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:16:17 ID:SIS
    クーガー耐地雷防護車

    レパード耐地雷防護車の稼働率が低かったので、ベース車をランドローバーに変えたもの。
    レパード耐地雷防護車よりも性能が向上し、兵士からの評判は良好
    装甲列車やトラック型など、様々なバリエーションのものが作られた模様。日産のトラックをベースにしたものもあり。

    no title


    60: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:19:39 ID:SIS
    キャスパー装甲兵員輸送車

    南アフリカ製の装甲車。地雷に耐えられるだけでなく、破損してもすぐに修理して戦線復帰できる優れ物。

    no title


    62: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:24:38 ID:SIS
    ウニモグ 

    ドイツ製4輪駆動中型トラック。戦闘車両ではないが、ガントラックに改造されて運用されたものもあった。これも例にはもれず地雷対策として乗員座席や荷台の下に鉄板を敷いてた。
    迫撃砲搭載モデルもある。

    ウニモグもベース車として装甲車にされたものもある。


    no title

    no title


    63: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:27:49 ID:SIS
    スパイダー対地雷処理車

    地雷の爆風から乗員を守るために長い足が生えた設計になってる。あと転倒防止にそり状の足もついてる。
    地雷探知センサーは前方についている。

    no title



    64: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:28:19 ID:7zK
    >>63
    シュールだな


    65: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:29:45 ID:SIS
    Fu-2対地雷処理車

    自転車

    no title


    68: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:31:31 ID:6jM
    >>65
    丸ごと吹き飛ぶのでは?


    71: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:34:13 ID:SIS
    >>68
    多分吹き飛ぶw


    66: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:30:23 ID:hPF
    自転車www


    67: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:30:59 ID:7zK
    ショボいwww


    70: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:33:38 ID:SIS
    アルエートⅢ

    フランス製汎用ヘリコプター。ファイアー・フォース攻撃で大活躍。様々な用途に使ってた。
    ちなみに南アフリカからの持ち込み品。
    また武装ヘリにも改造されてた。種類は

    ・G-Car・・・機体左右にブローニング重機関銃を1丁ずつ装備
    ・K-Car・・・機体内部から側面につき出るようにブローニング重機関銃(303口径)4連装かモーゼル20mm機関砲1門を装備

    写真はG-Car
    no title

    no title


    74: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:40:20 ID:AWc
    ローデシア軍って戦車持ってなかったのかね

    >>70
    ローデシアにおける攻撃ヘリだったのかな


    76: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:41:57 ID:SIS
    >>74
    ローデシアは戦車なかったよ ゲリラは持ってたけど...


    77: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:43:20 ID:AWc
    >>76
    一瞬逆じゃね?って思ったけどマジかよ


    79: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:47:38 ID:SIS
    >>77
    鹵獲して使ってたはしてたみたいだけどね


    72: パルチザン 2015/04/20(月)00:36:04 ID:Y7d
    >>1

    『ブラッド・ダイヤモンド』の世界ですね…(´;ω;`)ウゥゥ


    73: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:37:13 ID:SIS
    ベル205

    アメリカ製汎用ヘリコプター。ヒューイ。日本で使ってるUH-1Jと同じ系統。
    南アフリカが撤退し、アルエートⅢが使えなくなったローデシア軍が紛争末期にイスラエルから必死こいて調達した。これがなければ末期の越境作戦は不可能

    no title

    no title


    75: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:40:39 ID:SIS
    セスナ337

    セスナ社製双発レシプロ機。機体前後にプロペラがあるのが特徴。ローデシア軍ではリンクスと呼んでいた。
    武装は12.7mm機銃2丁と37mmSNEBロケットランチャー、ナパーム弾など。

    no title

    no title


    78: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:47:15 ID:SIS
    SIAIマルケッティSF260

    イタリア製軍民両用レシプロ機。ローデシア軍では練習機としても使用している。軽攻撃機型はウォーリアーと呼ばれていた。
    固定武装はないので、主翼下のハードポイントに機銃ポッドやロケットランチャーポッド、ナパーム弾などを搭載して運用。

    no title


    80: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:50:56 ID:SIS
    ホーカー ハンター

    イギリス製亜音速ジェット戦闘機。ローデシア軍主力戦闘機。対地・対空両方の任務で使用された。
    ローデシア軍は26機保有してたが、経済制裁で予備部品がなかったため十分な整備ができていたか分からないため、どれだけの機体が運用できてたのかは不明。

    no title



    81: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:51:54 ID:SIS
    デハビランド バンパイア

    ジェット黎明期の戦闘機。イギリス製。
    ローデシア軍では戦闘攻撃機型のFB9と練習機型のT55を合計12機運用していた。
    ただし、老朽化が激しかったので、非常に差し迫った緊急時にのみ使用してた。

    no title




    83: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:55:35 ID:SIS
    イングリッシュ・エレクトリック キャンベラ

    イギリス製戦術爆撃機。ローデシア軍では阻止任務特化のMk8が10機所属してた。
    ただし、経済制裁で予備部品がなかったため、数機は予備として運用、また状態が悪かったためエンジン出力などを下げて運用していた。

    no title


    84: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:57:57 ID:SIS
    DC-3

    第二次大戦で各国で使われた名機。ローデシア軍ではファイアー・フォース攻撃でのヘリ不足から使用した。
    南アフリカ軍撤退後はファイアー・フォース攻撃の主力として敵前への超低空パラシュート降下に使われ続けた。
    ローデシア軍では他にもDC-7やCanadair North Starが輸送機として使われていた。

    no title


    86: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)00:59:14 ID:SIS
    no title


    ごめん DC-3はこっち


    87: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)01:06:27 ID:SIS
    ローデシア軍がすごいをちょっと話そうと思う

    ローデシア軍で一番すごいのは何と言ってもその戦闘力。通常の部隊でゲリラに対し8倍という殺傷率を最後まで維持していた。特殊部隊に至ってはそれが35倍~50倍になるんだからほぼ一方的な虐殺。
    しかも、
    経済制裁で十分な航空戦力や重火器、装備がない中での殺傷率だからもうすごい。ゲリラ側は中国やソ連から重火器やらなんやらもう目一杯支援を受けてた。その上イギリスからレイピア地対空ミサイル、紛争末期にはキューバ人義勇兵による航空支援も受けてた。
    その中でこの殺傷率。

    ではなぜこれほどまでに戦闘力を持っていたのかというと、次の3つの理由がある。傭兵、軍事訓練、人種差別がある。
    no title

    no title


    88: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)01:08:47 ID:AWc
    >>87
    ローデシア軍凄いな
    ゲリラ相手にそんなに多くの損害を出させていたなんて


    91: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)01:21:44 ID:SIS
    >>88
    その中でもセルース・スカウツが紛争終結までキルレシオ68パーセントくらいに保ってたからすごいよね(´・ω・`)


    93: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)01:30:55 ID:SIS
    ・ファイアフォース攻撃
    まずはローデシア軍最大の特徴、ファイヤー・フォース攻撃について

    ファイヤー・フォース攻撃は、陸軍と空軍による共同作戦による攻撃方法で、ローデシア軍により開発され、その後、南アフリカ軍が発展させた。
    どのような攻撃かというと、

    パトロール、コンバット・トラッキングによってゲリラ部隊を蹴散らす

    ゲリラ部隊の退路上にスティックと呼ばれる4人の特殊部隊員をヘリボーン

    その後まとまった数を輸送機でエアボーンし、さらに航空支援を使いながら包囲殲滅

    これが当時として画期的な戦術であった。

    no title


    96: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)01:41:27 ID:AWc
    >>93
    すげえ


    94: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)01:39:38 ID:SIS
    コンバット・トラッキングについて。

    コンバット・トラッキングは名の通り、敵部隊の痕跡を辿り追跡すること。
    ローデシア軍ではザンビアやモザンビークとの国境地帯で、まず哨戒部隊によってパトロールを行い、ゲリラ部隊の痕跡を見つけた場合にコンバット・トラッキングによって、ゲリラ部隊を追跡していた。
    これをしないと先述したファイアー・フォース攻撃を行えない。

    まず基準点を決めてからその左右に追跡チームを置いてスタート。
    追跡チームの人数は大体4人。
    隊形はY字型で、Y字の両翼に側衛、中心に追跡担当、その後ろに指揮官といった具合。

    ちなみに、この戦術を行う上で注意しなければならないポイントが3つある。
    まずは痕跡の観察。コンバット・トラッキングではゲリラの残した痕跡を視覚・嗅覚・聴覚の全感覚を活用して辿らなければならない。その痕跡は主に足跡、音と臭い、血痕、落とし物やゴミ、草木の乱れ、昆虫の行動などである。
    そしてその痕跡を発見したら、ただ眺めるだけでなく、それを観察して、その痕跡が意味するものを熟慮しなければいけない。

    最後に見つけた地点に戻り、予想されるゲリラ部隊の進行方向に向かってジグザグに移動して痕跡を探す(クロス・グレイン方式)

    見つからない場合は再度最後に見つけた地点に戻り、円を描くように捜索する。最初は小さい円から始めて、痕跡が見つかるまで円を大きくしていく感じ。(360°方式)

    ローデシア軍は初め、ゲリラ側からの追跡を防ぐ目的で、滑り止めパターンの無い靴底のブーツを履いて痕跡を消していた。
    しかしそれはすぐにゲリラ側にばれてしまった。理由は簡単。ゲリラが滑り止めパターンの無い靴底の足跡は、ローデシア軍部隊の足跡だと気付いたから。この問題は結局、ゲリラ側と同じブーツをはくことで解決。

    画像はセルース・スカウツ
    no title

    no title

    no title


    97: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)01:55:18 ID:SIS
    戦略村について

    戦略村とはローデシア軍の主張によると、「ゲリラに協力しなかったアフリカ系市民が拷問などの被害に遭ったから、保護するために設置したキャンプ」ということになっている。要は一般市民がゲリラに協力しないよう作られた強制収容所。


    配置については形があったそうで、基本的には長方形で、村の中央にキープと呼ばれる鉄柵で囲まれた拠点があり、そこに村の管理を行う部隊が駐屯していたそうだ。
    ちなみに村の警備にはさっきの管理する部隊と警備専門の部隊が別れているが、これが装備も訓練も不十分な部隊を配置させていたため、しょっちゅう襲撃されて、1週間で正規部隊数カ月分くらいの戦闘を経験させられた。

    no title

    no title

    no title



    98: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)02:16:17 ID:SIS
    ローデシアSAS

    ローデシアSASはマラヤ斥候隊を前身とする英国SASのC中隊からの派生 。マラヤ動乱における活躍がめざましく それによって本家SASでC中隊は永久欠番となっている。
    その後何回か解体・再編成を繰り返し、3個中隊の第1ローデシアSASになる
    結成時に南アフリカ軍から特殊部隊創設の為に兵士が派遣され D中隊というカバーネームを使い共闘した。

    no title

    no title

    no title


    99: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)02:25:56 ID:SIS
    セルース・スカウツ

    紛争終結までゲリラ総死者数の68%を殺害。紛争終結までの戦死者約40名。
    こちら側に転向したゲリラを利用し、また自分達も黒人ゲリラになりすまして 敵支配地域で行動したり、ファイアフォース攻撃の要となる部隊。
    非常に危険な任務や非人道的作戦も多く こなしたため ローデシア崩壊後に即解散させられる。

    no title

    no title

    no title



    100: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)02:39:03 ID:SIS
    ローデシア軍コマンド部隊RLI

    各国の猛者を集めた事実上のローデシア外人部隊。空挺資格を持つ者が多く、ヘリや空挺降下によって敵勢力圏内下に侵入して攻撃する。こちらもファイアフォース攻撃に重要な部隊。

    no title

    no title




    109: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)22:51:24 ID:rY0
    エグゼクティブ・アウトカムズ

    映画ブラッドダイヤモンドに出てくる民間軍事会社のモデルであり、世界初の民間軍事会社としての基礎を築いた会社である。
    1989年に元ローデシア陸軍特殊部隊セルーススカウツの兵士であり 南アフリカ国防軍32大隊の副司令官を務めたイーベン・バーロウが設立。

    社員の多くはアパルトヘイト廃止後に失業した元32大隊の兵士や市民協力局、南西アフリカ警察不正規戦部隊、民族の槍に居たゲリラ、ウクライナ系ソ連軍兵士で構成されていた。

    no title

    no title


    111: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:01:19 ID:AWc
    >>109
    イーベン・バーロウは下の写真かな?


    113: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:05:22 ID:rY0
    >>111
    下の写真がイーベン・バーロウだよー


    121: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:45:58 ID:AWc
    >>113
    把握した

    ソ連製多いなあ
    ハインドって米軍も持ってんのか


    123: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:56:25 ID:rY0
    >>121
    ソ連崩壊とともに大量に流出したから値段的に安価だったのが理由だろうね。
    アメリカ空軍の件はアグレッサーとしてではないかと


    110: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)22:57:25 ID:rY0
    マカロフ PM

    旧ソ連製の拳銃。ワルサーPPをモデルに作られた。小型で殺傷能力もそこそこあるので今でも使われる。

    no title


    111: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:01:19 ID:AWc
    >>110
    ほうほう


    112: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:04:44 ID:rY0
    AK47及び56式小銃その派生型

    ソ連で設計された傑作アサルトライフル。構造が単純で殺傷能力も高く 後期のプレスフレームだと生産能力も高くなっている。
    エグゼクティブ・アウトカムズ(以下EO社)ではソ連崩壊と共に大量購入していた

    56式小銃
    no title


    AK47
    no title


    114: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:12:02 ID:rY0
    PKM機関銃

    ソ連製の7.62mm汎用機関銃。

    no title

    no title


    115: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:17:59 ID:rY0
    RPG-7

    ソ連の開発した。対戦車りゅう弾発射器。安価で使い易く、高い効果を発揮できるので世界中の紛争国で使われている

    no title


    116: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:26:06 ID:rY0
    DShk38 重機関銃

    ソ連のDP機関銃の後継機。

    no title


    117: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:29:52 ID:rY0
    ランドローバー

    イギリス製四輪駆動車。EO社では重機関銃を搭載しての運用が多かった。

    no title


    118: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:34:07 ID:rY0
    BMP-2
    ソ連製歩兵戦闘車。歩兵戦闘車の基礎を築いたBMP-1の改良型


    画像はロシア
    no title


    119: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:39:04 ID:rY0
    BTR-60

    ソ連製装甲兵員輸送車。引火し易いガソリンエンジンを搭載してる為、攻撃を受けるとそのまま爆発・炎上するので社員達は車上に跨って移動する事が多かった。

    no title


    120: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:45:13 ID:rY0
    Mi-24

    ソ連製の戦闘ヘリコプター。火力での地上制圧と武装したヘリボーン作戦を同時に行える。
    30カ国以上に輸出され、アメリカ空軍でも使用されている。


    no title

    no title


    122: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)23:54:50 ID:rY0
    Mi-17

    ソ連製輸出強襲ヘリコプター。単純な構造と汎用性の高さが特徴。Mi17は輸出用コードネーム。

    no title

    no title


    124: 名無しさん@おーぷん 2015/04/21(火)00:02:50 ID:1UQ
    Mig-27

    ソ連製戦闘爆撃機。

    no title




     


    127: 名無しさん@おーぷん 2015/04/21(火)00:14:30 ID:Ife
    >>124
    戦闘爆撃機や攻撃機が多いね


    125: 名無しさん@おーぷん 2015/04/21(火)00:09:11 ID:1UQ
    Su-25

    ソ連製攻撃機。頑丈さと地上部隊への攻撃力の高さ 足周りの頑丈さから不整地の多いアフリカ大陸での運用に適していた。

    no title


    126: 名無しさん@おーぷん 2015/04/21(火)00:13:14 ID:1UQ
    ボーイング707

    EO社が唯一使用していた西側の航空機。航空機全般の運用はEO社の下部組織アイビス・エア社が行っていた。
    主に負傷者の後方輸送に使われていた。

    no title


    129: 名無しさん@おーぷん 2015/04/21(火)00:46:36 ID:1UQ
    エグゼクティブ・アウトカムズの功績

    EO社の功績で代表とされるアンゴラ紛争、20年続いた紛争を1年で終結させる事に成功。

    EO社は93年にアンゴラ政府と契約を結び FAA(アンゴラ共和国軍)の軍事訓練とUNITA(アンゴラ全面独立民族同盟)の掃討作戦を行った。その結果1974年以降続いていたアンゴラ紛争は約1年で終結。
    後にUNITAを支援していたアメリカからの圧力により アンゴラからEO社が撤退し、紛争が再度始まる。

    シエラレオネ内戦の終結。

    アンゴラの次にEO社が投入されたのがシエラレオネでの内戦の鎮圧であった。
    この当時 略奪や殺戮を行っていたRUF(革命統一戦線)がシエラレオネを広範囲で支配していた。
    首都フリータウンも陥落寸前であった時にEO社は300人の部隊を投入し、首都奪還・RUFの戦線を後退させる事に成功し、一つの民間軍事会社が国家の戦局を変えれることを証明した。
    後にEO社によるデビアスへのダイヤモンド不正輸出を巡ってシエラレオネ政府はEO社と契約を打ちきらざるを得なかった。
    EO社撤退後は関連会社のサンドライン社が引き継いだが、殺戮は収まるどころか激化していった。

    no title

    no title

    no title


    131: 名無しさん@おーぷん 2015/04/21(火)01:07:21 ID:1UQ
    EO社の没落とその後

    シエラレオネの一件以降、世界各地でEO社の名を騙って業務受注を行う企業が多く出没し、南アフリカに本拠を置くEO社は1南アフリカで制定された外国軍事援助規制法により非合法企業とされ、1998年末に会社は解散となる。

    社員の多くは他の民間軍事会社や関連企業のサンドライン・インターナショナル、ライフセーバーなどの保安会社へ就職する。

    イーベン・バーロウはアフリカ各地を軍事顧問として現地軍の訓練や軍大学にて安全問題の講師、ブログや書籍にて執筆活動を行う。

    EO社の役員であったサイモン・マンはティム・スパイサーと共にサンドライン・インターナショナルを設立し、後に赤道ギニアでのクーデター未遂により投獄される。

    画像はサイモン・マン
    no title


    132: 名無しさん@おーぷん 2015/04/21(火)01:08:10 ID:1UQ
    終わり!(´・ω・`)


    1001:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2015/05/02(土) 23:47:03.91 ID:AtoZ
     やばい電話に出てしまった

     スイカに超高温の金属流し込んでみた結果wwwwwwwww

     HDMIとかいうケーブル界の革命児wwww

     【在日崩壊】7月9日以降、フジテレビが大ピンチに!!!? その理由が ヤ バ す ぎ た !!!

     【画像有】未来で起こることは確定しているの? @ [物理学板]

     【衝撃画像】元KAT-TUN・田中聖の現在がオラオラ系から“ペコペコ優等生”へ激変・・・・・・・...

     ブラジル人が日本を嫌ってる理由wwwww

     【知的】初対面で知性を感じる男性の特徴5つwwwお前らはいくつ当てはまる?



    おすすめサイト最新記事一覧

        コメント

        1.まとめブログリーダー2015年05月04日 00:30  ▽このコメントに返信

        俺は戦車とかはわかるけど小銃とかの類いはようわからん。

        2.名無しAtoZ2015年05月04日 00:48  ▽このコメントに返信

        なに、引き金引いて弾が出て相手が死ねばだいたい同じだ
        後は使い手の問題

        3.名無しAtoZ2015年05月04日 01:06  ▽このコメントに返信

        ローデシアって、ああハーゴン軍に滅ぼされたところか。

        4.名無しAtoZ2015年05月04日 01:08  ▽このコメントに返信

        ※3
        それ、ローレシアやって言おうとしたら、ムーンブルクやないかい!全然違うわ!

        5.名無しAtoZ2015年05月04日 01:21  ▽このコメントに返信

        ローデシアって現ジンバブエのことか。

        6.名無しAtoZ2015年05月04日 02:30  ▽このコメントに返信

        昔はこの手の(傭兵会社)が関与するうさん臭い資源地域の紛争で毎日、海外のニュースはいっぱいであった。そういえば最近はないな。

        7.名無しAtoZ2015年05月04日 18:25  ▽このコメントに返信

        良く解らないが殺傷率が凄い

        8.名無しAtoZ2016年08月27日 10:53  ▽このコメントに返信

        ローデシア軍のなにがこわいって、小銃や軽機関銃に迷彩をほどこしてることなんだよな。こういった一工夫が、強さの秘訣なんだと思う。

        コメントの投稿

        おすすめ!
        幸せだなぁ♪

        おすすめ!!
        あまぞん
        figma ソードアート・オンラインII キリト GGOver. [物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品) figma 進撃の巨人 リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) とびだせ どうぶつの森 ねんどろいど しずえ 冬服Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
        クリック募金