1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:39:10 ID:6N8E7Luml
    朝起きたらとなりでルイズが寝ていた。
    俺は死ぬほど嬉しかった。何せ夢にまで見たルイズだ。
    童貞の俺にもついに彼女が出来て幸せに暮らしていける。
    そしてマイホームを買って子供をつくって毎日幸せな生活をする。
    そんなことを一瞬にして考えた。

    でも、ルイズは「サイトはどこ?サイトどこにいるの?」
    って言うんだよ。俺のことは見向きもせずに。
    そのとき分かったんだ。ルイズはサイトと幸せになるべきだって。
    だから俺は一緒にサイトを探してあげた。
    やっぱりルイズの笑顔は俺に向ける笑顔よりサイトに向ける笑顔のほうが可愛い。
    俺は二人が幸せになってほしいと願いながら立ち去った。

    そんな夢を見た。
    起きてとなりをみた。
    ルイズの抱き枕があった。
    目から涙がこぼれた。



    引用元: http://viper.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1399390750/

    4: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:46:49 ID:sdz5C9cz1
    no title


    5: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:46:55 ID:FuCvJ2aSF
    よく通る道に花が手向けられている電信柱があり、
    通る度に供えられた花の種類が変わっていたので
    よほど大切な人を亡くしたんだろうなと気になって見ていた。

    ある時、その電信柱の前を通ったらその花が荒らされていた。
    次の日通ると花は綺麗に新しくなっている。

    その日の夕方に通るとまた花が荒らされていた。
    その後荒らされる→新しい花→また荒らされるというのが暫く続いた。

    猫や鳥にやられたのかな?と思いつつ通り過ぎていたが、
    ある日偶然にもその花を荒らしている最中の人を発見。

    俺はとっさに車を降り、
    「何してるんですか!」と咎めた。
    するとこちらを向いた40~50代位の女性に女性が
    「○○ちゃんを返して~」と号泣。

    虚をつかれうろたえながら彼女を宥めつつ話しを聞くと、
    彼女は娘さんをここで亡くした。

    娘さんは歩いていて、車に突っ込まれた。
    運転していた男性もこの電信柱にぶつかった衝撃で亡くなった。

    この花は加害者の男性の家族が供えている。
    その花を見る度に娘を思い出してしまい、いたたまれなくなって
    花を荒らすようになってしまった。
    といった感じでした。

    「もうこんな事はしませんから・・・」
    と泣きながらふらふら帰っていく彼女を見て
    やるせない気持ちになり暫くそこに立ち尽くしてしまいました。


    7: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:47:58 ID:FuCvJ2aSF
    小さいころ新聞に折り込まれた広告を見ると近所に出来た
    電気屋さんの開店セールのチラシが入っていた。

    そのチラシには「開店記念、ホットプレートで作った焼きそばを無料配布」の文字が!
    焼きそばが大好きだった俺は、タダで焼きそばか食べられるのかとワクワクしながら
    弟と一緒に電気屋の前まで行ったが電気屋の近くまで来た時に目にした光景は
    閑散とした客誰一人としていない店頭で一生懸命呼び込みをしながら
    焼きそばを小さなホットプレートで  焼きつづける電気店主夫婦・・・

    子供の目にもあまりにも寂しい雰囲気だったので「焼きそば下さい」と
    店の前まで行く勇気が湧かず弟と一緒に遠巻きに電気屋を見て、そのままそそくさと帰宅した。

    それから月日は経ち電気屋は無くなった。


    8: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:48:53 ID:FuCvJ2aSF
    バイト先に彼氏いない歴25年らしい大人しい子がいた。
    局の子にお昼おごらされたり、
    派遣社員の子から高額なマルチ商法の商品買わされたりしてた。

    皆が「アイツはお人好しだから何言っても絶対断らない」と
    学生のイジメのようにバカにして嫌な事押し付けたりしていた。

    もともとその子を優しくて良い女だと好感を抱いていた上に
    この子なら断らないかもと思った俺は彼女を休日に食事に誘ってみた。
    生まれて初めて女性からOKをもらい、嬉しくて店を色々調べて下準備し、
    当日は思いきりお洒落してピカピカに洗った車で迎えに行き、
    頑張って話を盛り上げてご飯を御馳走し、家まで送り届けた。

    とても楽しくて何度も誘った。彼女も楽しんでくれていると思った。

    段々好きになって今度告白しようと決心して食事に誘った時、
    「本当はずっと嫌だった。もう誘わないで欲しい」と言われた。

    彼女の顔は気の毒になる位必死だった。きっと決死の思いで言ったのだろう。

    「ほら~!麻衣、ちゃんと断れるじゃないですか!
    今度から嫌な事 頼まれたら、今みたいにビシッと言えよ!
    俺、ずっと麻衣が何言っても断れないの、心配したよ!」
    と、俺は泣き出しそうなのをこらえて出来るだけ明るく元気に取り繕った。

    彼女はとてもホッとしたような顔をして何度も俺にお礼を言った。
    俺から好かれている訳じゃない事がわかって、そんなに嬉しかったのかな。

    昨日の話です。もう色恋は諦めますた。一生童貞でかまいません。


    9: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:50:34 ID:FuCvJ2aSF
    以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 18:38:50.07 ID:HsUpbwWO0
    横浜での話だったと思う
    中学生くらいの男の子と母親が信号待ちをしていた
    見るからに大切に育てている息子
    でもマザコンチックであったり、教育ママ的でもなく、
    微笑ましい関係が見ただけで判る、そういう親子

    信号待ちをしていた親子に車が突っ込んだ
    車は息子だけを轢き、母親は呆然と立ちすくんでいた

    周囲の人々が、車の下敷きになった息子を助け出し、救急車を呼び、
    辺りは人々が取り囲み騒然とした

    息子の腕はちぎれ、足は関節がいくつも出来たように折れ曲がっている
    その顔は苦痛に歪んでいる
    助かるかどうかは判らないが、とりあえず今は生きている

    すると母親が突然叫んだ
    「殺しましょ、ね、殺しましょ。このまま生きていても苦しいだけだし、
    腕もどっかいっちゃったし、足も変だし、殺しちゃいましょうよ、ね、ね、ね!!」

    周囲の人々に訴えかける。
    救助活動をしていた市民が母親に「お前それでも母親か!」と言っても
    「殺しましょ。もう一回車で轢いてよ!」

    その後は救急車が来て、どうなったかの顛末は判らない


    10: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:51:49 ID:FuCvJ2aSF
    以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 18:45:12.10 ID:HsUpbwWO0
    裁判長「判決の前に、被告は何か言いたい事はありますか?」

    宅間「えー、発言してもよろしいか?・・・なら話すわ。
        まあ、まだ判決はでとらんのやけども、もうすぐ出るし、
        わかっとる事やから、最初に言うとく。
        どうも死刑にしてくれて、ありがとう裁判長さん。
        感謝するわ!わし、死にたい思うてたから、ほんま助かる。
        やっと死ねるんやなーと思うとほっとしたわ」

     ・・・どよめく室内。怒号が飛び交う・・・

    裁判長「静粛に!・・・被告は裁判を誹謗しないよにしてください。
         これ以上、不穏当な発言を続ければ退廷させます。いいですね」

    宅間「今のは、誹謗とか批判ではのうて、純粋のワシの心から出たほんまの気持ち。
        わかってもらわんでもええ。言いたい事はまだある。それは、殺してしもーた子供達にや!」

     ・・・どよめく室内。まさか?謝罪するのか?との期待感・・・

    宅間 「わしが殺したガキどもは、わしの自殺の為の踏み台の為に生きていたんやな!
    ほんま、感謝しとる。あのガキが8人死んでくれたから、俺が死ねるんやから
    感謝せなあかん!死んでくれてありがとう!!
    でも、死刑になるだけやったら3人で十分やったな。残りの5人はおまけで感謝しといたる!」

      ・・・どよめく室内。裁判長が退廷を命じる・・・

    宅間(引きづられなから) 「おい、くそガキの親!おまえらのガキの8人分の命は
    ワシ一人を殺して終わりの程度の価値やったんやぞ!
    エエ学校に行かせて偉そうにしとったから死んだんや!
    ガキどもが死んだ原因はおまえらあるんや!
    せいぜい一生反省せいよ!
    あの世でもおまえらの子供しばき倒したるからな!
    あははははは!あははは!こらおもろい!」

      ・・・どよめく室内。退廷・・・

    5分ほど後に、判決文が読まれた


    11: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:52:51 ID:FuCvJ2aSF
    本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 16:48:14 ID:8d7P8O7u0
    宅間事件のすぐ後に、池田小学校にある内容の電話が殺到したのをご存知だろうか。
    その内容は、以下のようなものである。

    「子供が7人殺されたんですよね?それなら、定員分補充される筈ですよね!?
    うちの子供は入れられないんですか?」

    国立である池田小学校には、定員がある。
    その定員が減ったから、我が子を入れられないか、というものである。

    この話を聞いた時、事件の一報を聞いたときよりも寒気が走った。


    13: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:55:45 ID:FuCvJ2aSF
    今を生きるエキスパート~あなたの中の自信~

    あなたは父親の精子と母親の卵子で作られました
    精子は億単位の中のナンバーワンです

    人生を歩むというゴールを目指し
    多くのライバルが卵子を目掛け競争しました

    しかし、たったひとつの精子だけしかゴールを許されません
    たとえ卵子にたどり着いてもすでにゴールをしている精子にしか
    人生を歩むという賞品を与えられないのです

    考えてみてください
    あなたのご先祖様もあなたと同じように作られました
    それを何世代も繰り返してあなたが今、子孫としてこの世にいるのです
    気づきましたか?あなたの遺伝子は
    歴代チャンピオンの精子で作られているのです

    とても強く、最後まであきらめず、困難を乗り越えて
    ほかのライバルよりも一番に卵子にたどり着いたチャンピオン達の
    遺伝子を持っているのです

    あなたは生まれながらにして一番名誉な自信を持っています
    もしあなたが心折れそうな時は私の言葉を思い出してみてください
    あなたは生まれながらにして自信を持っているということを


    14: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:56:41 ID:FuCvJ2aSF
    つい先日の出来事。

    就活生のオレはいまだに内定が取れず色んな企業の選考に足を運んでいた。
    んで無理だろうと思っていたそこそこ大きめな(地元では)企業から内定のメールがきた。

    信じられなかった…元々敷居の高いところってのと
    面接官の態度や質問が圧迫面接なんてレベルじゃ済まされない程クソで、
    口論して部屋を出て行ったからだ。
    大人げない事したなと後悔してたが、逆に評価されたのかと思い何とも言えない気分だった。
    そしてメールで歓迎会でBBQやるから来いと連絡がきた。

    同期の人間の顔も見たことないし凄く楽しみにして現地の河原に向かった。
    かなりの人数が集まっていてオドオドしていると口論した面接官が
    「お、○○君!こっちこっち。」と手招き。そこには同期らしき人間が並んでいた。

    「初めてだし自己紹介は恥ずかしいだろうし俺から簡単に説明するね。」と
    端から順に面接官が紹介していった。
    最後に俺だった。

    面接官「コイツが面接中にキレて出て行ったアホw個人的に教育したくて嘘の内定メールだしたら本当に来てしまったみたいですw ○○君よくわかったかぁ?あんま調子乗るとこうやって恥かくから気をつけろよw」

    そいつは俺に交通費と称して5千円札を握らせると「釣りいらねーからw」と一言。
    周りからは「カッコイイぞw」だの「やりすぎだろw」だの野次が行き交っていた。

    俺は恥ずかしさと怒りでパニックになりながらその場から逃走。今は就活する気起きない


    15: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:58:10 ID:FuCvJ2aSF
    私、君達みたいな男の人知ってる。
    仕事で困った時に一生懸命汗かきながら助けてくれたり、
    「パソコン買いたいな」って言ったら、
    お勧めのパソコンリスト作ってきてくれたりしてくれるんだよね。
    だからお礼に冷たいお茶入れたり、
    くたびれたスリッパ履いてたからプレゼントしたりした。
    でも何故かわからないけど全然違う。私の彼氏と。

    彼氏は別にイケメンじゃない。でも一緒にいると幸せな気持ちになるし、
    ドキドキするし、エッチな気持ちにもなる。
    「可愛い」って言われただけで頭がぼーっとなる。
    彼氏の為だけに可愛い洋服や下着を選んで迷って、一日かけてたりする。
    それを褒められるとホントに嬉しい。
    全然違う。君達と。
    何が違うんだろう。

    誤解させたならごめんなさい。告白させたりしてごめんね。
    優しくしたのはお年寄りに優しくするのと一緒なの。
    気付いてる?君達ってお年寄りと似てる。


    16: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:58:49 ID:FuCvJ2aSF
    普段は友人として普通に接している連中相手でも、みんなで飯を食いに行く時とか特に壁を感じる

    俺が「そろそろ行こうぜ」って言っても、みんな「うんそうだねー」って感じで
    全然動き出さないけど、他の誰かが「行くか」って言うと動き出す

    俺がいなくても何事も無いかのように進むけど、他の誰かが欠けてると
    そいつに連絡取ったり待ったりする

    俺以外の奴が財布を取りに行ったり便所行ったりするとみんなそれを待つけど、
    俺が靴ひも結んでたりしてても完全無視でみんな先に行く
    どの食堂に行くかという話で俺の案は採用されない

    食べ始めるのはみんなが席につくまで待つのが基本だけど、俺が最後のときは
    みんな既に食べ始めている

    食後、普通は食器を全員が片付けるのを待ってから食堂を出るのだが、
    俺が最後のときはみんな先に帰り始めている

    横に並んで歩いている時、俺の両隣りが徐々に迫ってきて遂には俺は後ろへ
    追いやられて、みんなの後ろをトボトボ歩く羽目になる

    誰かが購買に寄るとみんなついていくが、俺が行くときは誰もついてこない

    これらの行為は作為的なものではなく、無意識なものだと思う
    みんなが特に俺への接し方に差をつけてるのではなく、
    ただ俺の存在や影響力が薄すぎるだけなのだろう

    たぶん、俺だけこんな空気な扱いになってることにも気付いてない気がする
    みんなのことは憎くないけど、自分の不甲斐無さが憎い

    こういうことが続くと、一人が楽だなーって思う


    17: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)00:59:52 ID:FuCvJ2aSF
    知り合いの話。

    知り合いには知能障害の叔父さんがいて、
    知り合いが物心付いた頃から既にちょっとおかしい人だったらしい

    そんな人だから、結婚も出来ず、60を過ぎても一人暮らしをしてた
    で、ある日耳から変な液が出てきたってんで兄弟が病院に連れてったんだと

    そしたら頭蓋ん中イッパイに膿が溜まってて、それが脳を圧迫してた
    医者は親族にこう尋ねた
    「昔、頭の手術をしたことありませんか?」

    そういえば、彼が3歳だった頃に風呂で母親が頭を洗っていて水が耳に入り、耳が腫れたことがある。
    その時手術をしたと思うが、それがどうしたのか

    「恐らくその時に付いた傷が原因ですねこの膿は・・・今まで知能障害と思われていたのも、脳についた傷と膿がもたらしたものでしょう。」

    先天性のものだと思っていたものが実は医療ミス
    しかも3歳の頃の傷で、約60年分の人生を台無しにされてしまった

    親族にしたらものすごいショックだったと言う
    しかも膿の摘出手術を終えないと助からなかったが、既に本人にその体力がない状態

    数日して亡くなったという
    洒落にならん話だった


    18: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:01:07 ID:FuCvJ2aSF
    中学時代の昼休み
    俺「…ポツーン」
    女子数人「ジャンケンポン!キャー負けたー!」

    ジャンケンで負けたらしき女子が近付いてくる
    負けた女子「えー本当に言うのー?」
    取り巻き「キャハハ早く言いなよー。せーの。」
    負けた女子「友達になってくれませんか?」
    俺「???」
    負けた女子「もーヤダー!サイテー!」
    取り巻き「キャハハ○○(俺の名前)君喜んでるよ。もっかいちゃんと言ってあげなよっ」
    負けた女子「マジキモいんだけどー」
    俺「・・・。」


    19: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:01:50 ID:FuCvJ2aSF
    教授「じゃあちょっと二人か三人でこのことについて話し合って」
    (ガヤガヤ)

    ぼっち「・・・」←最前列の右端に一人で座ってる

    教授「・・・君!一番前の君は話しあったのか?」←マイク入ったまま大声で

    ぼっち「いえ・・」

    教授「君毎回一人だけど授業困らない?」

    ぼっち「特には・・・」

    教授「え?今話し合ってないけど大丈夫なの?」

    ぼっち「いや、あの・・・」

    教授「指示したことができなくても問題ないってこと?」

    ぼっち「そ、そうではなくて、一人で考えて・・・」

    教授「一人じゃ話し合えないでしょ!?2・3人でやれっていっただろ?」

    教授「これ試験だったらどうするの君?落ちちゃうよ?」

    ぼっち「それならしょうがないです・・・」

    教授「ふーん、名前なんて言うの?あと学籍番号」

    ぼっち「いや、名前とかは・・」

    教授「いやじゃなくて、これ中間の課題にするから成績つける関係で名前分からないと困るの」

    ぼっち「もういいっす」(ダッ)←ノートと筆記用具ときもいリュックを小脇に抱えてものすごい速さで退出w

    教授「何、どうしたの」

    教授「何しに来てたんでしょうね彼は」
    (ドッ)教室中大爆笑w


    20: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:02:23 ID:FuCvJ2aSF
    社会に通用しない男の特徴
    1.ダサい、垢抜けない
    2.暇があれば2ちゃんに時間を費やす
    3.学歴コンプレックス
    4.彼女いない暦=年齢
    5.ロリコンだったり、または大人しそうな成人女性を好む
    6.すぐ横になる
    7.スポーツ経験が無い(運動部や体育会など)
    8.いい歳してゲームや少年ジャンプなど娯楽が幼稚
    9.いい歳して役所や銀行郵便など各手続きが分からない
    10.いい歳して親に文句を言ったり八つ当たりする
    11.犬と猫なら猫が好き
    12.自分の性格は良いと思っている
    13.モゴモゴしてたり早口で、よく聞き返される
    14.人の話をいまいち理解できていないのに「分かりました」と言う
    15.酒が嫌い、苦手、飲めない、酒飲みの場が嫌い
    16.気がつけば友達がいない。敵が多い
    17.一人で行動するのが好き(他人との行動が苦手、出来ない)
    18.新しい環境では大体どこへ行っても孤立する
    19.大人しい、暗い、声が小さい、テンションが低い
    20.真面目な顔して変態


    23: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:04:15 ID:FuCvJ2aSF
    no title


    24: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:04:50 ID:FuCvJ2aSF
    no title


    26: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:06:40 ID:sdz5C9cz1
    成人式の為に買ってもらったスーツを着て
    かっこいいと言われ、何枚も写真を取られ
    車で会場まで送ってもらい
    「友達と飲むだろうけど、イッキなんてしたらいかんよ?
     遅くなるだろうから気をつけて帰ってらっしゃい」

    そう言われた後一人で会場を一周し、中に入ることが出来ず
    友達と飲みに行くことになっている手前、そのまま帰ることも出来ず
    夜まで時間つぶすためにその足でスロット店へ行き
    親からもらったお年玉を使い切るのに2時間も持たず銀行から下ろした8万も消え

    どうしようもなくなって、夕方頃に家に帰り
    人が多すぎて友達と会えなかったと言う俺に
    母さんは、じゃあ夕飯ちゃんとしたもの作らなきゃねと言い

    俺は震えて声も出せないほど泣いた


    27: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:07:21 ID:FuCvJ2aSF
    火曜日に正社員の面接行ったのね。もうこれで20数社目。今まで全部駄目だった。

    それで、その日は車でしか行けないところだったんで、母親が仕事を休んで付き添ってくれた。
    駐車場の車内に母を待たせて面接してもらった。

    出てきたのは社長と人事課長。社長が絵に書いたような悪人顔でさ。
    鼻くそほじりながら履歴書見て「職歴なし?あんたもう30だろ?」
    「バイトなら経験あるっていったって職歴なしは職歴なしだろう?」
    「うちでそんなの雇うわけないだろ?もう帰ってくれ。用はないだろ。終わり終わり」

    車に戻ると母は面接には触れず、「また明日から暑くなるんだって、今ラジオで行ってた」
    「ごはん食べて帰ろうか」って。
    無言のままうどん屋に入ってカツ丼食べた。

    そしたら母親が「受かるといいねー」って言うからさ、俺答えに困っちゃってさ。
    で、いろんな言い訳考えた末に正直に「いや、駄目だったんだ、今日も」といった。

    母親、「また次も送っていくよ、カツ丼、あんまりおいしくなかったね」だってさ。
    今頃になって泣けてきたよ。情けねーなー。就職してーなー。
    今まで何やってたんだろうな、俺は。


    28: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:07:24 ID:sdz5C9cz1
    入学したての頃、俺は初めて学食に行ってみたんだ。もちろん一人でね。
    慣れない食券システムにに戸惑いつつも、俺はウキウキした気分でハンバーグ定食を購入した。
    定食を貰って、席に着こうとしたんだが、もうすでに満席。
    一見空いているかに見える席も、DQNどもが荷物を置いて席取りしていた。

    今考えたら混雑した昼時に学食に行ったのが、全ての間違いだったんだ…
    俺は焦った。とりあえずどこか席が空くのを待ってみたが、一向に空かない。
    明らかに食事を終えている奴らも、友人と会話をしていて席を立とうとしない。

    俺はハンバーグ定食のお盆を持ったまま、その場に立ち尽くしてしまった。
    どうしようもなくなって錯乱してしまった俺は、近くの調味料や飲み物が置いてある台に、
    持っていたハンバーグ定食を置き、その場で立ち食いを始めてしまったんだ。

    俺のあまりに滑稽な姿に、周りの奴らが笑っているのに気づいた。
    中には俺の姿を写メールで撮影し始めるDQNもいた。
    俺は半泣きになりながらハンバーグ定食を急いで食べ終え、逃げるようにその場を去った。

    あれ以来2度と学食へは行っていない…


    30: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:08:06 ID:FuCvJ2aSF
    あなたは未熟なヒヨコです。
    あなたは今、卵の殻の中にいます。

    あなたはあと数日で、殻を破って外に出られるまでに成長します。
    あなたはあと数日で、完全なヒヨコになるのです。

    そんなとき、あなたの卵の上に何かがやってきて、影ができました。
    ぐしゃ。

    あなたの卵が、踏み潰されました。
    あなたが踏み潰されたのです。
    あなたは死んだのです。
    あっけなかったですね、さようなら。

    これが中絶です。


    34: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:11:32 ID:sdz5C9cz1
    近くに新しく出来た喫茶店での高校生ぐらいのカップル(?)の会話。断片じゃないが。
    男「やっぱり綺麗だなぁ・・新しいもんな。なぁ?(超笑顔)」
    女「出来たばっかなんだから当然じゃない」
    男「まぁまぁ。ほら、メニューメニュー」
    女「いい。もう持ってるから」
    男「そっか。何にする?今日は奢るぞ?あ、俺はこのケーキセットにするけど」
    女「・・これでいい(指差す)」
    男「え?いいのか?飲物だけ?遠慮するなよ?」
    女「してない」
    随分無愛想な女の子だな・・と思った。つーか男、健気だ。
    しばらくして注文した物が運ばれてくる。
    男「ウマいぞこれ。ちょっと食う?」
    女「いい」
    男「そっか。--あのさ。もしかして不機嫌?ってか、今退屈してる?」
    女「ううん・・楽しい。あたしちょっとだけ無愛想だから」
    女の子は一応本当に楽しんでいるつもりらしい。
    男「無理すんなよ。俺がいきなり誘っちゃったんだしさ。わりぃな。」
    女「・・」
    女の子、いきなり男にキス。さすがに凝視できなかったけど、多分口に。
    男「((゚Д゚)ポカーン)」
    女「分かってくれた?」
    男「(声が出ないらしく、激しく何度も頷く)」
    女「今日はもうしないから(わずかに照)」
    男「いや、マジ、どうしよ、超嬉しいんだけど。うわー。ヤバい。うわー。」
    女「早く食べちゃいなよ(そっぽを向く)」

    そこで恥ずかしくなって喫茶店出ちゃったけど、凄くいいシーンだった。
    近くの席から凝視してた自分がなんか情けなくなった


    45: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:18:53 ID:sdz5C9cz1
    たまには外に出なくては、と
    意を決して一人紅葉狩りに出掛けてみた
    ロープウェーで一人座って出発を待っていると
    発車間近に若いカップルが駆け込んできた

    駆け込みの焦りと俺の座席位置が相まって
    俺が見えてなかったらしく
    「やったぁ、かしき・・・」まで出た女ね言葉が止まるのと
    笑顔から一変、表情が無になる瞬間を眼前で見た

    そのまま客は俺とカップルのみで発進
    何故か気まずい俺

    窓を覗きつつ
    「わーきれいだねーあかーい」などと喋る女だが
    声のトーンと口調の無機質さが、明らかに俺との遭遇、存在で
    機嫌を損ねましたと言わんばかり
    オマケに野郎までテメェのせいだと言わんばかりのオーラ

    俺は、外を見る気すら失せ、ただ俯き目を閉じていた
    緩く、永い、地獄のようなロープウェーだった


    俺はそのままロープウェーで下山した


    47: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:20:05 ID:sdz5C9cz1
    披露宴の当日、妻と昔不倫していた上司が来ていた。妻が呼んだらしい。
    付き合いは6年。その間かなりいろんなことを仕込まれたそうだ。
    妻は俺がその上司と不倫をしていたことを知らないと思っている。

    テーブルをまわっていた時、妻とその上司の目が合い、
    「今まで育ててくれてありがとう」とでも言いたげな目で妻、
    「幸せになるんだよ」とでも言いたげな上司。

    披露宴中、俺ははらわたが煮えくりかえりまともにスピーチができず、
    「余計なことは言わずにもう1回乾杯しよう!」とごまかした。
    唯一その事情を知っている友人が、二次会の時に酔ったふりして
    その上司に殴りかかったり、階段から突き落としたりしてくれた。
    俺もその上司の駐車場の車に傷をつけたりしが、それでも俺の心は収まらなかった。

    さらに三次会で、元カレと名乗る男が4人も現れ、それぞれのセクロス体験を
    暴露し始めた。酒が入ってる冗談話とはいえ、俺は気が違いそうになった。

    さすがに哀れと思った俺の友人は、ヘアトニックを混ぜたカクテルをみんなに配り、
    全員昏睡状態に追い込み、財布からカード類から全部抜き取りゴミ箱に放り込んだ。
    俺はまた駐車場にいき全員の車のボンネットに傷をつけて回った。

    やはり結婚相手は遊んでない人がいいと思った。


    48: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:20:28 ID:FuCvJ2aSF
    ある病室に2人の末期ガンの患者が入院していた。 一人は窓側のベッド、もう一人はドア側のベッド。
    2人とも寝たきりの状態だったが、窓際のベッドの男は、
    ドア側のベッドの男に窓の外の様子を話してあげていた。

    「今日は雲一つない青空だ。」「桜の花がさいたよ。」「ツバメが巣を作ったんだ。」
    そんな会話のおかげで、死を間近に控えながらも2人は穏やかに過ごしていた。

    ある晩、窓際のベッドの男の様態が急変した。自分でナースコールも出来ないようだ。
    ドア側の男はナースコールに手を伸ばした。……が、直前になってボタンを押す手をとめた。

    「もしあいつが死んだら、自分が窓からの景色を直接見れる……」

    どうせお互い先のない命、少しでも安らかな時をすごしたいと思ったドア側のベッドの男は、
    自分は眠っていたということにして、窓側のベッドの男を見殺しにした。
    そして窓側のベッドの男は、その晩、そのまま死亡した。

    翌日、ドア側のベッドの男はいよいよ窓側のベッドへ移ることになった。
    男は、看護婦に抱きかかえられてカーテンのそばに横になる。
    期待に胸がうちふるえた。

    そこから見える外の景色、これこそ彼が求めているものだった。
    そこから見えたもの、カーテンの向こうは、ただの薄汚れたコンクリートの壁だった。


    49: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:20:55 ID:sdz5C9cz1
    ホントにひどい別れ方ってのはなぁ…

    誕生日にびっくりさせようと「今日は仕事で行けない」と言っておいて、
    彼女の部屋の押し入れに隠れてニヤニヤしながらスタンバイしてたら
    彼女が帰ってきたから「おめでとう!」と元気よく飛び出したら
    知らない男と抱き合いながらキスしてたから何も言えずに固まってたら、
    彼女に「お願いだから出ていって」と言われて戸惑ってたら
    男の方に「大人なんだから分かるだろ?」と言われて
    クラッカー片手にただ呆然と彼女の家を後にして、
    それ以降まったく連絡がつかない事を言うんだよ!
    甘えんじゃねぇ!


    51: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:21:36 ID:FuCvJ2aSF
    なんだか






    胸が




    痛い











    なんか





    もう



    駄目かも


    52: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:21:42 ID:mevHCWMcB
    くっ・・。
    こんな時間にこんなスレ開くんじゃなかった。
    鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


    53: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:21:48 ID:sdz5C9cz1
    グーグルで「夫」と「妻」をそれぞれ記入したときの予測ワードと件数

    「夫」
    夫 死んで欲しい 674,000件
    夫 嫌い 2,190,000件
    夫 小遣い 平均 703,000件
    夫 言葉の暴力 315,000件
    夫 小遣い 777,000件
    夫 呼び方 452,000件
    夫 死亡 手続き 212,000件
    夫 うつ 1,800,000件
    夫 失業 1,560,000件
    夫 死亡 年金 366,000件

    「妻」
    妻 誕生日プレゼント 670,000件
    妻 誕生日プレゼント ランキング 422,000件
    妻 プレゼント 3,290,000件
    妻 ヒステリー 61,300件
    妻 呼び方 371,000件
    妻 うつ 815,000件
    妻 プレゼント ランキング 1,420,000件
    妻 謙譲語 8,920件
    妻 未届 1,590,000件
    妻 焼酎 518,000


    54: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:22:51 ID:FuCvJ2aSF
    no title


    55: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:23:16 ID:sdz5C9cz1
    159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 15:16:14.37 ID:12JFOHnn0

    育児イライラどう発散してる?育児板

    512 名前:名無しの心子知らず[] 投稿日:2006/03/23(木) 05:32:48 ID:VdzJmK2M
    剥いたばかりのチンチンって火傷みたいな感じで痛いらしいね。
    ヒリヒリズキズキなチンチンに息吹き掛けツンツンさぞかし激痛でしょうなw

    まぁ、赤は動けないし泣くだけだからいいんじゃないか?
    首を絞めるよりマシかな?

    519 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2006/04/02(日) 19:48:25 ID:9vlI5ynt
    モトモト娘が大好きで息子は産んだからしゃーなしに事務的に子育てをしていました。
    娘に春服や夏服を着せ替えて遊んでいる時に、息子がズリバイで寄ってきて娘の服に涎をつけた。
    息子見るだけでイライラするのにそんな事されてきれちゃいました。
    息子の頬におもっきりビンタして、
    吹っ飛んでギャン泣きしている所、真っ裸にしてお尻を10回くらい叩いて廊下に放置した


    57: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:24:35 ID:sdz5C9cz1
    今日バス乗ったら優先席しか空いてなかったんだけど
    ちょっとヤバいくらいの腹痛に襲われてたので仕方なく座ってた

    そしたら途中のバス停から杖ついたじーさんが乗ってきて立ち尽くす

    すると同じように立ってた茶髪の若い兄ちゃんが俺に向かって
    「何座ってんだテメェ!」とか言ってきて俺「ひぅっ」とか声が出たけど
    俯いたまま座ってたら腕掴まれて立たされた

    周りがなんか茶髪エラいみたいな空気になってじーさんも茶髪に「ありがとうありがとう」って
    何度もお礼言ってる中、俺はブリュリュリュ!って音立てながらウンコ漏らした

    次のバス停で降りた
    死にたい


    59: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:26:55 ID:FuCvJ2aSF
    別に童貞捨てられなくてもいいんだよ
    もうねこの際夢でもいい夢でもいいから好きだった女の子と浴衣で夏祭り行きたい
    ちょっと恥ずかしがりながら手繋いだりしてさ
    色んな出店見て回るんだけどまだ少し緊張しててあまり会話無いの
    でさ知らないうちにあんまり人が居ないところまで来てて丁度打ち上げ花火が上がるわけ
    でさ今までの緊張とか無くなって2人して綺麗だねぇとか言ってて
    女の子はずっと花火見てるんだけど僕は君の横顔見てるんだ
    不意にこっち向いた君が言うんだ「好き」って、でも花火の音でよく聞こえなくて
    え?何?って聞き返えそうと思ったら突然キスしてくるんだ
    遠くで楽しそうな声や花火の音が聞こえてるんだけどここだけ時間が止まってるような

    ここで目が覚めて飛び降りて死にたい


    61: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:28:00 ID:sdz5C9cz1
    高校の頃、同級生の女の子にマージャンを教えていた、
    とりあえず配牌見たら対々が早そうだし簡単かなと思い、
    既に教えてあったポンを実行させようとした。

    俺「あ、それ鳴け」
    女の子「え・・えと、にゃー」

    当時、萌えという表現は無かった。


    62: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:28:51 ID:FuCvJ2aSF
    ところでさ、一人暮らししてる人は年に何日実家に帰ってる?
    俺は仕事が忙しくて夏休み3日正月休み3日の、計年間6日位なんだけどさ。
    俺のカーチャン今50歳で、考えたくないけど
    女性の平均寿命から考えてあと30数年とするわな。
    単純計算すると、あと180日位しか会えないことになる。
    冷静に考えてみたら、もう半年しかないんだぜ?
    おまえらも数えてみ?
    あと何日カーチャンに会える日がある?


    63: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:29:22 ID:FuCvJ2aSF
    0歳
    J( 'ー`)し「タカシ・・・元気な子に育ってね」
    1歳
    J( 'ー`)し「すごいねえ、タカシはもう一人で歩ける様になったんだねぇ」
    2歳
    J( 'ー`)し「ことばもどんどん覚えていくねぇ、タカシは偉いねえ」
    3歳
    J( 'ー`)し「随分大きくなったねぇ。子供の成長を見るのは本当に幸せだよ」
    4歳
    J( 'ー`)し「今年から幼稚園だね、友達いっぱいできるといいね!」
    5歳
    J( 'ー`)し「あら、エリちゃんと結婚するの?うふふ、カーチャンもうバーチャンだねえ」
    6歳
    J( 'ー`)し「もう泣かないの。エリちゃんともきっとまた会えるよ」


    64: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:29:39 ID:FuCvJ2aSF
    7歳
    J( 'ー`)し「小学校はどーお?うんうん、あら、よかったねえ」
    8歳
    J( 'ー`)し「え?うーん・・・子供はね、結婚して、一緒に生活してるとできるんだよ」
    9歳
    J( 'ー`)し「タカシももうお兄ちゃんだね。でも、しっかり者だから安心だねぇ」
    10歳
    J( 'ー`)し「勉強ができなくても、元気でいてくれればそれでいいよ」
    11歳
    J( 'ー`)し「あら!こんなにチョコ一杯貰って・・・カーチャン鼻が高いわ」
    12歳
    J( 'ー`)し「夢は野球選手なんだね。カーチャン何もできないけど応援してるよ」


    65: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:30:00 ID:FuCvJ2aSF
    13歳
    J( 'ー`)し「あらあらまた泥だらけになって・・・お風呂あがったらご飯にしようね」
    14歳
    J( 'ー`)し「あら、部活はどうしたの?・・・そっか、仕方ないよね・・・」
    15歳
    J( 'ー`)し「来年からタカシも高校生ね・・・ね、カーチャンとちょっと運動しない?」
    J( 'ー`)し「あ、ごめんね、嫌ならいいんだよ、ごめんね・・・」
    16歳
    J( 'ー`)し「タカシ、高校は・・・そうかい・・・頑張ってね・・・」
    17歳
    J( 'ー`)し「タカシは勉強頑張ってるねぇ。たまには外に出て遊んでも・・・」
    J( 'ー`)し「はいはい、お邪魔しました」
    18歳
    J( 'ー`)し「そっかぁ、就職決まったんだ。カーチャン安心したよ・・・」
    J( 'ー`)し「タカシは最近カーチャンと話してくれないから・・・うん、聞いても分からないものね・・・ごめんね・・・」


    66: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:30:22 ID:FuCvJ2aSF
    19歳
    J( 'ー`)し「たまには連絡するんだよ。風邪に気をつけてね。毎日三食ちゃんと食べるんだよ」
    J( 'ー`)し「いってらっしゃいタカシ・・・」
    20歳
    J( 'ー`)し「タカシ・・・大丈夫?うん、うん、なら安心だね」
    J( 'ー`)し「全然連絡してこないから、カーチャン心配でねえ」
    J( 'ー`)し「あはは、そうだね、もう大人だもんねえ・・・」
    21歳
    J( 'ー`)し「タカシが決めたことなら、カーチャン何も言わないよ」
    J( 'ー`)し「初めて入った会社が合うとは限らないもんね」
    J( 'ー`)し「また頑張ろう!ね!」


    67: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:30:40 ID:FuCvJ2aSF
    22歳
    J( 'ー`)し「タカシ・・・新しいお仕事決まった?」
    J( 'ー`)し「大丈夫だよね、カーチャン信じてるからね・・・」
    23歳
    J( 'ー`)し「ねえ、タカシ、お部屋から出てきてくれるかな・・・?」
    J( 'ー`)し「タカシの好きな生姜焼き作ったんだよ・・・」
    24歳
    J( 'ー`)し「タカシ・・・ねえ・・・」
    25歳
    J( 'ー`)し「タカシ・・・」
    26歳
    27歳
    28歳
    ・・・
    ・・
    ・ 「タカシが元気でいてくれれば、カーチャンそれで・・・」


    71: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:32:53 ID:4N2Oro5Ef
    >>67
    きつい


    68: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:30:54 ID:sdz5C9cz1
    俺「初めて会った時から好きになった。良かったら付き合ってくれないかな?」
    女「え・・・」 そしてシクシク泣き始める
    俺「え、あ・・・ごめん。真剣なんだ」(焦りつつも、もしや嬉し泣き?と期待)
    女「やっぱり幾らかは上手くいく可能性があると思うから、告白したんだよね?」
    俺「あ・・・まぁ一応・・・。すごい真剣だし」
    女(号泣)「それってすごいショック・・・○○くん(俺)に、自分でも落とせるって思われたんだよ?!」
    俺「う・・・ごめん・・・そういう訳じゃないけど」
    女「告白って誰にされても嬉しいって訳じゃないんだよ?!相手次第ではすごく傷つくんだよ?!」

    絶句しました・・・。俺は告白も許されない男か・・orz 高嶺の花だって事くらいわかってたけどさ・・・
    オイオイ泣かれたけど、泣きたいのは俺だっつーの


    79: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:45:34 ID:5AhqX6HYL
    214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/14(水) 02:09:59
    仕事でいつも一緒に市場調査に出かけるパートナーの女の子がいた。
    カップルのように振る舞って、自然体で調査してまわるんだ。

    ある時、夫婦役で潜り込まなければならない調査があった。
    そこに行く前に指輪を買いに行ったんだよ。
    夫婦を演じるための結婚指輪をね。
    俺らは恋人ではなかったけど、アクセサリーを買ってもらえるのがうれしかったらしく、パートナーはすごく喜んでた。
    調査のないときは、右手の薬指にはめて、大事にしてくれていたよ。

    彼女は俺のことが好きだった。
    後で知ったことだが、彼女はブログに俺への想いを書きつづっていた。

    そのパートナーが事故で亡くなった。

    霊安室で二人きりにさせてもらった。
    彼女の右薬指には、俺がプレゼントした、「結婚指輪」。
    俺はそれを外し、彼女の左薬指にはめてあげた。

    そして今、俺の左薬指にも彼女のと同じデザインの指輪がある。
    彼女はいつまでも、俺のパートナーなんだ。


    82: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:47:51 ID:5AhqX6HYL
    自殺考えていた頃におふくろから電話

    ( ´・ω・`) 「かあさん・・・。オレが生まれた時どう思った・・・?」
           「そうねえ・・・。やっと会えたねって・・。それから・・。」(゚-゚*)
    ( ´・ω・`) 「・・・・・・?」
           「この子の為なら自分の命は捨てられるって思ったかなww」(゚-゚*)
    Σ( ´・ω・`) 

    ( ´:ω;`) 「・・・・・・・・・・。」
           「・・・・・?どうしたの アンタ?」 (゚-゚*)

    ( ´・ω・`) 「な・・・なんでもないよ じゃあね・・・。」

    電話切ったあとひたすら泣いた・・・・。
    オレに自殺する権利などない・・・・。
    オレは生きる・・・・。
    せめて親が死ぬより後に


    85: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:49:15 ID:sdz5C9cz1
    >>82
    スレタイと真逆だろーがっ(´;ω;`)


    83: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:48:27 ID:FuCvJ2aSF
    10代~  :中高時代ネットを見て、愛国心に目覚める。強い日本を夢見て、祖国愛に浸り、
           勉強もせずにネットで政治談議に熱中する。またネットで中韓へのヘイトスピーチに
           洗脳されて、中韓に怒りを募らせ、四六時中、中韓のことしか考えられなくなる。
           両親にネットで得た知識を得意げに披露するが理解されず、両親との関係も隔絶する。

    20代前半:毎日中韓のことばかり考え、また愛国談義・売国奴罵倒に10代を費やしたおかげで、
           受験に失敗、四流大学にかろうじて滑り込む。しかし大学でも勉学に励むことなどなく、
           ほとんど部屋に引き篭もったまま、愛国者を気取ってネット三昧の生活を送る。

    20代後半:大学でも自堕落な生活を送った結果、単位を落としまくり、卒業もできず、大学を中退して
           無職ニート生活に突入する。しかし自業自得ともいえるこの境遇を、ネットで団塊とサヨと、
           中韓からの外国人労働者に責任転嫁して鬱憤を晴らす。家では親から、無職で
           ネットばかりしてることに対し小言を言われ、親に徐々に憎しみを募らせる。

    30代~  :周囲はほとんどが結婚しているのに、自分は、無職職歴なしの半引き篭もりニート。
           もはや日本人であることだけが唯一の誇り。家では自分を罵る親を殺したい衝動と戦う。
           凋落していく自分の人生と反比例して、 中韓・ブサヨ・団塊への憎しみが増していく。
           自分が日本人としては底辺だと薄々自覚しているが、直視する勇気はない。

    40代~  :ずっとネットで売国奴を罵り、自民党に投票してきたが、自分の境遇は悪くなるばかり。
           日本をこれほどまでに愛しているのに、日本は自分を底辺としてしか扱ってくれない。
           そんなギャップについに耐えられなくなり、刃物で衝動的に路上で在日を斬りつける。
           
    終末   :ネットでの愛国に費やした数十年。しかし現実は何も変わらず、事件も在日の自作自演
           扱いされてネットで在日認定。幸いにも何も知らずに獄中で病死。無縁仏となる。


    84: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:49:00 ID:FuCvJ2aSF
    J( 'ー`)し
    自分が多少つらくても、腰痛くても頭痛くても、子供が元気にしてくれてるのがすごく嬉しいの。
    元気そうな子供の姿見たり声聞いてるとね、本当に嬉しいの。http://www.hellowork.go.jp/
    別に感謝してくれたり、無理に気にかけてくれたりしなくていいの。
    苦労して育てた自分の子供が、自分の足で立って人生歩んでくれることが、何より嬉しい。
    http://www.hellowork.go.jp/
    悩んでる、行き詰ってる子供を見るのは本当につらい。
    何とかしてあげたい、どうにかしてあげたいんだけど、私じゃ何もしてあげられない。
    余計な口出ししちゃって、後悔する事もある。http://www.hellowork.go.jp/
    アナタにはアナタの考えがちゃんとあるのにね。
    でも、見守るだけしかできないのはつらい。http://www.hellowork.go.jp/
    苦しんでる姿見ると、心が張り裂けそうになる。
    親なのに、何でこんなにも、何もしてあげられないんだろうって、情けなくなるよ。
    http://www.hellowork.go.jp/
    http://www.hellowork.go.jp/
    今楽しいアナタへ。アナタが楽しく生きているという事実が、お母さんの生きがいです。
    http://www.hellowork.go.jp/
    今苦しいアナタへ。何もしてあげられなくてご免なさい。頼りなくて本当にごめんなさい。
    でも、つらくても生き抜いてください。http://www.hellowork.go.jp/
    お願いだから、自暴自棄になったり、自分を卑下したりしないでください。
    生きる場所は必ずあります。生きる道は必ずあります。
    アナタが、もがいて、もがいて。そこに辿り着くことを毎日祈っています。
    私にできることが何かあるなら、どうか言ってください。
    誇大表現でも何でもありません。http://www.hellowork.go.jp/
    アナタが強く生きてくれることが、お母さんは自分の命よりも
    大事です。http://www.hellowork.go.jp/


    92: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:52:45 ID:4N2Oro5Ef
    >>84
    泣いた


    86: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:49:28 ID:FuCvJ2aSF
    10~20代:適当に暮らしていても、親もまだ現役世代なのでまだまだパラサイト可能。
           当然女友達ゼロだが、モテない自分を誤魔化すため「二次元最高」とオタク世界に現実逃避。

    20~30代:同級生たちはどんどん結婚し、子供を持ち親になっていくが、自分は相変わらずのパラサイト生活。
           ただ、親の退職話が出る頃から生活費が苦しいことを実感し始める。
           しかし、改心していざ職に就こうにも年齢制限で選択肢は大きく狭まり、
           ここ数年ろくに人付き合いをしておらず、対人恐怖症でまともな社会生活を送れなくなっている自分に気付き、ようやく現実を知る。

    30~40代:社会人の同級生はぼちぼち管理職となり月収も増え、マイホームを手に入れる。
           自分は歳を重ねるにつれ心が弱り、孤独を実感し老後の心配をするようになる。
           20代の頃までは結婚なんて馬鹿らしいと強がっていたがそれは誤りだったと悟る。
           平凡な家族の生活に憧れるが完全に手遅れ。結婚も家庭も諦める。次第に絶望が全身を支配する。

    終末   :看取ってくれる人も無く、共同墓地で無縁仏となる。


    87: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:50:10 ID:FuCvJ2aSF
    合格発表の日
    ('A`) カーチャン、帝京大学も明星大学もサイバー大学も落ちた。
    J( 'ー`)し カーチャン、お金がなくて私立は通わせられないよ。明治の2部でいい?

    4年後
    ('A`) 採用試験、また落ちた。2部卒じゃだめなのかな?
    J( 'ー`)し ユウチャンはイイ子だから、そのうちイイ仕事が見つかるよ。のんびり探してごらん。
    J( 'ー`)し 今の時代、パソコンぐらいできないとダメなのかも・・・
          ユウチャン、パソコン買おうか?

    ('A`) パソコンかー、欲しいいけど貧乏でお金ないからいいよ。
    J( 'ー`)し カーチャン、パートの仕事増やすから大丈夫だよ。

    <店員> インタネットセッティングサービスを含めまして25万円です。
    J( 'ー`)し こんなに高い買い物をしたのはオトーチャンが死んでから始めてだよ。
          ユウチャン、いい仕事が見つかるとイイネ。


    (`Д) インターネット、オモシレーなー。ネットゲーム最高だぜぃ。お!レア物ゲトだぁ!
    J( 'ー`)し ユウチャン、パソコンのベンキョウ頑張ってるなー。
           いい仕事が見つかるといいねー。
           カーチャンも頑張らなきゃ。
    (`Д) ・・・・(パソコンの勉強か、そのうちやるよ。今、ギルドの幹部になっちまって忙しい)
    J( 'ー`)し ユウチャン、カーチャン、ちょっと疲れた。肩を揉んでほしい
    (`Д) 今、ベンキョウで忙しいんだよ
    J( 'ー`)し ユウチャン、ガンバッテルナー。カーチャン、嬉しい。
           いい仕事が見つかって、優しい彼女も  できるよ。


    88: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:50:50 ID:sdz5C9cz1
    不細工カップルが仲良さげに繁華街を歩いてるのを見かける。
    俺が学生時代の頃は
    (いくら俺が不細工ッつってもあそこまで妥協したくは無いな)
    なんて思ってた。

    でも俺が今まで妥協だと思ってしなかったことは、
    ”しなかった”のではなく”できなかった”ことだったのだ。
    32ににもなってブスと付き合うこともできない。

    もちろん、好き好んでブスと付き合いたいわけではないが…。
    なんだか自分の人生がまるごといいわけのように思えてきた。
    疲れてるのかな、目がかすんできた。

    でも鏡越しに、かすんだ目で鏡越しに見える俺のツラはどうしても
    やっぱり、不細工だった。
    それだけは現実だった。


    89: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:50:52 ID:FuCvJ2aSF
    3人兄弟の長男に生まれた。妹が二人
    高校出て18から工場で働いた。20の時父親が事故で死んだ。
    24の時上の妹が結婚した。27の時下の妹が結婚した。
    28の時たった一回ズル休みをしたのがキッカケで仕事に行かなくなった。
    スロプーになった。
    34の時、消費者金融に借りた金が200万を越えた。自宅に連絡が入り母さんにバレてしまった。
    母さんは大して怒らずに肩代わりしてくれた。
    その日、父親の保険金、示談金の話をしてくれた。1800万円あったと聞いた。
    家のことで1000万ほど使って残りの800万、妹が結婚した時に200万円ずつ渡したらしい
    残りの400万は俺の為にとっておいたと言う。
    母さんはパートをしながら生活して、妹達に200万で俺は400万。俺は男なのに。全てを見透かされてる気がした。情けなくて恥ずかしくて死にたくなった
    だが、その気持ちも1ヶ月もすると消えていった。まだ200万ある。という考えに変わっていた。
    クズだ。クズだっていうのはわかるけど変われない。もうどうしていいかわからない。


    90: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:51:28 ID:FuCvJ2aSF
    ●派遣の末路

    ☆10代
     高校卒業間際に慌てて登録。ちゃんと就職出来たと勘違いする。
     零細企業に入社した同級生より収入が多く、少し天狗になる。
     就職先を聞かれると迷わず派遣先の上場企業名を答える。手取り22マソ。(残業込み、夜勤アリ)
    ☆20代
     正社員雇用に関心を持ち始めるが、転職活動など具体的な事は何もしない。
     月収はそこまで差はないが、友人たちのボーナスの話がとても気になる。
     クルマなどの大きな買い物をするとき、ローンが通りにくいと気付く。手取り22マソ。(昇給は無い)
    ☆30代
     正社員を目指して転職活動するが、職歴ナシとみなされどこも受からない。
     友人たちは次々と役職に付き、結婚したりマンション買ったりしはじめる。
     年収で友人たちと150マソ近くの差がつき、人生に不安を感じる。手取り23マソ(ほんの少し昇給)
    ☆40代
     転職、結婚、安定した将来、すべてが幻となった事にはっきり気付く。
     友人たちとは、もはや話すら合わない。気の毒そうに思われたりする。
     長年の夜勤がたたって、体調を崩す。でも給料に響くので休めない。手取り21マソ(時々きつくて早退) 
    ☆50代
     もはや、人生のすべてを諦めた。日々を生きてゆくことが精一杯である。
     友人たちは子供が成人して一安心。老後の事が真剣に不安になってきた。
     高齢の為、派遣屋から仕事が来なくなってきた。やむなく遠方まで行く。手取り16マソ(寮費なども引かれる)
    ☆60代
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    チーン!・・・人間廃業!いざ路上へ!・・・さらば人生


    91: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:52:23 ID:sdz5C9cz1
    理不尽な扱いを受けて、血の繋がった人からすら擁護して貰えなかったら
    もう何も信じられなくなるよね

    俺が小学校の時
    俺の兄は、スポーツも勉強も出来て、出来の悪い俺と違って
    友達もいっぱいいて、アホな俺にも優しい自慢の兄だった

    ある時、道を歩いていたら、前から兄が友達を連れて歩いてきた
    俺が「あ、兄さん」って声をかけると
    友達連中が騒ぎ出した。
    「何、コイツww」「うわっ、キモイ」「こんなのがお前の弟なのかよ」
    「お前可哀想だなwwwこんなヤツと兄弟なのかよwww」

    俺は当然兄が俺を庇ってくれると確信していた。
    ところが兄は
    「こんなやつ弟じゃないよ」と言って俺を突き飛ばしさっさと行ってしまった。
    ショックを受けて家に帰ると先に帰っていた兄が言った
    「あんまり人前で俺に声をかけるなよ」
    と言われた。

    このことを両親に話すと
    「お前が悪い」「お兄ちゃんの気持ちも考えなさい」と逆に怒られた。
    その後どんな気持ちだったか良く覚えてない
    多分、泣いたんだと思うけど、記憶が飛んでいる。

    覚えているのは、それ以来、事務的な用件以外で
    家族と会話をしなくなったということだけだ

    大学を卒業して家を出て十年経つが、
    一度も家族と連絡をとっていない。


    93: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:52:54 ID:FuCvJ2aSF

    無職の行く末
    ■20~25「引き篭もりニート」
    親も元気でまだまだ学生気分で毎日2ch三昧で幸せな日々
    友人達は社会人に影で馬鹿にされつつ徐々に疎遠になり友人居なくなる。
    現実からは目を背け楽な方に楽な方に逃げる毎日
    親と仕事の事でよく喧嘩するがその内就職するだろうと親もまだ楽観的
    「うるせえ糞ババア」「働いたら負け」「30で自殺するから今が楽しければいい」

    ■26~30「ウンコ製造機」
    親の退職が近くなり家にさえも居辛くなる
    たまに求人見てみるも既に手遅れ底辺の仕事しかなく絶望する
    友人達は次々に家庭を持ち始める。式に招待されても、もちろん行ける訳も無く
    死ぬ予定の30が日に日に近くなり鬱病に。やっぱり死ぬの怖い
    現実から強引に目を背けるのも限界に。日に日に弱っていく親。親も鬱病に。
    その内、毎日仕事の事で親とマジ喧嘩。親を泣かせる日々。
    「就職活動してるって言ってるだろ!(注:してない)」
    「正社員になっても将来不安なのは一緒」「無職沢山居るから何とかなる」

    ■31~35「ゴミ」
    親が退職。収入が無くなり親も日に日に必死になる。毎日修羅場。
    ようやく重い腰を上げるも既に末期。正社員は無理。
    若ければ誰でも入れるブラック大手でさえ怪しい。状態。
    言い訳、泣き言ばかりがリフレイン。カワイソスw

    ■35~「乞食」
    全て自分の責任なのだが、精神的に子供のままココまで来てしまった為
    親が悪い。時代が悪かった。国が悪い。と泣き言を言って自分を慰める日々。
    親の貯蓄もいい加減限界に。しかし今度は親の年金を当てにし始める。
    親が死んでも遺産が有ると考えてしまう根っからの屑になってしまった。
    親が死に期待していた遺産キター!が、相続税で持って行かれてしまう。
    今度は国にたかる事を考え生活保護の申請するが余裕で却下され、
    日本で生きていく事の大変さを思い知る。が誰も助けてくれず。
    そのうち住む場所も無くなってしまい住所不定に。とりあえず泣いてみる。


    94: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:53:38 ID:sdz5C9cz1
    父が入院中の時の事

    酸素マスクを着けなければいけない状況だったんだけど
    少し元気になってくると、「家に帰る!」と言い出して
    酸素マスクを外してベッドから起き上がろうとする。
    で、母に「だめでしょ、お父さん、酸素マスク外したら
    死んじゃうよ?大人しくして早く直して退院しようね」
    と言われると、とりあえず大人しくなる。

    でも30分ぐらいすると「家に帰る!」と、起き上がろうとする。
    で、母が「だめでしょ、お父さん(ry

    で、また30分ぐらいすると「家に(ry

    そんなことを何回も繰り返して、母にたしなめられるたびに
    (´・ω・`)な顔をしてた父に萌えてしまった。





    ・・・ってことを退院したらこのスレに書こうと思ってたのに
    なんで死んじゃうんだよ。元気になったら一緒に
    好きなカツ丼を食いに行こう、って約束したじゃないか。
    父ちゃん・・


    96: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:53:52 ID:FuCvJ2aSF
    ■40~「雲助」
    親の遺産もあっというまに浪費、散財。
    もはや働くしかない。
    渋々だがやっと見つけた仕事はやはりアルバイト。
    歳下のアルバイト学生からも慕われず、バイト先の男性社員からもノロマ扱い。
    女性からはまともに話しが出来ない事から気持ち悪がれる。
    客からも相手にされず、毎日がクレーム寸前、綱渡り。
    結局勤まらずバイトを転々とする。
    同窓会の案内が来てもこんな姿は見せられる訳もなく、返事すら書けない。
    ■45~「追い討ち」
    ある日、ふと入ってみたパチンコ屋で泣きなしの金3万円をすってしまう。
    内心「大勝できんじゃねーの!!」と根拠の無い自信を持った自分の浅はかさに涙。
    時よ戻れ・・・・戻ってくれ・・・・
    腹が減った、、、空腹には勝てず、ついついヤミ金から3万円を借金。
    払える訳もなく怯える日々、、、この頃、家賃未納が溜まりついに追い出される。
    ■50~「旅立ち」
    旅に出る事を決意、意志は固くもはや誰にも止められない。。。
    本人の期待とは裏腹に誰も止める人もいる筈もなく、Non stop Go!Go!.
    スムーズに目的地に到着。
    12:00最後の晩餐を名物うな重を食べる。手持ち残額220円、もう戻れない。
    15:00ここは緑深い森の中。深呼吸をする「空気うめー・・・・」ちょっとした森林浴、最後の言葉。
    16:00親を恨み、世間を恨み、国を恨み、自分の事は自分が一番知っているのさ。。。感慨に耽(ふけ)る。
    16:30人生\(^o^)/オワタ


    97: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:54:42 ID:FuCvJ2aSF
    ニート2年目。
    カーチャンに

    「あんたはね、ネットだけの知識で頭でっかちになってるよ。
    2ちゃんねるで取り入れた知識を偉そうに私やトーチャンに
    話してるけど、働いたこともないあんたが言うと滑稽なんだよ。
    ニュース番組見てても得意げに2ちゃんねるの受け売りを
    披露してるけど、カーチャンとトーチャンだから笑って聞いてあげてたんだ。
    頼むから外で働いて、自立して。
    カーチャンもトーチャンももう先は長くないだろうし、アンタの
    子育ては大学卒業の22歳で終わりなんだよ。
    今24歳で、アンタはもうオッチャンなんだから、カーチャンとトーチャンに
    すがったって、もう何もしてあげられないんだよ。
    この二年間、ずっと部屋でパソコンして、にちゃんねる見て、
    結局今のアンタはネットの情報だけで頭がいっぱいになってて、
    何もいいことなんか無かったんじゃない?
    友達と遊んだ?彼女は作れた?いないでしょ。誰も。
    トーチャンとカーチャンしかいないでしょ。
    だからそんなんじゃ、トーチャンとカーチャンいなくなったら
    本当にアンタは独りぼっちになるんだよ。
    外出て働いて、友達作って恋人作って、自分のために自立しなきゃ」

    って言われてマジで涙出た・・・


    99: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:55:52 ID:sdz5C9cz1
    夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。
    国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。
    ペダルを漕がなくても。何もしなくても。
    ただ、ただ気持ちよかった。自分は今、世界一早いんじゃないかと思った。
    子供心に凄く遠いところまできた事を知り、一同感動。滝のような汗と青空の下の笑顔。

    しかし、帰り道が解からず途方に暮れる。不安になる。怖くなる。いらいらする。
    当然けんかになっちゃった。泣いてね~よ。と全員赤い鼻して、目を腫らして強がってこぼした涙。
    交番で道を聞いて帰った頃にはもう晩御飯の時間も過ぎてるわ、親には叱られるは、
    蚊には指されてるわ、自転車は汚れるわ。
    でも次の日には全員復活。瞬時に楽しい思い出になってしまう。絵日記の1ページになっていた。

    今大人になってあの大きな下り坂を電車の窓から見下ろす。
    家から電車でたかだか10個目くらい。
    子供の頃感じたほど、大きくも長くもない下り坂。
    でもあの時はこの坂は果てしなく長く、大きかった。永遠だと思えるほどに。

    今もあの坂を自転車で滑り落ちる子供達がいる。楽しそうに嬌声を上げながら。
    彼らもいつの日にか思うのだろうか。
    今、大人になってどれだけお金や時間を使って遊んでも、

    あの大きな坂を下っていた時の楽しさは、もう二度とは味わえないと。
    もう二度と、友達と笑いながらあの坂を、自転車で下る事はないだろうと。
    あんなにバカで、下らなくて、無鉄砲で、楽しかった事はもう二度とないだろうと。


    101: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:56:39 ID:FuCvJ2aSF
    「新卒時に就職しなかったのは何故ですか?」
    「履歴の空白の理由は?」
    「今まで就職活動はしなかったのですか?」
    「アルバイトや派遣として働いたこともないというのはどういうことですか?」
    「30歳の今働きたいと思っているのに、20代の時は働きたくなかったんですよね?」
    「空白期間に身につけたことは?」
    「もしかして不況の今なら他の無職に混じって採用されるんじゃないかと思ってませんか?」
    「自分なりに一生懸命生きてきた? 一生懸命でこれですか?」
    「貧乏しているはずなのにどうしてそんなに太ってるんですか?」
    「あ、資格とかどうでもいいですから職歴の話をしてください」
    「リーダーシップを発揮したご経験は?」
    「あなたを雇うことで弊社にいかなるメリットがありますか?」
    「今から30分時間を差し上げますから、ニートひきこもりしていた理由を
     合理的で納得できるように説明してもらえますか?」

    「本日はお疲れ様でした。結果は近日中にご連絡します」


    102: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:57:03 ID:sdz5C9cz1
    56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:10:24.60 ID:Jg+AcEeL0

    生きててもさ、無駄なんだよ、俺。
    きっと何しても上手くいかないんだよ。
    ただダラダラと生きててさ。
    いっそ本気で死んじまおうかな。

    58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。2007/07/05(木) 08:12:48.05 ID:peSyhKq70

    死んでもいいけど。とりあえず、自分のレスを縦読みだな。
    自分の心の声に気付いてやれよ。

    60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:14:34.40 ID:Jg+AcEeL0

    …もっかいバイト探して見る。
    ありがと。


    103: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:57:05 ID:FuCvJ2aSF
    10~20代:学校にも行かず、毎日PCエンジンをしながら、このまま一生過ごせたらいいなぁなど
           と夢想しつつ、自由を謳歌した気ままな生活を送る。運動不足が仇で巨漢になる。

    20~30代:やがて親は定年で退職するも、息子のため、家計を養うために老体に鞭打ちパートに出る。
           しかし親心も分らぬ身勝手な人間なので、相も変わらずPCエンジンやPCゲーに没頭。
           それどころか親不孝にも、親の前で一生このまま過ごすんだと豪語する。
           自慰行為のし過ぎでだんだん頭髪が薄くなる。

    30~40代:無理が祟り、突然父親が倒れる。そしてガンの宣告。ようやく今後に漠然とした不安を抱く。
           入院費用は高額で、実家の金銭的余裕は徐々に失われていく。 ある時、死後の自分について、
           父が心配していると母から聞き、涙する。しかしもはや社会復帰などできない。
           父親の葬儀では親戚一同から白い目で見られてることに気づき、居たたまれなくなり実家を飛び出す。

    40代~  :行くあてもなく数日で家に戻って来るが、母親に会わせる顔もなく、ついに完全に部屋に引き篭もる。   今
           いつしか母親も年を取り、毎日寝たきりとなる。しかし介護もせずに放置する。母はうわ言の様に、    こ
           もはや生まれる可能性もない孫の顔を早く見たいと話すが、それを聞く度に憎しみを覚える。     ⇒ の
           母親の医療費と生活費で貯蓄も消え、数十年手入れもしてない実家は、もはや廃屋同然。        辺
           オンボロPCで繋がっているネットで、無残な現実から逃避する。もはや無職・だめ板は見る勇気もない。 り
           生活の中心は2ちゃんねるでズルズルと毎日が過ぎて行く。


    106: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:58:09 ID:sdz5C9cz1
    この前友だちとみんなで旅行に行ったとき、
    車の中で倖田來未やEXILEかけまくって盛り上がってたんだけど、
    何か一人がビートルズの青い2枚組みのやつ持ってきてて「何これ?かけてみよう」ってことになった。
    で、かけてみて、みんなで大笑い。
    「やめろ~!テンション下がる~!」
    「消せよ!吐き気する!オヤジくせ~!」
    「まあ、おもしれーからかけておこうぜ」ってずっとかけてたんだけど
    とにかく次の曲が出てくるたび、あまりのヘボさにみんな大爆笑。
    そのビートルズの持って来てたやつは一人居心地悪そうにひきつった笑いしてた。
    で、ようやく次に湘南乃風かけたんだけど、もう最高に盛り上がった。
    やっぱこれだよな~って思ったな。
    帰りに、半分冗談でビートルズのやつ持って
    「これ、窓から捨てていい?」って言ってまた大爆笑。
    可哀想だからやめといたけど。


    108: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)01:59:51 ID:sdz5C9cz1
    「命の重さ」

    7円…急性の下痢による脱水症から子どもの命を守る経口補水塩1袋
    13円…ポリオ経口ワクチン1回分
    65円…1錠で4~5リットルの水を浄化できる浄化剤50錠
    436円…使い捨ての注射器50本
    545円…10リットルの水を運搬・貯水することができる折りたたみ式の貯水容器3つ
    763円…ワクチン用保冷箱1個(熱に弱いワクチンを一定の温度に保った状態で運搬できるようにするための器材)
    1199円…子どもを持つ親1人分の抗レトロウィルス剤、1カ月分
    1199円…栄養不良の子どものために特別に開発された、高カロリービスケット20箱
    1853円…使用済みの予防接種用注射器と注射針を安全に廃棄するための箱25個
    1万0900円…はしかから子どもを守るための予防接種用ワクチン700回分
    2万1800円…子ども1人分の抗レトロウィルス剤(液状)、1年分
    10万9000円…子ども1人に対する抗レトロウィルス治療、5年分
    65万4000円…緊急保健キット1キット
    196万2000円…移動式浄水装置1基。1万5000人に安全な飲料水を提供することができる
    9600万0000円…一人の先天的な心臓疾患を抱えた劣等DNAを持った子供が一人だけ救われる


    112: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:04:16 ID:sdz5C9cz1
    ニート生活に終止符を打ちようやく見つけた仕事は、大型スーパーの園芸コーナーで時給850円のバイトだった
    土や鉢などの荷物を運ぶ肉体作業がほとんどだが、コミュ力ゼロで人見知りの激しい俺には適した仕事だった
    ある日一組の家族連れが車で買い物にきた。そのファミリーの父親は俺の中学時代の同級生だった
    勉強もスポーツも出来ない暗いダメ男で、クラスで下の地位だった俺でも馬鹿にできる数少ない奴だった
    その最底辺だった奴が地味だが優しそうな奥さんと5歳くらいの女の子を連れていた
    なんでもマンションのベランダでガーデニングをしているらしい
    「次は何植えよっか?」「チューリップ!」「パパは枝豆がいいなあ」「ダメ!」と楽しそうに話していた
    俺は店長に「頭痛と吐き気がするのでちょっと休ませて下さい」と休憩をもらった
    でも、それは仮病じゃなかった。本当に気持ち悪くなりトイレで少し吐いた


    113: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:05:55 ID:sdz5C9cz1
    俺の仕事は通信関係の現場仕事。もちろん男ばっかりの職場。
    ところが1年ほど前から事務に女の子が入ったんだよね
    そんなに若くは無いがまぁまぁ美人。性格もさっぱりしてるんだ。
    目も見れず、まともに話もできない俺に優しく話してくれて・・もちろんお察しの通り惚れた。
    なんと2chも見てるって事で色々わからない事聞いてきたり2chの話題で盛り上がったりもした。
    今じゃ冗談を言って も~ なんて軽く叩いたりするスキンシップもある。

    もしかしたら・・・と思う気持ちが無いわけじゃない。だが告白なんてできないのは重々承知だ。
    俺は、38才デブオタメガネの童○だ。1年間大事にしてきたこの関係で満足だった。

    昨日も仕事が終わり彼女の顔を見に事務所へいったんだ
    汗だらけの俺に優しく おつかれさま と声をかけお茶を入れてくれた
    いつもの様に至福の時間。このために仕事に行ってると言っても過言ではない。
    彼女のPCが調子悪いと言うので直してあげたりした。
    そして帰宅・・・・ところが家の鍵を忘れた事に気づき戻った。
    ドアが開いてたのでそっと中をのぞくと・・・
    そこにはマジックリンと除菌剤を持ってPC、イス、机、俺が触った物全てを掃除してる彼女がいた。

    しばらく動けなかった。やっと我に帰り逃げ帰る時、彼女はミューズでゴシゴシ手を洗っていた。

    昨日は家に入れず車の中ですごした。涙が止まらなかった。
    彼女が出勤する前に鍵をとりにいき家へ帰り、今日は仕事を無断欠勤した。


    115: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:09:51 ID:sdz5C9cz1
    飼い犬と川原を散歩しているときに
    ふと思い立って首輪を外して犬を自由にしてみた
    川原沿いをひとっ走りさせれば犬も喜ぶだろうと思ったのだ
    実際、放してやると犬は見たこともないほどの全速力で川原を駆け抜け
    そのまま大通りに飛び出してダンプに轢き潰された
    大きなタイヤに、犬の小さな白い体が巻き込まれていく光景を今でも忘れない


    116: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:11:35 ID:sdz5C9cz1
    オレの小学校の時のリコーダーは3つに分解できて、名前書くところが真ん中の筒にあった。
    ある放課後、誰もいない教室にオレは侵入し、好きな子とオレのリコーダーの一番上の部分の
    「笛 先 を 交 換 し た 」
    名前が書いてある場所はそのままだし気付かないだろうと・・・
    そしてその笛をペロペロ楽しんでいたオレであったが、交換してから初の音楽の授業に
    悲劇は起こった。
    好きな子「・・苦っ!??あれ・・・??この笛わたしのじゃない!!!」
    静まりかえる音楽室
    先生「どうしたの??」
    好きな子「わたしのはここにも名前を書いていたのに・・・この笛にはないんです!!」
    先生に笛を見せる。
    ふとオレは笛先の部分の裏を見てみるとちっちゃくその子の名前が書いてあった
    その子はクラスでもかなりモテてる子だった事もあり、まわりのDQNも騒ぎだした
    「誰かがすりかえたんじゃね?ww」
    「うわきもーい」
    「こわーい」
    ザワザワ・・・
    先生「はい、じゃあ今からちょっとみんなの笛を見せて下さい」


    117: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:11:44 ID:5AhqX6HYL

    そうか、あれからもう12年も経つのか…。

    当時の俺はリア厨だったよ。
    そのころ俺はどうしてもほしいものがあってな。
    今考えるとどうしてそんなものほしがったんだ?と首を傾げたくなるんだが。
    俺は地球儀がほしかった。もちろん国名、地名が入ってるやつな。
    俺はそれが欲しくて欲しくて、おやつも我慢して、親の手伝いを必死こいてやって毎日毎日、少しずつ小金をためていたんだ。
    そうやってちまちま小金をため始めて1年ぐらい経って、ようやく念願の地球儀が買えたんだ。
    今でも覚えてる。青くピカピカ光ってて、友人にも見せびらかしたよ。
    でもな・・・。

    買 っ た 2 日 後 に ソ 連 が 崩 壊 し て し ま っ て な 。


    118: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:14:00 ID:5AhqX6HYL

    母の四十九日が過ぎたので、自分が母を看病していたときにつけていた
    看病日記もいい加減片そうと思い、しばらくぶりに読み直してみた。
    ほぼ丸ごと余っていたはずの最後のノート。
    一番後ろの方に、何か書いてあることに気付いた。

    母の私への手紙だった。

    この日記には看病の愚痴も沢山書いてあったのに…
    激痛のせいでボロボロの字で、書いてあるのは私の体への気遣いだけだった。

    ごめんねママ、まさか見られてると思わなかったんだ。
    本当に「○○の番組見たかったな」なんて、そんなに思って無かったんだよ。

    今更言い訳してもどうしようもないから、辛い…。・゚・(゚´Д`゚)・゚・。


    119: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:16:38 ID:5AhqX6HYL

    母の葬儀から数日たったある日 遺品を整理していたら育児日記が出てきた
    中には幼い頃の俺のことが書いてあった

    ○月×日
    今日はミルクをたくさん飲んだ
    ×月△日
    今日はお風呂に入れた 気持ちよさそうだった
    ♂月♀日
    今日は・・・

    日記を読み進めていくウチに俺の目に涙がにじんできた
    そして日記は7冊目の終わりに入り、日記の中での俺は5歳になっていた

    10月9日
    ○○(俺の名)を連れて買い物に出かけた
    街路樹からは色とりどりの落ち葉が舞い ○○はそれを一生懸命追いかけていた
    ○○が一枚の落ち葉を私に差し出した イチョウの落ち葉だった
    「おかーさんにあげる」と舌足らずな声で喋りながら私の手にイチョウを持たせてくれた
    私が「なんでくれるの?」と聞くと「きれいだからおかーさんにあげる」と答えた
    自分の息子とは言えプレゼントを貰うのは嬉しいものだ ○○に「ありがとう」と言うと
    ニカッと嬉しそうに笑った この子はホントにいい笑顔をする

    そこで7冊目の日記は終わった 俺は全く覚えていない出来事だった
    日記の最後のページにはしおりが貼り付けてあった
    そのしおりには一枚のイチョウが封されていた そしてその下にこう書かれていた

    「○○からの大切な思い出」

    ・・・俺は・・・声を出して泣いた・・・いくら泣いても涙は止まらなかった・・・

    しおりは今もパソコンの脇に飾られている・・・


    120: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:18:49 ID:5AhqX6HYL

     「沖縄に行かない?」

    いきなり母が電話で聞いてきた。
    当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。
    「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。
    「どうしても駄目?」「今大事な時期だから。就職決まったらね」
    「そう・・・」母は残念そうに電話を切った。
    急になんだろうと思ったが気にしないでおいた。

    それから半年後に母が死んだ。癌だった。
    医者からは余命半年と言われてたらしい。
    医者や親戚には息子が今大事な時期で、心配するから連絡しないでくれと念を押していたらしい。
    父母俺と三人家族で中学の頃、父が交通事故で死に、パートをして大学まで行かせてくれた母。
    沖縄に行きたいというのは今まで俺のためだけに生きてきた母の最初で最後のワガママだった。

    叔母から母が病院で最後まで持っていた小学生の頃の自分の絵日記を渡された。
    パラパラとめくると写真が挟んであるページがあった。
    絵日記には

    「今日は沖縄に遊びにきた。海がきれいで雲がきれいですごく楽しい。
    ずっと遊んでいたら旅館に帰ってから全身がやけてむちゃくちゃ痛かった。」
    ・・・というような事が書いてあった。すっかり忘れていた記憶を思い出す事が出来た。

    自分は大きくなったらお金を貯めて父母を沖縄に連れていってあげる。
    というようなことをこの旅行の後、言ったと思う。
    母はそれをずっと覚えていたのだ。
    そして挟んである写真には自分を真ん中に砂浜での三人が楽しそうに映っていた。

    自分は母が電話をしてきた時、どうして母の唯一のワガママを聞いてやれなかったのか。
    もう恩返しする事が出来ない・・・
    涙がぶわっと溢れてきて止められなかった。


    127: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:25:55 ID:OzggRS7oH
    小学生の頃、クラスにWさんという女子がいた。
    彼女は先天的な病で体がただれていて、声もうまく発声できなかった。
    大人しい子でいつも本を読んでいた。
    男子の友人はいなかったが、女子の友人は不思議と多いようだった。

    修学旅行で旅館に泊まった時、友人が女子の部屋に遊びに行こうと言い出した。
    俺も同意して、どうせだからこっそり行って驚かせてやろうってことになった。
    そしてクラスで一番人気のあった女子のいる部屋に行く事となった。
    こっそりドアを開けると(どのように鍵を開けたかは忘れた)恐ろしい光景が。

    体育座りで座り込むWさんを円になって囲むようにクラスの女子全員が立っていた。
    そして、Wさんに対して「豚」「焼けど野郎」などと罵声を浴びせていた。
    さらにクラスで最もかわいかった子が「じゃあ、カツラはずしまーす」と
    笑いながら言ってWさんの頭に手を伸ばした。

    次の瞬間、Wさんの髪の毛が全部その女の手にあった。
    Wさんは頭皮も病気で、髪の毛が生えないためカツラをしていたのだ。
    男子は誰もそれを知らなかった。
    ショックで何が何だかわからない俺の前で女子はWさんを蹴飛ばしたりカツラをライターであぶったり。
    Wさんはかすれた声でうめく。助けを呼びたくても呼べないのだ。
    俺と友人は無性に怖くなって見つからないように逃げた。

    次の日、Wさんもクラスの女子も何事も無かったように京都を観光していた。
    それが一番怖かった。


    131: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:28:07 ID:OzggRS7oH
    とある田舎に若い夫婦が暮らしていた。
    妻は子供を身ごもっていて夫婦は生まれてくる日を
    楽しみに待ちわびていた。

    ところがある夜、妻は急に苦しみだしたのだ。
    病院はかなり遠くにあり、夫は病院に電話連絡して 妻を車に乗せ向かった。

    数キロ走ったところで老人が手をあげて道ばたに現れた
    「車のタイヤがパンクしてしまった手伝ってくれないか、急ぎの用事があるんだ」と言う。

    夫も早く病院に着きたかったので老人の言葉に「俺だっていそいでるんだ!!」と
    怒り気味に答えそのまま通り過ごした。

    しばらくして男は病院に着いたが医者がまだ到着していないと言う。
    処置室で夫婦は医者をまっていたが妻の容態は悪化し何の手を打たぬまま妻はかえらぬ人となった。

    夫は医者を呪った。電話をしていたのに何故来ない!!!
    この怒りを医者にぶつけてやろうと思っているとき

    「おそくなってすみません」と頭を深々下げ医者が到着した。
    夫は、怒りの罵声をあげようとした。その瞬間言葉につまった。。。


    頭を上げた医者は途中で助けを求めたあの老人だった。


    132: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:29:18 ID:5AhqX6HYL

    俺の家は貧乏で、電気やガスも何度か止まる事があった。
    俺がまだ小3の時期。同級生の間では、カードゲームやテレビゲームが流行った。
    でも俺は持っていない。いや…買えなかった。
    もちろん貧しかったから… カードを持っていないせいで、いつも三人グループの子達にいじめられていた。
    ある時、その事を母さんに話した。話してるうちに、どんどん怒りがこみ上げてきた。
    そして俺は母さんに怒鳴った。
    「こんな貧乏な家に生まれてこなければ良かった!」
    俺のその一言で母さんは泣いた
    「龍治ごめんね………」
    それから数日後。母さんは帰って来なかった。
    帰って来たとしてもすぐに家を出てしまう。
    父親は俺が二歳の時に、病気で死んでしまった。兄弟はいない。
    いつも一人で、母さんの帰りを待っていた。隣のおばさんが面倒を見てくれていた。
    俺が学校を帰る途中……
    おばさんが涙目で走って来た。「龍ちゃんのママが倒れたよ!病院に居るから一緒に行こう」と言った。
    俺はランドセルを家にも置かないで、急いで病院に走った。
    母さんに会うの何日ぶりかな…俺は涙がとまらなかった。
    久しぶりに会うのに母さんは、一言も話さず冷たくなって横になっていたのだ。
    小学生には辛すぎる現状。久しぶりに会った母さん。とても痩せていた。俺の為に、ずっと働いていた。
    家に帰ると机の上に、なにやら大きな袋と手紙があった。袋を覗くと、俺が欲しがってたカードやゲームがあった。手紙を読んだ…。

    「大すきな龍治へ。袋の中見てくれた?すごいでしょ♪これでいじめられないね!友だちと仲良く遊ぶんだよ!いままで辛い想いをさせてごめんね。これからはずっと、龍治のそばにいるよ。母さんより。」

    涙が出た。ごめんね…母さん……。
    俺、母さんの子供に生まれて本当に良かった。
    俺は今でも母さんが買ってくれたカードやゲームを大事に持っている。
    母さん…大好き。
    ずっと見守っていて下さい。


    133: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:35:21 ID:5AhqX6HYL
    私の母は昔から体が弱くて、それが

    理由かは知らないが、母の作る弁当はお世辞にも
    華やかとは言えない質素で見映えの悪い物ばかりだった。
    友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。
    ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。
    私は生返事でそのまま高校へ行き、こっそり中身を確認した。
    すると確に海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし彩りも悪いし、とても食べられなかった。
    家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。
    私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので
    「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。
    母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。
    それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。
    母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。
    中を見ると弁当のことばかり書いていた。
    「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた

    かあちゃんごめん・・・


    134: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:36:53 ID:OzggRS7oH
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/26(土) 05:13:34.43 ID:nmjUiWDS0
    当時の僕は祖父が苦手だった。
    ゲームしたり絵を描いたりして遊んでいるといつも近くに寄ってきて「何してんだ?」
    と威圧的な声で話しかけてきたからだ。祖父は「男は外で遊ぶものだ」と信じている人だった。

    ある夏の日のこと。その日は家に友達を呼んで誕生日に買ってもらったゲームをしていた。
    当時の新作だったゲームソフトには、友達の少ない僕でも5、6人のクラスメイトを呼べる力があった。
    普段はおとなしかった僕だが、その日ばかりは興奮してかなりはしゃいでいた。

    しかし、暑い夏の盛りに男子が家の中にこもりっきりでゲームをしているのが祖父の癇に障ったらしい。

    何度も部屋に顔を出しては「外で遊べ」と小言を重ねた。
    友人に囲まれている僕は気が大きくなっていたために
    ついに「うるさいなぁ」と普段はしない口答えをしてしまった。それがいけなかった。
    祖父はその言葉を聞くとゲームを目の前で叩き壊してしまった。

    僕はその日以来学校でいじめられるようになった。僕は祖父が大嫌いになった。


    135: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:37:31 ID:OzggRS7oH
    2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2011/03/26(土) 05:14:02.40 ID:nmjUiWDS0
    それからしばらくの時間が経ち、冬休みに入った。

    年が明けたある寒い日の夜。食事が終わって席を立った祖父が突然倒れた。
    なんの前触れも無くやってきた突然の事件に僕は驚きあわてた。
    その日は僕と母しかいなかったため、急いで母が救急車を呼ぶ電話をかけにいった。
    廊下から母の緊張した声が聞こえるなか、祖父は苦しそうにうめき声を上げていた。
    電話を終えた母は救急車が来るからと祖父を僕に任せ、外へ出て待っていた。

    僕は苦しむ祖父と二人きりになった。

    祖父は意識が朦朧としているようで、焦点がハッキリしなかった。
    何か喋っているがうまく聞き取れず何度か聞き返したが結局わからなかった。
    呼吸も苦しそうにゼィゼィと音を立てて、手は胸をかきむしるような動きをしていた。
    普段は家で威張っている祖父がこんなに弱っているのを見ていると
    なんだか不思議な気持ちが沸いてきた。

    今、こいつの首を絞めたら誰にも知られずに殺せる。


    136: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:37:54 ID:OzggRS7oH
    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/26(土) 05:14:30.39 ID:nmjUiWDS0
    なんとも不思議だった。
    あれだけ威圧的で強かった祖父が、自分の目の前で涎をたらし苦しんでいる。
    絶対的強者の命が自分の手の中にあることが僕に奇妙な興奮をもたらした。

    ゆっくりと祖父の首に手をかけると、祖父は釣られた魚のように激しく暴れだした。
    僕は驚き、思わず手を引っ込めた。しかし、驚きと同時に燃え上がる闘争心のような
    目の前の獲物を必ず仕留めなければならないという使命感とさえ思える強い殺意が
    僕の心に芽生えた。今度は馬乗りになり、暴れられないようにして祖父の口を押さえた。

    祖父は意識が無いのか、目がぐるぐると回るように色々な方向を見ていたが
    僕はそのまま体重をかけて口を両手で押さえ、苦しそうな祖父の様子を見ていた。

    突然祖父の目が僕の目を捉えた。弱者となった彼の瞳には恐怖と怒りが見て取れた。
    その目を見て、僕は彼がこのまま生き延びてはまずいことを悟った。

    焦りが生まれた。


    137: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:38:11 ID:OzggRS7oH
    6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/26(土) 05:15:02.17 ID:nmjUiWDS0
    救急車がつけば当然すぐに母が戻ってくるだろう。
    ひょっとしたら今すぐ様子を見に戻ってくるかもしれない。

    祖父の目に見つめられた僕は突然冷静に状況を判断し始めた。
    そして、何よりこいつが生き延びれば僕が殺そうとしたことがばれてしまう。

    見つかるかもしれないという恐怖は僕の手により一層力を込めさせた。
    祖父は抵抗するほどの力が残っていないようだったが、その目は僕から離されることは無かった。
    しかしいくら力を込めてみても祖父は一向に事切れる様子を見せない。

    当然だった。僕は自分が祖父の口しか押さえていないことに気づいていなかった。
    気づいたのは彼の鼻から苦しそうな呼吸音が聞こえてきた時だった。

    祖父が暴れないように体重をかけたまま、抵抗されないように慎重に彼の鼻を左手でつまんだ。
    苦しそうに顔を歪め、祖父は辛うじて自由になっている左手で僕の胸ぐらを掴んだ。
    その瞬間に意識がなくなったのだろうか。
    祖父の体から力が抜け僕は思わずバランスを崩しそうになった。
    また意識が戻るかもしれない。母が戻ってくるかもしれない。
    二つの不安を抱えた僕はしかし、罪悪感を感じることは無かった。

    祖父の体が小さく痙攣していた。


    138: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:38:31 ID:OzggRS7oH
    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/26(土) 05:15:42.60 ID:nmjUiWDS0
    遠くから救急車のサイレンが聞こえてきたときにはもう僕は祖父の体から降りていた。
    母が救急隊員を連れて部屋に入ってきた時、いったい彼らの目に僕はどう映っていたのだろう。
    僕は恐怖と歓喜と不安と安堵をごちゃ混ぜにしたような感情の波に捕らわれていた。

    その後のことはよく覚えていない。
    ただ、葬式のときに泣き崩れる母を見て後悔とも憐憫とも言えない
    奇妙な気持ちになったことだけはなぜかはっきりと覚えている。

    今でもあの日のことを思い出すと淡い奇妙な興奮を感じる。
    あのことを後悔したことは無い。
    しかし、今日みたいな寒い日には思い出と同時に胸ぐらを掴まれた感触が冷たく蘇る。

    14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/26(土) 05:17:05.19 ID:nmjUiWDS0
    終わりです。


    141: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:43:58 ID:OzggRS7oH
    74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 19:17:06.59 ID:HsUpbwWO0
    つい先日の出来事。

    就活生のオレはいまだに内定が取れず色んな企業の選考に足を運んでいた。
    んで無理だろうと思っていたそこそこ大きめな(地元では)企業から内定のメールがきた。

    信じられなかった…元々敷居の高いところってのと
    面接官の態度や質問が圧迫面接なんてレベルじゃ済まされない程クソで、
    口論して部屋を出て行ったからだ。
    大人げない事したなと後悔してたが、逆に評価されたのかと思い何とも言えない気分だった。
    そしてメールで歓迎会でBBQやるから来いと連絡がきた。

    同期の人間の顔も見たことないし凄く楽しみにして現地の河原に向かった。
    かなりの人数が集まっていてオドオドしていると口論した面接官が
    「お、○○君!こっちこっち。」と手招き。そこには同期らしき人間が並んでいた。

    「初めてだし自己紹介は恥ずかしいだろうし俺から簡単に説明するね。」と
    端から順に面接官が紹介していった。
    最後に俺だった。

    面接官「コイツが面接中にキレて出て行ったアホw個人的に教育したくて嘘の内定メールだしたら本当に来てしまったみたいですw ○○君よくわかったかぁ?あんま調子乗るとこうやって恥かくから気をつけろよw」

    そいつは俺に交通費と称して5千円札を握らせると「釣りいらねーからw」と一言。
    周りからは「カッコイイぞw」だの「やりすぎだろw」だの野次が行き交っていた。

    俺は恥ずかしさと怒りでパニックになりながらその場から逃走。今は就活する気起きない。


    142: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:45:00 ID:OzggRS7oH
    会社が棚卸しで振り替え休日があったので
    会社の若い連中、男女3:3で海にドライブに行った

    私は途中で腹が減ると思ったので
    人数分×3個のおはぎを、前の晩からこしらえた。
    「気のきく人」と思われて好感度アップ間違い無しと確信して
    寝不足ながらウキウキ気分で出発。

    ひそかに思いを寄せるN男さんもお洒落な服で張り切っている。
    10時ごろ、ブサイクな同僚♂(29才喪男)が
    「ソフトクリームがたべたい」と言い出したので
    私は「お、おはぎならありますけど・・」とやや控えめに
    18個の色とりどりのおはぎ(あん・青海苔・きなこ)を紙袋からとり出した。

    一瞬「しーん」となって、ブサイクな同僚♂が
    「喪女さんが握ったの?うわwwおばあちゃんみたいwww」と言った。
    他の女が「ちゃんと洗った手で作ったの?今の季節雑菌は危ないよ、ほら、ここやばくない?」と言った。
    爆笑が起こった。18個のおはぎは誰の口にも入らなかった。
    私はほぼ半泣き状態で、おはぎをしまった。

    人づてに聞いた話だけど、N男さんも「ちょっとあれは食べらんないw」と
    言っていたらしい。


    143: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)06:17:41 ID:9cQVp6Ksf
    私は夫のコレクションを捨ててしまって後悔した立場でした。
    鉄道模型でしたけど。

    かなり古い模型がまさに大量(線路も敷いてて一部屋使っていた)
    という感じでした。

    結婚2年目ぐらいから
    「こんなにあるんだから売り払ってよ」
    と夫に言い続けたのですが、
    毎回全然行動してくれずに言葉を濁す夫にキレてしまい
    留守中に業者を呼んで
    引き取ってもらえるものは引き取ってもらいました。
    帰ってきた夫は、

    「売り払ったお金は好きにしていい」
    「今まで迷惑かけててごめん」

    と謝ってくれました。
    残っていた模型も全部処分してくれたのですごく嬉しかったです。


    でもその後、夫は蔵書をはじめ、
    自分のもの全てを捨て始めてしまいました。

    会社で着るスーツとワイシャツや下着以外は服すらまともに持たなくなり、
    今では夫のものは全部含めても
    衣装ケース二つに納まるだけになってしまって・・・。

    あまりにも行きすぎていて心配になり、
    色々なものを買っていいと言うのですが
    夫は服などの消耗品以外絶対に買わなくなってしまい、
    かえって私が苦しくなってしまいました。

    これだけ夫のものがないと
    夫がふらっといなくなってしまいそうですごく恐いのです。

    こういう場合ってどうしたらいいんでしょう。


    144: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)06:18:49 ID:9cQVp6Ksf
    皆さんありがとうございます。

    今朝出勤前の夫と話をしました。
    謝ろうとしたのですが、

    「君の気持ちに気づけなかった僕が悪いんだから」

    という答えしか返ってこなく謝らせてもらえませんでした。

    取り戻すか新しいのを買おうとも言ったのですが、
    「もういいんだ」を繰り返すばかり。


    考えてみれば夫のコレクションは結婚以来ほとんど増えてません。
    昔からのものばかりだったのでしょう。
    夫の部屋の中だけでしたし掃除もしていました。
    (共働きのため家の掃除は殆ど夫がしています)

    ただ新婚の家に既に夫のコレクションが沢山あったので、
    私は結構苛ついていたんだと思います。

    別に部屋に籠っているというわけでもなく、
    二人で映画を見たりご飯を作ったりしている時間の方が遥かに長かったのに
    なぜか私は苛ついていました。


    夫は本も読まなくなってしまいました。
    私が見ているテレビを後ろからボーと見ているだけ。

    謝らせてもくれないぐらい傷つけてしまったんだと思います。


    128: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:26:09 ID:kh38tPlP4
    おい、このスレ文字化けしてないか?
    なんか滲んでよく読めないんだ


    130: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)02:27:27 ID:OzggRS7oH
    >>128
    うん・・・
    俺もだ


    1001:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/04/13(日) 23:47:03.91 ID:AtoZ
     親戚「大学どこ?」僕「中央です」親戚「そうなんだ!」僕「…法」 →

     女性に聞いた!彼女ができない男性へのアドバイスwwww

     安倍なつみとかいうモー娘。の初代エースwwwww (画像)

     小保方さん神展開

     【画像有】こういう靴履いてる女の子ってお前ら的にどんなイメージ?

     「38×11=?」←どうやって暗算した?

      【驚愕】レンタカー屋でスポーツカー借りた結果wwwwwwwww

     仕事しろって親に怒られた結果wwwwwwwwwww


    おすすめサイト最新記事一覧

        コメント

        1.ななし2014年05月13日 05:06  ▽このコメントに返信

        自分には関係ないと思って楽しく読んでいたが、ふと途中でそんなことないと思って死にたくなってきた

        今は若いからまだセーフだけど、よく考えりゃ人生詰んでるかもしれんw

        2.名無しAtoZ2014年05月13日 05:45  ▽このコメントに返信

        >>47はいい友達持ってるじゃねーか・・・

        3.名無しAtoZ2014年05月13日 06:15  ▽このコメントに返信

        朝から死にたくなった

        4.名無しAtoZ2014年05月13日 06:29  ▽このコメントに返信

        >>86 抜け落ち補足しとくぞ。

        40代~ 

        若いフリーターの方が使えるのでバイトを首になる。新しいバイトを探すも、物覚えが悪くいざって時に首を切りづらい高齢フリーターは嫌がられ、バイトも見つからない。当然、貯蓄があるわけでもなく、親戚からも疎まれる社会のお荷物と化す。いつしか一線を超えてしまい、雨風をしのぐためのビニールシートを購入する。服は毎日同じ。プライドを捨て、コンビニ・飲食店の残飯あさりを始める

        60代~
        同世代は孫ができ、退職後は退職金やこれまでの貯蓄、年金等で、贅沢とは言えないまでも普通の暖かい老後を送る。幸せな普通の人生と言える。 一方、長年に渡る浮浪者生活で体はボロボロ、あちこちが痛む。しかし健康保険もないので病院にも行けない。もちろん国民年金などもらえない。あとは時間の問題にすぎない。

        終末  :親族の中では行方不明のまま、共同墓地で無縁仏となる。

        5.名無しAtoZ2014年05月13日 09:27  ▽このコメントに返信

        誰得だよ・・・

        6.名無し2014年05月13日 13:21  ▽このコメントに返信

        106の場面に私もいたら倖田來未のキンキン声のが聞くに耐えんってビートルズの子をフォローしてあげたい…
        可哀想だわ

        7.2014年05月13日 13:21  ▽このコメントに返信

        なんか泣きそうになった
        何してんだろう俺は

        8.名無し2014年05月13日 13:37  ▽このコメントに返信

        親の為に家を買った。
        自分はそこには住まない。
        ローンは後20年。
        定年まで15年。
        嫁も恋人も、友人すら無し。
        貯金は幾らも無い。

        後は、どのタイミングでタヒぬかを考えている。

        9.2014年05月17日 03:27  ▽このコメントに返信

        正直>>16をやってる奴らのなかには意図的にやってる奴もいると思う
        集団全員が意図的ってわけじゃなくて

        コメントの投稿

        おすすめ!
        幸せだなぁ♪

        おすすめ!!
        あまぞん
        figma ソードアート・オンラインII キリト GGOver. [物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品) figma 進撃の巨人 リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) とびだせ どうぶつの森 ねんどろいど しずえ 冬服Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
        クリック募金