1:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:17:48.05 ID:0
    怠けてんじゃねーよ


    3:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:19:38.16 ID:0
    魔物退治とかしてるからだろ
    寛平が何を退治したっていうんだよ


    13:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:23:46.49 ID:0
    >>3
    お前寛平は盗賊にあった時に旅の途中で思いついたパンプキーンを披露してちょっとお金取られただけで済んでるんだぞ


    4:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:19:47.92 ID:0
    いくらなんでも17年はかかりすぎだな


    5:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:19:48.74 ID:0
    金角銀角に邪魔されたから


    6:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:20:28.60 ID:0
    1年で行って15年勉強して1年で帰ってきた


    7:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:20:34.20 ID:0
    徹子「あなた船の上では歩いていらっしゃらなかったんですよね?」


    8:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:20:38.35 ID:0
    なんで筋斗雲で行かない?


    9:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:21:24.99 ID:0
    17年って飯どうやって食ってたんだよ


    10:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:22:43.24 ID:0
    そもそも三蔵法師は法律破って都出たから
    すんなり帰るわけにも行かなかったのさ


    14:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:25:42.18 ID:0
    三蔵法師というのは一般名詞であり、尊称であって、固有名詞ではない。
    西遊記の三蔵法師(玄奘三蔵)は数ある三蔵法師のうちのひとりである。


    17:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:26:57.33 ID:0
    思ったんだけど天竺にありがたいお経を取りに行ったんならその天竺のお坊さんこそ偉いだろ


    18:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:28:12.52 ID:0
    当時の天竺は内戦で荒れ果てたんじゃなかったっけ


    19:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:28:41.40 ID:0
    現地語を勉強して帰らないとお経の意味がわからんだろ


    21:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:35:08.93 ID:0
    三蔵法師はなー、行く国々で仏教の教えを説いてたんだよ


    22:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:37:50.35 ID:0
    現実問題あの時代にインド行ってもがっかりして帰ってくるだけなんじゃ


    23:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:37:55.71 ID:i
    ラージなお世話だな


    24:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:38:15.39 ID:0
    >>1
    修業しながらだから


    26:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:39:56.98 ID:0
    >>24
    ベジータじゃないんだから


    29:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:41:30.28 ID:0
    >>24
    でも母国の人々は三蔵法師のお経を心待ちにしてたんだろ
    三蔵法師は5年くらいで帰ってくるべき


    27:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:40:29.89 ID:0
    三蔵法師は方向音痴
    これ豆な


    28:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:41:14.35 ID:0
    関所で毎回こいつは男なのか女なのかで揉めて足止めを喰らうんだろきっと


    31:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:42:30.03 ID:0
    三蔵法師と言えばファミコンの元祖スーパーモンキー大冒険っていうクソゲー思い出す


    32:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:43:27.53 ID:0
    なんか筋斗雲で運んでやるって悟空が言ったら断ったんだっけか


    53:州*‘ 3‘リ´ε` )うんちょまん ◆cYwizKSlhw :2013/10/18(金) 16:00:01.33 ID:0
    >>32
    違う
    觔斗雲には人間は乗れない

    天竺に着くと褒美として三蔵法師は釈迦に仏にしてもらえて人間から神仙になる
    だから帰りは普通に觔斗雲で帰る

    ちなみにその時観音菩薩が三蔵法師の苦行がまだ足りてない事に気付いて三蔵法師の乗ってた觔斗雲を消して川に落とす
    そのせいで持ち帰るはずだった経典が一部紛失する


    33:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:44:00.87 ID:0
    三蔵法師がインドに行った時
    まだダイバダッタの宗派が現存してたらしい


    34:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:44:23.86 ID:0
    今は佐々木希ちゃんのイメージだけどな


    35:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:44:23.79 ID:0
    強力な妖怪が3匹もいて17年は確かにおかしいな


    36:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:44:26.86 ID:0
    ホーリー&ブライト


    39:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:47:11.61 ID:0
    孫悟空はなんで緊箍児をつけたままにしてたんだろう
    とっちゃえば痛い思いせずにすむのに


    42:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:49:12.38 ID:0
    >>39
    きんこじは普段は磁気で凝りを和らげてくれるからとりたくなかったんだよ


    41:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:48:59.96 ID:0
    悟空がほげえとか言って使い物にならなかった


    46:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:50:35.95 ID:0
    移動手段がこれだから



    47:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:51:26.47 ID:0
    ガス栓締め忘れてないか確かめるのに二三回戻ってるからな


    49:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:53:00.96 ID:0
    西田敏行から左とん平の交代劇の間に時間を費やしたとみるべき


    50:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:54:59.16 ID:0
    寛平が何でそんな短時間で世界一周出来たと思う?

    三蔵法師が道路を整えてくれたからだよ!


    54:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 16:00:18.68 ID:0
    >>50
    いやいや道路を整えたのは国であり土方だろ


    52:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 15:57:34.02 ID:0
    現実の話と文学とドラマとアニメがごっちゃになって話ししてるから意味わからんw


    57:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 16:00:35.52 ID:0
    夏目雅子は病弱だったからしょうがないよ


    61:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 16:10:35.84 ID:0
    マジレスすると各地で資金稼いでたから


    62:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 16:31:15.56 ID:0
    都の位の高い坊さんが旅してるから街々で接待が凄くて一つの街で何ヶ月も逗留することになったらしい
    また悪政の街では政府の内偵と疑われて命の危険もあったとか
    それがお話で妖怪との戦いに脚色されたみたい


    66:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 16:42:39.63 ID:0
    >>62
    じゃあ豪遊旅行だったわけだ


    74:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 17:15:48.87 ID:0
    経典はヒンディー語やベンガル語で書かれている訳ではなく
    古典語であるサンスクリットやバーリ語で書かれている
    それなりの坊さんなら行く前から読めたはず
    遣隋使や遣唐使が当時の中国語の会話は出来なくても漢籍は
    読めたのと同じ


    75:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 17:26:58.22 ID:0
    当時の唐は玄奘三蔵の出国を認めなかったけど
    こっそり出国したので急いで帰っても入国は認められなかったかと


    76:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 17:36:55.27 ID:0
    こっそり出て行ったんだから こっそり帰ればいいだけの話
    まあ経典収集するには人脈も必要だろうし それを構築するには
    会話の習得や現地事情の調査期間も要したろう
    はい着きました 丸善か紀伊國屋で調達しました 帰ります
    と言う訳にはいくまいて 


    77:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 17:45:18.32 ID:0
    のんびり帰った頃には脱法もうやむやになって迎えられたけど
    実際のところ罰せられるちしたら
    どれくらいの罪になったんだろうね


    78:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 17:55:32.77 ID:0
    マジレスするとインドに留まって勉強してたから
    寛平みたいにただ素通りしてたわけじゃない


    79:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 17:57:36.55 ID:0
    おいおい寛平をただの旅人みたいに言うなよ
    凄いんだぞ


    80:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 18:17:52.05 ID:0
    三蔵って偉いみたいになってるけどただ旅行しただけだろ


    83:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 18:42:28.13 ID:0
    ついさっき調べてみるまで三蔵法師が人の名前だと思ってました


    85:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 18:43:29.32 ID:0
    道も舗装されてないし治安も悪いし地図もなかったからだろ


    88:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 19:27:54.60 ID:0
    当たらずといえども遠からずかもね
    希求 渇仰と言う点においては
    歩いて行くのと飛行機で行くのじゃ
    本質的に違うと言う見解の人もいるだろうけど


    93:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 22:17:15.80 ID:0
    インドから何十年もかけて持ち帰った仏教の経典が
    発祥の国インドでは戒律が厳しすぎてヒンズー教に取って変わられて仏教はすたれた
    三蔵が取りにいかなかったら仏教は存在しなくなってたかも


    96:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 22:31:51.09 ID:0
    ブツブツ妄想で語るよりデータ見て書け
     20131020082848_96_1



    97:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 22:33:15.67 ID:0
     
    20131020082848_97_1



    101:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 22:36:31.39 ID:0
    中国で広がらなかったら日本に仏教が伝わることもなかったし東南アジアにも広がってなさそう
    ほんとチベットくらいだったかも


    103:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 22:40:22.68 ID:0
    紛らわしいけどチベットの事を西蔵って言うんだよなあ


    106:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 22:50:33.72 ID:0
    そりゃ中国からみたら西だからね


    107:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 22:52:43.74 ID:0
    調べたら三年でインドに到達してるじゃないか

    玄奘は決心して、貞観3年(629)27歳のとき、国禁を犯して密出国します 玄奘の旅は
    草木一本もなく水もない灼熱のなか砂嵐が吹きつけるタクラマカン砂漠を歩き
    また雪と氷にとざされた厳寒の天山山脈を越え時に盗賊にも襲われる苛酷な道のりでした
    三年後にようやくインドにたどり着き中インドのナーランダー寺院で戒賢論師に師事して
    唯識教学を学びインド各地の仏跡を訪ね歩きました


    110:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 23:04:29.58 ID:0
    >>107そしてナーランダーなのかガンダーラなのか分からなくなるwww

    ガンダーラにしろインダス文明にしろ今の国家だとパキスタン側なんだよなw
    ゴータマ・シッダールダが生まれたのはネパールのルンビニだし

    なおタイ語でルンピニーと呼ぶのは、サンスクリット語ブラーフーミ文字を
    無理やりタイ文字の順番に並べた時に、タイ文字ならポー・パーンとして
    アルファベットならphだがフィじゃなくて空気をハッと吐きながら発音するパピプペポなんだが
    これがサンスクリット語圏だとBだかBhになるか、とか説明されてたかなあ


    111:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 23:09:33.59 ID:0
    インドって国土の大半が乾燥サバンナか半乾燥地で、森といっても10mおきにしか木が無いような
    アフリカのサバンナ程度のところが大半なんだよなあ
    ジャングルは西南部と東北部位しかないし、北東部のはジャングルといっても照葉樹林の類だ

    インドの天気は気まぐれ。降れば洪水、照れば干ばつ
    そして宗教に救いを求めた、っていうけど
    8ヶ月乾季、4ヶ月雨季ってところが圧倒的に多い
    そして北部では冬の夜明け前は10℃以下で、薄着で寝てたら凍死しかねない地域も多い
    デリーだってしばしば凍死者が出る
    一方乾季の終わりの5月の日中に出歩いてたら熱射病で死ぬ
    水すらろくに無い


    112:名無し募集中。。。:2013/10/18(金) 23:54:18.22 ID:0
    寛平ちゃんにはペース管理のプロがついてたけど
    三蔵様はそうでもなかったから途中で体調崩して時間かかったんじゃね?
    勝手にどんどん進んでっちゃいそうなお供ばっかりだし


    113:名無し募集中。。。:2013/10/19(土) 00:14:33.89 ID:0
    玄奘三蔵様は天山山脈を越えるのにキャラバン10人中3,4人が凍死や病死してるからね
    俺は鑑真様と三蔵様は偉大な人だと思ってる


    114:名無し募集中。。。:2013/10/19(土) 00:22:22.28 ID:0
    三蔵ってラクダかなんかに乗ってたんだろ?すげー楽じゃん
    歩きの猿豚河童のほうがはるかに偉大だわ


    115:名無し募集中。。。:2013/10/19(土) 00:24:07.57 ID:0
    ラクダすげえ揺れるぞ


    116:名無し募集中。。。:2013/10/19(土) 00:25:05.53 ID:0
    なんだよ
    おひょいさん忘れてるぞ


    118:名無し募集中。。。:2013/10/19(土) 01:09:26.24 ID:0
    >>1
    十七年じゃないぞ
    歴代が天竺目指したが7度行く途中で殺され転生して8度目の旅(17年)でやっと帰れた
    その間約1700年


    119:名無し募集中。。。:2013/10/19(土) 01:12:10.25 ID:0
    唐の時代から1700年遡ると仏教のぶの字も無くね?


    121:名無し募集中。。。:2013/10/19(土) 01:20:09.15 ID:0
    >>119
    大乗仏教の発生は5000年前だから大丈夫
    ちなみに7度でなく9度だった スマン


    125:名無し募集中。。。:2013/10/19(土) 04:22:43.12 ID:0
    マチャアキがかくし芸の練習で忙しかったんだよ


    129:名無し募集中。。。:2013/10/19(土) 11:38:38.41 ID:0
    天竺って遠いんだなぁ

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1382077068/
    1001:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 23:47:03.91 ID:AtoZ
     【!?】親父が死んだので会社に連絡したらwwwwwwwwwwwwwwww

     【画像】 アトピーの奴の布団wwwwwwwwww

     死の恐怖って全生物のDNAに組み込まれてんの?

     【裏山】妹がいる奴って毎日こうやって起こしてもらってるんだろ? (画像あり)

     ネコが見ている世界wwwwwww 人間との見え方の比較画像

     【バカッター速報】とんでもないユーザー出現…恐ろしく不謹慎な内容である…(画像あり)

      コナンの黒の組織の黒幕がやっぱり阿笠だった件

     【画像】女の子が将棋やってる姿wwwwwwwwwww


    おすすめサイト最新記事一覧

        コメント

        1.東京チャンソンホ2013年10月20日 10:07  ▽このコメントに返信

        おっす!オラ、東京チャンソンホ!こらおもれーべ!殿ビンビンだぜ!東京おっす!東京おっす!

        沙悟浄まじしねや

        2.東京チャンソンホ2013年10月20日 10:08  ▽このコメントに返信

        おっす!オラ、東京チャンソンホ!こらおもれーべ!殿ビンビンだぜ!東京おっす!東京おっす!

        ほもじゃねーの?

        3.東京チャンソンホ2013年10月20日 10:09  ▽このコメントに返信

        おっす!オラ、東京チャンソンホ!こらおもれーべ!殿ビンビンだぜ!東京おっす!東京おっす!


        ツルツルにビンビンですや

        4.名無しAtoZ2013年10月20日 10:24  ▽このコメントに返信

        一生懸命インドまで行ったのに、インドはヒンドゥーになってて仏教じゃなくなってたんだろ?

        5.名無しAtoZ2013年10月20日 10:28  ▽このコメントに返信

        どうでもいいことだけど、
        スレタイの「なぜ」の位置が気に入らない

        6.名無しAtoZ2013年10月20日 10:34  ▽このコメントに返信

        ヒント:インフラ、治安、ルート

        7.名無しAtoZ2013年10月20日 10:45  ▽このコメントに返信

        妖怪連れてるし直行じゃなくて
        魔界経由なんだろ

        8.名無しAtoZ2013年10月20日 10:47  ▽このコメントに返信

        ※5
        どれが良いの?

        なぜ寛平は2年半で世界一周できたのに三蔵法師は往復3万キロを17年もかかってんの?
        寛平はなぜ2年半で世界一周できたのに三蔵法師は往復3万キロを17年もかかってんの?
        寛平は2年半で世界一周できたのになぜ三蔵法師は往復3万キロを17年もかかってんの?
        寛平は2年半で世界一周できたのに三蔵法師はなぜ往復3万キロを17年もかかってんの?
        寛平は2年半で世界一周できたのに三蔵法師は往復3万キロをなぜ17年もかかってんの?

        9.名無しAtoZ2013年10月20日 10:49  ▽このコメントに返信

        ※4
        一応記録(大唐西域記)によるとそれなりにでっかい寺院があってしばらく留学してたとか
        (>>107の話ね)
        経典持って帰ってきたのは事実らしいからそんなに衰退してたってことはないとオモ

        10.名無しAtoZ2013年10月20日 10:54  ▽このコメントに返信

        紀元前5世紀を、5000年前って・・・・。

        11.名無しAtoZ2013年10月20日 11:01  ▽このコメントに返信

        いやいや、移動手段の違いだろ。 普通に考えりゃわかるだろ

        三蔵法師は天竺まで歩き、しかもヒマラヤ、カラコルムの山脈を越えていた
        かんぺーは海をヨットで渡り、食料を買いに行くときは車を使ったらしい
        とはいってもそれ以外は全部走ったわけだから、かんぺーもかなりすごいけどな

        まあ昔はヨットや自動車なんて代物はなかったし・・・

        12.2013年10月20日 11:02  ▽このコメントに返信

        治安と金で解決できる備えが違う。
        寛平から金と治安を奪ったら何年で世界一周できる?

        13.名無しAtoZ2013年10月20日 11:20  ▽このコメントに返信

        地図も正確ではなく、危険を避けつつ食料は現地調達
        帰って来れたこと自体が偉業だと思うけどな

        14.名無しAtoZ2013年10月20日 11:22  ▽このコメントに返信

        寛平さんの偉業って、ギネス載ってもいいんだけどな

        15.名無しAtoZ2013年10月20日 11:32  ▽このコメントに返信

        玄奘三蔵はインドで仏教哲学の勉強をしていた。
        現代でいう認識論や論理学のようなものでかなり難解な部分がある。
        その上、インドを北から南までくまなく旅行して記録を残した。
        往路復路とも陸路だったことも時間がかかった要因である。
        義浄三蔵は玄奘ほど各地を旅行せず、海路で往復している。
        それから、仏教はその後12世紀にイスラムに滅ぼされるまでまで発展を続けた。
        密教だけでなく論理学の著作なども著され、その多くがチベット仏教に継承されている。

        16.名無しAtoZ2013年10月20日 11:41  ▽このコメントに返信

        マジレスすると、いわゆるシルクロードの唐側は国によって封鎖されていて、迂回ルートとるしかなかった。これで数年ロスしてる。
        途中の高昌国で超エリートがやってきたってことで王様がもてなして、しばらくその国の坊さんなどに教えた。
        さらにインドについてからもかなりの年月かけてあちこちの寺院で勉強して回ったり、辰旦(中国)からどえらい坊さんがやってきたってことで当時の北インド一帯の王様から教えを請われて講義をするなどで時間がかかった。
        帰り道は正規ルートを通って帰ったので途中の高昌国で旅費の支援などのお礼にしばらく滞在した以外はあっと間にかえってこれた。唐の皇帝が代替わりして国境封鎖がなくなったため。

        寛平のように、邪魔者・腫物扱いされてただ走って通り過ぎたわけじゃない。

        17.名無しAtoZ2013年10月20日 11:43  ▽このコメントに返信

        ふと思い出したけど小説の80日世界一周って現実的に可能だったのかな?
        戦後あたりにもっと短い世界一周ルートはあったけど

        18.名無しAtoZ2013年10月20日 11:59  ▽このコメントに返信

        ※17
        そりゃ飛行船にも乗って移動してるからねえ・・・

        19.名無しAtoZ2013年10月20日 11:59  ▽このコメントに返信

        ちなみに玄奘法師がインドに行った頃は唯識全盛期。
        もともと仏教は哲学的宗教なのだが、宗教性より哲学性の高度化したものなので、
        エリートにしか理解不能な状態。
        すでに経済的没落の始まっていた北インド庶民の受けが悪くなっていった。
        玄奘が去った後、西インド(パキスタン)はイスラムが流入。東・南インドはヒンズーが隆盛、インドの仏教は南方に行ったもの以外はほぼ消滅。
        その後、中国から仏教が広まり。日本、ベトナム・タイ・ミャンマー(南方大乗)、チベット・モンゴル(ラマ教)へと広まり、ラマ教がチベット仏教として北インドに再度流入することになる。(朝鮮は中国と変わりないので特記せず)
        タイ・ミャンマーの大乗は世俗化がひどすぎてので、インド南方仏教の一つであるスリランカ仏教を輸入し、南伝化されたが、近年の世俗的な様子を見るとやっぱり大乗の流れが根底になるんだな。民族性と呼ぶしかないかも。

        20.名無し2013年10月20日 12:18  ▽このコメントに返信

        鬼子母神の国だから。

        西遊記の真実。
        偉い坊さんがインドまで有り難いお経を貰いに行って帰りしなに布教(人間同士、食べてはいけませんよ。)し都まで帰る話し。

        理解出来ただろうか?
        孫悟空→気の荒い癇癪持ちの罪人。その他出て来る妖怪は皆、人間。人が人を食っても何とも思わなかった土人。
        その土人どもに、人は食べ物では有りませんよ。ってといてまわったのが三蔵。まっ 他にも教えたんじゃないの?
        うんちは食べれません。とか。
        これは地形的に朝鮮までは伝わらなかったみたいだけどwwww

        誰か今の中国に三蔵 送っとけ。

        21.名無しAtoZ2013年10月20日 12:28  ▽このコメントに返信

        西遊記読んだけど、三蔵って結構わがままで辛抱できなくて八戒に乗せられて悟空を悪者にしたりダメな人だよね

        22.名無しAtoZ2013年10月20日 12:52  ▽このコメントに返信

        *8
        疑問形かつ否定的な意味があるから、3番目だな

        23.名無しAtoZ2013年10月20日 12:55  ▽このコメントに返信

        以前中国を旅した時に、少林寺へ行く途中で玄奘三蔵の生まれ故郷に立ち寄ったな。

        パキスタンのガンダーラ地方にも行ったが、今は遺跡が残るだけ。

        24.沙悟浄の名無し2013年10月20日 12:57  ▽このコメントに返信


        「 三蔵 」とは「 経、律、論 」この三つを習得した偉いお坊さんという意味。

        最近まで、チベットあたりは巡礼者を襲う強盗が多くて、広い砂漠地帯では殺されても誰にも気づかれることがなかった。慎重に行動しなければならず、単純に歩いていけば、いつかは天竺に着けるというわけではなかったのだ。

        25.名無し2013年10月20日 13:15  ▽このコメントに返信

        道路整備されて比較的安全なルート選んでるから

        26.名無しAtoZ2013年10月20日 13:24  ▽このコメントに返信

        世界一周して何も学んでこない人と比較しないでほしい

        27.名無し2013年10月20日 13:26  ▽このコメントに返信

        今みたいなハイテクなシューズがなかったんだよ

        28.名無しAtoZ2013年10月20日 14:37  ▽このコメントに返信

        プリきせあえレフい桜瀬烈結衣ww

        29.名無しAtoZ2013年10月20日 14:50  ▽このコメントに返信

        持ち帰った経典の数が半端ではなく、すごく重たかったからだよ。

        30.名無しAtoZ2013年10月20日 14:57  ▽このコメントに返信

        三蔵と鑑真は勿論凄いが、当時鎖国状態だったチベットへ経典を取りに行った河口慧海も凄い
        日本人だとバレないように中国人やチベット人になりすます為に勉強したり
        ろくな装備もないままヒマラヤ山脈越えをしたり、命懸けで経典を持ち帰った偉大なお坊さんだ

        31.名無し2013年10月20日 16:31  ▽このコメントに返信

        確かに、ワロタw

        32.名無し2013年10月20日 17:08  ▽このコメントに返信

        ニューバ○ンスの全面サポートが無かったからじゃ?

        33.名無し2013年10月20日 17:38  ▽このコメントに返信

        コメ17
        ジュールベルヌか懐かしい
        気球やら鉄道やらすごいリアルだったけど、途中で汽車が途切れた線路を飛び越えてますので無効かとw

        玄奨さんの遺骨ってかなり多くの場所に分骨されて、日本にもあるようだけどあれって眉唾?

        34.名無し2013年10月20日 18:13  ▽このコメントに返信

        なんか修行しながら行ったんちゃうのん?

        35.名無しAtoZ2013年10月20日 18:42  ▽このコメントに返信

        だから人間は猿には勝てんっつう話でしょうがどっちも

        36.名無しAtoZ2013年10月20日 22:11  ▽このコメントに返信

        寛平は癌と戦った

        コメントの投稿

        おすすめ!
        幸せだなぁ♪

        おすすめ!!
        あまぞん
        figma ソードアート・オンラインII キリト GGOver. [物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品) figma 進撃の巨人 リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) とびだせ どうぶつの森 ねんどろいど しずえ 冬服Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
        クリック募金