1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 12:43:51.74 ID:RKjygyKi0
    ある病室に2人の末期ガンの患者が入院していた。
    一人は窓側のベッド、もう一人はドア側のベッド。
    2人とも寝たきりの状態だったが、窓際のベッドの男は
    ドア側のベッドの男に窓の外の様子を話してあげていた。
    「今日は雲一つない青空だ。」「桜の花がさいたよ。」「ツバメが巣を作ったんだ。」
    そんな会話のおかげで死を間近に控えながらも2人は穏やかに過ごしていた。

    ある晩、窓際のベッドの男の様態が急変した。自分でナースコールも出来ないようだ。
    ドア側の男はナースコールに手を伸ばした。が、ボタンを押す手をとめた。
    「もしあいつが死んだら、自分が窓からの景色を直接見れる・・・」
    どうせお互い先のない命、少しでも安らかな時をすごしたいと思ったドア側のベッドの男は、
    自分は眠っていたということにして、窓側のベッドの男を見殺しにした。

    窓側のベッドの男はそのまま死亡した。
    晴れて窓側のベッドに移動したドア側のベッドの男が窓の外に見たのは、
    打ちっ放しのコンクリートの壁だった。


    3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 12:46:03.48 ID:RKjygyKi0
    厨房の時、いつも母親が作ってくれている弁当を投げ捨てて、
    「こんなマズイの食べれるか!」って怒鳴ってしまった。
    それを見た妹が泣きながら、散らかった弁当を片付けてた。
    その日の弁当だけは、家庭科で習った調理実習の成果を見せようと
    妹が朝早く起きて弁当を作ってくれていたことをオレは知らなかった。


    13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 12:59:24.95 ID:t9R60mnOO
    >>3
    おい…やめろよ…(´;ω;`)


    4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 12:47:08.54 ID:0mFf8iU20
      \         /_ /     ヽ /   } レ,'        / ̄ ̄ ̄ ̄\
      |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ u  ∨ u  i レ'          /
      └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/        /  地  ほ  こ
       !´ヽ、   ヽ ( _ U   !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―┬./  獄  ん  れ
      _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !   /   だ.  と  か
       |  |;:;:;:{  U u ̄|| u u  ,..、_ -> /`i   !   !  \   :.  う  ら
       |  |;:;:;:;i\    iヽ、   i {++-`7, /|  i   !   !  <_      の  が
      __i ヽ;:;:;ヽ `、  i   ヽ、  ̄ ̄/ =、_i_  !   !   /
       ヽ ヽ;:;:;:\ `ヽ、i   /,ゝ_/|  i   ̄ヽヽ !  ! ,, -'\
        ヽ、\;:;:;:;:`ー、`ー'´ ̄/;:;ノ  ノ      ヽ| / ,、-''´ \/ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄ ̄            Y´/;:;:;\


    7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 12:49:54.76 ID:RKjygyKi0
    俺は高校の時、DQN4人組にずっと悪質ないじめを受けていた。
    チ●ポの写メとられたり、殴られたり、クラスの前でからかわれたり
    机に悪口を掘られて、そこに修正液を流し込んで、悪口を消えなくしたり
    牛乳パックを投げつけられたり、本当にいろいろされて死にたかった。
    俺はそれがトラウマで高校はなんとか卒業したが、大学には通えなくなった。
    今は底辺ニートやってるよ。

    去年、急に俺のところに高校の同窓会の連絡が来たんだ。
    いままで、一回も呼ばれたことなかったのにな。
    俺は24歳ニートだったからもちろん断ろうとおもったよ。
    でも、しつこく誘おうとしてる奴がDQN4人組の一人だと知った。
    俺は同窓会に出ることに決めた。
    同窓会が盛り上がってる最中に俺に人生狂わした4人のだれかをぶん殴って
    それで出て行こうと思った。
    で、同窓会なんだけど最悪だった。あいつら4人は本当に最低だった。
    あいつら4人は同窓会遅れていった俺の近づいて来て、いきなり誤り始めた。
    「昔、いじめて本当にごめん。ずっと反省してたんだ。
    一度、いじめた俺たち四人全員で誤りたかったんだ」
    と言って、真剣に俺に謝ってくる。
    同窓会終った後に、更に俺を呼び出して 「お前の傷が治るかわからないけど、本当に許してくれ」
    とDQNリーダーは土下座までしてきた。
    DQNの二人は旧帝卒のエリートになっていて、
    残り二人もしっかりした仕事に就職した立派な社会人になっていた。
    俺は悔しかった。DQN4人は最後まで極悪のDQN4人でいてほしかった。
    なのに、会ってみると、人のできた立派な人間になっていた。社会的立場も良好だった。
    逆に、俺は高校卒業からずっとニート、更にずっとお前らを憎んできて、人間性なんて形成されずに止まってる。
    社会性なんて身につきもしなかった。
    俺の憎しみは対象を失って自分に帰ってきた。
    同窓会の日はすごく死にたくなった一日だった。


    8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 12:51:00.77 ID:RKjygyKi0
    このまえ娘が通ってる小学校で、
    男子を女子がフ●ラしてる数人のグループがみつかって大問題なったぞ。
    姉のもってるananをもってきた子がいて、
    放課後エロページを皆でみてるうちに、試しにやってみようて話になったらしい。
    小学生なんて恋愛感情とか関係なく、好奇心だけで性行為するんだよ。
    まだ性行為のこと全然おそわってないのに、
    メディアが性行為の情報バンバン垂れ流してるから、
    性行為を単なる遊びだと思ってる。ジャンケンみたいな感じで。
    なんか「5分以内に射精させたら勝ちで、アイスおごる」て会話だったらしい。
    まじで恐ろしいわ。
    なんでこんな詳しく知ってるかというと、うちの娘も参加してたから。
    お父さん泣きたいわ


    10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 12:53:09.87 ID:6m3RtwRd0
            \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
       l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
       |l  \::      | |             |、:..  |[], _ .|:[ニ]:::::
       |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
       |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
       |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
       |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::    そうだ
       |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   これは夢なんだ
       |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    ぼくは今、夢を見ているんだ
       |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   目が覚めたとき、
       |l    | :|    | |             |l::::   ぼくはまだ12歳
       |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   起きたらラジオ体操に行って、
       |l \\[]:|    | |              |l::::   朝ご飯を食べて、涼しい午前中にスイカを食べながら宿題して、
       |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   午後から友達とプールにいっておもいっきり遊ぶんだ・・・
       |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::   
       |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::


    11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 12:54:53.48 ID:RKjygyKi0
    先日大学の試験があって、ノート持ち込みの論述形式の試験だったんだよ。
    で、試験開始の5分前にほとんど授業に顔出してないギャル女が来て、
    「えー!マジ持ち込みとか知らないしー!何にも持ってきてないんですけどー!」って騒いでた。
    そいつの友達も何にも持ってきてないらしくて、4人くらいでどうしようどうしようと慌てていた。
    どうやら近くに座ってる真面目な女の子にノート借りようっていうことになったらしく、
    以下ギャルの一人とその女の子の会話。

    ギ「すみませーん、私たち持ち込みだっていうの知らなくてー、
      使わないノートでいいんで貸してもらえませんかー?」
    真「えっ?これですか?…全部使うんでそれはちょっと…」
    ギ「お願いします!すぐコピーして返しますから!」
    真「は、はい・・・。」
    ギ「ありがとうございまーす」

    教室から出て行くギャル。待つ真面目。
    でもギャルは帰ってこなかった。。。

    試験終了後、半泣きの真面目と違う入り口から入ったと思われる嬉しそうなギャル。


    12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 12:57:24.72 ID:RKjygyKi0
    小学生の頃、近所に住んでいたミナというコだけが俺に普通に接してくれる唯一のコだった。
    俺が運んだ給食でも普通に食べてくれたし、風邪で休んだ時は、給食のパンだけ届けてくれたりした。
    中学に上がる寸前に隣町に越してしまいそれっきりになってしまったが、なぜか思い出は忘れられずにいた。
    彼女の消息を教えてくれる友人も俺にはなかったので、高校は(そこに進学しているかどうかもわからずに)隣町の進学校に進んだ。

    当然、そんな偶然はあるわけはなく、そのコは俺の入った高校にはいなかった。
    無理をしてその進学校に入ったので、勉強にも落ちこぼれ、相変わらずの女子のいじめにも耐えてはいたが、
    そのコに会いたいという気持ちはずっと続いていた。
    当時、クラスには、毎朝俺を見かけるたびに「キモイ」と蹴りをくれるTという嫌なヤツがいた。
    休み時間に聞き耳を立てていると女とやった話ばかりしているどうしようもないヤツで、
    何度殺してやろうと思ったが、イケメンだったので、反抗すると一層女子のいじめも酷くなると思い耐えていた。

    高校3になり、学校の帰りにゲーセンでSTをやっていたところ、声をかけられた。
    まごうかたなきあのコだ。神に感謝した。涙でむせぶ所だった。
    いや、少し涙ぐんでいたかもしれない。プリクラを撮っていたんだそうだ。
    あまりの驚きに俺はなにを言ったか覚えていなかったが、本当の驚きはその直後にやってきた。
    プリクラ機の影からそのコの名前を呼びながら出てきたのは、クラスの俺を毎朝蹴り飛ばすTだった。
    Tは俺を見るなり、なんだおまえこんなところで、ミナになにやってんだよぉ・・と顔面にパンチを食らわせられた。
    鼻血を垂らしてうずくまる俺、Tに抗議してくれるそのコ。
    10分後、俺は一人だけその場に取り残されていた。

    翌日からTのいじめはエスカレートした。痛みには耐えられたが、
    Tのスケベ話の相手が実はそのコの事だったと知った時は死んでしまいたかった。

    そのコのナニが具合がいいとか・・・バックから・・・
    もうキーが見えないよ・゚・(ノД`)・゚・


    18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:03:19.04 ID:t9R60mnOO
    >>12
    これも来るなぁ…(´;ω;`)


    19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:04:00.61 ID:12JFOHnn0
    小学生の頃、クラスにWさんという女子がいた。
    彼女は先天的な病で体がただれていて、声もうまく発声できなかった。
    大人しい子でいつも本を読んでいた。
    男子の友人はいなかったが、女子の友人は不思議と多いようだった。

    修学旅行で旅館に泊まった時、友人が女子の部屋に遊びに行こうと言い出した。
    俺も同意して、どうせだからこっそり行って驚かせてやろうってことになった。
    そしてクラスで一番人気のあった女子のいる部屋に行く事となった。
    こっそりドアを開けると(どのように鍵を開けたかは忘れた)恐ろしい光景が。

    体育座りで座り込むWさんを円になって囲むようにクラスの女子全員が立っていた。
    そして、Wさんに対して「豚」「焼けど野郎」などと罵声を浴びせていた。
    さらにクラスで最もかわいかった子が「じゃあ、カツラはずしまーす」と
    笑いながら言ってWさんの頭に手を伸ばした。

    次の瞬間、Wさんの髪の毛が全部その女の手にあった。
    Wさんは頭皮も病気で、髪の毛が生えないためカツラをしていたのだ。
    男子は誰もそれを知らなかった。
    ショックで何が何だかわからない俺の前で女子はWさんを蹴飛ばしたりカツラをライターであぶったり。
    Wさんはかすれた声でうめく。助けを呼びたくても呼べないのだ。
    俺と友人は無性に怖くなって見つからないように逃げた。

    次の日、Wさんもクラスの女子も何事も無かったように京都を観光していた。
    それが一番怖かった。


    20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:04:52.16 ID:1X97fjjs0
    ある所に、ゆかりちゃんという女の子がいました。

    ゆかりちゃんは、お父さん・お母さん・ゆかりちゃんの3人で幸せに暮らしていました。

    しかし、ゆかりちゃんが小学校5年生の時に、お父さんが事故で亡くなってしまいました。

    それからというもの、ゆかりちゃんのお母さんは、朝早くから夜遅くまで必死になって働きました。母子家庭だからと後ろ指を指されないように。

    立派に小学校を卒業させ、中学校卒業間際に、もともと病弱だったお母さんは、過労が重なり倒れてしまいます。
    亡くなる直前、お母さんはゆかりちゃんを枕元に呼び、「ゆかり、お母さんまで先に逝ってしまってごめんね。どうしても困った時にはこれを開けなさい」と、手作りのお守り袋を渡し、天国に行きました。

    それからゆかりちゃんは親戚の家に引き取られ、高校へ通っていました。
    通学かばんには、あのお守り袋が付いています。

    ある日、クラスの男子が「ゆかり、いつも付けてるそのお守り、見せろよ」とからかってきました。でもゆかりちゃんは大切な物だったので言葉を濁し、見せようとはしませんでした。
    男子は無理やりむりやり奪い取ってしまい、とうとうそのお守り袋を開けようとしました。
    ゆかりちゃんは全てを説明し、返してもらおうとしましたが、引っ込みが付かなくなった男の子は、お守りの中の物を手にしました。

    中には手紙が入っていて、それを見た男子は・・・絶句しています。ゆかりちゃんは今まで手紙が入っていた事すら知らなかったので、男子から手紙を返してもらいました。

    その手紙を見た瞬間、ゆかりちゃんは号泣しました。
    手紙にはお母さんの文字で、はっきりとこう書かれていました。





    ゆかり 死ね。


    24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:07:14.43 ID:12JFOHnn0
    小さいころ新聞に折り込まれた広告を見ると近所に出来た
    電気屋さんの開店セールのチラシが入っていた。

    そのチラシには「開店記念、ホットプレートで作った焼きそばを無料配布」の文字が!
    焼きそばが大好きだった俺は、タダで焼きそばか食べられるのかとワクワクしながら
    弟と一緒に電気屋の前まで行ったが電気屋の近くまで来た時に目にした光景は
    閑散とした客誰一人としていない店頭で一生懸命呼び込みをしながら
    焼きそばを小さなホットプレートで  焼きつづける電気店主夫婦・・・

    子供の目にもあまりにも寂しい雰囲気だったので「焼きそば下さい」と
    店の前まで行く勇気が湧かず弟と一緒に遠巻きに電気屋を見て、そのままそそくさと帰宅した。

    それから月日は経ち電気屋は無くなった。


    26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:10:44.86 ID:l76rFWsm0
    もう十分です…


    29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:12:16.76 ID:12JFOHnn0
    948 名前:既にその名前は使われています[] 投稿日:2010/01/24(日) 17:40:22 ID:WE7X8owA
    君のハゲ頭も真っ黒にして目立たなくしてあげるよ^^

    949 名前:既にその名前は使われています[] 投稿日:2010/01/24(日) 17:41:17 ID:nHnD3wDQ
    厨房の時はんだごてで毛穴潰されるってイジメやられてもう生えてこないから大丈夫


    30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:12:33.73 ID:PCQvPEx80
    俺「福山雅治みたいにカットしてください」




    美容師「わかりました」




    俺「ふぅ…」




    美容師「あんちゅぁ~んあんちゅぁ~ん」チョキチョキチョキ


    32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:14:24.01 ID:RKjygyKi0
    ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。
    「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。
     家で一緒に住んでもいいかな?」
    息子の帰還報告に狂喜した両親は、勿論!と泣きながら答えた。

    「でも、一つだけ言っておきたいことがあるんだ。
     彼は地雷を踏んでね、腕と足を失ってしまったんだよ。
     でも、僕は彼を家に連れて帰りたいんだ。」
    その台詞に、両親は押し黙ってしまった。

    「数日ならいいけれど、障害者の世話は大変よ。
     家にいる間に、そのお友達が住める所を一緒に探しましょう。
     あなたにも私たちにも自分達の人生があるのだから、
     そのお友達 の世話に一生縛られるなんて無理よ。」
    やっとのことで母親がそれだけ言うと、息子は黙って電話を切った。

    翌日、警察から電話があり、青年兵士の両親は
    彼がビルの屋上から飛び降りて死んだことを知らされた。

    死体と対面した両親は絶句し、泣き崩れた。
    息子には、腕と足がなかった。


    197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:11:58.50 ID:OQF787reO
    >>32
    足がないのにどうやって飛び降りた


    199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:14:16.25 ID:12JFOHnn0
    >>197
    えべぇ
    今気付いた


    今日1社面接があったが、いまだに腹が立ってしょうがない。
    5人の集団面接で全員の履歴書を端から読み上げ、
    住所や本籍など個人情報をバラした挙句、家族構成を質問。
    「その類の質問にはお答えできません」と断ると
    「おやおや、自分の家族も言えないのかね?
    それとも人に言えないような家族がいるのか?
    そんな人間、社会に出てもらっては困るねー!」
    正直に「母子家庭で」と答えた奴は
    「ロクな教育されてなかったんだろうね、でももう大丈夫だよ。
    うちでミッチリ教育してあげるから。
    ん?お母さん、いくつ?なんなら俺がお父さんになってやろうか?
    兄弟欲しいだろ?へへへ」

    圧迫面接っていうやつだと思うが、人をコケにするのも限度がある。
    俺たちは面接官の日頃のストレスの発散対象にされているか、
    良く理解すれば、この会社に来ない方がていいよ、と言ってくれてるのか、
    いずれにしても行かない方がよい会社だと言うことは確かだ!


    34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:15:37.08 ID:12JFOHnn0
    高校の時池沼の養護学校にボランティアにいったんだが、
    水泳の時間に池沼が女の子押し倒して腰カクカク。
    俺たちの唖然、10秒くらいで職員が取り押さえる

    (^q^)のああああああああああ!!!
    って言って離されたが、女の子の股間部分は横にズラされて(ちょっと入ってたぽい)
    べっとり一回の射精とは思えないほどの精子が付いてた。

    それで女の子泣きながら精子流すために外にあるシャワー行って洗おうとしたら
    見学に着てた70くらいの池沼母が日傘で女の子をボコボコにした。

    母「うちの池沼ちゃんの精子がそんなに汚いっていうの!?
    うちの池沼ちゃんの精子がそんなに汚いっていうの!?」

    結局女の子は二針縫って帰って1年休学。
    池沼の子供妊娠してたらしい


    36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:16:10.41 ID:PCQvPEx80
    ところでさ、一人暮らししてる人は年に何日実家に帰ってる?
    俺は仕事が忙しくて夏休み3日正月休み3日の、計年間6日位なんだけどさ。
    俺のカーチャン今50歳で、考えたくないけど
    女性の平均寿命から考えてあと30数年とするわな。
    単純計算すると、あと180日位しか会えないことになる。
    冷静に考えてみたら、もう半年しかないんだぜ?
    おまえらも数えてみ?
    あと何日カーチャンに会える日がある?


    39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:18:32.45 ID:PCQvPEx80
    本当に産まなきゃ良かった6歳になる次女。
    長女は優等生で手のかからない良い子なのに・・
    次女はむかつく事ばかり。
    今日は掃除機に小さなおもちゃを詰まらせてた。
    何が詰まってるんだろう?って、おもちゃだったから、もう腹がたって腹がたって
    むかついて次女をベランダに投げ飛ばして、ハサミで髪を散切りに切ってやった。
    それでも、腹のムシが収まらなかったので
    殴る蹴るをしてたら長女が来て止められた。

    我に返ったら、そこに血まみれになって泣いてる次女が居た。
    どうやら、私はハサミで次女の事を傷つけてたらしい。


    44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:22:35.10 ID:12JFOHnn0
    昔、初めてサイト作ったとき、嬉しくて友達や妹に言って回った
    検索エンジンからもぼちぼち人がくるようになり、
    意気揚々とレンタル掲示板をつけた

    書き込みしてくれる人いるかな?荒らされたらどうしよう なんて思っていたが、
    好意的なレスばっかりで嬉しくなった

    そのうち荒らしてくるやつが現れたので、それを削除しようと掲示板の管理画面に入った
    荒らしてくるやつのIPを見るついでに、好意的なレスをしてくれた人のIPもなんとなく見た
    好意的なレスはすべて同じIP しかも俺と同じIP(うちはマンションケーブルで固定IPだった)

    そう、妹が自演で盛り上げてくれてたんだ
    俺は泣きながら掲示板とサイトを削除した


    46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:23:55.45 ID:PCQvPEx80
    大学での話。 ある授業で同じクラスになった中国人留学生の女の子。
    以前から、ちょっと可愛いなって思っていたんだ。
    そんなある時、その子の携帯の画面がチラっと見えてしまったんだけど、
    受信メールには「老公」という文字がビッシリ。
    おじいちゃん大好きな子なんだろうなあ。って思ってさらに好きになりました。

    388 名前:名無しさん 本日のレス 投稿日:2008/03/30(日) 17:20:08.83 hIj+1NUy
    >>272
    「ダーリン」 くらいの意味だってさ。

    393 名前:名無しさん 本日のレス 投稿日:2008/03/30(日) 17:20:58.34 /qGntVed
    >>388 ・・・死にたい。


    47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:24:42.59 ID:RKjygyKi0
    大学のとき、高校の同級生の女の子がALSを発症した。
    そう親しくもない子だったし、ALSってどんな病気かも知らなくて
    軽い気持ちで大学の近くにあったその病院に、ひまつぶしで見舞いに行っていた。
    ある日彼女が、病室で言った。
    「あたし処女のまま死ぬのってイヤだなあ、ねえ今度夜這いにこない?」
    その晩実際に夜這いに行った俺を迎えた彼女は、病院の寝巻姿ではあったが
    髪はちゃんと整えてあり、うっすら化粧をして、下着も当時流行り始めたTバックだった。
    行為そのものは少々やっかいで、彼女は自分で脚を開くこともできなかった。
    彼女はわざとらしい喘ぎ声をあげて、なんとか無事終ることができた。
    そのあと俺に寝巻きを着せてもらいながら、彼女は嗚咽していた。
    翌日俺の実家に彼女の母親から、「息子さんの優しいお見舞いに感謝します。」と
    電話があったという。俺はまさかと思ったが、しばらくして戦慄した。
    彼女はもう、起き上がることすらできない。トイレだって行けないから
    たぶんおむつの世話になっているはずだ。
    では誰が?
    彼女の髪をとかし整えてやったのか
    彼女に薄化粧を施してやったのか
    彼女のおむつを脱がし、流行りの下着をはかせてやったのか
    それがわかったとき、嗚咽とはいかないが不覚にも涙が出てきた。

    あれから8年、彼女はもはや目も動かせない状態で今も闘病を続けているという。..


    48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:25:20.72 ID:12JFOHnn0
     ぼっちまじめ:がり勉            リア充まじめ:知的
     ぼっちマッチョ:デブきもい         リア充マッチョ:スポーツマン
     ぼっち暗い:根暗キモイ           リア充暗い:クール
     ぼっち面白い:笑われ者          リア充面白い:人気者
     ぼっち高学歴高収入:金の亡者      リア充高学歴高収入:エリート
     ぼっちリーダー:調子に乗るな       リア充リーダー:頼りがいがある
     ぼっちおしゃれ:勘違いもいいとこ     リア充おしゃれ:イケテル
     ぼっち低身長・高身長:キモイ・怖い    リア充低身長・高身長:カワイイ・カッコイイ
     ぼっちフリーター:さっさと就職しろボケ   リア充フリーター:夢に向かってがんばってね
     ぼっちマニア:おたくキモイ、敬遠される   リア充マニア:流行の発信源、関心持たれる
     ぼっち子供っぽい:いつまでたってもガキ  リア充子供っぽい:子供の心を忘れない
     ぼっち童貞:一生そのままでいろ       リア充童貞:私が捨てさせてあげるわ
     ぼっち香水:悪臭公害             リア充香水:女を寄せ付けるフェロモン
     ぼっち告白:ストーカー・消えろ        リア充告白:最高のシチュエーション
     ぼっちレイプ:逮捕               リア充レイプ:感じる
     ぼっち自己中:激しくウザイ          リア充自己中:自分をしっかり持っている
     ぼっちバンド:身の程を知れ          リア充バンド:最高にカッコいい
     ぼっち2、14:ただの邪魔者          リア充2、14:私のチョコを受け取って♪
     ぼっち優しい:下心あるのバレバレ      リア充優しい:もっと優しくして
     ぼっち子供好き:ロリコン、犯罪者予備軍   リア充子供好き:心優しい人
     ぼっち告白 : きもっ、ストーカー!!     リア充告白 : 嫁にしてクダサイ
     ぼっちが美容院 : 営業妨害          リア充美容院 : ようこそいらっしゃいました
     ぼっち一人旅 : 自殺だけはするなよ      リア充一人旅 : ロマンスたっぷり
     ぼっち独り暮らし : 孤独死確定ね      リア充独り暮らし : 御飯作りにいってあげる!


    49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:26:21.08 ID:PCQvPEx80
    会社の帰りの時間でした。夜8時頃だったと思います。
    日本橋はサラリーマンが多い街ですから、夜の8時といえば帰宅するサラリーマンや
    一杯やっていこうとするサラリーマンで賑わう時間です。
    交差点で信号待ちをしていると、原付と車が衝突しました。事故です。
    結構な勢いだったので原付に乗ってた方の人が勢いよく飛ばされて
    私を含めたサラリーマンの塊が信号待ちをしている横断歩道の前に投げ出されました。
    顔は血だらけで、頭からはおびただしい血がどろどろと流れ落ちていました。
    私はびっくりして119番しなければと思いながら携帯を取り出そうとしつつ
    何気なくあたりを見てみると、信号待ちをしているサラリーマンが
    老いも若きもこぞってその血だらけの人を携帯カメラで撮影しだしたんです。
    ぞろぞろと前に携帯をかざしながら、顔はニヤニヤと。
    あるものは、同僚と話しながら。
    「ヤベー、コレ。エグいなあ」とか
    「すげーもんに出くわしたなあ」とか
    結構立派そうな服装のサラリーマンや年配の方も。
    誰も止めに入らない。撮影をやめない。
    私は119番し、その場を足早に立ち去りました。
    あそこに1分でもいたくなかったからです。
    あの時。携帯カメラで撮影してた人たちのなんともいえない悪意ある笑みを
    今も忘れることができません。
    日本はやっぱり病んでるんですね。
    いや、ひょっとしたら私が狂ってるんですかね。


    53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:30:35.96 ID:Fx/TbIjD0
    >>49
    これ悲しくなる


    51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:28:33.14 ID:PCQvPEx80
    お前らナデシコJAPANのことブサイクとか言ってるけど、
    鮫島とか川澄とか普通に可愛いし、  
    大野だって小動物系で愛くるしいルックスしてる。  
    ていうか、近賀ですら実際に見たら愛嬌があって可愛いよ。  
    丸山なんか人妻の色気ムンムンだし、澤もドリブルが上手い。


    52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:29:11.34 ID:12JFOHnn0
    ある病室に2人の末期ガンの患者が入院していた。
    一人は二段ベッドの上のベッド、もう一人は二段ベッドの下のベッドだった。

    2人とも寝たきりの状態だったが、下側のベッドの男は、
    看護婦が上側のベッドの患者の様子を見るために梯子に登る時に看護婦のパンツを見ることができた。
    そんなわけで下側のベッドの男は上側のベッドの男に看護婦のスカートの中の様子を話してあげていた。

    「今日は染み一つない真っ白だ。」「花柄だったよ。」「ツバメが巣を作ったんだ。(←?)」
    そんな会話のおかげで死を間近に控えながらも2人は穏やかに過ごしていた。

    ある晩、下側のベッドの男の様態が急変した。自分でナースコールも出来ないようだ。
    上側の男はナースコールに手を伸ばした。が、ボタンを押す手をとめた。

    「もしあいつが死んだら、自分が看護婦のパンツを直接見れる・・・」
    どうせお互い先のない命、少しでも安らかな時をすごしたいと思った上側のベッドの男は、
    自分は眠っていたということにして、下側のベッドの男を見殺しにした。
    下側のベッドの男はそのまま死亡した。

    晴れて下側のベッドに移動した上側のベッドの男は、
    上のベッドに患者がいないと、看護婦は梯子を上らないことに気がついた。


    54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:32:03.62 ID:PCQvPEx80
    数人しかいない予感!!


    娘が6歳で死んだ。
    ある日突然、風呂に入れている最中意識を失った。

    直接の死因は心臓発作なのだが、持病のない子だったので
    病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受けた。
    葬式には別れた女房が「彼氏」同伴でやって来たが、
    もはや俺にはその無神経に腹を立てる気力もなく、機械的にすませた。
    初七日も済んで、俺は独りで映画を観にいき、娘が観たがっていた
    ゴジラととっとこハム太郎の二本立てを観ることにした。
    とっとこぉはしるよハム太郎♪の歌を聴いた瞬間、やっぱり俺は泣いた。
    6歳にもなって活舌の悪い娘が、この歌を一生懸命覚えて、
    とっとこぉ、はしゆよ、はむたよお♪と歌っていたっけ。
    ハム太郎の紙コロジーだってクリスマスに買ってやるつもりだった。
    女親のいない家庭だったが、少しでも女の子らしくと、
    服を買うときだって、面倒がらずに吟味を重ねた。
    学校だって、行きたいところに行かせてやるつもりだったし
    成人式には、ちゃんと着物を着せてやるつもりだった。
    女房と離婚してから俺は100%子供のために生きることにして、
    必死にやってきたのに、この世に神様なんて絶対いないんだと知った。


    57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:33:07.41 ID:mgY3B6Iu0
    >>54
    これダメ…


    58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:33:24.01 ID:PCQvPEx80
    ホントにひどい別れ方ってのはなぁ…
    誕生日にびっくりさせようと「今日は仕事で行けない」と言っておいて、
    彼女の部屋の押し入れに隠れてニヤニヤしながらスタンバイしてたら
    彼女が帰ってきたから「おめでとう!」と元気よく飛び出したら
    知らない男と抱き合いながらキスしてたから何も言えずに固まってたら、
    彼女に「お願いだから出ていって」と言われて戸惑ってたら
    男の方に「大人なんだから分かるだろ?」と言われて
    クラッカー片手にただ呆然と彼女の家を後にして、
    それ以降まったく連絡がつかない事を言うんだよ!
    甘えんじゃねぇ!


    224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:07:48.19 ID:+yscDevI0
    >>58が出るスレ立てたの自分なんだよ。懐かしいわ。


    226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:10:02.73 ID:12JFOHnn0
    >>224
    マジかw
    スレタイは?ww


    227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:14:10.13 ID:+yscDevI0
    >>226
    マジだww
    「ひどい別れ方した 女ってこんなもんか」
    みたいなスレタイだったと思う。

    「お前が前面的に悪い」
    「甘えるな」
    「死ねカス」
    みたいなレスの荒らしに逃げそうになったときに、
    このレスが出てきたわけだ。
    それ以降はそのレスで持ちきりになり、
    若き日の僕はそのまま逃げたわけです。


    230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:19:43.32 ID:PCQvPEx80
    >>224
    今日一番で泣いた


    233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:24:57.55 ID:+yscDevI0
    >>230
    そんな私も今年結婚し、かわいい娘が生まれたわけです。


    60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:35:02.60 ID:mgY3B6Iu0
    私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、
    母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない質素で見映えの悪い物ばかりだった。
    友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。
    ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。
    私は生返事でそのまま高校へ行き、こっそり中身を確認した。
    すると確に海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし
    彩りも悪いし、とても食べられなかった。
    家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。
    私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので
    「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。
    母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。
    それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。
    中を見ると弁当のことばかり書いていた。
    「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた。


    82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:56:54.95 ID:fG3MjBtt0
    >>60
    ミス

    これ確かもうちょっと続きるよな?


    138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:45:50.41 ID:iP8AqMNC0
    >>60
    最後まであるやつ見つけた


    私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、母の作る弁当はお世辞にも華や
    かとは言えない質素で見映えの悪い物ばかりだった。友達に見られるのが恥ずかしくて、
    毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大
    好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。私は生返事でそのまま高校へ行き、こっそ
    り中身を確認した。すると確に海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし彩りも悪い
    し、とても食べられなかった。家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこ
    く尋ねてきた。私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜って
    いたので「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく
    言ってしまった。母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らな
    くなった。
    それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。母の遺品を整理していたら、日
    記が出てきた。中を見ると弁当のことばかり書いていた。
    「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」
    日記はあの日で終わっていた。
    「今日は〇〇の好きな海老を入れた。相変わらず体が思うように動かなくてぐちゃぐちゃ
    になったけど…喜んでくれると良いな」
    何で食べてあげなかったんだろう…今でも後悔と情けなさで涙が止まらない。


    63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:37:02.16 ID:PCQvPEx80
    面接官「このボールペンを私に1万円で売ってください」

    俺「いやです」

    面接官「・・・理由をお聞かせください」

    俺「私はこんなボールペンを売るために御社を志望したわけではないんです。
      御社のアイデア溢れる商品!思わず笑みがこぼれる発想!
      そういった商品の数々に感動して御社に応募したんです。
      御社のすばらしい商品の魅力をお客様にお伝えする。
      それこそが私の最大の志望動機です。
      なので私は、このなんの面白味もないボールペンをお売りすることはできません」

    面接官「このボールペンはウチの商品です」

    俺「以上で面接を終わります」

    面接官「本日はありがとうござました」

    俺「ありがとうございました」


    64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:37:38.05 ID:mgY3B6Iu0
    幼い頃に父がなくなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。

    学もなく、技術もなかった母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。
    それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので何とか母子二人で質素に暮らしていけた。
    娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに遊びに行っていた。
    給料をもらった次の日曜日にはクリームパンとコーラを買ってくれた。

    ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。
    俺は生まれて初めてのプロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。

    野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。

    母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。
    チケット売り場で1人1000円ずつ払ってチケットを買わなければいけないと言われた。

    帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは外のベンチで弁当を食べて帰った。
    電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら
    母は「母ちゃんバカでごめんね」と言って少し涙をこぼした。

    俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって一生懸命に勉強した。
    新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。
    母も喜んでくれた。

    そんな母が去年の暮れに亡くなった。
    死ぬ前に1度だけ目を覚まし思い出したように「野球、ごめんね」と言った。
    俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで言葉にならなかった。


    67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:40:55.67 ID:12JFOHnn0
    駅前のちょっと大きなゲームショップにソフトを買いにいった。夏休みで周りはガキばっか。

    そこに20代中頃の無精ひげを生やし太った、一目で判るようなオタク息子と、
    母親(酷くやつれていて祖母さんかも)らしい二人連れが入ってきた。
    財布を持ってオドオドしている母親を尻目に、息子はPS2を抱えてレジへ。

    いい歳こいて、ひでぇ息子も居たもんだ、と見ないフリして見ていたら、
    急に息子が、

    「ステルビャー(?)くれ!!あるんだろ!早く!!売ってくれよ!!」

    店内に響きわたる大声で怒鳴り始めた。
    店員は怯えきった表情を浮かべながらも説明していたが、息子は怒鳴り散らすばかり。

    店内のガキたちの目は、レジ釘付け。それに気づいた母親が息子をなだめ始めた、
    と思った瞬間、息子が母親の腹をパンチ!

    見るに耐えない酷い光景だった・・・しかし母親は耐えて、店員に謝って
    PS2とゲームの代金を支払って息子を連れて帰って行きました。


    68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:41:43.37 ID:PCQvPEx80
    中学時代の昼休み
    俺「…ポツーン」
    女子数人「ジャンケンポン!キャー負けたー!」
    ジャンケンで負けたらしき女子が近付いてくる
    負けた女子「えー本当に言うのー?」
    取り巻き「キャハハ早く言いなよー。せーの。」
    負けた女子「友達になってくれませんか?」
    俺「???」
    負けた女子「もーヤダー!サイテー!」
    取り巻き「キャハハ○○(俺の名前)君喜んでるよ。もっかいちゃんと言ってあげなよっ」
    負けた女子「マジキモいんだけどー」
    俺「・・・。」


    70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:43:24.03 ID:12JFOHnn0
    上にコレクションについての話がありましたけど
    私は夫のコレクションを捨ててしまって後悔した立場でした
    鉄道模型でしたけど

    かなり古い模型がまさに大量(線路も敷いてて一部屋使っていた)という感じでした
    結婚2年目ぐらいから「こんなにあるんだから売り払ってよ」と夫に言い続けたのですが
    毎回全然行動してくれずに言葉を濁す夫にキレてしまい
    留守中に業者を呼んで引き取ってもらえるものは引き取ってもらいました

    帰ってきた夫は「売り払ったお金は好きにしていい」
    「今まで迷惑かけててごめん」と謝ってくれました
    残っていた模型も全部処分してくれたのですごく嬉しかったです

    でもその後夫は蔵書をはじめ自分のもの全てを捨て始めてしまいました
    会社で着るスーツとワイシャツや下着以外は服すらまともに持たなくなり
    今では夫のものは全部含めても衣装ケース二つに納まるだけになってしまって

    あまりにも行きすぎていて心配になり色々なものを買っていいと言うのですが
    夫は服などの消耗品以外絶対に買わなくなってしまい
    かえって私が苦しくなってしまいました

    これだけ夫のものがないと夫がふらっといなくなってしまいそうですごく恐いのです
    こういう場合ってどうしたらいいんでしょう


    92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:01:16.28 ID:PCQvPEx80
    >>70
    たぶんこの続きだと思う


    皆さんありがとうございます

    今朝出勤前の夫と話をしました
    謝ろうとしたのですが
    「君の気持ちに気づけなかった僕が悪いんだから」
    という答えしか返ってこなく謝らせてもらえませんでした

    取り戻すか新しいのを買おうとも言ったのですが
    「もういいんだ」を繰り返すばかり

    考えてみれば夫のコレクションは結婚以来ほとんど増えてません
    昔からのものばかりだったのでしょう
    夫の部屋の中だけでしたし掃除もしていました
    (共働きのため家の掃除は殆ど夫がしています)

    ただ新婚の家に既に夫のコレクションが沢山あったので
    私は結構苛ついていたんだと思います
    別に部屋に籠っているというわけでもなく
    二人で映画を見たりご飯を作ったりしている時間の方が遥かに長かったのに
    なぜか私は苛ついていました

    本も読まなくなってしまいました
    私が見ているテレビを後ろからボーと見ているだけ

    謝らせてもくれないぐらい傷つけてしまったんだと思います


    74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:49:33.66 ID:PCQvPEx80
    普段は友人として普通に接している連中相手でも、みんなで飯を食いに行く時とか特に壁を感じる
    俺が「そろそろ行こうぜ」って言っても、みんな「うんそうだねー」って感じで
    全然動き出さないけど、他の誰かが「行くか」って言うと動き出す
    俺がいなくても何事も無いかのように進むけど、他の誰かが欠けてると
    そいつに連絡取ったり待ったりする
    俺以外の奴が財布を取りに行ったり便所行ったりするとみんなそれを待つけど、
    俺が靴ひも結んでたりしてても完全無視でみんな先に行く
    どの食堂に行くかという話で俺の案は採用されない
    食べ始めるのはみんなが席につくまで待つのが基本だけど、俺が最後のときは
    みんな既に食べ始めている
    食後、普通は食器を全員が片付けるのを待ってから食堂を出るのだが、
    俺が最後のときはみんな先に帰り始めている
    横に並んで歩いている時、俺の両隣りが徐々に迫ってきて遂には俺は後ろへ
    追いやられて、みんなの後ろをトボトボ歩く羽目になる
    誰かが購買に寄るとみんなついていくが、俺が行くときは誰もついてこない
    これらの行為は作為的なものではなく、無意識なものだと思う
    みんなが特に俺への接し方に差をつけてるのではなく、
    ただ俺の存在や影響力が薄すぎるだけなのだろう
    たぶん、俺だけこんな空気な扱いになってることにも気付いてない気がする
    みんなのことは憎くないけど、自分の不甲斐無さが憎い
    こういうことが続くと、一人が楽だなーって思う


    76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:51:12.44 ID:mgY3B6Iu0
    >>74
    このコピペまんま俺


    78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:52:41.94 ID:12JFOHnn0
    515 名無しさんといつまでも一緒 New! 2010/01/11(月) 11:56:37 0
    夫が子供連れて出て行ってしまいました。
    浮気してたのがバレてしまったのですが、旦那にが泣いてしまい離婚したいと言われました。
    そのときは、ちょっと時間かかったけど必死に謝ってたら許してくれました。

    でも、それ以来旦那ができなくなってしまいしました。
    旦那は時間がたてば大丈夫だと思うといっていたし、私が原因なので、旦那を責めるつもりは
    ありません。
    でも、彼とはもう会わないと言ってたのですが、メールが何度も来ててどうしてもHしたくなって
    しまい、また浮気してしまいました。
    もちろん一度だけなのですが、旦那にバレてしまいました。

    407 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2010/02/13(土) 16:44:30 ID:yqLW/H8W0 [2/2]
    すごい反省したのですが、もう信じられないといわれてしまい、旦那は住所を伝えず出て行ってしまいました。
    子供も育児とかむしろ旦那のがして可愛がってたし、様子を見てて私が旦那をいじめていると
    とったみたいで、旦那についていくといい。一緒に出て行くことになりました。
    旦那出て行って、もう彼とは一切連絡を取っていません。
    私は大学出てすぐ結婚したからしばらく働いてないし、いまさら自立とか無理です。
    それに、出て行って旦那と子供がいない生活は辛いし、本当に後悔と反省をしました。
    もう、浮気はしないと本心でいえる気持ちになったんです。


    87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:58:17.80 ID:/kOoHfKp0
    >>78
    これ別に鬱にならないんだけど
    むしろ当たり前の制裁だろ


    79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:53:59.16 ID:12JFOHnn0
    少女のところにお星さまが降り立ちました。
    「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」
    お星さまはいいました。
    少女は泣いていました。
    「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」
    次の日、少女が目を覚まして一階へおりると、いつものようにおかあさんと
    おとうさんとおにいちゃんがいました。
    少女は後悔しました。
    その夜、再びお星さまは少女の目の前にあらわれました。
    「気に入ってもらえたかな」
    少女はいいました。
    「昨日のおねがいをとりけしてちょうだい」
    お星さまはいいました。
    「一度かなえたおねがいはとりけせないよ」
    少女は泣きました。


    84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:57:15.12 ID:QXXoZvRR0
    >>79
    すまんがこれがどういう事か教えてくれないか


    88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:59:17.93 ID:fnR/0Joi0
    >>84
    どこか遠くにいる本当の家族が…


    91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:00:53.08 ID:QXXoZvRR0
    >>88
    そういう事か・・・
    聞くべきではなかったな


    255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 18:17:53.70 ID:79lsaPl70
    90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 06:52:31.05 ID:5bcNORPI0
    添えてあるわさびについてひとこと
    日本で一般的に出回ってるチューブワサビはほぼニセモノです
    原材料に西洋ワサビと書かれてあれば疑いよう無くフェイク食品です
    西洋ワサビなんてものは存在しません
    多くはホースラディシュを緑に着色したものです
    味も本物のワサビとは雲泥の差があります


    97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 06:59:45.75 ID:+kfdcsAA0
    >>90
    ドヤ顔で説明してくれたとこ悪いけど
    >ホースラディッシュ(horseradish、学名:Armoracia rusticana)は、アブラナ科の耐寒性の多年草。和名はセイヨウワサビ(西洋山葵)。

    らしいです

    104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 07:26:57.70 ID:5bcNORPI0
    ああああああああああああああああああああああ
    ああああああああああああああああああああああ


    83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:56:55.73 ID:PCQvPEx80
    3歳になる娘がかわいく思えなくなりました。
    昨日の出来事
    朝、娘と朝ごはんをたべていたときのこと
    娘は自分のスプーンで食べているのだが
    パパも一口頂戴と言ってごはんを一口もらったんだ
    そうしたらスプーンをじっと見つめた娘が
    「ママスプーン洗って!」と泣き出した。
    俺「なんで洗うの?」
    娘「パパ臭いから」
    在宅仕事のため、今まで、飯からトイレ、風呂、遊び相手と
    合間合間で常に世話してきたのに…。
    思春期になったらそういうこともあるだろうとおもっていたが
    3歳で言われるとは…かなりへこんだ。
    もう娘の相手はしないと本人と嫁に宣言した。
    あれからトイレの世話も遊び相手もしていない。
    夜、自分のおかずを娘に箸でたべさせたあと
    「汚ねえ」といいながら箸を洗うことを2回ほどくりかえしたら
    涙目になってやがった。ざまあwww
    親として最低だと思う。許してあげないといけないのはわかってるができない。
    話しかけてきても無視してる。
    外出時は、歩道のない道で手をつなぐ等、あぶないことは注意する等
    最低限のことはしてる。


    85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 13:57:17.78 ID:12JFOHnn0
    鮮魚コーナーの前で子供を連れた若い母親と昔から近所に住んでいるババアが揉めていた。
    若い母親は注文してあったお祝い用の鯛を受け取りに来たらしい。
    鯛をカゴに入れて歩き出した。
    するとババアが「あらそれ美味しそうね~私買うから譲って」と言いカゴから取り出して自分のカゴに入れた。
    若い母親は「それはうちが注文してあったんです!」と言い取り返そうとした。
    ババアは「私だって食べたいの!あんた別の買えば?」と言い立ち去ろうとした。
    若い母親はババアの腕をつかんで引きとめた。口論になった。
    鮮魚コーナーの店員が出てきてババアに「このお客様が注文されたものですから」と説明してもババアは譲らなかった。
    ついに店長を呼ぶことになった。
    店長はババアの知りあいだった。
    なんと店長はババアに鯛を売ってしまった。
    若い母親は「この子のために注文したのに・・・!」と反論した。
    店長は「こちらは昔からのお客様ですので・・・申し訳ないですが・・・」 と言い聞き入れなかった。
    若い母親は半泣きで買い物カゴをその場に叩きつけて「2度と来ない!」と言い帰っていった。
    鮮魚コーナーの店員も周りの客もみな呆れと非難の混じった顔で店長を見ていた。
    確かに田舎の店で新住民より原住民の方を大事にする傾向はあったがこれは酷いと思った


    94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:03:02.37 ID:PCQvPEx80
    母からちょっと前に聞かされた話です。
    俺が2才の頃、団地内で母は外で仲のよいお隣の奥さんと談笑していた。
    俺はすぐそばのゴミステーションで、その奥さんの娘さん(俺と同じ年)と遊んでいたらしい。
    その時、ゴミの収拾車がステーションにバックで入ってきた。
    収拾車のタイヤは、娘さんをペッタンコに潰し、俺の目の前で
    止まった。
    お隣の奥さんは反狂乱、運転手は頭をかかえてうずくまっていたらしい。
    母親は言った「あんた○○ちゃん(娘さんの名前)のはみでた
    脳味噌いじくってたんよ、憶えてないんか?」
    もちろん記憶はない、もの心がついていなかったのが不幸中の
    幸いといったところか


    96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:04:33.59 ID:di6rdVnn0
    >>94
    うわぁ……


    97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:05:31.07 ID:PCQvPEx80
    入学したての頃、俺は初めて学食に行ってみたんだ。もちろん一人でね。
    慣れない食券システムにに戸惑いつつも、俺はウキウキした気分でハンバーグ定食を購入した。
    定食を貰って、席に着こうとしたんだが、もうすでに満席。
    一見空いているかに見える席も、DQNどもが荷物を置いて席取りしていた。
    今考えたら混雑した昼時に学食に行ったのが、全ての間違いだったんだ…
    俺は焦った。とりあえずどこか席が空くのを待ってみたが、一向に空かない。
    明らかに食事を終えている奴らも、友人と会話をしていて席を立とうとしない。
    俺はハンバーグ定食のお盆を持ったまま、その場に立ち尽くしてしまった。
    どうしようもなくなって錯乱してしまった俺は、近くの調味料や飲み物が置いてある台に、持っていたハンバーグ定食を置き、その場で立ち食いを始めてしまったんだ。
    俺のあまりに滑稽な姿に、周りの奴らが笑っているのに気づいた。
    中には俺の姿を写メールで撮影し始めるDQNもいた。
    俺は半泣きになりながらハンバーグ定食を急いで食べ終え、逃げるようにその場を去った。

    あれ以来2度と学食へは行っていない…


    100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:08:58.44 ID:12JFOHnn0
    夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。
    国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。
    ペダルを漕がなくても。何もしなくても。
    ただ、ただ気持ちよかった。自分は今、世界一早いんじゃないかと思った。
    子供心に凄く遠いところまできた事を知り、一同感動。滝のような汗と青空の下の笑顔。

    しかし、帰り道が解からず途方に暮れる。不安になる。怖くなる。いらいらする。
    当然けんかになっちゃった。泣いてね~よ。と全員赤い鼻して、目を腫らして強がってこぼした涙。
    交番で道を聞いて帰った頃にはもう晩御飯の時間も過ぎてるわ、親には叱られるは、
    蚊には指されてるわ、自転車は汚れるわ。
    でも次の日には全員復活。瞬時に楽しい思い出になってしまう。絵日記の1ページになっていた。

    今大人になってあの大きな下り坂を電車の窓から見下ろす。
    家から電車でたかだか10個目くらい。
    子供の頃感じたほど、大きくも長くもない下り坂。
    でもあの時はこの坂は果てしなく長く、大きかった。永遠だと思えるほどに。

    今もあの坂を自転車で滑り落ちる子供達がいる。楽しそうに嬌声を上げながら。
    彼らもいつの日にか思うのだろうか。
    今、大人になってどれだけお金や時間を使って遊んでも、

    あの大きな坂を下っていた時の楽しさは、もう二度とは味わえないと。
    もう二度と、友達と笑いながらあの坂を、自転車で下る事はないだろうと。
    あんなにバカで、下らなくて、無鉄砲で、楽しかった事はもう二度とないだろうと。


    103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:10:21.58 ID:di6rdVnn0
    >>100
    これ別段鬱じゃなくね?


    104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:11:45.57 ID:12JFOHnn0
    >>103
    う~ん
    欝というか切ない感じだったか


    107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:12:38.64 ID:lbZVTiFe0
    >>103
    働けば意味わかるんじゃね…


    110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:15:50.19 ID:di6rdVnn0
    >>107
    お、おう…すまん…


    113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:18:06.25 ID:PCQvPEx80
    >>110
    このやりとりって欝になるコピペになんねーかな?

    イヴの夜に両親不在の実家に妹の彼氏が来て
    空気読んで「俺予定あるから」って言って外に出て
    当然予定もないし、友達いないし
    漫喫で泊まろうと思ったら財布無くて
    財布とりに家帰ったら
    鍵かけられてて、家の電気消えてて、妹と彼氏が確実にギ◯ア◯してて
    大して厚着もしてないのにこの寒空の下、とにかく朝になるまで時間つぶしたくて
    でもリア充、DQN共の巣窟の駅前には行く勇気も金も行動力もなくて
    誰にも見つからないように近所の小山を歩き回って、職質受けた挙句
    結局、事後であろう午前3時頃に家に帰ってきて
    妹と彼氏がギ◯ア◯して満足したであろう我が家の庭のエアコンの室外機に寄り添って
    人が作り出した文明の利器の暖かさに触れて
    昨日初めて優しくされた気がしながら夜を明かした、イヴの夜


    326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 22:28:07.89 ID:D/x6aWVT0
    >>100と同じ感じの


    487 名前: 名無しのエリー [sage] 投稿日: 03/10/24 00:11 ID:4jx3A4zn
    「ガキの頃」

    ガキの頃はバカだったなぁ
    あの頃は段ボール1つでヒーローになれたんだ
    古タイヤ転がすだけで幸せになれたんだ
    用水路を歩くだけで探検家になれたんだ
    風呂敷をマントにして空を飛べたんだ
    木に登るだけで星をつかめたんだ
    土管に入るだけで宇宙へ行けたんだ

    あの街が僕の全世界だったんだ

    ガードレールからかっぱらった反射板が一つあればウルトラマンになれたんだ
    2つあれば仮面ライダーにもなれたんだ

    毛布を被るだけで怪獣になれたんだ
    イチゴのキャンディーをなめるだけでドラキュラになれたんだ
    サングラスかけるだけでハリマオになれたんだ
    ついでにシャンプーキャップとマスクをつけるだけで月光仮面になれたんだ
    映画の下敷き買っただけで次の日話題の中心になれたんだ
    竹ボウキ2本もあれば真剣勝負ができたんだ

    そんな僕らの恋だったんだ
    なぜだか涙が止まらないんだ


    102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:10:15.25 ID:PCQvPEx80
    先日メイド喫茶へ行ったのだが、店はいつものとおり長蛇の列。
    仕方なく順番待ちの紙に自分の名前を書き待つことにした。
    書くとき気づいたのだが上のほうの名前の欄にお◯ん◯んと書いてあった。
    悪質ないたずらだなと思いつつも俺は順番を待った。
    そしてお◯んち◯の番がきてメイドが意を決したように大声でお◯んち◯様~と呼びかけた。
    待っている客が笑いと哀れみの声でざわつきはじめたが
    当然おち○ちんと書いた輩はでてこない。
    それでも健気に何度もお◯ん◯んと叫ぶ姿に心を打たれ彼女を心から助けてあげたいと思った。
    そして俺は不本意ながら「はい、お◯んち◯です」と名乗り出た。
    周りの客からは「あいつ最低だな」とか「変態じゃねーの」など
    いわれなき中傷を浴びつつ店内へ入る俺。すべては彼女の為と思っての行動だった。
    そして待っていた彼女は思いっきり俺のことをにらみつけとても冷たく案内された。
    その後も周りの客はひそひそ俺の悪口、店のメイドは全員冷たかった。
    俺は何か間違っていたのだろうか?
    もう過ぎてしまったことだが俺にはよくわからない後悔の念だけが残った。


    105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:11:58.67 ID:gpuHgMprO
    俺が中1の時のクラスメートの女子の話

    男子アイドルグループが好きで常に2~3グループの追っかけをしてた

    明るくておしゃべりで男女ともに屈託なく付き合う、いつも大勢の友達に囲まれてる子だった

    夏休みが明けると、彼女は全く登校しなくなった

    担任の説明は歯切れが悪く、クラスの女子全員で職員室へ赴き説明を求める騒ぎになった

    結果、判明したのは彼女が薬物中毒で廃人になってしまったという事実だった

    夏休み中にタレント事務所にスカウトされたが、そこが悪質だったらしい
    数日間の行方不明の後に自力で自宅まで逃げて戻ってきた彼女だったが
    心身共にズタボロで入院を余儀なくされた

    たった1度だけ、俺を含むクラスメート数名でお見舞いに行った
    片目を失明し、歯は数本を残して抜け落ち、髪も脱毛が激しく
    身体は痩せ細って骨が浮き出ていた

    そして口からは「ふわあぁ…うわあぁ…」という呟き以外に発しなくなっていた

    母親はどんな思いで俺たちと、変わり果てた娘の面会を見守っていたのだろう
    彼女は未だ、入院治療中である


    106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:12:33.87 ID:PCQvPEx80
    隣にDQNカップルが越してきてからもう悲惨。
    DQNカップルの喧嘩がすげえのなんの。
    ドカッガッシャーン、その後絶叫。週2~3回のルーティーンw
    大家と俺が再三注意しても埒があかず、女の方が俺を逆恨みして嫌がらせをしてきた。
    窓を開けてウチをじろじろガン見から始まり、カーテン閉めていると物を投げてくる。
    しまいには脅迫っぽい手紙がうちのポストにw 開けずにソッコー捨てたけど。

    こんなのが1年も続いてついに俺ノイローゼ。糞女の嫌がらせの証拠を取って
    出るとこ出てやると、2~3日うちのベランダに隠しカメラを設置したわけ。
    そして隠しカメラを確認したら、女が俺んちに向かって何か小声でぶつぶつ言ってやがる!
    聞き取れないが俺を罵倒してるに違いない!!

    ・・しかしその直後、DQNからの嫌がらせや喧嘩がウソのようにピタッと収まった。
    あの女が部屋で殺害されているのが発見されたからだ。
    女の顔の形が変わるほど、激しく殴られたような後があったという。
    カップルの男の方は行方不明。

    いやな予感がしてもう一度あの隠しカメラを確認してみた。
    女が口をパクパクしている、その口から確かに読み取った。
    「た す け て」


    108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:14:08.50 ID:PCQvPEx80
    新婚当時、お酒が好きな旦那がある日の夜
    「◯カメ酒いいよなぁ。飲んだことないし」と言っていた。
    その時はスルーしてたけど、翌日こっそり買ってきて驚かせようと計画。
    気の利く良妻を演じたかった。

    まず、近所の酒屋に出向き「ワカ◯酒置いてますか?」と元気よく尋ねるも
    酒屋の若い男性店員に「・・・置いてないんですけどぉ」と言われる。
    足を伸ばしてスーパーに隣接する大きめの酒屋で再度探してみたけど
    どこにもなくて そこの店員にも「置いてません」とキッパリ言われた。
    他にもいくつかまわってみたけど結果は同じ。

    家に戻り新聞広告にあった新しく開店したリカーショップに電話。
    女性店員に「うちでは扱ってません!」と半ギレで応対された。
    仕方なくもしかしたらネットでお取り寄せできるかもと検索してみた。
    そして真実を知った。

    引っ越したいです。


    111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:16:13.56 ID:/kOoHfKp0
    >>108
    これ未だに意味が分からん。田舎差別?


    119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:20:03.71 ID:PCQvPEx80
    >>111
    わかめ酒ってのは、女性が股を閉じて、そこに酒をついで男が飲むことをさすんだ。

    同じような展開だったら、魚屋行って女体盛り下さいって男が言ってるレベル


    109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:15:49.77 ID:PCQvPEx80
    幼馴染と俺は結婚した。
    翌年には娘もできた。満ち足りていて幸せだった。
    次の年離婚して欲しいといわれた。納得がいかず裁判になった。
    妻の性格の不一致という理由だけで裁判に負けた。
    それでも妻と娘を愛していた。3ケ月後元妻が再婚したと聞いた。

    再婚相手は俺の幼馴染の親友だった。
    結婚式のときにスピーチをしてくれた仲だった。それでも養育費を払い続けた。
    ある日、娘に会いに行ったとき元妻から「もう娘に会いにに来ないで」といわれた。
    納得がいかないので理由を聞いた。

    実は娘は俺の子供ではなく今の夫の子供だといわれた。
    怒りよりも絶望が大きくて言葉が出なかった。うつ病になった。

    翌年元妻と親友が交通事故で死んだ。娘は生き残った。
    俺は娘の引取りを拒否した。俺の実家が娘を引き取った。
    親失格といわれ実家から勘当された。

    娘が俺の子供じゃないのは俺のみが今は知る。この秘密は墓場まで持っていくつもりだ。

    今は養育費を毎月実家に払っている。これが俺の精一杯だ。
    娘と会うと吐き気がしてしまう。娘は彼女の親によく似ているから・・・・

    誰か俺を救ってくれ・・・・・


    112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:18:04.60 ID:12JFOHnn0
    31 : めがねレンチ(関西地方) :2010/02/10(水) 10:48:30.11 ID:OgSwFLzP
    いかなごってのがこの土地の名産らしいと聞き
    引っ越してきてすぐwktkしながら商店街の魚屋に買いに行った
    店の外には「いかなご入荷!!」と紙がペタペタ張ってある

    俺「いかなごください」
    店主「無いよ」
    俺「え・・・売り切れですか」
    店主「無いよ」

    そこに他の客が続々店入ってきて
    おばちゃんA「いかなごある?」
    店主「あー入ってるよー」
    おばちゃんB「なんや兄ちゃんには売ったらんのか」
    店主「こういうときだけ来られてもなあ、ふだん買い物してくれへん人に売るのは無いな」

    俺、下向いて退店
    マックスバリューで買って帰った

    商店街が暖かいってのは大嘘


    121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:22:43.50 ID:12JFOHnn0
    「十代のころは周りがバカばかりに思えた」
    「自分はもっと立派な大人になる自信があった」
    「二十代になって三十になるのが怖かった・・・」
    「でもいつかは自然に落ち着くと思っていた」
    「そして三十になって・・・毎日があせりの日々になった」


    122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:22:55.37 ID:PCQvPEx80
    高校の時、遠足で行ったよ、TDL

    午前10時に現地についたらなんとそこで解散。後は自由行動、
    夕方6時に帰りのバスが出るが、それに乗るか乗らないかも自由と来たもんだ!
    勝手に遊んで勝手に帰れってことだろ?自由万歳!

    めいめい友達と分かれて散っていく。
    俺も、たった一人の友達と一緒に回ろうと思ってたんだ
    でも、そいつがいない

    PHSが鳴った。友達からだ。
    「俺今日、○○さんと××さんと▲▲くんと4人で回ってるから、ごめん!」
    電話は切れた。
    そういや、○○さんのこと好きだって言ってたな。
    チャンスなんだな。
    邪魔しちゃいけないよな。

    午前10時15分
    俺は舞浜駅から電車に乗った。グッバイTDL


    124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:24:57.18 ID:PCQvPEx80
    始めてこのコピペ見たが胸が苦しくなった


    あー、でもやっぱり親がいないって嫌だよね。
    自分は幼稚園の頃に親がいなくなった。死んだとかじゃなくていなくなった。
    幼稚園から帰ったらえらく部屋がさっぱりとしてて、大きな荷物があった。幼かったのもあって俺はてっきり旅行に行くのだと思った。
    最後の母親の満面の笑みが忘れられない。
    夜が明けても親は帰らなかった。空腹とか、喉が渇いたとかはなく、ぽーっとしてた。
    家が近かったから先生が来てくれて助かった。
    それから親戚をたらい回しにされ、何とか行きついた所はド田舎で家でいじめられる事はなかったけど、よそ者扱いが酷かった。
    近所の一部の子供からはいじめられ、大人からは家ごと差別された。
    高校は違う所行って、大学も行って就職もして、妻子も持った。
    それでも心の中に穴があいている。多分一生うまる事はないと思う。
    自分は悪くないって分かってるのに、何が悪かったんだろって考えるときがある。
    子供を見てると見せてやりたくてしかたない。
    親が出てったのがこのごろだったから、いつも家の周りを散歩しながら泣いてる。
    もう一生戻らないのに何を期待して歩いてるのか自分でも分からない。


    126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:27:08.97 ID:12JFOHnn0
    なんか機械音痴の母がデジカメを買った。
    どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。
    何日かしてメモリがいっぱいで写せないらしく
    「どうすればいいの?」って聞いてきたが
    「忙しいから説明書読め!」とつい怒鳴ってしまった。
    さらに「つまらないものばかり写してるからだろ!」とも言ってしまった。
    そしたら「・・・ごめんね」と一言。

    そんな母が先日亡くなった。
    遺品整理してたらデジカメが出てきて、何撮ってたのかなあと中身を見たら
    俺の寝顔が写ってた・・・。

    涙が止まらなかった。


    128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:29:58.47 ID:12JFOHnn0
    105 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/12 02:10

    4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、
    どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。


    ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。

    「○○ちゃんから、神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」 こっそりと中を読んでみたら、
    「いいこにするので、ぱぱをかえしてください。おねがいします」
    と書いてあったそうだ。
    旦那は去年、交通事故で他界した。
    字を覚えたかったのは、神様に手紙を書くためだったんだ・・・
    受話器を持ったまま、私も先生も泣いてしまった。

    「もう少ししたら、パパ戻って来るんだよ~」
    最近、娘が明るい声を出す意味がこれでやっとつながった。


    娘の心と、写真にしか残っていない旦那を思って涙が止まらない。


    131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:32:41.97 ID:12JFOHnn0
    高3の秋。両親と妹が親戚のとこに行って夜まで帰ってこないので、家には俺ひとりきり。
    そこで俺は最高にゴージャスなオナヌーをしようと思いついた。
    居間のテレビでお気に入りのAVを再生。洗濯機から妹のパンティを取り出し、
    全裸になって頭からそれをかぶり、立ったまま息子を激しくシゴいた。
    誰もいない家で、しかも真昼間にやるその行為はとても刺激的だった。
    俺はだんだん興奮してきて、
    「ワーオ、最高!イエース!グレート!」と叫びながらエアギターを弾くように
    部屋中を動き回ってオナヌーをした。
    テーブルに飛び乗り、鏡に自分の姿を映し、「ジョジョ」を髣髴とさせる
    奇妙なポーズでチ●ポをこすってみた。
    すさまじい快感で汗とヨダレが流れるのも気にならなかった。
    「ヨッシャーいくぞー!! ボラボラボラボラボラボラボラボラ ボラーレヴィーア!!」
    俺はゴミ箱の中に直接ザーメンをぶちまけようと後ろを振り返る。

    そこには両親と妹が呆然と立ち尽くしていた。怒りとも悲しみともつかない
    不思議な表情を浮かべながら…。
    「な、なんなんだよ!お前ら!!」
    俺は叫んだ。今思えば「なんなんだ」と叫びたかったのは父のほうだったに違いない。

    あの瞬間、俺は世界一不幸な男だった。それは断言できる。
    その後の数週間いや数ヶ月も辛かった。家族から向けられる蔑みの視線…。
    しかしそんな俺も今こうして生きている。
    もしなにかに悩んでて「死にたい」って思ってる人がいたらどうか考えなおしてほしい。
    人間というのは、君が考えているよりはるかに強い生き物だから。
    人間はどんなことでも乗り越えていけるのだから。


    133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:36:34.63 ID:12JFOHnn0
    俺が小学5年生の時、クラスに貧乏な家の男の子D君がいたんだ。
    彼は給食費を払うことができなかったらしい。なぜなら、担任が給食の時間
    毎日のように、「D、ただ飯はうまいか?」と言っていたからだ。
    D君は引きつった様な顔でぺこりと頭を下げていた。
    たまに給食を残したりしようものなら、「お前は金を払わないのに食べれるんだから
     残す事は許さない。」と教師に言われ、掃除の時間中後ろにずられた机の中でモクモクと
    食べていた。これが、クラスの悪ガキのいじめならば、誰か止めに入る事ができたのだろうが
    担任のいじめとなると、どうしようもなかった。その担任の教師は、自分のお気に入りの
    女子の生徒を膝の上に乗せたりしたり、嫌いな子にはビンタするという、ひいきを平気でするような先生だった。
     そして事件が起きたんだ。授業中にD君が飛び降りた。3階からだったんだけど下が花壇で、助かった。
    D君の机の上に紙が置いてあった。俺は隣の席でその紙の内容は知っていた。
    [担任の先生に怒られて叩かれる。僕は駄目な人間だから死にます。]みたいな内容だった。
    担任は、その遺書のようなものをサッとポケットに入れて、飛び降りた理由も僕を含めた
    五人の児童になすりつけた。
    世の中悪が勝ち、正直者が泣くと思わされたトラウマです。


    136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:40:51.16 ID:PCQvPEx80
    17歳くらいの頃、ワンピースのルフィに憧れてて、
    無駄に「おう!」とか「そうだぞ!」みたいな返事してた。
    作中での仲間たちの信頼関係に感銘を受けて、
    仲の良かった(今思うと一緒にいてくれていただけ)友達が職員室に呼ばれたり、
    掃除さぼって先生に怒られてたりすると、
    「○○のことを悲しませる奴は許さねぇ~!!」みたいなことを叫びながら
    職員室の中に入っていったり、先生に突っ込んだりした。
    説教を終えて戻ってきた友達に「良かったなー!お前!俺は嬉しいぞ!」って言ったり。

    気分は敵から大事な仲間を救う船長。
    初めは怒られたけど、その内「はいはい、またそれね」みたいな反応をされるようになって、
    自分の仲間に対する熱意が伝わらないことが悔しくて号泣したりした。
    「俺は弱い…」って呟きながら崩れ落ちたりもした。

    大体一年近く続けてたけど、二学期末の成績表に
    「友人想いなのは大変結構ですが、落ち着きがありません。
    少し自分の世界に入り込む様な傾向があります」
    って書かれた上に親呼び出されて三者面談。
    これまでの行動の一部始終を親に報告され、その夜めちゃくちゃ怒られてやめた。
    その後卒業まで影でルフィとかワンピースって呼ばれた。


    137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:45:28.66 ID:12JFOHnn0
    ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。
    友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだ、
    その子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろう
    とおもい、病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。

    結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、三ヶ月ともたずに
    その子はなくなってしまいました。
    葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、
    病院で撮った写真の事を思い出しました。それを現像に出し取りにいって
    見てみると、その写真が見つかりません。写真屋さんに聞いてみると、
    「いや、現像に失敗して、、、」というそうです。不審に思ったお母さんは
    娘の生前の最後の写真だからとしつこく写真屋さんに迫ったそうです。
    写真屋さんもしぶしぶ写真をとりだし、「見ない方がいいと思いますけれど、
    驚かないで下さいね。」と写真を見せてくれました。

    そこには、三人の女の子が写ってましたが、真ん中の亡くなった女の子だけが
    ミイラのような状態で写っていたそうです。

    それを見たお母さんはとても驚きましたが、供養して
    もらうといい写真を持ち帰りました。それにしても恐ろしい
    写真だったため霊能者のところに供養してもらう時に
    これは何かを暗示してしているのではないかとたずねました。
    すると、霊能者は言いたがりません。やはり無理に頼み込んで
    話を聞ける事になりました。その霊能者が言うには、

    「残念ですが、あなたの娘さんは地獄に落ちました。」


    157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:15:25.39 ID:eNY1PX+T0
    >>137
    これ本当にやめてくれ


    139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:50:01.14 ID:12JFOHnn0
    娘が6歳で死んだ。
    ある日突然、風呂に入れている最中意識を失った。

    直接の死因は心臓発作なのだが、持病のない子だったので
    病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受けた。
    葬式には別れた女房が「彼氏」同伴でやって来たが、
    もはや俺にはその無神経に腹を立てる気力もなく、機械的にすませた。
    初七日も済んで、俺は独りで映画を観にいき、娘が観たがっていた
    ゴジラととっとこハム太郎の二本立てを観ることにした。
    とっとこぉはしるよハム太郎♪の歌を聴いた瞬間、やっぱり俺は泣いた。
    6歳にもなって活舌の悪い娘が、この歌を一生懸命覚えて、
    とっとこぉ、はしゆよ、はむたよお♪と歌っていたっけ。
    ハム太郎の紙コロジーだってクリスマスに買ってやるつもりだった。
    女親のいない家庭だったが、少しでも女の子らしくと、
    服を買うときだって、面倒がらずに吟味を重ねた。
    学校だって、行きたいところに行かせてやるつもりだったし
    成人式には、ちゃんと着物を着せてやるつもりだった。
    女房と離婚してから俺は100%子供のために生きることにして、
    必死にやってきたのに、この世に神様なんて絶対いないんだと知った。


    148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:04:02.26 ID:12JFOHnn0
    132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 19:59:51.38 ID:HsUpbwWO0
    ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
    細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

    主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
    生きて動いているのは一人の老人だけ。

    昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
    絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
    老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
    気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

    罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

    主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
    女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。
    呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、
    ○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
    老人が若返ったりする救済無し。

    「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。
    それこそが彼に対する本当の罰です」
    このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

    結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。
    後味悪い。


    149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:05:24.51 ID:12JFOHnn0
    66 :彼氏いない歴774年:2010/11/17(水) 00:56:24 ID:cBn69G5s
    「うおおおおぉぉぉ(ブッブババババ※屁)よっしゃあああぁぁぁぁぁ!!」
    って寝起きに階段降りながらやってたら、階段下の玄関に弟の会社の人が立ってた。
    一緒に釣りに行くんだって。


    150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:08:36.48 ID:0WVlORm/0
    >>149
    くそわろた


    151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:09:09.91 ID:12JFOHnn0
    126: 2011/05/25 03:33:55 XDrakQMr0 [sage]
    特番で後味悪すぎて現在進行形のやつ。
    新聞配達の少年がたまたま通りかかったDQNのガキ集団にリンチされて昏睡。DQN放置。
    4時間後に心配して探していた母親が発見。

    命を取り留めるも知的障害、記憶障害、顔面麻痺、指先の機能障害が残ってしまい、
    進学を諦め学校を退学せざるをえなくなった。
    成人して暫く経つが仕事がみつからない。勤め先をつてを頼りに公務員の障害者枠に入れ、
    事務や雑用をこなすようになる。

    その姿をカメラで撮影。両親が控え室からモニターで見て
    「よかったね。ああ、ちゃんと仕事を覚えられるんだ。忘れないんだ。よかったよかった。」
    と涙を流していた。

    取材中、チェーンの飲食店で記者と差し向かいでハンバーグ食べるシーンがあるんだけど
    「口が閉じられないんだ。だからこうしてるの」と
    咀嚼のたびに手で顎と唇を閉じているのが悲しかった。
    手を添えないと顎がだらりと下がってしまう。

    「熱いうちに食べて火傷しないの?」の問いに「美味しいものは熱いうちにたべたいから」
    と麻痺した顔でぎこちなく笑うのが今思い出しても胸苦しいわ。
    彼は一生後遺症に苦しまないといけないんだから。

    一方DQNのガキどもは一番重い刑で1年ぐらい少年院に入って
    みんな結婚して子供作って普通に暮らしているという。


    152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:09:56.32 ID:PCQvPEx80
    また見つけてきたから少しだけ

    成人式の為に買ってもらったスーツを着て
    かっこいいと言われ、何枚も写真を取られ
    車で会場まで送ってもらい
    「友達と飲むだろうけど、イッキなんてしたらいかんよ?
     遅くなるだろうから気をつけて帰ってらっしゃい」

    そう言われた後一人で会場を一周し、中に入ることが出来ず
    友達と飲みに行くことになっている手前、そのまま帰ることも出来ず
    夜まで時間つぶすためにその足でスロット店へ行き
    親からもらったお年玉を使い切るのに2時間も持たず銀行から下ろした8万も消え

    どうしようもなくなって、夕方頃に家に帰り
    人が多すぎて友達と会えなかったと言う俺に
    母さんは、じゃあ夕飯ちゃんとしたもの作らなきゃねと言い

    俺は震えて声も出せないほど泣いた


    153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:11:44.63 ID:12JFOHnn0
    94 名前:本当にあった怖い名無し sage 投稿日:2007/01/26(金) 11:01:09 ID:/kmj4FsN0
    近所に住むお婆ちゃん。
    もう90歳近いお婆ちゃん。
    足腰弱ってるが毎日の散歩は欠かさない。

    白いレトリバーを連れてゆっくりゆっくり歩いてた。
    はた目には「ばあちゃん本当に歩いてるw?」ってくらい遅くて
    見方によっては滑稽にすら見える。

    でも、犬が5歩歩いてピタッ、4歩歩いてピタッとお婆ちゃんのペースに
    合わせて待ちながら歩く姿が可愛いやら微笑ましいやらで大好きな光景だった。
    ある日、団地のバカ小学生どもがゆっくりしか歩けないお婆ちゃんを
    馬鹿にしてからかった。

    バカガキはエスカレートしてお婆ちゃんにボールをぶつけた。
    更にエスカレートしたバカガキの一人が石を投げつけようとしたとき
    大人しかったラブラドールがリードを振りほどいて石を持ったバカガキに
    飛びかかった。噛まれてはいなかったらしいが、ビックリしてこけた
    拍子に腕の骨にヒビが入ったらしい。

    目撃者が証言してくれたらしいが、バカガキのDQN親が大騒ぎして
    「人殺し!」「こんな犬さっさと保健所に持ってけ!」だのと
    お婆ちゃんを罵倒したそうだ。
    今、お婆ちゃんは一人で寂しそうに散歩している。


    154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:12:49.37 ID:9o79+wlO0
    この前ラクーン森林でタイマン勝負したことを書くぜ。
    互いに軍服姿でまずは威嚇、腕組みハンドライト構えガン装備、
    大股で筋肉と勃起誇張して、野郎比べだ。
    雄臭ぇポーズで探索しあう。犬飛び出しジョセフに即死噛み付き、
    オラオラ節で興奮に火が付く。

    やわら実写ムービーをタップリ仕込んで、いよいよ本編開始だ。
    ゾンビ、ケルベロス、ヨーン、ブラックタイガー、ハンター、ネプチューン。
    野郎V-JOLT責め、腰砕けのフォレスト、野郎泣かせの通信機故障。
    ナイフ技とガン捌きの競り合いで、雄の粋と艶を比べ合う。サバイバル根性丸出しでな。
    一息入れる時にゃ、タイプライターめがけて、勃起セーブ。
    ビシバシ痛ぇくらいに、タイプすりゃ、生の安堵感が
    全身を快感となって駆け回る。

    さらに洋館の奥に進んで2R。
    今度は俺のマグナムリボルバー見せながらの研究所攻略さ。
    ラッシュ飛ばして、ド淫乱野郎に変獣し、ジル・レベッカ・ウェスカーの連呼。
    俺達はまさに、S.T.A.R.S、アンブレラ、B.O.Wを激しく巻き込む戦闘士だ。
    死にかけの苦悶の表情も相手を落とす神技、
    何度も食らう度にロケランを構える痛みさえ新たな快感に変わる。
    その時、ほんの少しの気の緩みで奴は攻撃のコントロールを失い
    死亡ムービーの痙攣に突入。

    2回に渡るファイトはいずれも俺の勝利、最後はヘリの中から、
    研究所爆破の快感に酔いながら勝利のリザルト!
    3時間以内クリアは俺達無限ロケラン舎弟の絆を更に固めたぜ!


    155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:13:14.51 ID:PCQvPEx80
    超ハマってたゲームなのに、友人と奥さんにゲーム機ごと売られてしまいました。
    私の同僚(男)の話です。

    先日、彼の結婚式(披露宴)に招かれました。
    会場は都内のすばらしい式場で、新婦も美人。
    新郎の幼いころからの友人もたくさん駆けつけ、感動的な披露宴でした。

    ただ、仲の良すぎる悪友(?)たちが「ちょっとぶっちゃけ気味かな?」という感じでした。
    大変な盛り上がりの中で披露宴はお開きになり、参加者は二次会へ流れ、アトラクションが始まりました。

    「あるものを売った値段を当ててください」というクイズです。

    そして、会場のスクリーンには、悪友が彼の家からプレステ3とソフトをこっそり持ち出して、
    「ブッ○オフ」で売りさばく映像が……。

    彼はウイニングイレブンというサッカーゲームにハマっていて、
    アジアNo.1に輝くほどの腕前だと披露宴でも紹介されていました。

    しかし、そんな栄冠をあざ笑うかのように、映像では淡々と買取査定が行われ、
    ゲーム機は店の奥に消えていきます。
    当然のことですが、買い取られたゲーム機のデータは、
    日本一だろうが世界一だろうが「完全消去」されます。

    大爆笑が渦巻く会場の中で、一人言葉を失ったままスポットライトを浴びている新郎……。

    どうやら新婦は彼の“ゲーム漬け生活”を快く思っていなかったらしく、
    そこへ悪友がこの“サプライズ企画”を持ちかけたようです。

    企画の決行は奇しくも昨日、彼が今日という日に備えて式場に前泊している間でした。


    156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:14:38.46 ID:PCQvPEx80
    よく通る道に花が手向けられている電信柱があり、
    通る度に供えられた花の種類が変わっていたので
    よほど大切な人を亡くしたんだろうなと気になって見ていた。

    ある時、その電信柱の前を通ったらその花が荒らされていた。
    次の日通ると花は綺麗に新しくなっている。

    その日の夕方に通るとまた花が荒らされていた。
    その後荒らされる→新しい花→また荒らされるというのが暫く続いた。

    猫や鳥にやられたのかな?と思いつつ通り過ぎていたが、
    ある日偶然にもその花を荒らしている最中の人を発見。

    俺はとっさに車を降り、
    「何してるんですか!」と咎めた。
    するとこちらを向いた40~50代位の女性に女性が
    「○○ちゃんを返して~」と号泣。

    虚をつかれうろたえながら彼女を宥めつつ話しを聞くと、
    彼女は娘さんをここで亡くした。

    娘さんは歩いていて、車に突っ込まれた。
    運転していた男性もこの電信柱にぶつかった衝撃で亡くなった。
    この花は加害者の男性の家族が供えている。
    その花を見る度に娘を思い出してしまい、いたたまれなくなって
    花を荒らすようになってしまった。
    といった感じでした。
    「もうこんな事はしませんから・・・」
    と泣きながらふらふら帰っていく彼女を見て
    やるせない気持ちになり暫くそこに立ち尽くしてしまいました。


    158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:16:10.65 ID:PCQvPEx80
    今日バス乗ったら優先席しか空いてなかったんだけど
    ちょっとヤバいくらいの腹痛に襲われてたので仕方なく座ってた

    そしたら途中のバス停から杖ついたじーさんが乗ってきて立ち尽くす

    すると同じように立ってた茶髪の若い兄ちゃんが俺に向かって
    「何座ってんだテメェ!」とか言ってきて俺「ひぅっ」とか声が出たけど
    俯いたまま座ってたら腕掴まれて立たされた

    周りがなんか茶髪エラいみたいな空気になってじーさんも茶髪に「ありがとうありがとう」って
    何度もお礼言ってる中、俺はブリュリュリュ!って音立てながらウンコ漏らした

    次のバス停で降りた
    死にたい


    159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:16:14.37 ID:12JFOHnn0
    育児イライラどう発散してる?育児板

    512 名前:名無しの心子知らず[] 投稿日:2006/03/23(木) 05:32:48 ID:VdzJmK2M
    剥いたばかりのチンチンって火傷みたいな感じで痛いらしいね。
    ヒリヒリズキズキなチンチンに息吹き掛けツンツンさぞかし激痛でしょうなw

    まぁ、赤は動けないし泣くだけだからいいんじゃないか?
    首を絞めるよりマシかな?

    519 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2006/04/02(日) 19:48:25 ID:9vlI5ynt
    モトモト娘が大好きで息子は産んだからしゃーなしに事務的に子育てをしていました。
    娘に春服や夏服を着せ替えて遊んでいる時に、息子がズリバイで寄ってきて娘の服に涎をつけた。
    息子見るだけでイライラするのにそんな事されてきれちゃいました。
    息子の頬におもっきりビンタして、
    吹っ飛んでギャン泣きしている所、真っ裸にしてお尻を10回くらい叩いて廊下に放置した。

    537 名前:名無しの心子知らず[] 投稿日:2006/04/09(日) 11:45:48 ID:vZpdcV7P
    歩いている子供を後ろから思いっきり蹴り倒すとか?スッキリ。

    544 名前:名無しの心子知らず[] 投稿日:2006/04/14(金) 10:41:16 ID:1Q601Mhf
    >>540さん、怒鳴るだけなんて物足りなくない?
    硬いもので叩くとか、蹴り上げるとかすればいいのに。

    546 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2006/04/14(金) 12:26:38 ID:uEsWX0nl
    6ヵ月の息子がウザイ。
    イライラしてむかつくと遊んで油断してる時に後ろからいきなり後頭部を叩く。
    そして泣いてもミルクやらないし目の前でご飯やお菓子を食べまくる。
    欲しがり泣き喚く息子を無視してベビーベッドの下の柵に閉じ込めて爆睡。
    数時間後、泡吹いて鼻水や涙でぐちゃくちゃになって寝てる息子を叩き起こして顔面洗浄汁。


    162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:20:16.07 ID:12JFOHnn0
    若い兄ちゃんが携帯をいじっていた。隣にばあちゃんがいて、ばあちゃんは
    「医療機器使ってるから電源切ってください」と言った。
    その男は「来たメールを読んでるだけだから」と言って、いじるのを止めない。隣のリーマンが
    「今は読んでるだけでも読んでるうちにメールが来るかもしれないだろ。切りなさい」
    と言った。兄ちゃん、怒り狂った口調で「ああ?!!」
    逆切れだ!リーマンやばいぞ!(兄ちゃんはかなりいいガタイ)
    見てる人が皆そう思ったとき、兄ちゃんは携帯をリーマンに突きつけながら言った。
    「見ろよ!俺に来た最後のメールは4ヶ月前だ! それ以来誰も送ってこないんだよ! 今更誰が送って来るんだよ!!! 俺から送る相手もいないんだよ!!!」
    みんな黙り込んだ。しかしその中に一人だけ、無愛想な顔をして彼に近付く若い女がいた。
    彼女は男から携帯を奪い取ると何か操作をして、再度男に突き返した。
    男が呆然としていると、女は自分の携帯をいじり始めた。
    しばらくして、男の携帯が鳴った。
    男は目を見開いてぱちぱちさせながら携帯を見た。
    もうね、多分みんな心の中で泣いてた。男も泣いてた。
    世界は愛によって回っているんだと実感した。
    ばあちゃんは死んだ。


    165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:21:21.98 ID:PCQvPEx80
    教授「じゃあちょっと二人か三人でこのことについて話し合って」
    (ガヤガヤ)
    ぼっち「・・・」←最前列の右端に一人で座ってる
    教授「・・・君!一番前の君は話しあったのか?」←マイク入ったまま大声で
    ぼっち「いえ・・」
    教授「君毎回一人だけど授業困らない?」
    ぼっち「特には・・・」
    教授「え?今話し合ってないけど大丈夫なの?」
    ぼっち「いや、あの・・・」
    教授「指示したことができなくても問題ないってこと?」
    ぼっち「そ、そうではなくて、一人で考えて・・・」
    教授「一人じゃ話し合えないでしょ!?2・3人でやれっていっただろ?」
    教授「これ試験だったらどうするの君?落ちちゃうよ?」
    ぼっち「それならしょうがないです・・・」
    教授「ふーん、名前なんて言うの?あと学籍番号」
    ぼっち「いや、名前とかは・・」
    教授「いやじゃなくて、これ中間の課題にするから成績つける関係で名前分からないと困るの」
    ぼっち「もういいっす」(ダッ)←ノートと筆記用具ときもいリュックを小脇に抱えてものすごい速さで退出w
    教授「何、どうしたの」
    教授「何しに来てたんでしょうね彼は」
    (ドッ)教室中大爆笑w


    167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:23:36.72 ID:12JFOHnn0
    グーグルで「夫」と「妻」をそれぞれ記入したときの予測ワードと件数

    「夫」
    夫 死んで欲しい 674,000件
    夫 嫌い 2,190,000件
    夫 小遣い 平均 703,000件
    夫 言葉の暴力 315,000件
    夫 小遣い 777,000件
    夫 呼び方 452,000件
    夫 死亡 手続き 212,000件
    夫 うつ 1,800,000件
    夫 失業 1,560,000件
    夫 死亡 年金 366,000件

    「妻」
    妻 誕生日プレゼント 670,000件
    妻 誕生日プレゼント ランキング 422,000件
    妻 プレゼント 3,290,000件
    妻 ヒステリー 61,300件
    妻 呼び方 371,000件
    妻 うつ 815,000件
    妻 プレゼント ランキング 1,420,000件
    妻 謙譲語 8,920件
    妻 未届 1,590,000件
    妻 焼酎 518,000


    168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:24:49.39 ID:12JFOHnn0
    ホントにひどい別れ方ってのはなぁ…

    誕生日にびっくりさせようと「今日は仕事で行けない」と言っておいて、
    彼女の部屋の押し入れに隠れてニヤニヤしながらスタンバイしてたら
    彼女が帰ってきたから「おめでとう!」と元気よく飛び出したら
    知らない男と抱き合いながらキスしてたから何も言えずに固まってたら、
    彼女に「お願いだから出ていって」と言われて戸惑ってたら
    男の方に「大人なんだから分かるだろ?」と言われて
    クラッカー片手にただ呆然と彼女の家を後にして、
    それ以降まったく連絡がつかない事を言うんだよ!
    甘えんじゃねぇ!


    169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:25:51.84 ID:12JFOHnn0
    披露宴の当日、妻と昔不倫していた上司が来ていた。妻が呼んだらしい。
    付き合いは6年。その間かなりいろんなことを仕込まれたそうだ。
    妻は俺がその上司と不倫をしていたことを知らないと思っている。

    テーブルをまわっていた時、妻とその上司の目が合い、
    「今まで育ててくれてありがとう」とでも言いたげな目で妻、
    「幸せになるんだよ」とでも言いたげな上司。

    披露宴中、俺ははらわたが煮えくりかえりまともにスピーチができず、
    「余計なことは言わずにもう1回乾杯しよう!」とごまかした。
    唯一その事情を知っている友人が、二次会の時に酔ったふりして
    その上司に殴りかかったり、階段から突き落としたりしてくれた。
    俺もその上司の駐車場の車に傷をつけたりしが、それでも俺の心は収まらなかった。

    さらに三次会で、元カレと名乗る男が4人も現れ、それぞれのセクロス体験を
    暴露し始めた。酒が入ってる冗談話とはいえ、俺は気が違いそうになった。

    さすがに哀れと思った俺の友人は、ヘアトニックを混ぜたカクテルをみんなに配り、
    全員昏睡状態に追い込み、財布からカード類から全部抜き取りゴミ箱に放り込んだ。
    俺はまた駐車場にいき全員の車のボンネットに傷をつけて回った。

    やはり結婚相手は遊んでない人がいいと思った。


    170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:25:59.09 ID:PCQvPEx80
    たまには外に出なくては、と
    意を決して一人紅葉狩りに出掛けてみた
    ロープウェーで一人座って出発を待っていると
    発車間近に若いカップルが駆け込んできた

    駆け込みの焦りと俺の座席位置が相まって
    俺が見えてなかったらしく
    「やったぁ、かしき・・・」まで出た女ね言葉が止まるのと
    笑顔から一変、表情が無になる瞬間を眼前で見た

    そのまま客は俺とカップルのみで発進
    何故か気まずい俺

    窓を覗きつつ
    「わーきれいだねーあかーい」などと喋る女だが
    声のトーンと口調の無機質さが、明らかに俺との遭遇、存在で
    機嫌を損ねましたと言わんばかり
    オマケに野郎までテメェのせいだと言わんばかりのオーラ

    俺は、外を見る気すら失せ、ただ俯き目を閉じていた
    緩く、永い、地獄のようなロープウェーだった


    俺はそのままロープウェーで下山した


    171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:26:11.21 ID:eNY1PX+T0
    胆のう…全部取っても生きられる
    胃…全部取っても生きられる
    肺臓…片肺を取っても生きられる
    腎臓…片方を取っても生きられる
    副腎…十分の一残せば生きられる
    甲状腺…五分の一残せば生きられる
    肝臓…四分の一残せば生きられる
    すい臓…三分の二残せば生きられる
    腸…1mくらい取っても生きられる
    大脳…片方の半球を取ると体の反対側の半身がマヒ。が、生命に別状はない
    心臓…少しも傷つけられない


    173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:29:11.48 ID:N9d8+Keu0
    カップル板のコピペ貼れば良いの?


    175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:32:52.62 ID:PCQvPEx80
    >>173
    すいません、それだけは勘弁してください。


    この前初めての合コンで王様ゲームやったんだよ
    そしたら一番可愛い女の子が王様になってさ

    「もしかしたら俺とチューなんてことも・・・・」
    なんてワクワクしてたら

    「おまえ帰れ」って命令された


    174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:30:24.87 ID:12JFOHnn0
    470 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 17:10:09 ID:JIeeUsjy0 [1/2]
    なんとなく流れで思い出した。

    子供の頃、近所に水恐怖症の男の子がいた。
    アレルギーではないけどれっきとした心因性の病気で
    水に顔をつけただけでパニックになり、動悸が激しくなってひどい時は失神する。
    ちゃんと診断書もあって、プールは毎回見学だった。

    でも五年生の時、林間学校で死んだ。
    その子の病気をよく知らなかった新任教師が
    ただのカナヅチだと思って、「昔は川で泳ぎを覚えたもんだ!」とか言って
    いきなり川に突き落としたから。

    学年全員に強烈なトラウマを残した林間学校ですた。
    新聞にはただ「小学生が溺死」とだけ出て、その教師の名前は出なかった。

    471 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 17:16:32 ID:Ox9u/Ita0
    その殺人教師はどうしてるの?

    472 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 17:25:11 ID:JIeeUsjy0 [2/2]
    >>471
    しばらくは自分の非が理解できなかったみたいで
    その子の葬式にも出なかったよ。
    当時は開き直ってるのかとばかり思ってたが、今思うと現実逃避してたのかもな。

    半年くらい普通に学校に来て授業やってたけど
    ある日を境に急に来なくなって、そのまま辞めた。
    何があったのかは知らない。


    178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:39:37.94 ID:12JFOHnn0
    昨日、バイクで事故りました。人身です
    と言っても事故を起こしたのは私ではなく今付き合っている彼女です
    ちなみに彼女は無免許、無免許なのに車やバイク乗るバカがいるか…

    で、所有者が俺なので出頭命令。彼女がいきなり「彼から許可を得た」と言った
    ちなみに俺は言っていない、無免許なのをしっているから乗せるわけ無い。
    彼女は俺が楽しそうに乗っているから乗ってみたかったと、、、
    死ね、マジで。

    クラッチ飛ばしたからバイクはほぼ全損。直すのも嫌になるくらいだ
    彼女はずっと謝っている、誤るくらいならこんなことするな。
    ゲームと同じじゃねぇんだよ。低レベルな
    で、最後には「私よりバイクのほうが大事なんでしょ!バイク壊してごめんね~、私が死ねばよかったか」とこれにはぶち切れて殴った、一応言っておくが彼女の方が大事だ。
    それが危険なことをしたからそれを言っているだけだ

    もういいや、バイク乗るの辞めよ。ちょうどいい機会だし
    こんなのばっかりだからさ、バイクと彼女を毎回天秤にかけるくらいならバイクもいいや、、、
    結局理解できないのかね、ばんくるが羨ましいよ…
    車も正直当分乗る気にならない、、、レース仕様にするんじゃなかった。
    クサラも売って、普通のシティカーでも買うか…


    180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:41:27.08 ID:LCO0NFWM0
    お前らさ・・・実際に死体とか見たことある?
    あるわけないよな
    あったらこんなスレ気軽に立てないもんな
    俺はあるよ
    昔俺がまだ小学生だったころ首吊り自殺の死体を見たことが
    すげぇ怖かったよ・・・野次馬根性丸出しで見に行ったのを心底後悔したね・・・
    顔も体もガスでパンパンに膨れて・・・
    目がキツネ目になってて・・
    体中土気色で・・・
    何か体が動いたと思ったらそれは蛆だったよ・・・
    そんでな・・・怖くて泣きながら帰っておじいちゃんに抱きついた・・・
    そしたらおじいちゃんポンと俺の頭のうえに手を置いて撫でてくれた・・・
    おじいちゃんの手はゴツゴツしてて撫で方も荒っぽかったけど温かかった・・・
    そして飴を一粒くれた・・・
    美味しかった・・・
    その味は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいキャンディーをもらえる私は、
    きっと特別な存在なのだと感じました。
    今では私がおじいちゃん。孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル。
    なぜなら彼もまた特別な存在だからです。


    181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:42:47.31 ID:12JFOHnn0
    >>180
    最後ワロタ

    351: 2010/06/26 14:15:21 7wBVlxie [sage]
    同僚Aが結婚する事になり、同じ課の全員(といっても10人)が招待された。
    しかし同僚Bがその結婚式の日、一年前に亡くなったお父様のお法事があるとの事で欠席にしたんだが、Aが食い下がった。
    曰く「法事は毎年あるじゃない。でも結婚式は一生のうち一回しかないんだよ」と。
    でもBに「私を育ててくれた父は一人で、そのたった一人の父の法事は一年に一回しかありませんが、人の結婚式は年数回あるんです」と返されてAは逆切れし、
    「バカにされた」「酷い」「祝ってくれないの!?」「あんなに良くしてあげたのに!」と泣きだした。
    でもそれはしょうがないよ、と宥めてその場はおさまったが、Aの怒りは収まらなかった。
    しつこくBに絡み、出席を打診したがBはどうしても法事を優先すると聞かない。
    休憩室でAがBに
    「どうしても来てくれないの?それなら私も他人の事なんて構ってられないから覚悟して」
    と言ったらしく、その内AがBの仕事を妨害するようになった。
    見かねて私たちもAに止めるよう忠告したが、Aは聞かない。
    多分意地になってたんだと思うんだけど、
    「Bに出席してもらわないと私の顔もたたない」と切れてた。
    嫌がらせはエスカレートし、さすがに上司が怒ったんだけどAは泣いて話にならなかった。
    結局、AはBの作成した書類を隠したんだけど、その書類は取引先に持って行く物で発注が大幅に遅れ、上役からも散々怒られてクビ。
    退職の日、Aは「私は皆にお祝いしてほしかった」とか言って泣いてたんだけど
    何かもう誰も相手にせずにいた。
    そして帰る時の捨て台詞は
    「あんたが素直に出席してくれてたら問題無かったのに!辞める気なんて無かったのに私の人生設計台無しよ!大体、人の結婚式に法事なんて縁起悪いにもほどがあるでしょ!!そういうとこあんた無神経なの!」だった。


    184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:49:09.42 ID:12JFOHnn0
    近所をまったりと散歩していた。
    片側二車線の、結構交通量が多い国道があるのだが、そこに差し掛かった時。
    押しボタン式横断歩道を何人かが横断中だった。
    俺は渡るつもりはなかったのでゆっくり歩いていたんだが、見れば何故か
    不自然なスピードで迫ってくる車が。
    何をする間もなくその車、なんとノーブレーキでそのまま横断歩道に突っ込んだ。
    運悪く女性が一人横断中。
    それをそのまま思いっきり跳ね飛ばした。
    そこに至ってやっとその車止まったんだけど、エアバッグも作動してたかな、
    うわーと思って携帯で通報したんだけど、もう跳ね飛ばされた女性の方は
    ピクリとも動かないし血がぶわーってなってるし、近寄る勇気はなかったん
    だがもうダメだというのは分かった。

    それで運転手が降りてきて女性の方によってたのは見たけど、
    同乗者と二人してオバさんなんだよこれが。
    戻ってきたらこの二人がでかい声で「あんた!飛び出してきたら危ないでしょ」とか
    「なんでいきなり渡ってるの」とか言ってんの。倒れてる人に。
    やべーこの人達もしかして痴呆か?とか思いながら警察と救急きて、まあやっぱり
    女性は即死みたいだったんだけど一応病院に運ばれていった。
    それでさ、もうオバハン二人の言い訳がなんでそうなんかわかったんよ。
    この二人、話に夢中で信号なんか見てなくて、自分が信号無視したことにも気づいてない。
    しかも「話してたから」「ちゃんと前見てなかったから」ってさ、不注意の言葉
    じゃん?だけどこいつら、「それだから轢いても仕方がなかった」みたいな、
    自分を正当化する言い訳にしてんのよ。
    警察官が「轢いたのは事実だから」「言い訳しても遅いから」「あんたが轢いたんだよ」
    と段々語気が荒くなっていって怖かった。
    最後には「あんたは人を一人殺したという自覚がもてないのかっ!」って大声になってた。
    それでああ、死んだんだ…って思った。
    事故も後味悪いし、このオバハンの態度も腹立つし…すごい泣きたくなったよ。
    なんでこんな自分が悪いとも思わない人にあの女性殺されなきゃならなかったのかと。


    185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:50:46.22 ID:PCQvPEx80
    重い話じゃ無くて軽いのを一つ

    高校時代の寒い冬、弁当を食べてた時に
    横から手が伸びてきて同級生に最後の唐揚げをとられた。

    飯の恨みは重い
    というわけで仕返し決行!
    まずチョコレートを買います。
    次に器砕いたチョコレートを入れて湯煎します。
    ハートの型に入れて冷蔵庫に入れれ冷やします。
    固まったらかわいくラッピングします。
    これで準備は終わりました。
    後は復讐決行日2月14日を待ちます。

    当日朝はやめに学校に行き誰も見てないことを確認して
    相手に机にチョコレートを入れて完了!
    それを発見した後のそいつの反応はとても面白かった。

    机の中にチョコレートがあるのを発見したそいつは
    (;゚ Д゚)みたいな顔して1分くらい固まった後、そっと机の中にチョコレートを戻した。
    その後一日中ビクビクソワソワ後ろを頻繁に振り返る挙動不審ぷりを見せてくれました。

    それを見て俺は笑いをこらえるのが大変だった。
    そりゃびっくりするよな。
    うち男子校だもんな。
    流石にかわいそうなのでその日の放課後ネタばらしをしに行ったところ
    顔面にグーパンチが飛んできました。

    ついでに次の日から俺がホモだという噂が流れました。
    どうしてこうなった、ちょっと仕返ししただけなのに(;ω;)


    188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 15:56:09.13 ID:12JFOHnn0
    ■研究会で把握している保護者からの要求■
    《保育園・幼稚園》
    「うちの子は箱入り娘で育てたい。誰ともけんかさせないという念書を提出しろ」
    「行事のスナップ写真でうちの子が真ん中に写っていないのはなぜだ」
    「子供が1つのおもちゃを取り合ってけんかになるからそのおもちゃを置かないでほしい」

    《小学校》
    「石をぶつけてガラスを割ったのは、そこに石が落ちていたのが悪い」
    「義務教育だから給食費は払わない」
    「(夜中に電話で呼び出して)飲食店での話し合いに応じろ」

    《中学校》
    「(保護者がクレームを言いに来た日の)休業補償を支払え」
    「風呂に入らないので入るように言ってほしい」
    「(けがをした生徒を病院に行かせたところ)なんでやぶ医者に行かせるんだ」


    189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:00:52.07 ID:12JFOHnn0
    俺の姉貴がついに今年の春に結婚することがきまった。

    姉貴は32歳の一流企業社員。ビジュアルも美人系。ただ男遍歴がすごく、
    関係だけでも50人は越えている。それだけに人(男)を見る目はかなりあ
    って、基本的に不器用でも真面目な人にはとても優しくて、チャラけたバカ
    男には容赦ない、いわゆる姉御気質。

    そんな姉貴の結婚相手は3流企業研究職に務めてる同い年の男性。
    物腰の低い地味な男で、ビジュアルは爆笑問題の田中にそっくり。

    初デートでにさっそく姉貴は「失礼ですけど童貞さんですよね?」
    とクリティカルヒット。田中はかなり落ち込んだらしいが、その夜
    電話で姉貴に、自分は恋愛に対するモチベーションが低いダメ人間だが、
    もし百戦錬磨の恵子さん(姉貴のこと)を口説き落とせたらいろんな面で
    自信がモテる男になれるかもしれない。だからお付き合いしてくださいと、いった。

    姉貴は、じゃあ口説き落としてください、といい、それから二人の交際がスタート。
    田中はとにかく苦戦しつづけた。デートからプレゼントまで毎回姉貴にケチをつ
    けられていた。姉貴はその間も、他の男と平気でデートする非道振りを発揮。
    それでも田中は必死だった。俺も田中に協力ということで作戦会議をして、
    姉貴を落とす算段をいっしょに練ったりもした。
    姉貴はデートから戻ってくるといつも俺に田中の至らない点を話しては笑っていた。
    しかし俺は知っていた。姉貴が田中のことを話す時、とても嬉しそうなのを。

    それから1年後、あか抜けた田中に、なんと姉貴の方から結婚を言い寄る
    言葉を口にした。そして今年の4月に二人はゴールインする。
    愚問とは知りながらも、俺は本当に田中でいいのか姉貴に聞いてみると 
    姉貴は満点の笑みを浮かべながら答えた。   

    「だってあの人のお爺ちゃんって実家では有名な土地持ちなのよ。」  


    191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:03:31.24 ID:12JFOHnn0
    11 名前: 水先案名無い人 投稿日: 03/05/21 23:54 ID:9GUdoxP5

    私も3人の子供を持つ親ですが、先日joyさんと同じような境遇に立たされました。
    スーパーでレジを済ませ店を出ようとしたら店員が「お子さんが店内でお菓子を食べた」
    といってきたのです。子供に聞くとおびえた顔で「食べてないと思う」といいました。
    (家に帰って聞きなおすと食べたらしいのですが)食べたことを否定すると続けて
    「お子さんのポケットを見せてください」というので中を見るとお菓子が入っていました。
    店員は息子が万引きをしたというのです。「うちの子がそんなことをするわけがない」
    とまた否定すると、息子が「欲しかったけど買ってもらえないから」とのようなことを言いました。
    私達が言い合いしていると周りにいたある客が追い討ちをかけるように
    「そのこがチップス喰うとこ見た」と言い出したのでさすがの私も頭にきて
    「払えばいいんでしょう」といい小銭を地面に叩きつけました。
    そこに先に車に行ってた夫が私達が車に来るのが遅いということでやってきて、
    おもむろに店員の胸倉を掴み、ビンタし、怒鳴りつけました。私も続けて店員を突き飛ばし、
    子供も横たわる店員に唾を吐きました。そこに改造車でやってきた弟がさっき
    「チップス喰うとこみた」といった人を車にのせて連れて行きました。
    お金を払ったというのになぜこのような不愉快な思いをしなければならないのでしょう。


    192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:03:57.62 ID:PCQvPEx80
    今日、ついに二郎デビューしたんでレポっす!川崎店に行ったらすごい行列でまずびっくり!
    すっげえな!と思って店の中を見て、みんなが食ってるラーメンのボリュームを見てまたびっくり!これが二郎・・・と、思わずヨダレが出る。
    待つ事20分、やっと席につくことができた。「ヤサイマシマシ、ニンニクチョモランマ!」並んで待っている間に、他の客から呪文はラーニングしていた。
    聞き返されることなく店主にコールが伝わり、ただそれだけの事が嬉しい・・・!イカンイカン、食う前から俺、既に二郎にハマっとるwすると、俺より1分遅れて左側の席に着いたやつが、トントンと俺の肩を叩く。
    「キミ、大豚頼んだでしょ。バトルしようよ。」と、大豚はおまえだろ、と突っ込みたくなるようなデブが話しかけてきた。・・・バトル?何いきなり言ってきてるんだこいつ。
    「ここ、ラーメン屋ですよね?バトルってどういうことですか?」と聞き返すとその大豚は呆れ顔で「へぁ?二郎って言ったらバトルは常識っしょ。あ、キミのホームではデュエルって言うのかなw」とブヒブヒ笑っている。
    そこでハッと、俺はいつか見た二郎コピペを思い出した。そうだ・・・あそこにも確か、バトルがどうのこうの書いてあったな・・・。
    ここでバトルを断ったら、ロット乱し(?)と思われてしまうかもしれない・・・!「OK、そのバトル受けよう。開始の合図は?」「ブヒヒ。合図もなにも、目の前に二郎が出てきたらバトルスタートだよ。」なるほどそういうものか。
    そのとき、ドンッ!と目の前に野菜山盛りの二郎が置かれた。バトルスタートだ!すかさず俺は、左ひじを大豚の顔面に思い切り叩き込む。飛び散る血しぶき。大豚の脂ぎった髪の毛をつかみ、何度もみぞおち目掛けヒザをブチ込む。
    よろける大豚の軸足を正面から蹴りつけると、ボクッ!っといい音がして脚の骨が砕けた。大豚が床に突っ伏し、ぴくりとも動かなくなるまでわき腹を蹴り続けた後、俺はゆうゆうと激ウマ二郎を二人分たいらげ、店主に軽く会釈して店を出た。
    初二郎でしかもバトル勝利のおまけつき!二郎最高ー!

    以上、チラ裏っす。


    195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:10:00.65 ID:12JFOHnn0
    コンビニで弁当を買ったら店員に「あたためますな?」と言われたんだ

    動揺しつつも「さようでござる。」と答えた。


    196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:10:46.85 ID:12JFOHnn0
    3月頃、深夜の帰宅途中に近所のラーメン屋駐車場で
    泣きながら店の入り口に貼りつく幼女を見た
    気になって観察してたら、どうも車と店先を何度も往復してて
    店に入りたいのに入れない様子

    嫁が一緒だったんで「どうしたの?ママ中にいるの?」と声かけたら無言でコクリ

    見れば春先の花冷え陽気な深夜に女の子は半袖ワンピ一枚で震えてる

    とりあえず俺のスカジャン被せて嫁が抱っこして
    親が出て来る可能性に賭けて十分だけ待つ事にした
    嫁は「保護して警察連れてこうか」っつったけど誘拐と間違われても厄介だし

    しばらくしたら男連れの30代くらいの女がバカ笑いしながら出てきて
    俺らに気付いた
    そしたら女の子が「あっ、ママー」って手を伸ばしたから
    嫁が「お母さんですか?この子店の外で泣いてたんで・・」って説明しようとしたら
    黙って女の子を引ったくって上着投げ返してよこして
    女の子の頭叩いて「あたしらが食べてる間は車で待ってろっつったでしょ!!」と怒鳴りつけた
    連れの男(どう見ても父親には見えない20代DQN)は横でヘラヘラ笑ってた

    そいつら車で速攻消えたんで、そのあとは知らん
    あの子が今も元気ならいいがと思う


    198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:12:58.36 ID:gpuHgMprO
    知人の小学生教師・談
     
    授業で俺のクラスの学級農園で栽培したゴボウを収穫したんだけど
    男子K君が女子Yさんにゴボウを向けて「ち●ぽこ~ち●ぽこ~」ってからかってたのを叱ったわけ
    したら来たよ来たよ~K君の母親が
    「ゴボウで遊んだくらいで叱るなんて!」ときたもんだから
    「食べ物で遊べと教育してるんですか?」と思いっきり反論してやったら
    「うちじゃゴボウなんてね、あんなもの食べませんから!」
    俺はK君の母親の頭をゴボウで殴った


    204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:35:04.17 ID:12JFOHnn0
    254 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2010/02/28(日) 23:50:28 ID:EdfAbIt/
    私も思い出した小学生のときの話

    家で誕生会をやってクラスメイトいっぱい呼んだ
    普段みそっかすで浮いてた私が唯一中心になれる日で浮かれてた
    ごちそうもいっぱいつくってもらって綺麗なドレスみたいの着て

    そしたら食べ始めてまだちょっとしか経ってないのにリア子がかくれんぼしたいって言い出した
    さらに主役なんだから私に鬼やれと…
    ちょっと変だとは思ったけど浮かれてた私は笑顔で引き受けて目をつぶって大きな声で50数えて
    気づいたら誰もいなかった

    馬鹿な私は「あれ?みんなもう帰ったの?用事あったのかな」しょぼーんで終わったんだけど
    育ってから親がリア子が私だましてみんなつれて帰ったんだって
    かわいそうで言えなかったって教えてくれた
    しかもリア子うちで出したお菓子とか全部包んで盗んで帰って
    どうやら私がもらうはずだったプレゼントも「渡してあげる」って盗んだらしい

    こんなヤツでも見かけは清楚でお嬢さん風のモテ子で幸せになってるよ
    高校ぐらいまでつきあいがあってあざとい手口何度も見てきたけど
    本当に理不尽な世の中だよ


    206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:36:59.14 ID:12JFOHnn0
    996:水先案名無い人 [sage] 2010-08-05 21:00:06 ID:T39GJjKj0
    22:おさかなくわえた名無しさん:2010/07/23(金) 11:33:55 ID:POZR5F48
    つい昨日の話
    仕事で出張続きで休みがなかったため、昨日代休を貰って家でまったり過ごしていたんだ。
    昼過ぎになって家のチャイムが鳴ったので出てみると、中学生くらいの子が3人いた。
    以下やりとり
    中「wi-fiできますよね?」
    俺「は?え?どういうこと?」
    中「この家から無線LANの電波が出ているのは分かっているんです。」
    俺「え?いやまあ確かに無線LAN使っているけど・・・」
    中「AOSSボタン付いてます?」
    俺「あ~ついてるね」
    中「それを長押ししてください。あとはこっちでやるんで。」
    俺「は?ちょっとまって何する気?」
    中「え?DSでwi-fiするんですよ」
    俺「いやいや自分の家でやってくれ」
    中「家にないから持っている人の物を使うんじゃないですか」
    俺「いやいやだからといって使わせることはできないよ」
    中「少しくらいいいじゃないですか。ボタンを長押しするだけじゃないですか」
    俺「駄目なものは駄目」
    中「なんだよケチ!」
    捨て台詞を吐いて帰っていきました。
    確かに家中に届くようにと結構強力な無線LAN使っているけど、あくまで家族みんなで使うために使用しているわけで、他人に使わせる為ではない。
    とにかくずうずうしい奴だった。
    夏休みに入ったからか、平日でも中学生が湧いてきているみたい


    209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:43:18.48 ID:12JFOHnn0
    127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 16:47:00.60 ID:pziZbh2K0
    俺の中学にはひまわり学級という池沼隔離クラスがあったんだ
    何故か行事としてだいたい2ヶ月に1回くらいクラス交流という魔の時間があるんだけど
    要するに池沼ちゃんと遊ぼうなんていう俺たちにとって地獄の様な時間さ
    その日はみんなで鬼ごっこをしようなんて先生が言い出した訳
    でもまあ基本的にやる気があるのが真面目なタイプのやつだけ
    俺も当時はDQNの内の一人だったから普通に座って見てた
    でそんななか始まった変則鬼ごっこ(逃げることの出来ないケイドロね)
    鬼は最初池沼軍団(だいたい5人くらいかな)
    女子は本気で逃げるんだけど池沼ってそれはもう足が早い
    あっという間に捕まってるわけ

    そんななか一人の巨体池沼が下半身を脱ぎ出して女子を追いかけ始めた
    もういるみんなパニック
    とりあえず教師2人がかりで巨体池沼を止めようとしが身つくんだけど2人ともはばあだからまるでチャオズのように引っ付いてるけどそのまま降り払われてた
    でそのまま一人の女子生徒に池沼が襲いかかっていった
    俺もわりかし近かったから見てたけど池沼はその女子生徒の顔を舐めまわしてた
    響く女子生徒の悲鳴
    叫ぶ池沼
    もうそれはまるで地獄だった
    俺もどうしたらいか分からず動けなかった所にまた近くにいた2人の池沼がその女子生徒に襲いかかっていった
    死体に群がるゾンビみたいな光景だなっと思った記憶がある
    女子生徒が叫んでる声がキスかなんかで途切れ途切れに聞こえて凄く怖かった
    そこでDQNの一人が池沼を停めに突撃
    俺達ももそこで我に返って参戦
    そのままDQN軍団で女子生徒を救出した
    その時の女子生徒は顔がベタベタで制服は破れてオッパイは丸出しパンツも履いてなかった
    ずっと池沼が手を伸ばして
    (^q^)「うあああああああああ・・・」
    って言ってた記憶が今でも鮮明に残ってる


    211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:44:33.06 ID:12JFOHnn0
    「主婦は家の顔」
     那智 文江(主婦 45歳 東京都)

     先日、夫が「小遣いを上げてくれ。無駄遣いをやめろ」などと、子供じみた要求をしてきた。
    もちろん全て却下し、夫からは罰金を取ったのだが、
    私は、このとき家計の出費について、夫が理解不足なことに気づかされた。
    主婦はただ家事をやってるだけではなく、その家の顔、基礎、第一印象を担っているのである。
    「○○さんの家」というと、例外なくその家の主婦を思い浮かべるのだ。
    その主婦がみすぼらしいとどうなるだろうか。
    家族が、そんな母親を見て精神的に不安定になるだけではない。
    ご近所からは村八分に遭い、子供はいじめられたり、高校、大学からは入学拒否される。
    親戚とは疎遠になり、夫も職場に居られなくなる。家庭は総崩れになりかねないのだ。
    私が積極的にブランド品を身につけ、ネイルサロンや高級レストランに行き、
    さらには、エステやジム、ホストクラブに通うことによって、
    我が家は芯から元気でいられ、家族は心に豊かさを保てているのである。
    これらは決して贅沢などではない。
    主婦の大きな役割を考えようともせず、「小遣いを2000円から3000円に上げろ」
    などという夫が本当に情けない。
    主婦をつぶすことは、家をつぶすことにつながることになぜ気づかないのか。
    本物志向の私は、何事も一流のものしか選ばないため、多少のお金はかかるが、
    これらは自分のためでなく、家族のためにやっているのである。
    夫は知らないうちに私から活力をもらっている事に気づいて欲しいし、
    家の太陽である主婦は、どんどん自分を輝かせて家族に元気を与えて欲しい。
    なぜなら、それが主婦の本当の役目だからだ。


    215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:49:18.27 ID:12JFOHnn0
    187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 20:51:08.78 ID:HsUpbwWO0
    火曜日に正社員の面接行ったのね。もうこれで20数社目。今まで全部駄目だった。

    それで、その日は車でしか行けないところだったんで、母親が仕事を休んで付き添ってくれた。
    駐車場の車内に母を待たせて面接してもらった。

    出てきたのは社長と人事課長。社長が絵に書いたような悪人顔でさ。
    鼻くそほじりながら履歴書見て「職歴なし?あんたもう30だろ?」
    「バイトなら経験あるっていったって職歴なしは職歴なしだろう?」
    「うちでそんなの雇うわけないだろ?もう帰ってくれ。用はないだろ。終わり終わり」

    車に戻ると母は面接には触れず、「また明日から暑くなるんだって、今ラジオで行ってた」
    「ごはん食べて帰ろうか」って。
    無言のままうどん屋に入ってカツ丼食べた。

    そしたら母親が「受かるといいねー」って言うからさ、俺答えに困っちゃってさ。
    で、いろんな言い訳考えた末に正直に「いや、駄目だったんだ、今日も」といった。

    母親、「また次も送っていくよ、カツ丼、あんまりおいしくなかったね」だってさ。
    今頃になって泣けてきたよ。情けねーなー。就職してーなー。
    今まで何やってたんだろうな、俺は。


    258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 18:31:12.78 ID:xfW/EqG70
    >>215
    本気で泣きそうになった


    216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:50:55.77 ID:12JFOHnn0
    京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
    認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
    事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
    片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
    片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。
    母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
    片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
    生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
    介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、
    06年1月31日に心中を決意した。
    【最後の親孝行に】
    片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
    「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
    「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が
    「すまんな」と謝ると、母は
    「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
    「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。
    この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、
    自分も包丁で首を切って自殺を図った。
    冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、
    眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
    裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
    殺害時の2人のやりとりや、
    「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
    目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。


    217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:53:39.04 ID:ZitNCBaO0
    >>216
    泣いた


    218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 16:55:50.12 ID:12JFOHnn0
    ぼっち←読めない奴はひとり

    1 名前:以下、たらばがににかわりましてずわいがにがお送りします[] 投稿日:11/05/06(金) 12:55:13 ID:HjvbBK57 [1/5]
    読めてもひとりなんですけどねwwwwwww

    2 名前:以下、たらばがににかわりましてずわいがにがお送りします[] 投稿日:11/05/06(金) 13:14:15 ID:HjvbBK57 [2/5]
    おらwwwwwどうしたww図星過ぎて声も出ないってかwwwww

    3 名前:以下、たらばがににかわりましてずわいがにがお送りします[] 投稿日:11/05/06(金) 13:21:34 ID:HjvbBK57 [3/5]
    おいwwww誰かwwwwwおいwwwwww

    4 名前:以下、たらばがににかわりましてずわいがにがお送りします[] 投稿日:11/05/06(金) 13:30:38 ID:HjvbBK57 [4/5]
    えwwちょっとwwwえww

     え?

    5 名前:以下、たらばがににかわりましてずわいがにがお送りします[] 投稿日:11/05/06(金) 13:40:25 ID:HjvbBK57 [5/5]
    ひとりなのは俺の方だったのか


    219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:02:42.03 ID:X4KCskCf0
    31アイスクリームの駐車場でアイス食べてたら、頭から突っ込んでた軽4がバックして出て行こうとしてた
    あきらかに免許取立ての、老人のような動きで下がる車
    十分なスペースがあるのにちょっとしか下がらず発進、「おいおい」と思ってたら案の定停めてた車にガリッ!ガリッ!
    乗ってたのはギャル二人、悪びれる様子もなく出て行った
    ナンバーを控えて、当てられた車の持ち主が31アイスクリームから出てきたら教えてやろうと思い、待ってた

    が20分くらいしても来ないので店の中見たら客が0だった
    放っておいても良かったんだけど、もし自分の車があんなふざけたことされたら腹立つなぁと思い、通報
    警察署近くだったのですぐ到着、30代くらいと40~50代のお腹の出たコンビ
    40~50代に聴取され、見たことを全て丁寧に話した

    結果、連中の職務に対しての熱意みたいなものは全く感じられなかった
    「なんでもっと早く言わなかった」しるか。早くも遅くもあるかナンバーわかってんだから
    お礼みたいなのもなし。なんか余計な仕事増えたなーみたいな雰囲気が全身から出てた
    こっちの個人情報も書かされたので、「犯人捕まったら教えてくれないか」と言ってもなんか言葉を濁された
    おい、捕まえる気ないだろお前
    そしてついでに出っ張った腹。何か犯人を捕まえる道具でも仕込んでんのか

    わざわざ電話してわざわざ寒い中何回も状況説明してこれじゃ、二度と通報したくなくなるわ
    自分の態度が間接的に犯罪抑制の妨害してることもわからんのかアホ、と思ったが空しくなって何もいわなかった


    220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:04:49.44 ID:12JFOHnn0
    うちの両親がそうだった。超ディープなネトゲのジャンキーさ。
    ハマってからの両親は、1年365日パソコンと向き合ってた
    じーちゃんの遺産食いつぶしながらね。会話なんてありゃしない。
    あるとしてもネットの中で話すだけ。会話の内容も
    「一ツ目山のサイクロプスを倒しに行け」 とか。笑える話だろ?
    うちの家族に限っては父親は父親じゃなくて
    「世界中から頼りにされてるマジックナイト」母親は母親じゃなくて「ダークプリースト」 
    俺は子供じゃなくて「モンスターハンター」だったんだ

    そんな世界にほとほと嫌気が差してさあ で、考えたんだ。「こんな世界壊しちまおう」って
    そのネトゲのサーバに侵入して・・・10年分のデータ全部を破壊してやったんだ。
    人生最初のハッキングさ
    その日の帰り道は そりゃーワクワクしてたね。だってもうそっちの世界は無いんだから
    ファンタジーのパーティとかじゃなくて「家族」として生活ができるんだってね

    そしたらさ 2人とも首吊って死んでたよ

    遺書がまた傑作でさ、 『世界が壊れてしまったので 死にます さようなら』
    2人にとっての現実は もうとっくにこっちの現実じゃなかったのさ

    なあ 俺のやった事はそんなに重罪かな?現実では自殺で片付いても
    両親を殺したのは間違いなくこの俺さ
    そんな俺は殺人罪かな?かまってほしくてさあ
    天気とか 成績とか どんなにくだらなくてもいい
    現実の話がしたくてさあ それが悪いことかよ!? そう思う事が犯罪かよ!?
    だったら だったら人間全員犯罪者じゃねーか!


    221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:06:11.29 ID:iP8AqMNC0
    妹の結婚式前日

     |  ('ー`)ノ   「明日は、この結婚式のスーツでいいかな・・」
     |  <( )
     |   / \
    / ̄     ̄


     | Σ('A`)ノ     >「無職で引きこもりのお兄ちゃんに出て欲しくない!」
     |  <( )       >「そんなこと言わないの!」
     |   / \
    / ̄     ̄


    翌日・・・

              (ー`) イマゴロハケーキデモキッテルカナ・・・シアワセニナ
          /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
         // ̄ ̄ ̄フ /
       / (___/ /
       (______ノ

    ↑ほぼ実話


    228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:15:49.03 ID:12JFOHnn0
    超後味悪いの頼んだ
    不幸な身の上のジョンはある日、孤児院の先生に尋ねた。

    ジョン「先生。どうして僕にはパパとママがいないの?」
    先生「あなたのご両親はね、ジョン。
    あなたが小さい頃、黒人の強盗に殺されてしまったのよ」
    ジョン「どうして僕は歩けないの?目が見えないの?」
    先生「その強盗にひどいことをされたからよ」

    ジョンは黒人を恨んだ。全ての黒人を憎んだ。
    無理だと分かってはいたけれど、いつか犯人を探してぶち殺してやろうと思っていた。
    ある日先生がいった。

    先生「喜びなさい、ジョン!あなたの足と目が治るのよ!」

    ジョンはまず足の手術を受けた。
    そして目の手術をした翌日、ジョンは治ったばかりの足で電車の前に飛込んだ。


    229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:16:26.28 ID:iP8AqMNC0
    信心深いその男は、昔から法王と会って話がしたいと願っていた。
    ついにサン・ピエトロ寺院へ行く機会を得た彼は、
    長年の夢を果たそうと、一番いい一張羅を着て、群集の中にまぎれこんだ。
    いい服を着ていれば、法王が自分を目に留めて話しかけてくれるのではないかと思ったのである。
    しかし法王は、男に気づく気配もなく、ゆっくりと人々の前を歩いて来た。
    そして、ひとりの乞食の前で立ち止まると、
    慈悲深く穏やかな笑みを浮かべ、乞食に何事かを語りかけて、通り過ぎていったのである。
    男はとても反省した。
    いい服を着て法王に目を留めてもらおうなんて、
    自分はなんてはしたない考えを持っていたのだろう。
    貧しき者にこそ、神は慈悲の目を向けるのだ。
    一計を案じた男は、先程の乞食に頼んで、
    千ドルで自分の服と乞食の服とを交換してもらうことにした。
    そして次の日、その乞食の服を着て再び群衆の中にまぎれこんだのである。
    果たして、法王は男に近づいてきた。
    そして、男の耳に口を寄せると、優しく穏やかな声で、こうおっしゃった。
    「昨日、目障りだから消え失せろと言ったはずだぞ」


    237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:41:17.10 ID:12JFOHnn0
    幼い頃に父がなくなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。

    学もなく、技術もなかった母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。
    それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので何とか母子二人で質素に暮らしていけた。
    娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに遊びに行っていた。
    給料をもらった次の日曜日にはクリームパンとコーラを買ってくれた。

    ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。
    俺は生まれて初めてのプロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。

    野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。

    母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。
    チケット売り場で1人1000円ずつ払ってチケットを買わなければいけないと言われた。

    帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは外のベンチで弁当を食べて帰った。
    電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら
    母は「母ちゃんバカでごめんね」と言って少し涙をこぼした。

    俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって一生懸命に勉強した。
    新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。
    母も喜んでくれた。

    そんな母が去年の暮れに亡くなった。
    死ぬ前に1度だけ目を覚まし思い出したように「野球、ごめんね」と言った。
    俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで言葉にならなかった。


    242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:44:20.61 ID:iP8AqMNC0
    猫ちゃんをチンしました!

    いままで度胸がなくってできなかったんだけど遂に!遂にやりました!
    想像以上の効きめです!
    失禁脱糞対策にあらかじめ中のみえるビニール袋に閉じこめて500Wでまずは30秒にTRY!
    仔猫とはいえコンビニ弁当より重いんだし余裕かなと思ったんだけど・・・
    たった12秒で袋を蹴破りでてきました。目が逝っちゃってたのでとりあえず出してあげました。
    犬みたいにハアハア出し入れしている舌は真っ赤です。顔を近づけてみたら吐く息が
    すっごく熱くてビックリ!耳もすっごく熱くなってて真っ赤でした。やっぱ肉の薄い部分だからかな。
    案の定、中で失禁しちゃってました。失禁は日課なのですっかり慣れて手袋もせず処理しました。
    いつもなら罰として更に厳しい愛の鞭を与えるんだけど、今日は頑張ったのでご褒美に
    乾燥エサを10粒もあげました。3日間なにも与えてなかったので腹が減っていたのか
    ガツガツ喰ってました。まだ手や足の末端の肉の薄い部分は熱くなってます。
    だいぶ回復してきたので手足耳をカーテンに糸で縫いつけて大の字型に宙づりにしてます。
    また失禁しやがりました。むかついたのでエアガンを乱射してます。 ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ


    243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:47:38.65 ID:iP8AqMNC0
    ('A`) カーチャン、県立高校落ちた。
    J( 'ー`)し カーチャン、お金がなくて私立は通わせられないよ。定時制でいい?
    4年後
    ('A`) 採用試験、また落ちた。定時制じゃだめなのかな?
    J( 'ー`)し タケシはイイ子だから、そのうちイイ仕事が見つかるよ。のんびり探してごらん。
    J( 'ー`)し 今の時代、パソコンぐらいできないとダメなのかも・・・ タケシ、パソコンを買おうか?
    ('A`) パソコンかー、欲しいいけど貧乏でお金ないからいいよ。
    J( 'ー`)し カーチャン、パートの仕事増やすから大丈夫だよ。
    <店員> インタネットセッティングサービスを含めまして25万円です。
    J( 'ー`)し こんなに高い買い物をしたのはオトーチャンが死んでから始めてだよ。タケシ、いい仕事が見つかるとイイネ。
    (`Д) インターネット、オモシレーなー。ネットゲーム最高だぜぃ。お!レア物ゲトだぁ!
    J( 'ー`)し タケシ、パソコンのベンキョウ頑張ってるなー。いい仕事が見つかるといいねー。カーチャンも頑張らなきゃ。
    (`Д) ・・・・(パソコンの勉強か、そのうちやるよ。今、ギルドの幹部になっちまって忙しい)
    J( 'ー`)し タケシ、カーチャン、ちょっと疲れた。肩を揉んでほしい
    (`Д) 今、ベンキョウで忙しいんだよ
    J( 'ー`)し タケシ、ガンバッテルナー。カーチャン、嬉しい。いい仕事が見つかって、優しい彼女もできるよ。


    244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:48:44.04 ID:iP8AqMNC0
    カーチャンの入院
    J( 'ー`)し 病院まで10kmもあるのに自転車で見舞いに来るなんて、タケシは親孝行だね。パソコン頑張ってるから、自動車も買えるようになるよ。
    ('A`) ・・・・(カーチャン、俺ホントはゲームしかしてないんだよ。)
    <医師> おかーさんは、急性白血病で、緊急の事態を要します。
    ('A`)・・・・・・・・・
    ('A`) RMTの掲示板に書き込んだ「リ○ージュのアカウント、レアアイテム、ギル売ります。格安です。」
    ('A`) 売ったお金でーチャンが好きなチーズケーキとヨーグルトを高いお店で買った。
    J( 'ー`)し タケシ、チーズケーキおいしいよ。でも高いんだろ?お金はどうしたの?
    ('A`) パソコンのバイトで稼いだんだよ
    J( 'ー`)し パソコン買ってヨカッタね。もう、いい仕事が見つかったんだね。

    カーチャンが死んでガランとした病室
    <看護婦> タケシ君、パソコン得意なんですってね。オカーサンが毎日自慢してたわ。パソコンが得意だからいいお仕事がたくさんあるんですってね。
    ('A`)  ウワァァァァーン


    245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:49:29.85 ID:12JFOHnn0
    企業が欲しがる人材は、大学で遊びなおかつ卒業できた人物なのです。
    さまざまなコネクションを使い、レポートを提出、代返をたのめる友人が 多数いるような人物・・・

    こういう人物は、企業との交渉も上手く折衝し商品の魅力を
    上手にアピールし契約を取ってくるでしょう、営業成績は、常にトップクラス
    もちろん女性にもモテており、すなわち、女性にもてる=仕事のできる男 なのです。

    一方、友達のいない孤独人は、どうでしょうか?

    こういう人物は、挨拶ができません、目を見て話すことができません 話題がないので、しゃべることもできません。
    第一印象は、最悪です、この第一印象は、最後の最後まで悪影響を 及ぼすでしょう。

    瓢箪から駒で、受け入れてくれる会社が見つかったとしても・・・

    こういう人物は、人間関係を極端にめんどくさがります。
    まあ生まれつき他人にまったく興味がないのですから仕方ないのですが 努力してもカバーしきれない素質なのですが、
    めんどうな 人づきあいもがんばってするぞと誓っても無理があります。

    会社では、入社から数か月もすれば自分の性格が知られ 「ネクラ」「変人」などと陰で言われるようになります。

    女性社員からは、嫌われ 背中越しに、バーベキューパーティーの予定で盛り上がっています
    「いつ、自分に予定日の連絡がくるのか?」と不安になりながら 体を硬直させるも・・・

    数日後、バーベキューパーティー楽しかったねと
    過去形の話が聞こえてきます、そうです、蚊帳の外に置かれていたのです。

    バレンタインデーには、同僚に女子社員から次々と義理チョコが渡されていきます。 当然、自分には、スルー・・・悪質ないじめが始まります。

    しばらくするとウツになり通院するようになります、会社からは、解雇通告
    時々、生活のためにアルバイトをするもほとんど引きこもり状態のまま 一生を終えるのです。


    246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:51:55.07 ID:12JFOHnn0
    1 :水先案名無い人 :03/12/15 15:51 ID:Bbnd8HbS
    今日小学生にすれ違いざま
    「ニフラム!ニフラム!」
    って言われた。
    何のこっちゃ? 2 :水先案名無い人 :03/12/15 15:51 ID:brneuIfZ
    >>1
    ニフラムはドラクエで敵を消し去る呪文です。
    ようするに「消えろ」って事です。

    3 :水先案名無い人 :03/12/15 15:57 ID:HEyc+yJ2
    >>1
    しかも経験値が入らないので、「貴様の経験値すらいらねー」と言う事です。

    5 :水先案名無い人 :03/12/15 16:13 ID:qTxYduG9
    しかもニフラムはアンデッド系の敵に効きやすいという特徴があるので
    「死んだ魚みたいな目ぇしてんじゃねーよ」あるいは単に「お前臭すぎ」
    といったメッセージがこめられているのかも知れません

    6 :水先案名無い人 :03/12/15 16:16 ID:64MMjBqO
    そして自分よりレベルの低い相手にしか効果がない


    248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:54:21.43 ID:iP8AqMNC0
    若いお前にとって人生は長く
    どんなに無駄に使ってもあり余るほどだ
    だがある日お前は10年があっという間に過ぎ去ったことに気づく
    いつ走り出せばいいのか誰も教えてはくれない
    そう お前は出発の合図を見逃したのだ
    太陽に追いつこうとお前はひた走る
    だが太陽は沈んだかと思うとお前の背後から再び姿を現す
    太陽はいつまでも変わらずお前だけが年老いていく
    息切れはますます激しく
    お前は刻一刻と死に近づいていく


    251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 18:01:18.66 ID:yCbpEJ/30
    >>248
    これピンクフロイドか?


    253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 18:09:14.73 ID:iP8AqMNC0
    >>251
    拾い物だったけど検索したらそうだった
    ファンってすげぇな


    249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:55:39.16 ID:12JFOHnn0
    親戚の親子が遊びに来た
    伯父さんに「○○(俺の事)は何やってるんだ?」
    と訊かれ
    「ニートです」と答えると
    「ほら見ろ、○○は何の仕事かよくわからないけど
    ちゃんとカタカナ商売に就いているのにお前は家でブラブラしおって!」
    と従兄弟を叱りだした。
    俺は従兄弟にちょっとすまない気がした。
    それどころか伯父さんは従兄弟をいきなり数発殴り、蹴りを入れた。
    うずくまる従兄弟を背に伯父さんは財布をとりだし、
    「ニートの仕事もたいへんだろう。だが仕事だけではだめだぞ。たまにはゆっくりしなさい」
    そう言って1万円くれた。


    250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 17:56:05.77 ID:ZniJM7jSO
    やっぱ小学校の教師ってクズばっかなんだな
    とある子の小学校四年生の頃の話しなんだが
    その子、小学校入った時からイジメられてて、でも笑顔で大丈夫とおふざけだから、で堪えてたんだよ
    でな、休み時間にうんてい、ってわかるか? あれで遊んでたんだよ
    それさ、先に進むにつれて高くなって行く奴なんだが、男子がそのうんていの上に乗っててその子の目に砂が入ったんだよ
    片手で目を擦ってたら、他の男子から足引っ張られてな、その子うんていから落ちたんだわ
    そのままコンクリートにぶつかって顔の右半分が酷い痣になってな、右目なんてもう見えない状態だったんだ
    んで、コンクリートっても、ほら、花壇を囲うレンガみたいな感じで、周りは土だったんだよ
    前日雨が降ってて地面ぬかるんでてな、固まってなかった分身体は打撲とかで、一週間ぐらいの入院ですんだんだ
    入院中、担任と男子が病室に謝りに来たわけよ
    でもな、担任が言ったのはさ、
    「相手は女の子なのよ!? お洋服汚れちゃうでしょ!?」
    その言葉が出るまでは笑顔でいいよ、大丈夫、と言ってたその子も何も言えなくなってさ
    男子も顔の事には謝らなくて、服を汚してゴメンなさい、だけ
    しかも後でその男子に「しっかり掴まってなくて落ちたお前が悪い」とか言われたんだよ

    その子、自分が女なのが悪いんだ、って、まだ膨らみ始めたばかりの胸包丁で削ぎ落としてさ
    病院に再度運ばれて、それ以来笑わなくなったんだよな
    それなのに教師は定年まできっちり先生やって、今は息子二人と娘一人、奥さんに囲まれて幸せ
    落とした男子も彼女が出来てイチャラブしてるらしい

    まぁその落とされた子、俺なんだが
    女の子らしいに恐怖を抱くようになったわ
    今でも笑い方がわかりません、世の中って最悪だな


    252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 18:03:04.56 ID:12JFOHnn0
    よく分かるよ。
    俺も小さい頃は近所の駄目人間おじさんをバカにしてたっけ・・・。
    よれよれの紺のビニールジャンパー、べた付いてそのままよりも少なく
    見える髪の毛。猫背。生気のない瞳。ただその存在そのものを見下して
    たね。将来自分は絶対に出世するんだって何の根拠もなく思ってたね。
    小さい頃からの日々の積み重ねが大人になるまで続いてくなんて夢に
    も思わなかったよ。中学生の頃通っていた塾の先生が言ってたな。
    「俺はあんまり頭良くないから法政にしか行けなかったんだ、ははは。」
    クラスのみんなで大笑いしてたっけ。あの内何人が法政以上の大学に
    行けたというのだろうね。毎日会社に通って夜遅くまで働いてるお父
    さんがいかに大変で偉大かって、やっと分かりました。
    転職を繰り返して人に馬鹿にされて初めて分かりました。生きるって
    本当に大変。何をやっても後悔が待ってるもんね。特別じゃない。
    自分は特別な人間でも何でもないんだって、20代後半になってやっと
    分かりました。あの頃、白い眼で見てしまったおじさん、ごめんね。
    あなたのぶんまで生きようと思います。
    でも、時間が必要だったことだけは分かって欲しいんだ、おじさん。


    256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 18:23:59.45 ID:iP8AqMNC0
    3年前の話。
    当時、金融屋をやっていたんだけど<裏金>その年の夏。
    いつものように追い込みかけに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど
    子供が2人置いてかれてた。
    5歳と3歳。<上は男の子、下は女の子
    俺はまだペーペーで、周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく
    家に行ったときすぐに下の子になつかれた。
    ボロボロの服で風呂にも入ってなくて、「いつから親はいないんだ?」って
    聞いても答えない。
    「何食ってたんだ?」って聞いたら、上の子は下をむいて泣いた。
    下の子が「こっち」って手を引いて裏庭に俺をつれていった。
    破れた金網を通ってでたところは、小学校の裏庭だった。
    「あのね、みーちゃんこれ食べたの」って池を指す。
    嫌な予感がした。
    だってさ、その池って金魚がウヨウヨ泳いでるんだよ・・・。
    2人を抱きかかえて家に戻ると、テーブルに小さいボウルと茶碗。
    「お前ら・・・金魚食ってたのか・・・」って聞いたら「・・・うん」
    すっげーやるせなくて涙がでて、俺もその場にいた兄さんらも泣いた。
    すぐに兄さんがたくさん食べ物と洋服を買ってきた。
    近くの銭湯で体を洗ってやった。
    その後、俺らじゃどうしようもないから施設に連絡をいれた。
    連れていかれる時に「お兄ちゃんありがとう」っていってた。
    ・・・全然ありがとうじゃねーよ・・・俺たちがお前らの親を追いつめたのに。
    俺を含めて何人かは、この後仕事を抜けた。


    259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 18:33:25.47 ID:iP8AqMNC0
    ちょっと聞いてくれ。
    俺もこのままじゃダメだと思って今年の4月に無職と決別しようやく会社に入ったんだよ

    入社式とかビビリまくりで周りは訳わからん奴らばっかで死にそうだった
    でも数日たってから何人か話しかけてくれて友達もできたんだよ。俺心の底からこの会社に来て良かったと思った
    それでこの前少人数での仕事があったんだよ。もちろん周りとは会話交わしてない
    で、グループ分けが行われたわけ。動揺しまくったけど、自己紹介は何とかできた。
    ところがそこの部長がこの仕事で何がしたいか代表選んでプレゼンしろって言うのね。
    知り合いいないし黙って下向いてたら、案の定周りが俺にやらせてきた。
    隣の奴が「やる気ないなら会社来るなよ」とか言うの。じゃあお前がやれよ。
    と心の中で言いながら渋々やったわけ。もちろん何も考えてないから「ア、アノ」とか言ってた。1分間ずっとそれ。

    何言えばいいか全然わからないから冷や汗ダラダラで手足とか震えまくってた。
    それみて同じグループの奴らから「お前やる気あんのかよ・・・」とか「大丈夫かよ」とか言われた。
    それ聞いて中学時代の嫌な思い出が蘇ってきたわけ。雑巾投げつけられたり机の上に牛乳ぶちまけられたてたり
    情けないことに泣いてしまった。涙が止まらなかった。叫びそうになった。
    でも部屋の雰囲気がシーンとなってて俺も少しずつ冷静さを取り戻してきた。
    ウックウックとなりながら今ならまだ挽回できると思って、
    「…すみません。で、では自分達のグループの考えを…」とか何とか言った時に部長が
    「そうだね、まだ会社に馴染めない方もいるよね。こんな雰囲気だし、今日はこれくらいにしようか。○○君(俺)、ちょっと残れる?」
    って言って正直その助け舟にすごく感謝した。手の震えとか止まらなかったけど本当に嬉しかった。

    皆が帰った後に部長のとこに行ったら「君大丈夫?仕事辛いか?」とか言われて
    この部長なら本当の気持ちを言えると思って「ちょっと辛いです」って正直に言った。
    そしたら「そうか、じゃあもう来なくていいよ。君がいると雰囲気悪くなるし」と言われたので
    もう会社には行かないつもりです。


    260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 18:40:54.11 ID:iP8AqMNC0
    どうやったのか今でもわからないけど、私が提出した卒論、
    いつのまにか派手な女が提出したことになってた。
    教授に卒論の催促されてはじめて気付いた。
    慌てて教授に話し、派手な女を問い詰めたけど、無駄だった。
    早めに提出したのが仇となって、提出状況とかがあやふやで。
    教授に信じてもらえなかった、というより、派手な女のごり押し勝ちだった。
    派手な女は絶対に認めなかったけど、私が泣きながら問い詰めた時に、
    「喪田さんが良いの書いたって意味ないでしょ。内定決まってたのに残念だね」
    って言われたことは絶対に忘れられない。

    卒業できなくなって内定もだめになって、結局辞めた。
    お母さんにもうまく説明できなかった。
    お母さんは、なぜか怒んなかった。
    今はお母さんと二人でカフェ開いてゆっくり働いてる。
    その意味では、辞めてよかったかもだけど、当時を思い出すと死にたくなる。
    もう何年も何年も前の話だけど。


    262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 18:42:57.71 ID:fETkw1iX0
    小学生のころ、夏休みといったらもう毎日いくら時間があってもたりなかった
    朝早くからじいちゃんとカブトムシとりにいき、
    大きらいなラジオ体操は好きな娘がきてるだろうから、内心うきうきで行ったり
    ゲームやりたいのに、10時くらいからやってる時代劇をばあちゃんが見てて、文句いいながら気付けば夢中で見入ってたり
    お昼は冷たいそうめん熱々のやきそば具沢山の冷やし中華のローテーション
    どれも麦茶によくあうんだ 飽きもせずよく食べた

    そうしてるうちに近所の友達がやってくる
    野球やってサッカーやって、上級生がきたから場所譲って駄菓子やへ
    おばちゃん50円もんじゃ~はいよ!その前に手ェ洗いな!
    なんてやりとりしてさ、腹いっぱいになったら
    ゲームやったり、おいてある漫画よんだり
    5時になるから家かえると、
    母ちゃんに言われて洗濯物たたみ・・
    いやいやこなしてると親父が帰ってくる
    一緒に風呂はいってさ、鬼太郎のお風呂セットで遊ぶんだ
    そしたら飯
    なんで父ちゃんはビールのんでるのに俺はジュースだめなの?
    なんていつもの口論しながら飯を食う
    なんで父ちゃんはお米を食べないんだろう??


    266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 18:43:55.46 ID:fETkw1iX0
    食後は近所の公園で花火!
    真ん中でわいわいやってると好きな娘がお姉ちゃんと一緒に犬の散歩で通りかかる
    いいなあ~ やんねえよ!
    とかいってるとオヤジにしかられ、」線香花火を一緒にやることに
    夏休みの友やった~?なんて当たり障りのない会話をして、
    次いつプール教室に来るか、さりげなく聞き出すw

    家に変えると、金曜ロードショーのあの音楽
    今日こそは見てやるぞと意気込むが、体がついていかない
    眠くなってお布団はいると、枕元にかとり線香
    やな臭いだななんて思うまもなく意識が遠のく・・

    あのころは早く大人になりたかった
    大人になれば何でも出来ると信じて疑わなかった
    でもなんでだろう
    大人になった今、あの頃のことをよく思い出すのは

    森を走り回りたい
    おいしいスイカを汗だくになって食べたい
    適当にサボりながらやってたプールの草むしりをちゃんとやりたい
    かおるこちゃんにあいたい
    そして大人になる前に死にたい


    267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 18:46:43.20 ID:xfW/EqG70
    >>266
    う、あ、ぅあ、
    ウオォアアアアアアアアアアアアァ!!


    272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 18:56:00.33 ID:fid4PKYx0
    職場にすごく好きな子がいる。
    ちっちゃくって、ちょっと舌っ足らずで、あどけなくて、笑顔がすごくかわいい。
    今日、彼女がちょっとかがんだとき、チラッとブラが見えた。ピンクだった。
    刺繍?レース?なんか綺麗な柄で大人っぽい感じ。パンティもおそろいなんだろうな。
    服の上から彼女の下着姿を想像したりしてた。ラッキーな一日だ、とか思いながら。

    昼休み、彼女が同僚に嬉しそうに話しているのが聞こえた。
    「今日、彼氏のお誕生日で食事に行くんです」
    とたんに目の前が真っ暗になった。
    食事の後は当然セクロスするだろう。彼氏の誕生日なんだから。
    つまり、さっき見えたブラは、夜には彼氏に脱がされるために選んだものだったんだ。

    彼氏は、おれが目の端に少し映っただけでボッキしそうになったその布切れを、何ら
    感ずることなく彼女から剥ぎ取り、恥ずかしがって胸を隠す彼女の両腕を優しくほどき、
    おれが決して見ることはないそのブラの中身にくちづけ、吸い、軽く噛んだりするんだろう。
    おそろいのパンティには、彼女の期待と興奮で濡れ、染みができている。
    その脇から彼氏は指を差し込む。
    ぐちょぐちょに濡れたパンティーを彼氏が脱がそうとするとき、
    彼女は脱がせやすいようにちょっと腰を浮かせたりするだろうか。
    そして彼氏は、おれが決して触れることも見ることもかなわないその奥に舌を這わせ、彼女の味を味わうのか。

    そんなことをされると分かっていて、どうせ脱がされると分かっていて、
    彼女はそのブラとパンティを彼氏のために選んだんだ。
    どこがラッキーな一日だよ。
    昼休み、マックにでも行ってりゃ良かったよ。ちくしょう。


    280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 19:34:24.35 ID:iP8AqMNC0
    昨晩、電車内で隣に座った母親と娘(中3くらいかな)の会話。

    母親:ナンバーズがあと1番違ったら当たってたんだけどねぇ。
    あと3500円しかないよ。
    明日の競艇負けちゃったら○○ちゃん(娘)にお小遣いあげられないね。
    娘:うん・・・(虚ろな目)
    母親:今からちょっとだけ新海(パチ●コの機種)打ってこうか。
    アンタ、500円玉2枚持ってない?
    娘:持ってない(虚ろな目)
    母親はギャンプル依存みたいな感じでした。
    見た目はDQNではなく、小汚い感じ。娘が終始虚ろなのが非常に印象的でした。


    281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 19:43:12.65 ID:iP8AqMNC0
    126 おさかなくわえた名無しさん sage 2008/12/09(火) 19:43:24 ID:naXzNI4H

    前を歩いていた小学生二人が突然片方が立ち止まり、
    「あ!おれ、学校に忘れてきた!」
    「え?何を?」
    「将来の夢!」(たぶん宿題か何かの題名)

    と言って戻って行ったのを見て、ちょうどその後ろを歩いていたおじさん二人が

    「俺も忘れてきた気がするな~」
    「気づいても取りに戻れないだろ~」

    とか言ってて吹きそうだった。


    285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 19:48:44.34 ID:iP8AqMNC0
    236 名前:既にその名前は使われています[] 投稿日:2011/06/25(土) 07:12:58.53 ID:E9crfX9b
    家の先代の犬は壮絶な死に方したな…
    凄く元気で家族が出掛けるときはテラスの窓の部分に飛び付いていたんだ
    飛び付くもんだから当然カーテンはボロボロになるよね…
    その日、いつもと同じよう犬たけを残してでかける家族
    いつものように狂ったように見送りをする犬

    帰宅したら死んでたよ
    カーテンの裂け目に首が挟まっちゃったんだ
    カーテンの裂け目自体は凄く低い位置にあった
    そのままじゃ死んだりする訳ない
    でも犬だから抜けなくて動き回ったんだろうね
    その状態で動き回るとどうなると思う?
    その場で一周する度に雑巾しぼりの原理で、絞られたカーテンと床との距離がドンドン離れる
    苦しくて狂ったように暴れたんだろうね…
    巻き付いた首吊りカーテン、必死にカーテンに噛みついて血だらけの口、垂れ流しの糞尿、固くなった犬
    三代前の犬の時からあったカーテンでこんな惨劇が起こるとは思わなかったよ


    286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 19:51:05.02 ID:1ZFGkH+W0
    >>285
    動物系はキツイ


    289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 20:09:43.89 ID:iP8AqMNC0
    大学のサークルの集まりに行ったとき話すネタもないので
    ちょっと気が合いそうな人のグループ見つけて「じ・・・実はvipperだおww」って言ってみたら
    周りも「vipねww俺も行くよw」とか言っててビンゴ、
    結構ノッてくれて俺は更にvipのノリで盛り上がった
    後日mixiでそのときの人達を発見
    俺自身でコンタクトせずに副垢で趣味が合う人を演じてマイミクになって
    日記を見てみた
    そしたら集まりの日の日記で「○○(俺の名前)だっけ?
    vipとかなんなんだよあいつ 誰がvipなんてやるかよってw」
    「幼いし関わらないほういいな」「ひとりぼっちだからって
    俺達のとこくんなよなー 大体あいつ来て女子ひいてたじゃんな」
    とか書かれまくってた
    気づいたらパソコンの前で震えながらマウス握ってボロクソに泣いてた
    死にたい


    290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 20:16:15.45 ID:iP8AqMNC0
    235 名前: チョウチョウウオ(大阪府)[] 投稿日:2010/07/02(金) 00:30:02.80 ID:4PoR6vua
    知り合いの話なんだけど
    そいつが無職スロプーで
    母親と二人暮らしなんだけど母親が突発性の緑内障になり
    今すぐ病院に行かないと失明する、ってくらいヤバいときに
    金がないんで放置してたら そいつに別居してる兄貴がいて
    「とにかくすぐに病院連れて行けよ!」って20万置いて行った
    兄貴も忙しいんで金置いて仕事に戻ったらしいんだけど
    そのバカは置いていった金に手をつけて「押忍 番長!」を打ち
    結局20万全部負けた
    母親には適当にドラッグストアで買った目薬を与えて寝かせておいた
    母は地獄の苦しみの中で
    「ああ、ありがとう、XXちゃんが目薬買ってきてくれたんで楽になったよ」
    と言いながら食事もとらず ボロ布団のなかで徐々に失明していった
    衰弱しきった母を兄が救急車で運んだときには完全に失明し極度の栄養失調
    に陥ってたらしい

    マジで実話です ほんとうに人間って怖いわ


    293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 20:36:52.03 ID:iP8AqMNC0
    好きな子から告白された
    すごく泣いてて勇気出して告白してくれたのかと喜んで
    OKの返事した瞬間、後ろからその子の友達が集まってきた

    どうやら罰ゲームで一番嫌いな奴に告白する事になってたらしい

    「こめん、やりすぎだったね」
    「もう泣かないでいいから」

    など慰められていて俺に対して空気嫁と言わんばかりに睨んできた

    一瞬でも喜んでた俺が馬鹿だったのかと思いつつ駅に向かった

    するとさっき告白してきた女の子が改札前にいた

    気づかないように改札を出ようとすると声をかけられた

    「さっきはごめんなさい・・・。本当は罰ゲームとか関係なしにあなたのことが好きなの」

    OKの返事した瞬間、後ろからその子の友達が集まってきた


    297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 20:44:13.75 ID:iP8AqMNC0
    俺の仕事は通信関係の現場仕事。もちろん男ばっかりの職場。
    ところが1年ほど前から事務に女の子が入ったんだよね
    そんなに若くは無いがまぁまぁ美人。性格もさっぱりしてるんだ。
    目も見れず、まともに話もできない俺に優しく話してくれて・・もちろんお察しの通り惚れた。
    なんと2chも見てるって事で色々わからない事聞いてきたり2chの話題で盛り上がったりもした。
    今じゃ冗談を言って も~ なんて軽く叩いたりするスキンシップもある。

    もしかしたら・・・と思う気持ちが無いわけじゃない。だが告白なんてできないのは重々承知だ。
    俺は、38才デブオタメガネの童貞だ。1年間大事にしてきたこの関係で満足だった。

    昨日も仕事が終わり彼女の顔を見に事務所へいったんだ
    汗だらけの俺に優しく おつかれさま と声をかけお茶を入れてくれた
    いつもの様に至福の時間。このために仕事に行ってると言っても過言ではない。
    彼女のPCが調子悪いと言うので直してあげたりした。
    そして帰宅・・・・ところが家の鍵を忘れた事に気づき戻った。
    ドアが開いてたのでそっと中をのぞくと・・・
    そこにはマジックリンと除菌剤を持ってPC、イス、机、俺が触った物全てを掃除してる彼女がいた。

    しばらく動けなかった。やっと我に帰り逃げ帰る時、彼女はミューズでゴシゴシ手を洗っていた。

    昨日は家に入れず車の中ですごした。涙が止まらなかった。
    彼女が出勤する前に鍵をとりにいき家へ帰り、今日は仕事を無断欠勤した。


    298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 20:48:51.80 ID:iP8AqMNC0
    以前、近所のマンソンから、ものすごいヒステリックな母親の声が聞こえてて
    ウツだった。毎日のように、何かしらのことで怒って、ギャンギャン叫んでる。

    子供が悪さ(?)をしてそれを咎めるために叫び、謝れ!と絶叫し、
    おそらく謝ったと思われる後に、「聞こえない、もっとハッキリ謝れ」と怒鳴り、
    再び謝ったと思われる後は「じゃあ何が悪かったかわかって謝ってるのか」とからみ、
    怒りがピークになると、叫びに加えてテーブル(?)をバンバン。
    んで、また振り出しに戻る…って感じで、ひどい時は一時間近く絶叫が…。

    警察に通報すべきか…でも、うちですらこんなに聞こえるんだから
    同じマンソンの人はどうしてるんだろうか…とか一ヶ月近く悩んでた。

    そんなある日、その母親の部屋の前を通ったら、いつもは鬼みたいにガナリたててる母親が
    すごく優しい顔で子供を抱いてベランダに立ってた
    腕の中で寝てる子供に穏やかな笑顔で語りかけてる姿は、とても鬼母には見えなかった
    ウッカリその姿に見とれてたら、母親が笑顔で会釈をしてくれて
    ちょっとドキドキしてしまった

    母親の部屋に警察が来たのは、その翌日だった
    虐待の果てに遂に子供をイビリ殺してしまったそうな
    しかも、子供を殺したのは俺が通りかかる直前のことだったとか
    なんで殺した子供を抱いて、あんな笑顔でいられたのか
    そう思うと今でも俺は・・・・・・


    299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 20:50:16.63 ID:iP8AqMNC0
    飼い犬と川原を散歩しているときに
    ふと思い立って首輪を外して犬を自由にしてみた
    川原沿いをひとっ走りさせれば犬も喜ぶだろうと思ったのだ
    実際、放してやると犬は見たこともないほどの全速力で川原を駆け抜け
    そのまま大通りに飛び出してダンプに轢き潰された
    大きなタイヤに、犬の小さな白い体が巻き込まれていく光景を今でも忘れない


    300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 21:00:41.18 ID:ESJULte80
    みんなよくもってるなあ


    301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 21:02:25.18 ID:iP8AqMNC0
                     ___  ____   ___
       /  ̄/   /  /      /      /       /
          /   /  /    /、    \/      /、
        _/     /   /  \     \    /  \
                                          |
                                          l
                                  /\___/ヽ
            :☆:                     /       :::::::\
          .::* ◎.。     +             |  ''''''   ''''''   .:::|
    +    .::彡彳*‡:*..                 |(●),   、(●)、.::::|
        .:+彡*★:ミ:♪:ミ。:, +              |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::::|
       .:彡'゚‡,※゚.◎::▲:ミ,::..               \ `-=ニ=- ' .:::::/
     +.,;彡*;▲彡゚*★::.ミ~:ミ+:..                 `ー`ニニ´-一´ヽ、
     ..*彡゚◎.从♪.:ミ,☆,゚〓:ミ:,,  +           /    _    l
     .:彡★*..☆,彡.:◆.ミ.+:◎,ミ。:..            /  ̄`Y´   ヾ;/  |
    .:゚:彡彡彡彡彡彡ミミミミミミミミ::._______,|    |    |´  ハ
         ;■■■■;                  |    |    |-‐'i′l
          ■■■                      |__ |   _|   7'′
          .;■■■;...                 (   (  ̄ノ `ー-'′\
                                  ̄   ̄          \


    302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 21:03:40.44 ID:12JFOHnn0
    今日、ちょうど定年退職をむかえた初老の男が
    ひとり、駅前の立ち食いそば屋で一杯のそばを食べている。
    エビの天ぷらが一尾のっかった一杯500円のそばだ。
    男は30年も前からほぼ毎日昼休みこの店に通っているが、
    一度も店員とは話したことがない。
    当然、話す理由なども特にないのだが、今日
    男は自然に自分と同年齢であろう店主に話しかけていた。

    「おやじ、今日俺退職するんだ。」
    「へぇ・・・。そうかい。」
    会話はそれで途切れた。
    ほかに得に話題があるわけでもない。
    男の退職は、今日が店を訪れる最後の
    日であることを表していた。

    すると突然、男のどんぶりの上にエビの天ぷらが
    もう一尾乗せられた。
    「おやじ、いいのか。」
    「なーに、気にすんなって」
    男は泣きながらそばをたいらげた。
    些細な人の暖かみにふれただけだが涙が止まらなくなった。
    男は退職してからもこの店に通おうと決めた。
    そして財布から500円玉を取り出す、
    「おやじ、お勘定!」
    「700円。」


    303:1/2:2012/11/19(月) 21:15:44.58 ID:D/x6aWVT0
    170 名前: 774号室の住人さん [sage] 投稿日: 2005/10/09(日) 11:29:13 ID:gfehUgIs
    中三の頃、母が死んだ
    俺が殺したも同然だった・・・

    あの日、俺が楽しみにとってあったアイスクリームを、
    母が弟に食べさせてしまった
    学校から帰り、冷凍庫を開け、アイスを探したが見つからなかった
    母親に問い詰めると、弟が欲しがったのであげたと言った
    その時楽しみにしていた俺は、すごく怒った
    母親に怒鳴り散らし、最後に「死ね!」と叫び、夕飯も
    食べずに部屋に篭った

    それから何時間か経った

    俺は寝てしまっていたようだ、が
    父親が部屋に飛び込んできたので目が覚めた

    「母さんが轢かれた・・・!」


    305:2/2:2012/11/19(月) 21:16:18.45 ID:D/x6aWVT0
    あの時の親父の顔と言葉を、俺は一生忘れないだろう

    俺達が病院に着いたとき、母親はどうしようもない状態だと言われた
    医者は最後に傍にいてあげてくださいと言い、部屋を出た
    それから少しして、母親は息を引き取った
    その後、母親があの時間に外にいた事を父から聞いた

    買い物に行くと言って出て行き、その帰りに車に轢かれた事
    現場のビニール袋の中には、アイスが一つだけ入っていた事
    救急車の中でずっとごめんねと呟いていた事

    その時、俺のために母はアイスを買いに行って事故にあったとわかった

    通夜と葬式の間中、俺はずっと泣いた
    そして、今でもこの時期になると自然に涙が出てくることもある
    母さん、ごめんな
    俺が最後に死ねなんて言わなかったらと、今でも悔やみ続けている


    309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 21:38:48.49 ID:D/x6aWVT0
    552 おさかなくわえた名無しさん :2008/10/04(土) 01:26:53 ID:kEGTIebt
    子供を喜ばせるのは難しい。何をしても不満そうな顔をする。
    それに比べて、親を喜ばせることは何と簡単なことだろうか。
    それほど簡単なことを私はしてこなかった。


    311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 21:39:13.19 ID:VYmswS600
    532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/09(日) 10:38:18.73 ID:pGs8GMUt0
    大学生は胸張っていけ。
    自分いじめてたDQNどもは中卒高卒だから。
    一歩引いて余裕を持って会話するんだ。
    動物を哀れむような感じで。

    697 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/09(日) 23:25:13.90 ID:pGs8GMUt0
    今日は式ではボッチですわった。前2列にもボッチがいた。
    前のボッチがDQNに「お前俺覚えてる?wwあww」とか絡まれてた。
    同窓会の連絡なんて俺には来なかったけど、同級生見つけて聞き出して飛び入り参加した。
    その同級生は俺のこと覚えてすらいなかったけど。
    飲み会では、机で談笑してバイキングで食べる形式だったけど、皆女や旧友のところに行って、
    机に俺だけ残った。開き直って黙々と飯食おうにも女が大量に食事のところにたむろして行けない。
    進路を聞かれたけど、150人の内で俺が一番いい大学いってるらしい。
    それで春がやってくるかと思いきや、先生とか教授、がり勉、オタクなどと渾名つけられてからかわれただけだった。
    それでも構ってもらえるだけで嬉しく思ってしまう自分が情けなかった。
    そのあとグループができてって、ボーリング行ったりカラオケ行ったり。
    最後まで右往左往してたら男は全員いなくなった。
    残ってる女には汚物を見るような目で見られた。
    飲み屋に車で乗せてきてくれた奴はもういない。
    霙の中何キロも歩いて帰宅した。

    これが成人式だよ。


    312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 21:41:58.61 ID:iP8AqMNC0
    3年前にガソリンスタンドへ行った時の話。あの痛ましい事故は今でも鮮明に覚えている。
    俺がガソリンを入れている最中、隣に空気が全然入ってないタイヤを履いた
    トラックが止まった。どうやら空気圧の点検を怠っていた為に減っている様だった。
    俺は車が汚れていたので、洗車を頼みつつ店内に入って暫く外を眺めてた。
    店内からはピット作業をしている所が見れたので、俺はさっきのトラックが
    ピットに入って来たので、ぼんやりと作業を見てた。

    で、新しいバイトだと思われる可愛い茶髪の女の子が、先輩の指導を仰ぎながら黙々と
    作業の手伝いをしていた。作業員が空気の入っていないタイヤを外し、
    女の子が空気圧を入れる様に頼まれた所で痛ましい事故は起こった。


    313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 21:42:35.36 ID:iP8AqMNC0
    女の子が5分経ってもずっと空気を入れつづけているので、俺は「トラックのタイヤは
    空気を入れるのは大変なんだろうな~。女の子なのに大変だな。」と思った瞬間、
    「ズドン!!」と言う爆音と共に女の子の頭が弾けて赤い血の霧が舞い上がった。
    同時に店内の窓ガラスをブチ破って何か光る物が突っ込んできた。
    店長が、「救急車呼べ!!一旦店閉めろ!!誰かタオルもってこい!!、〇〇(女の子の名前)
    の体を抑えてろ!!(激しく痙攣してのた打ち回ってた)」と動転し、
    俺は何が起こったのか確かめようと、店内に飛び込んできた物を探し出した。
    それはトラックのホイールだった。大きさは直径1メートルはあったと思う。

    女の子は頭が半分吹っ飛んでいて、ピクピク痙攣しながら「うぅ~、ふぅ~」と
    細い息をしていたが、俺は彼女がもう死ぬだろうと分かった。
    何故なら血にまみれた脳が見えていたのだ。彼女が自分の手で脳みそを抑えていた光景は今でも
    忘れられない。救急車が到着する間もなく、白目を剥いたまま彼女は死んでしまった。

    次の日にその事故をニュースでやっていて、原因は女の子がタイヤに空気を20キロ
    入れようとしていたことが原因だった。恐らく、2、0キロと20キロを間違えたのだろう。
    普通はタイヤが膨れ上がった所で気付くだろうが、女の子だから分からなかったのだろうか。
    それ以降、スタンドに行って女の子が接客をしてくれることになると、
    俺は「窓は拭かなくて良いです。大変でしょうから自分でやりますよ。」と
    何もさせないように、そしてあの時のような事が起こらないように気を使っている


    315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 21:55:33.15 ID:ESJULte80
    つらいのに見てしまうこの感じはなんだろうか


    317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 21:57:44.30 ID:D/x6aWVT0
    237 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/10/26(金) 19:06:27.85 ID:Y1O2bH6d0
    半年ちょい前の俺へ

    そっちは午前4時だな。
    部活で疲れてぐっすりだと思うが、頑張って起きろ
    今から言う事をやってくれ。頼む、お前の為だから。しくじるなよ。

    音をたてないようにしろ、気づかれるから。
    まず、1階に降りて台所から包丁を持ってこい。
    そしてお前のバカ兄貴の部屋の前に行き
    ドアを開けて部屋に駆け込み一撃でぶった切れ。

    バカ兄貴が首を吊ろうとしてる、その柔道の帯で作った輪っかをな。
    そうしないとバカ兄貴が首吊って死んじまうぞ。
    発見した時の光景と母さんの悲鳴はたぶん一生お前の頭から離れなくなる。
    前日まで普通に相談に乗ってもらってた兄貴が次の日には死んでんだぞ
    いなくなるんだ

    あと兄貴に言ってやれ。
    「さんざんアンタをバカにしてきたが、学校じゃ自慢しまくるくらい好きなんだよ。」って

    頼む。頼むよ。
    頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ。
    頼むよ。お願いします

    「おやすみ。また明日な。」
    って言ってたじゃねえか
    バカ兄貴。


    321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 22:08:58.89 ID:t4aVz0aA0
    道路で帰宅途中の中学生同士が、仲間に
    「犬がきたぞおお。ぎゃあああ」
    とかお互いふざけてて
    全く無関係の俺がびびって一人で池に落ちた


    323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 22:10:01.77 ID:D/x6aWVT0
    36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/22(日) 18:49:55.48 ID:hBL4CxGF0
    理不尽な扱いを受けて、血の繋がった人からすら擁護して貰えなかったら
    もう何も信じられなくなるよね

    俺が小学校の時
    俺の兄は、スポーツも勉強も出来て、出来の悪い俺と違って
    友達もいっぱいいて、アホな俺にも優しい自慢の兄だった

    ある時、道を歩いていたら、前から兄が友達を連れて歩いてきた
    俺が「あ、兄さん」って声をかけると
    友達連中が騒ぎ出した。
    「何、コイツww」「うわっ、キモイ」「こんなのがお前の弟なのかよ」
    「お前可哀想だなwwwこんなヤツと兄弟なのかよwww」

    俺は当然兄が俺を庇ってくれると確信していた。
    ところが兄は
    「こんなやつ弟じゃないよ」と言って俺を突き飛ばしさっさと行ってしまった。
    ショックを受けて家に帰ると先に帰っていた兄が言った
    「あんまり人前で俺に声をかけるなよ」
    と言われた。
    このことを両親に話すと
    「お前が悪い」「お兄ちゃんの気持ちも考えなさい」と逆に怒られた。
    その後どんな気持ちだったか良く覚えてない
    多分、泣いたんだと思うけど、記憶が飛んでいる。

    覚えているのは、それ以来、事務的な用件以外で
    家族と会話をしなくなったということだけだ

    大学を卒業して家を出て十年経つが、
    一度も家族と連絡をとっていない。


    320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 22:07:10.38 ID:t4aVz0aA0
    志田未来に比べると北乃きいの知名度って低いよな 。
    この間クラスの女子に「北乃きいって知ってる?」って聞いたら
    「は?誰おまえ?」って言われたよ 。
    一般的にはその程度の知名度。


    322:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 22:09:14.08 ID:1TqqO7or0
    >>320
    ワロタw

    元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353296631
    1001:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/16(木) 23:47:03.91 ID:AtoZ
     偏差値75進学校の体力テスト結果wwwwwwwww

     【画像】 ユニクロにあるローラの広告エ□過ぎ抜いたwwwwwwwww

     高岡早紀 伝説の○ード画像

     【画像あり】 JK時代の優香をご覧くださいwwwwwwwwwwwww

     けいおん!の同人誌クッソワロタwwwwwwwwwww

     【閲覧注意】世界よ、これが HENTAI だ

     【画像】韓国の ”美女” たちは元々、どんな顔をしていたのか

     【画像】小雪のお腹がスゴイwwww 年内に生まれて同い年 クル━━━━(゚∀゚)━━━━!!


    おすすめサイト最新記事一覧

        コメント

        コメントの投稿

        おすすめ!
        幸せだなぁ♪

        おすすめ!!
        あまぞん
        figma ソードアート・オンラインII キリト GGOver. [物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品) figma 進撃の巨人 リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) とびだせ どうぶつの森 ねんどろいど しずえ 冬服Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
        クリック募金